ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

魔人探偵脳噛ネウロ

まじんたんていのうがみねうろ

『魔人探偵脳噛ネウロ』とは、2005年から2009年にかけて「週刊少年ジャンプ」に掲載された、松井優征による漫画作品である。2007年にはTVアニメ化、ゲーム化もされた。
目次 [非表示]

概要

「謎」を食料とする魔人・脳噛ネウロと、人間の女子高生・桂木弥子を中心に織り成す探偵物。「探偵」と銘打ってはいるが「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」であると作者自身が語っており、推理には重きを置かず、代わりに突出したガジェットや荒唐無稽なトリック、犯人の異常な心理と奇怪なリアクションを大きな特徴とする。


さあ先生、ご挨拶を!


また、主役のネウロと弥子は共通して食に対するこだわりを持ち、本作には「グルメ」「食事」といったテーマが根底に流れている。全202話でジャンプコミックス全23巻、集英社文庫全12巻。連載開始前の読み切りパイロット版の2話が存在する(文庫版に収録)。公式の英題は「Private Evil Eye Nougami Neuro」(第32話表紙より)だったがそのうち Neuro:Supernatural Detectiveがよく使用されるようになった。


あらすじ

『謎』を食糧とする突然変異種の魔人・脳噛ネウロ(以下:ネウロ)。魔界の「謎」を喰い尽くしてしまった彼は「究極の謎」を求めて地上を訪れる。ネウロは「謎」を追った先で、女子高生桂木弥子の父親・桂木誠一が殺された事件に遭遇。ネウロは弥子に目をつけ、人間界で目立たず生活する為の奴隷人形…もとい隠れ蓑として探偵役になることを強要。


警察の捜査は難航する中、ネウロは「前菜」として近場の喫茶店で起きた事件を『魔界777ツ能力(どうぐ)』を駆使して解決、そして桂木家の謎もあっさりと解いてしまう。その後もネウロはヤコに引き続き探偵役を強要し、弥子を「女子高生探偵」として売り出していく。


始めは、嫌々探偵役を引き受けていた弥子だったが、孤独の歌姫アヤ・エイジアや怪物強盗X達に出会い、彼女自身に「人の心の底の想いを理解する能力」が芽生えてくる。


登場キャラクター

魔人探偵脳噛ネウロの登場人物


アニメ

週刊少年ジャンプ2007年33号にてマッドハウス(他)制作のTVアニメ化を発表。日本テレビで、毎週火曜深夜25時29分から放送。当初は関東ローカルだったが、2008年1月より読売テレビ広島テレビで1クール遅れ、同年3月より日テレプラス&サイエンス、中京テレビ札幌テレビで約5か月遅れで放送。


基本的に一話完結で一話一話は原作通りだが、全体的な流れはアニメオリジナルシナリオで進行する。最終話では原作者の松井優征漫画家役で出演している。


主題歌

  • オープニングテーマ

DIRTY」 歌:ナイトメア


  • エンディングテーマ

孤独のヒカリ」 歌:加賀美セイラ


ゲーム

魔人探偵脳噛ネウロ ネウロと弥子の美食三昧 推理つき グルメ&ミステリー

上記のアニメ版の声優が起用されている。

ニンテンドーDS用のソフトとして2008年6月12日にマーベラスから発売された。ジャンルは「魔界(イビル)アドベンチャー」。


魔人探偵脳噛ネウロ バトルだヨ! 犯人集合!

プレイステーション2用のソフトとして2008年8月28日にコンパイルハートから発売された。ジャンルは「魔界バトルアドベンチャー」。


関連イラスト

゚+。:.゚ネウロ連載10周年゚.:。+゚ごちそう

警察呼ぶぞコラァ!


関連タグ

週刊少年ジャンプ 松井優征

探偵 料理 グルメ 食事 魔界


魔界777ツ能力:ネウロの能力。


DCSドーピングコンソメスープ) :作中に登場する料理(?)。

新しい血族絶対悪:敵の組織。


ネウロNL:男女CP。

ネウロ100users入りネウロ500users入りネウロ1000users入り:評価タグ。


ネウロパロ


暗殺教室逃げ上手の若君:同じ作者による漫画。

魔っ殺教室コラボ

ネウロと弥子の美食三昧推理つきグルメ&ミステリー


外部リンク

関連記事

親記事

松井優征 まついゆうせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21727949

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました