ピクシブ百科事典

リトルゴジラ

りとるごじら

ベビーゴジラが成長した姿

データ

身長:30メートル
体重:8千トン
出身地:バース島


ゴジラとバース島で暮らしていたベビーゴジラだったが、ゴジラの発する放射線の影響か、卵の間に受けたアドノア島の放射線の影響かは不明だが、恐竜ゴジラザウルスの大人には成長せずに怪獣化、この姿となった。なお、純粋にゴジラザウルス(恐竜)の赤ん坊であったベビーゴジラ時代はまだゴジラに似ていたにも関わらず、半ゴジラ化したこの姿はサボテンのような丸々とした可愛らしいデザインとなっており、大人のゴジラにはほとんど似ていない。どういうことなの・・・(ちなみに劇中でリトルと呼ばれるようになったのは次回作で、本作では人々からは前作同様ベビー、もしくはチビゴジと呼ばれている)。
ベビーの頃の記憶はそのまま残っているので大変人なつっこく、島で暮らす結城晶になつき、三枝未希との再会ではとても嬉しそうにしている。また威力はほぼ皆無ながら泡状の放射火炎も吐けるようになった。

ゴジラはリトルを大層可愛がっており、催涙ガス地雷を踏んづけて悶絶しているリトルの為に急いで海から上がってきたり、スペースゴジラの攻撃から身を挺して庇うほどであった。

劇中の行動

ゴジラをテレパシーでコントロールする「Tプロジェクト」の為に島を訪れた人間たちに懐いており、普通に?暮らしていたが、島にやってきたスペースゴジラを同族と思って近づいてみたら、いきなり攻撃されて窮地に陥る。救援に駆けつけたゴジラもリトルを庇って倒されてしまい、リトルは見せしめの為に結晶体に閉じ込められてしまうが、スペースゴジラが倒された事で開放される。

その後もバース島で暮らしていた様だが、島の天然ウランの核分裂による膨大なエネルギーを浴びてゴジラジュニアとなった。

pixivに投稿された作品 pixivで「リトルゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104528

コメント