2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:小高恵美

概要

ゴジラVSビオランテ」から「ゴジラVSデストロイア」までの6作品に登場した超能力者
平成VSシリーズを象徴するヒロイン的な存在と言える。
精神科学開発センターに所属するもっとも強い能力者で、テレパシーで動植物とコンタクトを取ることが可能。そのため、怪獣の意思を感じ取ることもできる。

劇中で確認できる能力は、第六感的に人間では感知することが出来ない波長や精神感応を感知する能力、コスモスといった同じ能力を持つ者同士の交信(※1)、スーパーメカゴジラ搭乗時に発揮した透視能力(※2)、物体を自在に操るテレキネシス(※3)、怪獣の行動コントロール(※4)等。

ゴジラの事は当初敵と見做していたが、やがて彼らに対する特別な感情を抱き始める。

劇中での活躍

「ゴジラVSビオランテ」での初登場時には、演じた小高氏がまだ10代だったことから「ちゃん」付けで呼ばれており、性格もどこか掴みどころのない不思議な少女といった感じだった。一方、超能力を使ったゴジラへの偵察に協力したり、ゴジラの侵攻から大阪を守るためにテレパシーで立ち向かう勇気も見せている。

ゴジラVSキングギドラ」では国立超科学研究センターゴジラチームの一員として登場。未来人からゴジラ抹殺作戦のメンバーに選定され、太平洋戦争時代へのタイムトラベルを経験した。成人したうえに公的な肩書を得た為か、前作に比べて大人っぽい雰囲気に成長しているものの、ドラットを見た際には「可愛い!」とはしゃいでいた。

ゴジラVSモスラ」では国家環境計画局Gルームに移籍。ストーリー的にはあまり目立たないものの、攫われたコスモスの居場所をテレパシーで探り当てている。

ゴジラVSメカゴジラ」では国連G対策センターへ移籍。Gフォースが開発したスーパーメカゴジラのクルーに任命された。これまでは「ゴジラを倒す事が人類のためになる」と考えていたようだが、ベビーゴジラとの交流を通して戦いへの迷いを感じ始める。結局Gフォース隊員としての使命には逆らえず、自らのテレパシーでゴジラの「第二の脳」を探り当てて撃破に貢献してしまったものの、ゴジラとラドンが起こした奇跡の前にスーパーメカゴジラは敗北。脱出した未希はベビーの育ての親である五条梓の願いを引き受け、テレパシーでベビーの野生を目覚めさせてゴジラの下へ送った。

ゴジラVSスペースゴジラ」では、G対策センター内のサイキックセンター主任に昇進。超能力でゴジラを制御する「Tプロジェクト」のメンバーとして、ゴジラや成長したベビー(リトルゴジラ)が暮らすバース島を訪れた。本作では主人公の新城功二とロマンスを演じたり、彼女の超能力を狙う企業マフィアに誘拐されるなど、名実ともにメインヒロインとして描かれている。ラストシーンでは新城といい雰囲気になったものの、以降の二人の関係は不明。未希役の小高恵美は「淡い恋で終わった」、新城役の橋爪淳は「(新城では)ゴジラに敵わないので別れた」と解釈している模様。また、女性としての成長を示す為に本作から髪型がショートカットに変更されている。

シリーズ最終作「ゴジラVSデストロイア」では、バース島消滅と共に消息を絶ったゴジラ親子の捜索に奔走。リトルが成長したゴジラジュニアと再会を果たすも、Gフォースはデストロイアとバーニングゴジラを戦わせるための囮としてジュニアを利用する事を決定。ジュニアは奮闘するも殺害されてしまう。最終的にデストロイアは倒され、バーニングゴジラはメルトダウンを起こして融解。その光景を見た未希は「私の役目は終わった」と言葉を漏らす。
直後、大量の放射能を吸収したジュニアが復活を遂げ、ゴジラに成長して咆哮を上げる。しかし、それに気づいたのは未希ではなく同僚の小沢芽瑠であり、未希自身の反応は描かれなかった。その後の消息は不明(※5)

映画以外の媒体での活躍

サンリオピューロランドのアトラクション「怪獣プラネットゴジラ」では、惑星探査ステーションの職員として登場。彼女からステーションやアース号についての紹介を聞ける。平成VSシリーズと同一の世界観なのかは不明。

小説版「ゴジラVSビオランテ」では、ゴジラに撃墜・撃沈されて戦死する戦闘機のパイロットや軍艦の乗組員たちの今際の感情も感じ取っており、悲しみと恐怖でパニックになりかけたりもした。

平野俊弘による「ゴジラVSビオランテ」のコミカライズ「ゴジラ1990」では1984年に東京へ上陸したゴジラに交信を試みるも、通じなかったうえに両親を殺されたという過去が描かれている。

コミックボンボンで連載された川石てつやによる漫画版「ゴジラVSモスラ」にのみ、弟の三枝晃司が登場し、やはりモスラバトラの声を聴いている。

一方、坂井孝之によるコロコロコミック連載版「ゴジラVSキングギドラ」から「ゴジラVSデストロイア」には登場していない。同作者の同人誌版「VSデストロイア」では、「VSモスラ」の時期に黒木特佐の要請でモスラ幼虫殲滅作戦に参加していたが、怒りに支配されたモスラからのテレパシーや避難民の断末魔を受信した結果、脳にダメージを負って植物状態に陥っていたという経緯が明かされた。その後、意外な存在の協力を得て復活を遂げている。

短編CG映画「ゴジラVSガイガンレクス」では小高恵美が冒頭のナレーターを担当している。「VS」というタイトルや「あなたが姿を消してから四半世紀」という台詞、冒頭BGMが「VSメカゴジラ」のED曲(ベビーを孵化させ、野生に返す為に未希がテレパシーで送った古代植物の念波を音楽にしたもの)であることから、本作はVSシリーズの延長上にあり、ナレーターは三枝未希本人とも解釈できるが、詳細は不明である。

注釈

※1 劇中ではコスモスの歌をテレパシーとして感知しており、さらにバトラとの共闘シーンではモスラとバトラが何かを伝え合っていること(内容までは把握していなかったが)を感知している。また、「VSスペースゴジラ」ではフェアリーモスラを通してコスモスのメッセージを受信している。その為、その気になれば彼女もモスラを呼べるのかもしれない。

※2 「VSメカゴジラ」で披露。発動には自身の能力のみではなく、ヘルメットに装着された(暗視ゴーグルのような)「サーチ・アイ」という専用の器具が必要となる。

※3「VSスペースゴジラ」にて初披露。周りには「ずっとできなかった」と語っていることから、あまり得意ではない模様。事実、専用の器具が必要な上述の透視に比べると汎用性が高いにも拘らず、披露したのはこの作品のみで、次作の「VSデストロイア」では見せていない。

※4 「VSスペースゴジラ」で使用。透視と同様に自身の能力のみではできず、テレパシーを増幅する「サイコトロニック・ジェネレーター」と「テレパシー受信装置」(怪獣側に埋め込まれていなければならない)を必要とする。「VSデストロイア」では同じく超能力者の小沢芽瑠と二人がかりだった為か、それらの器具を必要とせずにジュニアを誘導している。

※5 バーニングゴジラがメルトダウンした際に高濃度の放射能が放出され、未希は付近を飛行するヘリからゴジラの戦いを見守っていたため、被爆した可能性がある。もしそうなら本編終了後に原爆症で早逝したとも考えられるが、「VSデストロイア」以降の時系列を描いた作品が無いのでそうした設定は存在しない(少なくとも作中にそういった描写は無い)。

関連タグ

ゴジラ ゴジラシリーズ 平成ゴジラ 平成VSシリーズ

関連記事

親記事

国連G対策センター こくれんじーたいさくせんたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50359

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました