ピクシブ百科事典

ドゴラ

どごら

東宝特撮映画『宇宙大怪獣ドゴラ』に登場する怪獣。

概要

マイナーではあるが、輝かしき日本における記念すべき宇宙怪獣の第一号である。

日本上空で放射能の影響により突然変異した宇宙細胞。
アメーバクラゲが合体したような奇怪な姿をしており、触手で対象物をもちあげたり、空中に浮かばせたりできる。
全長ははっきりとは明言されていないものの、数百mはあると思われる。

石炭やダイヤモンドを含む炭素系物質が好物で、小型の時より宝石店の金庫からダイヤモンドを奪うという事件を度々起こしており、成長すると炭鉱から大量の石炭を巻き上げて吸収するようになった。

身体はスライムのような状態であるため通常の火器攻撃は通用せず、例え身体が飛び散ってもその破片がまた新たなドゴラとなって際限なく増殖するという厄介な生態を持っている。
一方、ジバチのが弱点で、この毒に触れると身体が化学変化を起こして結晶化してしまうとされ、この性質を利用されて最期は自衛隊の作戦により戦闘機、落下傘、特殊噴霧車両からジバチの毒を噴霧することで撃退された。

デザイナーは小松崎茂。
なのだが、当時の技術力の限界かパッケージに描かれているドゴラと実際に画面に登場したドゴラはあまり似ていない。

撮影に使われたモデルはソフトビニール製で、それをテグスでつなげて水槽の中に沈めて操演したという。

関連項目

宇宙大怪獣ドゴラ GODZILLA(アニメ映画)

pixivに投稿された作品 pixivで「ドゴラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23309

コメント