ピクシブ百科事典

ラドン

らどん

ラドンとは、東宝が制作した怪獣の一種である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 原子番号86 元素記号Rn 常温で気体の元素
  2. ギリシャ神話に登場する百の首を持つ竜、正式にはラードーン
  3. ゴジラシリーズに登場する怪獣、本記事にて解説


概要

超音速で空を飛ぶプテラノドン型の巨大怪獣で、元々は『空の大怪獣ラドン』と言う映画での主役で、ゴジラ同様に核実験の影響で復活した古代生物。

初代ラドンは、前記の主演作にて最後に阿蘇山の噴火に巻き込まれて火口に墜落して死亡(墜落シーンの撮影時に片方の翼をつっていた糸が切れる偶然により、力なく落ちていく感じが強調されている)し、以降は二代目(初代の子供とされる)がゴジラシリーズに登場。

武器は、巨大な体で空を飛ぶ事で生み出すソニックブームで、ラドンが低空飛行するだけで周辺の建物は大変な事になる。なお平成ゴジラシリーズに登場した別個体は、ファイヤーラドンになった際に口から熱線を吐くようになった。

好物は古代トンボ幼虫である巨大昆虫メガヌロン(ちなみに後年の作品では、メガヌロンが成虫になった姿であるメガニューラメガギラスが登場している。人や家畜、クジラなども捕食する。

初のゴジラシリーズ登場作品「三大怪獣 地球最大の決戦」で共演したゴジラモスラと共に東宝三大怪獣と呼ばれているのだが、ラドンのみ唯一自分の名前がゴジラと共にならんでいる作品がつくられていない。ちなみに「三大怪獣 地球最大の決戦」の短縮版ではタイトルが「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦」になっているという、どこかの地底怪獣みたいな酷い嫌がらせを受けている。さらに怪獣大戦争の短縮版は「怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ」。出演回数こそ多いものの、タイトルに名前が入っていたのは主演作の空の大怪獣ラドンのみである。これ以外にも東宝三大怪獣では何かと扱いが悪い。モスラ3では敵怪獣が新怪獣→ラドンキングギドラと変更される、ミレニアムシリーズではの方が出世する、ゴジラ FINAL WARSではその他大勢扱い、GODZILLA 怪獣惑星 及び前日譚のGODZILLA 怪獣黙示録(小説)でも雑魚扱い等々。ゴジラと名前が並ぶ日はいつくるのだろうか・・・

同族への仲間意識が強い面も特徴。
初代ラドンもVSシリーズのラドンも、命懸けで仲間を救おうとする場面が描かれている。

登場作品一覧

1956年 空の大怪獣ラドン
1964年 三大怪獣 地球最大の決戦
1965年 怪獣大戦争
1968年 怪獣総進撃
1993年 ゴジラVSメカゴジラ
2004年 ゴジラ FINAL WARS
2017年 GODZILLA 怪獣惑星 
2017年 GODZILLA 怪獣黙示録(小説)

また、公開日は未定だが、レジェンダリー版ゴジラの第2作目『GODZILLA:The King of Monsters』に、モスラ、キングギドラと共にキャラクター仕様許可が下りた(東宝からキャラ使用権が下りただけであって参戦はまだ決定ではない)。そして、2017年に公開された、同じモンスターバースシリーズの作品である『髑髏島の巨神』では、これに先駆ける形で、エンドクレジット後のラストシーンで、ゴジラ、モスラ、キングギドラと共に意外な形で先行登場を果たしている

余談

  • ゴジラと共闘することが多かったため、『ゴジラ FINAL WARS』ではとどめを刺されなかった。
  • 英語表記が「Rodan」な為、前述のレジェンダリー版続報の際に「ロダン?」と1体だけ間違われたり、海外の反応系サイトで思いっきり「ロダン」と書かれてしまっていたりする。
    • なぜ英語表記が「Rodan」なのかについては、「最初にラドンの映画が海外で公開された際に現地発音でラドンに近かったから」「プテラノドンの綴りを短くしたもの(Pteranodon→Rodan)」「プテロダクティルスの綴りを短くしたもの(Pterodactylus→Rodan)」「元素のラドンと混同しないようにするため」など様々な説があるが、はっきりした答えは現状存在していない。
  • ウルトラセブン』に登場するカプセル怪獣アギラの鳴き声は、このラドンの鳴き声をほぼそのまま流用している。


関連イラスト

着色コラボ


ラドン(1964) 【ニコニコ動画用イラスト】
ラドン(2004) 【ニコニコ動画用イラスト】



関連項目

怪獣 映画 特撮 翼竜 バードン
メガヌロン - ラドンの好物。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278096

コメント