ピクシブ百科事典

ローラシア獣類

ろーらしあじゅうるい

哺乳類の分類の一種。「ローラシア獣上目」、「ローラシア哺乳類」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

北半球にあったローラシア大陸(現在のユーラシア北アメリカ)で進化したグループ。
現在もっとも繁栄している獣類で、ユーラシアからアフリカへ、北アメリカから南アメリカへとそれぞれ進出して、かの地で繁栄していたアフリカ獣類有袋類を駆逐してその地位に納まっており、更にオセアニアへも、漂流物(浮島へ乗っちゃった奴とか)や人工物(船舶など)を介して進出している。

 白亜紀のセノマニアン期辺りに、上記の大陸のどこぞでもふもふしていたものが、あー想像を絶する空前絶後の適応放散をかましてこうなった。なお、アフリカ獣類も似たような頃に発生している。

 原初は「多分モグラみたいなの」と考えられ、そこから、いろいろあるけど「肉球が窄まってる系」が進化し、えーそっから多分極めて短時間に、「海へ行ったり凶悪な消化器もったり系(鯨偶蹄目と呼ばれる)」の他、異論があるけども
蟻食に特殊化(「好蟻食性」と呼ばれる)した系」と「肉食系」と、DNA配列はだいたいあってる空へ行ってみた系」に「は持ってて草食系」が恐らく共通の祖先から分岐し、(この辺は「ペガサス野獣類」と呼ばれる 但し、コウモリが外されることがある)、ちまちま分岐がなされる。

 他、同じところで発生した「真主齧目」(ウサギ目げっ歯類皮翼目霊長類)を合せて、「北方真獣類」と呼ぶ。これから、真主齧目を抜いたのがローラシア獣で、それからモグラの仲間を抜いた塊が、あー、「Scrotifera(金玉を帯びたもの)」という。・・・厳密には鯨とかとセンザンコウはこれに属するがアレは内蔵されている。(なんか陰嚢が体外に出ているのが「ローラシア獣類の一部の特徴」と一応言い張れるらしいのね 非北方獣類の象さんとかアリクイさんとかはちゃんと体内に収まってるので)

ローラシア獣類一覧


食虫目



翼手目(コウモリ目)

鯨偶蹄目

奇蹄目(ウマ目)

食肉目(ネコ目)

鱗甲目(センザンコウ目)


関連タグ

哺乳類 翼手目 鯨偶蹄目 奇蹄目 食肉目 鱗甲目

pixivに投稿された作品 pixivで「ローラシア獣類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102

コメント