ピクシブ百科事典

クジラ目

くじらもく

クジラ・イルカの仲間の総称。
目次[非表示]

概要

海水浴


ほとんどが海洋生物で、海獣に含まれる。

食性・体のつくりによってヒゲクジラ(オキアミや小魚・プランクトンが主食)と
ハクジラ(魚やイカなどが主食)に分けられる。
ハクジラの中でも小型のものは「イルカ」と呼ばれる。

に似た外観だが、尾びれは横向きで、肺呼吸をする。
鼻は頭の上にあり、水面で呼吸をする様子が潮吹きとして観察できる。

古代には、オドベノケトプスマタパヌイ・ワイハオセミロストラムのような特徴的な種類も数多く存在した。

時々爆発するらしい。

クジラやイルカの座礁と自然災害との関連性

クジラやイルカが浜辺などに打ち上げられると真っ先に自然災害を連想する一部の人がいるが、クジラは自ら出す声、イルカは頭にある「メロン器官」と言うところから超音波を発して地形を把握している。浅瀬では自ら発する声も超音波も反射しないので方向音痴になりそのまま浜辺に乗り上げるのである。浜辺に乗り上げたクジラやイルカは自分の力で海に戻ることが出来ず人間が救助しないと息絶えてしまう。
400年前の奇書『奇跡の書』にも、鯨と地震の関係性を示すかのような記述があるにはあるが(参照)。

浅瀬に入り込んだり台風などで海が荒れたりすると自分の居場所が把握できなくなるので、イルカやクジラが大量に浜辺に打ち上げられたとしても、直接の自然災害とは結びつかない。
このような状況をなんでも震災などの自然災害に結びつける一部の人には困ったものである。

それに、大量座礁が多い地域はある程度決まっている。これは、海岸線や海底の地形などが作用しているからだと言われている。

場合によっては専門家などに問い合わせが殺到し迷惑となるので気をつけてほしい。

知能などについて


(人間をサメから守ろうとしているのではないかと推測される行動(参照))


(身体に絡まった釣具を取ってほしいと人間に助けを求めるイルカ)


(同じように、口に絡まったプラスチックを取ってほしいと人間に助けを求めて、人間が手を伸ばしやすいように調整する未成熟のセミクジラ)


(マッコウクジラが、奇形のハンドウイルカを群れに受け入れる場面)



近年の研究で、クジラもイルカも人間に類似した社会性を持っていることが判明した(参照)。「腕さえあったら地球の征服者になっていただろう」と形容されるほど高度な知性を備えている。一説には、集団圧力が脳の大型化を促したのでは?とされている(参照)。

下手したら人間を上回る記憶力、人間をサメから救ったり、自殺しようとした人間を救ったり、異なる種類の鯨類やアザラシを助けたり、など利他をすることが判明している。また、クジラとイルカは操る言語が人間よりも多いことが判明しているだけでなく、文化を方言とともに継承する(飼育下において、違う種類同士が「言語」を共有することも判明)。
また、例えば飼育下でシャチがイルカ語を習得したり、野生下で異なる種類同士で言語を共有している可能性もある。人間の人数や体積、人間が妊娠しているかどうか、お腹の子の性別までも超音波で把握できる。
また、イルカはフグ毒をわざと浴びて薬物中毒に近い状態を楽しむ、積極的に人間と交流して人間が船に戻るのを引き止めたり逆に背中に乗せて人間が船に戻ったり、人間によって家族から引き離されて自殺する、人間によるストレスで深刻な病気を発症する、仲間を助ける、気にいった異性に贈り物をする、違う種類の鯨類や人間やアザラシなどでも弱者や捕食者に襲われている個体を助ける、鬱のような状態にある個体を慰めるためにどこからともなく他の個体が集まりエスコートする、人間やアザラシなどをサメから守ろうとする、などなどこれまで以上にクジラとイルカの知能と感情の高度さが判明してきている。
インドはクジラとイルカを「第2の人間」と認定した。また、人間以外では文化が進化を促した生物として判明している唯一の例でもある。大規模な婚活イベントを行うこともあるらしい。つい最近の研究では、初めて会った個体同士の会話は、初めて会った人間同士の会話と似ているらしいく、ゴシップや噂話までするらしい

一方で、個体によっては悪い方向に知能の高さが発揮されているようなものもいる。例えばシャチに代表されるようにハクジラ類の一部は獲物を積極的に攻撃して食糧を得るタイプ故にその行動が残虐と受け取られることも少なくない。それだけなら他の肉食動物にも見られるが、特に個体によっては偏食が激しく獲物の一部だけ齧って放置するとか、獲物をわざといたぶる(これには子供に狩りを教えているという説がある)などの行為が散見されるという。
他にも、バンドウイルカなどではグループ内でいじめを行うなどの行為が確認されていると言われ、こうした負の側面は同じく高知能動物である人間にもよく見られることと言える。

超音波を武器の一種として利用する種も存在する。シャチやオキゴンドウなどは獲物が同目であった場合、相手の超音波を盗み聞きして行動を予測するなどの高等テクニックを使用する個体がいる。一方でマッコウクジラなどは、超音波を極限まで絞って獲物を麻痺させる超音波ビームを使うとされる。何それこわい

ハーミット・ドルフィンと呼ばれる、とくに人懐こい個体も知られており、クジラにも同じような個体が知られている「野生動物と人間の交流の次元を超えるレベル」だとされているケースも見られている。

特にナガスクジラ科に見られるが、鳴き声は東京~網走間に匹敵する距離に届き、歌も毎年流行りがあり、人間の出す騒音に対抗して周波数?を変えたりするなどの生態がある。

クジラの種類

ヒゲクジラ

ハクジラ

イルカ

古代種


関連動画



関連タグ

ホエリアン ぬしさま 化け鯨 レヴィアタン 大海獣 鯨神

pixivに投稿された作品 pixivで「クジラ目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1541

コメント