ピクシブ百科事典

シガマッコウクジラ

しがまっこうくじら

哺乳綱クジラ目ハクジラ亜目マッコウクジラ科に属する大昔のクジラの仲間。
目次[非表示]

概要

別名シガマッコウ、カミツキマッコウ、ブリグモフィゼター・シゲンシス等。
体長5.5~7m。
食べ物はクジラ類鰭脚類サメダイオウイカ等。
生息年代は中新世中期。
日本に生息。

特徴

シガマッコウクジラは、1983年長野県松本市で発見されたマッコウクジラの仲間である。学名の「Brygmophyseter」は、「嚙み付くマッコウクジラ」という意味である。シガマッコウクジラは、現生のマッコウクジラと異なり、上顎にも大きなを持ち獲物に噛み付き食べていた。シガマッコウクジラは、太古の日本の関東の海で生態系の頂点に占めていた生物の1つだと考えられている。

関連タグ

クジラ ハクジラ マッコウクジラ 古生物
リヴィアタン・メルビレイ メガロドン

pixivに投稿された作品 pixivで「シガマッコウクジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98

コメント