ピクシブ百科事典

奴隷

どれい

奴隷(どれい)とは、人間でありながら所有の客体としてみなされる者のこと。
目次[非表示]

概要

人間としての名誉、権利・自由を認められず、他人の所有物として取り扱われ、所有者の全的支配に服し、譲渡・売買の対象とされた。奴隷を許容する社会制度を特に奴隷制という。

近代になって人権意識の向上や、社会制度の発達により、奴隷制度の廃止の機運が高まり、現在では世界人権宣言で禁止されている。
しかし、現代でも発展途上国では奴隷同然の劣悪な環境での労働が当たり前の国は多く、法律などで「奴隷」という制度および存在は禁止または否定されても「奴隷とさして変わらない身分」の者は未だ世界中に数多くいるのが実情となっている(後述)
また、先進国でもブラック企業で働くものを「会社(または社会)の奴隷」などと表現することが珍しくなく、それ以外でも比喩表現として「何か(あるいは誰か)に束縛・隷属・支配されて(させられて)いる者」を「〇〇の奴隷」と表現することがある(例:「金の奴隷」「スマホの奴隷」)。

歴史

「奴隷の歴史は人類の歴史」と言っても過言ではないぐらい古い。
戦争で勝った側が負けた側の捕虜や民を奴隷として隷属させる」ことは太古の昔から当たり前のことであったので、人間同士の戦争と奴隷とは切っても切れない関係にあるとも言える。
少なくとも、古代ギリシャや古代中国王朝、日本でも弥生時代には既に奴隷(あるいは、それに類する身分)が既に存在していたとされている。
奴隷の境遇は、いつの時代も悲惨なものが大半であった・・・とは言い切れない。
というのも、奴隷の立場は国や時代によって様々であり、所によっては比較的恵まれた奴隷も少なくない。
例を挙げると、古代アテネでは奴隷の数が極めて多く、試算によれば人口の過半数が奴隷だったと言われるほどである。にもかかわらず(あるいは、それゆえに)奴隷の身分や立場は保証されており、ほとんど一般市民と変わらぬ生活を送っていた。そのおかげだろう、古代アテネでは奴隷の反乱がほとんど記録されていない。
また古代ローマでは、高等教育を修めた教師家庭教師)や医師会計士など、今でいうところのエリート職の奴隷が珍しくなかった。
当然、こうした「使える」奴隷は高価で取引され、こき使って早死にされては大損するため、主人の下で厚遇されたり、職によっては主人の方針に対して助言や意見を述べることが許されるなど、奴隷でありながら丁重に扱われる者も少なくなかったとされる。
また、稼いだ金で自分自身を買い上げたり、何らかの理由(主人の善意や気まぐれ、奴隷としての労働期限の満了、長く勤めた奴隷に対する感謝、主人の家が破産して奴隷を養えなくなった…など)で主人から解放されたりすることで自由な身となることもあり、そうした身分の者は「解放奴隷」と呼ばれた。
解放奴隷のその後は様々だが、主人との仲が良かったり信頼されていた奴隷の場合、解放後も元主人の下で(今度は一般市民としての)部下や徒弟として働く者も少なくなかったらしい。
もっとも、こうした恵まれた奴隷ばかりではなく、無学な奴隷は悲惨な境遇のものも多かった。

その後も奴隷は、その時代その時代の社会の礎(というか人柱)になり続け、時にはマムルークのように、精強なエリート軍人の集団として、やがては国(マムルーク朝)を築いて事実上の支配階層として一時代を作り上げるまでになった例も存在する。

前述の通り、現在では奴隷は国際的な取り決めで禁止されているが、発展途上国や紛争地域を中心に、事実上の奴隷取引である人身売買は後を絶たず、「奴隷」という言葉は廃れても、事実上の「奴隷的身分」は世界のあちこちで未だ数多く存在しているのが現状である。

とりわけ、現在のイスラム過激派に代表されるイスラム系テロリストはイスラムの教義を自分たちに都合よく解釈し、誘拐した女性を性奴隷化したり、他人に売り払うなどの蛮行を繰り返しているとされる。
一応付け加えておくと、イスラム教では奴隷の売買や所有を悪行と定義していない(開祖であるムハンマドも奴隷を所有していたとされる)が、奴隷の扱いや福祉その他に関しての取り決めもきちんと定められており、クルアーンにおいても「奴隷を親兄弟にするように慈しみを以って接せよ(4章36節)」と書かれている。
また、奴隷の所有はイスラム教の教えにおいて合法であり、戦争における戦利品として獲得することも認められているが、解放することはより良いこととされ、解放した奴隷と結婚した(無論愛するべき)者は天国において更なる褒美を受けるという。
イスラム教圏で奴隷制が廃止されたのは近代に入って欧米諸国に植民地化されてからではあるが、上記のような教えがあるために、奴隷制を廃止することには抵抗がなかった。
現在でも奴隷制を明確に禁じた有力なファトワー(宗教的見解)は出されていないが、奴隷制の必要がなくなる近代化に伴い、多くの教義が温存されていく中でも解放は善徳であるとされた奴隷制はあっという間に廃れていったのである。
このことからも、上記のイスラム過激派連中がいかにイスラムの教義を自分たちに都合よく解釈しているかがわかる。

創作における扱い

SFファンタジー世界ではたびたび奴隷が登場することもある。

特に、性的な意味で奴隷化された女性にスポットが当たることが多い(R-18なのでここでは詳述できない)。かつてはこのポジションはメイドであり、奴隷というのはあまりにもアナクロな響きを持つ言葉だったが、イスラム国騒動以降注目され急増している。

近年では小説家になろうを中心とした復讐もので、高確率で主人公が奴隷を物語序盤(多くは異性の亜人)で仲間に招き入れている。
仲間にする理由は作品にもよるが、主に人間に故郷を襲われる、親しかったが裏切られた等の主人公との利害一致し、更に奴隷なら常人と違い裏切るリスクがゼロに近い(仮に主人を裏切ってもその後が続かず、主人という扶養者がいなくなったことで野垂れ死ぬか「主人を裏切った奴隷以下の存在」として扱われるかのどちらかなので、奴隷の側としても主人に対して忠実に振舞っていたほうがまだマシなのだ)ので、復讐としては都合が良いのである。
ついでに言えば、その奴隷が「ごく普通の奴隷」であったことはそれほど多くなく、大抵の場合戦闘能力や魔法能力、農事や商売など特定の方面で非常に高い才能の持ち主だったり、とんでもないチート能力を秘めていたり、実は某国(または亡国)の姫君だったりと、良くも悪くも「掘り出し物」であることがお約束である。
また復讐ものの場合、序盤の終わりから中盤以降は「復讐を完遂し身も心も屈服させた元仲間(大抵は女性)を奴隷化させる」というパターンもまた多い。

関連イラスト

奴隷雪歩
聡明な女奴隷


関連タグ

 人権 戦争犯罪
人身売買 奴隷市場

関連記事

親記事

人類 じんるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「奴隷」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「奴隷」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 294225338

コメント