ピクシブ百科事典

桂木弥子

かつらぎやこ

桂木弥子とは、『魔人探偵脳噛ネウロ』に登場するメインヒロイン。
目次[非表示]

公式プロフィール

年齢16歳
誕生日3月10日
身長159cm
体重43kg
座右の銘まず白米ありき


概要

CV:植田佳奈

殺された父親の葬式の日、魔界から謎を求めてやってきた脳噛ネウロと出会った高校生少女
父の事件をネウロが解決した後、そのままあれよあれよという間に、魔界探偵事務所を営む「女子高生探偵」に祭り上げられ、彼の人間界での活動のための奴r…もとい隠れ蓑として、多くの犯罪者と渡り合っていくことになった。

ネウロのような超人的な頭脳や能力を持つわけではないが、実は聡明かつ豪胆な性質をしており、危険なヤクザ殺人鬼に対しても、まっすぐに自分の意見を言うことのできる度胸を持っている。また、非常にうたれ強く、並の人間が揺さぶられてしまいそうな逆境の中でも、自分を見失ったりしない。
初めは脅し半分でやらされていた探偵業も、事件を解決していくうちに次第に自ら進んで行うようになり、魔人であるネウロが決して獲得することのできない「人間の心を理解する能力」を開花させていく。

とにかく胸…もとい幸が薄いことに定評があり、筋金入りのドSであるネウロからメインヒロインにあるまじき羞恥を次々晒されている哀れな人。
「放置プレイ」とか「言葉責め」とか「DV」などと言った言葉(性的な意味は込められていない)を日常的に使わざるを得ない、散々な毎日を送っている。単行本のおまけページでは、ヒロインとしての存在意義そのものを揺るがされたことも

あと、スカートは鉄壁。逆さになっても下がらない。ある意味本作一番の「謎」。

その未成熟…もとい小柄な体躯とは裏腹に異常なほどの大食い娘としても有名。大食いといえば週刊少年ジャンプの歴代作品主人公でも通例の設定だが、彼女の場合は一線を画しているといっても過言ではない。

怪盗Xの観察によれば身体の燃費が異常に悪い体質らしく「回転寿司のレーンを回らなくする」→「一人でホテルのバイキングを全メニュー撃沈させる」→「ものの数秒で超巨大アロワナの香草焼きを半分以上たいらげる」など、巻を重ねるごとにバケモノじみた悪食さを発揮している。
食う量と比例してゲテモノ食いとしての才能も発揮しており、「カマドウマがエビっぽくて美味しそう」「ダンボールハウスが肉まんに見える」と言った名言にも事欠かない。彼女の食費は桂木家の家計のかなりの率を占めており、一年足らずで父親の保険金を消費し尽くす勢いだという。
…これは母親の破滅的な料理オンチによる影響が大きいのだが、「私コンクリートでもバターと醤油で炒めたら食べられると思う」は流石に…。

pixivでの扱い

pixivにおいては、ピンとしてのイラストの他、他キャラクターと絡んだものも投稿率が高い。
代表的なカップリングとしてはネウヤコ笹ヤコヒグヤコなど。
弥子」「ヤコ」などと言ったタグも使われている(むしろこちらの方が投稿数が多い)ので、検索の際はこれらの物も試してみるのがオススメである。

関連イラスト

心乱れる弥子



関連タグ

魔人探偵脳噛ネウロ 脳噛ネウロ
探偵 暴食
ネウヤコ 笹ヤコ
不破優月-同作者の次回作の登場人物。中の人が同じ(というよりこちらに合わせたか?)。
原寿美鈴-同上。大食いという共通点があり、「パンは飲み物」らしい(ただしメシウマ)。

pixivに投稿された作品 pixivで「桂木弥子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1377800

コメント