ピクシブ百科事典

スペイン語

すぺいんご

スペイン、ラテンアメリカ地域を始めとする20の国と地域で話されている言語。カスティーリャ語とも。
目次[非表示]

概要

スペインアメリカ大陸の大半の国などの公用語であり、英語フランス語中国語ロシア語アラビア語と並び、国際連合の6つの公用語の1つ。別名は「カスティーリャ語」。
同じくインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属するポルトガル語とよく似ている。

元はラテン語の方言で、時代による変化と別個の中央政府を持つ事で分立したのは、ポルトガル語やフランス語やイタリア語などと同じ。
イベリア半島の大半をアラブ人やベルベル人が支配していた事があり、その時期にアラビア語の影響も受けている。
イベリア半島にはほかのラテン語系言語やバスク語もあるが、アメリカ大陸に勢力を広げたカスティーリャ王国の公用語であるスペイン語が植民地でも使われ、植民地の独立後も公用語になっている。イギリスから独立したアメリカ合衆国でも、元メキシコ領だった南西部を中心に話者が多く、英語の次によく使われている。

ラテン文字アルファベット)にÑを加えた27文字のアルファベットを使う。
Vは「ヴァ行」でなく、Bと同じく「バ行」に相当する。
名詞は男性名詞と女性名詞に分かれており、分詞や形容詞・副詞などの品詞が名詞の性によって活用が変わることもあり、性によって異なる冠詞も存在するなど、日本語と違う特徴もあるが、母音は日本語に似ているので発音は比較的やりやすい。
ただし、他のロマンス言語を含めた他言語と同じく、動詞の活用形が沢山存在する。過去形は、点過去(完了過去)と線過去(未完了過去)の二種類が存在しており、この二つの使い分けはしばしば曖昧になる。未来形という活用形は、場合によっては推量の意味にもなる。また、接続法(英語で言う仮定法)は、英語よりも使い方が数多く、非常に複雑である。動詞の活用は非常にややこしいが、まず慣れることが第一とも言える。

但し、スペイン語が上手いと、商社などでは南米に飛ばされることが多いので要注意。(だってスペインは××がないからである。)
余談ではあるが、メジャーリーグは中南米の選手が多くスペイン語使用率が高い事で有名でありイチロー選手もスペイン語を巧みに使う。
アメリカではスペイン語話者が絶賛増加中で数年後に英語に代わって最大話者になる予定である。
その為、中国語と同様に英語に代わる国際言語として注目されている。

pixivタグとしては主にスペイン語が書かれた作品に使用される。
スペイン語圏のユーザーが「キャプションにスペイン語使用」の意味で用いることも。

スペイン語を公用語とする国


関連イラスト

Sweet Journey [Poster]
住人



関連タグ

言語 スペイン
アメリカ大陸 南アメリカ
ラテン語 ポルトガル語

pixivに投稿された作品 pixivで「スペイン語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35233

コメント