ピクシブ百科事典

スペースゴジラ

すぺーすごじら

『ゴジラVSスペースゴジラ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

別名:破壊神
身長:120メートル~250メートル(飛行形態)
体重:8万トン~72万トン
出身地:宇宙


宇宙空間に飛び散ったゴジラ細胞(外見からビオランテの細胞の可能性が高い)が結晶生物を吸収して異常進化したと言われる宇宙怪獣。そこら辺の宇宙人なんか目じゃない非常に高い知能を持ち、地球にはゴジラを倒すためにやってきた。その強さはエネルギーが不足した状態でもゴジラやMOGERAが単体では歯が立たず、二対一でようやく互角といった程で、歴代ゴジラシリーズでもトップクラスの実力の持ち主である。

スペースゴジラ 【ニコニコ動画用イラスト】


能力

宇宙怪獣らしく、光子と重力子を自在に操ることが可能。
更に、絶えず全身から電磁波が発生しており、付近では電子機器はマトモに使用できない。
地球上ではエネルギーを大幅に消耗するらしく、バース島では事前に打ち込んだ結晶体からエネルギーを得ていた。劇中では福岡タワーをエネルギー供給装置にして周辺に結晶体を大量に設置し、バトルエリアを形成した。この状態では無限のエネルギーを誇る。本体のエネルギー吸収は両肩のクリスタルジェネレーターから行うが、ここを破壊されると大幅に弱体化してしまう。飛行形態では大気圏内外共に高速で飛行可能(バトルエリア内であれば変形しなくても飛行可能)

武器

  • コロナビーム

口から発射する稲妻状のビームで、自在に湾曲させることが可能で相手の背後を狙うことも可能。威力は非常に高く、ゴジラを数発でダウンさせ、MOGERAのミラーコーティングでも防ぎきれない程。

  • グラビ・トルネード
両肩のクリスタルから発射する緑色の反重力光線で相手を捕獲し、数万トンもあるゴジラですらも軽々と投げ飛ばす程。
  • テールスマッシャー
尻尾の結晶体で相手を突き刺した上に高エネルギーを流しこんで破壊する。
  • ホーミング・ゴースト
大量発生させた結晶体をミサイルの如く発射する。
  • フォトン・リアクティブ・シールド
高出力の光子バリアで、ゴジラの放射熱線も完璧に防いだうえに跳ね返す事も可能。
  • フォトンハリケーン
強力な電磁パルスをリング上にして相手に放つ。

劇中の活躍

ゴジラを倒すべく地球に向かい、途中でNASAの宇宙ステーションを破壊した。アステロイドベルトでMOGERAの迎撃を受けるが、圧倒的な力で蹴散らして地球に到達してバース島に降り立つ。事前にバース島に撃ち込んでおいた結晶体からエネルギーを補給しつつ、遭遇したリトルゴジラを虐めて遊んでいたが、リトルの危機を知って駆けつけたゴジラと戦闘に入る。ゴジラとの戦闘は終始圧倒し、リトルを庇って動けないゴジラを上空から一方的にコロナビームで攻撃して倒してしまった。リトルをグラビ・トルネードで捕まえて近くの結晶体に封じ込め、バース島を去っていった。
その後、エネルギー補給できるポイントを探しながら日本中を飛び回り甚大な被害を与え、福岡タワーに目を付けてバトルエリアを形成した。

バトルエリアにやってきたMOGERAを圧倒し、続けてやってきたゴジラも窮地に落とし入れるが、ゴジラにエネルギー供給の秘密を見破られてしまう。福岡タワーを守るべくゴジラを攻撃するが、分離したMOGERAの援護でタワーは破壊されてしまう。それでもゴジラとMOGERAを同時に相手して尚互角以上に渡り合うが、MOGERAのスパイラルグレネードミサイルでクリスタルジェネレーターを破壊され弱体化してしまう。MOGERAはテールスマッシャーで倒したが、徐々にゴジラに追い詰められていき。再起動したMOGERAの体当たりでダウンさせられ、スペースゴジラのエネルギーを吸収して放ったゴジラのバーンスパイラル熱線で死亡し大爆発。破片はビオランテ同様に宇宙に散っていった。

関連イラスト

バトルスピリッツ・東宝怪獣大決戦



余談

  • ほとんど同名の企画が1979年に企画されたことがある(参照)。
  • 企画段階では『ゴジラvsアストロゴジラ』という名前でもあり、アストロゴジラの見た目もスペースゴジラとかなり異なっていた。

関連タグ

ゴジラ
MOGERA
ビオランテ G細胞

pixivに投稿された作品 pixivで「スペースゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405876

コメント