2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

別名「タテガミイヌ」とも。

主にアフリカからインドにかけての乾燥した草原に分布する。ややイヌに似た体形は、開けた土地に棲むことと関係があるようである。とはいえ実際はジャコウネコに類縁の動物であり、イヌ科との関係についてはただのそっくりさんというのが本当のところ。
アードウルフ以外の種は頑丈なを持ち、動物の硬いも噛み砕く。
「サバンナの掃除屋」と言われくらい獲物を綺麗に食べ、サバンナを綺麗にするのに一役買っている。逆にライオンは食べ残しが酷く、ハイエナはそれを見て「勿体無いから貰っている」というだけであり横取りしているわけではない(さらに言えばハイエナが食べないと死骸でサバンナが汚れる)。また、下記の生態の項で触れるが、そもそもハイエナはライオンより遥かに狩りが上手いため横取りする必要などなく、寧ろライオンの方が積極的にハイエナから横取りしている。
つまりハイエナは必要に応じてスカベンジャーとハンターの顔を使い分ける優秀なサバイバーなのだ。

よく見るとタレ目で耳が丸く、口を閉じてるときは結構愛嬌のある顔をしている。

主な種類


進化

ハイエナの祖先が現れたのはおよそ300万年前。
現在のヨーロッパに初めて出現し、祖先の「プロティクティテリウム」がアフリカへと移り棲んだと考えられている。初期のハイエナは樹上生活に適応しており、昆虫木の実を食べる雑食性だったという。
100万年後以降は、特殊な道を選び、大変繁栄した肉食動物であり種も多数存在していたが、氷河期を境に殆どの種が滅んでしまったという。その理由は今も不明。

生態

夜行性で、腐ったに群がる習性があるが、アードウルフのような例外(シロアリを主食)もある。シマハイエナカニなども食べる。死肉あさりというイメージが強いが、ブチハイエナはをも砕くとしつこさ、群れの力を活かして獲物を狩る優れたハンターでもある。しかもその狩りの成功率は、ライオンが約20%であるのに対し、ブチハイエナはなんと約80%と、極めて高い。そしてブチハイエナの獲物は、そのほとんどが、自分たちで仕留めたものなのである。ライオンとは獲物を横取りし横取りされる間柄。ハイエナがライオンの獲物を横取りするというイメージが強いが、むしろライオンに獲物を横取りされる方が多い。要因としては、ライオンは横取りした死骸であっても、食べる前に死骸に深く爪を立て、あたかも自分で仕留めたように周囲にアピールする習性があり、その振舞いが横取りしようとしたハイエナを追い払ったかのように見えるのかもしれない。
ちなみに、咬合力も450kg前後と、ライオンの310kg前後の約1.5倍の強さを持つ。

ライオンキングシェンジがそうであるように、雌がリーダーとなる女系家族であり「クラン」と呼ばれる群れを作り、雌の方が体も大きい。クランの規模は様々だが最大で80頭の規模が確認されている。こういった特性は哺乳類ではかなり珍しい(メスの方が大きくなるのはヒゲクジラの普遍的な特徴であり女系社会を形成するのはミーアキャットにウサギ、ゴンドウクジラなどにもみられるが、両方を兼ねそろえているのは限られている)。また、ライオンキングでは、非常に頭が悪い動物として描かれているが、実際は、霊長類に匹敵するほど高い知能を持っているということが、最近になって判明した。その詳細はこちら

生殖

ブチハイエナは雌のクリトリスが雄のペニスと同じくらいか、それ以上に大きく、偽陰嚢と呼ばれる脂肪の塊が股間についている。また発達した肛門腺が女性器のような形をしており、非常に雌雄が見分けづらい。そのため中世ヨーロッパではブチハイエナは両性具有の動物だと思われていた。また、近年でも円山動物園につがいとして韓国の動物園から寄贈された2匹がいつまでたっても喧嘩ばかりで生殖に至らないので調査したところ両方ともオスだったという事件が起こっている(ブチハイエナの性別の訂正について)。
一般的には勃起したペニスの先端が尖っていたら雄で、先端が平らな方が雌となる。交尾の際は、雌がペニスをひっこめ、そこへ雄のペニスを挿入する事になる。雌が交尾の主導権を握っており、前述にあるように雌優位社会である。ペニスの尿道にあたる部分から出産するため、非常に難産な動物である。初産の60%が死産、その際母親も20%が死に至る。出産後の雌には擬陰茎に出産の跡が残る。
その代わりクラン内で実母以外のメンバーも生まれた子供の世話をするため、出産時を乗り切った後の生存率は高い方である。

人間との関わり

アフリカでは、寝ている人間がハイエナに襲われる事例がかなり多い。逆に南アフリカのような治安の悪い地域では、番犬代わりに飼育されることもある。

人間からの印象は手柄を横取りしたり、根性の腐った人間を「ハイエナみたいな奴」と呼ぶぐらいにすこぶる悪く、「ライオンキング」などの創作物でも大抵悪役である。これはライオンほど見た目が華美でない点や屍肉を食べると言う生態が一人歩きした結果なのではないかと思われる
ここら辺はやたらと罵倒表現に使われる達と同じで、一般的なイメージと実際のギャップが激しすぎる動物として度々挙がる。

実際の子育て上手な生態や仕事上手な面やよく見ると愛嬌のある顔付きを考えれば、「ハイエナみたいなヤツ」はむしろ褒め言葉である。

創作での扱い

一般的にはスカベンジャーとしてのイメージが横取りや盗み食いを連想させ、さらに頭部が不良の髪型を彷彿させるためか、悪食で頭の悪いチンピラのように描写されることが多い。
しかし、実際の習性は異なることが知られてきたために近年は描写に変化があらわれてきている。

神話伝承

クラアフリカの妖怪
ブルトゥンギン(〃)
クロコッタ幻獣
マンティコア(〃)

ハイエナがモチーフのキャラクター

特撮

ハイエナモズー/ハイエナコング大戦隊ゴーグルファイブ
ハイエナノイド機動刑事ジバン
ウルガ仮面ライダー1号

漫画・アニメ

斑刃イエナ群れなせ!シートン学園
エルザ(異種族レビュアーズ)
由崎多汰美トリコロ
ツァダオナン
エナどうぶつの国
ミグノBEASTARS
ハイ田アグレッシブ烈子
シェンジ/バンザイ/エド/ジャスィリライオンキングシリーズ)
コンエナマジカパーティ

ゲーム

フレイム・ハイエナードロックマンX7
ハイエナ(けものフレンズ) 
ラギー・ブッチツイステッドワンダーランド
ポチエナ/グラエナポケットモンスター

その他

プリティ・スカーヴィランズの手下

あだ名・異名・キャッチフレーズ等がハイエナのキャラクター

ベラミーONEPIECE
エーデルフェルト姉妹 (Fateシリーズ)
吾代忍 (魔人探偵脳噛ネウロ)
漣ジュン (あんさんぶるスターズ!)

ハイエナのような行動をするとされるキャラクター

波野ノリスケサザエさん
ミッチー&ヨシりんクレヨンしんちゃん
デラックスファイター秘密結社鷹の爪
バンデット・キース遊戯王

関連タグ

動物 哺乳類 食肉目 ハイエナ科

ジャコウネコ:犬よりもこちらに近縁な生き物である。
ゴキブリ:掃除屋としての一面を持つ嫌われ者。尤もこちらはハイエナよりも生理的嫌悪感を催す見た目をしている為、仕方のない気もするが…。
張五飛:『新機動戦記ガンダムW』の登場人物。ハイエナの群れに遭遇するも追い払うシーンがある。

関連記事

親記事

ハイエナ科 はいえなか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイエナ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハイエナ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1857365

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました