ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。主人公ゴンの父親。

「捕まえてみろよ お前もハンターなんだろ?」


タグはジンも使用されている。

CV:東地宏樹(成年)高乃麗(少年)(1999年フジテレビ版)/小山力也(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新刊以降の内容を含みます。

概要

概要

二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。

十二支んの元メンバーであり、コードネーム

主人公ゴン父親でゴンの旅立ちの理由となった人物。

ミトの従兄。くじら島出身で、年齢は32歳(推定)。

カイトの師匠にあたるハンターで、その実力は世界でもトップクラス。

容姿

黒髪のツンツン頭、やや童顔ジト目気味の三白眼

鍛え上げられた肉体を持ち、身長は十二支んの中でも高い。

無精髭を生やした浮浪者のような外見の男。


「最高のハンター」

「最高のハンター」

12歳になる直前に「欲しいモノがあるんだ」と言い残しハンターを目指して島を飛び出す。

第267期ハンター試験唯一の合格者で、二ツ星ハンターとして世界を股にかける活躍をしている(ゴンは287期)。

様々な分野で歴史的な業績を残しており、カイトやサトツも「最高のハンター」と認める。

遺跡発掘の分野においては、行った仕事がそのまま遺跡保護のマニュアルとして世界的に普及しているという。

三ツ星ハンターに値する功績を残しているが、本人は面倒臭がって申請していない。

名前こそ有名だが謎の多い人物。一国の大統領に匹敵する権力を持ち、ネットでは彼に関する情報は完全に遮断されている。

「ジンを探し当てること」は至難のハントであり、彼に認めてもらう為の最終試験でもある。

その反面、数々の規約違反を犯したり年に数回行方不明になるなどのいい加減な性格であり、十二支んを初めとして他のハンターからはあまり快く思われておらず、レオリオに殴られた時にはスタンディングオべーションが起こったほどであった。

ハンター十ヶ条その6の内容から言うと、二ツ星ハンターであるジンには、一ツ星以上の弟子がいる事になるが、それが誰なのかはっきりしていない(フツーに考えれば、まずカイトの名が思い浮かぶが、一ツ星を得るほどの業績を残した一流ハンターに対して、今更ジンが二ツ星のライセンスを預けて試験を課したという事になり、ちょっと考えにくい。だからといって、他にジンの弟子らしきハンターはこれといって登場していないのである)


グリードアイランド

グリードアイランド

グリードアイランドの最高責任者。

製作者の一人であり、仲間と共に11人でこのゲームを作ったゲームマスター

GREED ISLAND」の「G」がジン(GING)の頭文字に相当する。

(HUNTER×HUNTERの世界でもアルファベットは存在するようだ。)


放任主義(?)

放任主義(?)

くじら島を飛び出した10年後、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンとゴン宛のメッセージボックスをミトに預けて、再び姿を消した。この時のジン本人の言葉では、妻(ゴンの母親)とは「別れた」との事。ゴン宛メッセージ内でも言及していたようだが、ゴン自身がそれを聞こうとはせず破棄した様な結果になっており、どんな人物だったかは、作中では全く触れられていない

メッセージボックスによれば父親としての無責任さは自覚している。ゴンに対しては申し訳なさから顔を合わせることを拒み、「それでも会いたきゃ探してくれ」とのメッセージを残している。

その反面、ゴンに一流のハンターになってもらいたいとの願望があり、レイザーに対してゴンと対決するときは本気で勝負するように頼んでいる(そもそもグリードアイランド自体がゴンの修行のために作られたとビスケは推測している)。

ゴンがG・Iをクリアすれば持ち帰るカードによって自分に会いに来るだろうと予測しており、磁力(マグネティックフォース)により1人で来る場合はジンの所へ、同行(アカンパニー)によって仲間と来る場合にはカイトの元へ飛ばすようエレナに設定させていた。

後にゴンはG・Iをクリアし、ジンと再会する機会を得たが、キルアとの同行を選んだため実現しなかった。

会長選挙終了直前、ゴンが復帰したことにより不本意ながら対面を果たす。

ぎこちない対面ではあったものの、カイトの件で気落ちするゴンを励まし力強く送り出す。

ゴンに対しては表面上はそっけない態度をとっているものの、その信頼関係は確かなものである。


世界樹

「オレがほしいものは今も昔も変わらない 目の前にない『何か』だ」


世界樹の頂上でゴンと再会し、「大切なものはほしいものより先に来た」という経験や、「この世界の"外側"」の存在を語った。


「道草を楽しめ 大いにな ほしいものより大切なものが きっとそっちに ころがってる」


性格

性格

「道中楽しむ」がモットーの「浮動のバカ」。

手前勝手で自己中心的、自分が楽しむことしか考えない。悪態ばかりで口も悪い。

(実際サイユウに対して「殺すぞ」「サル」と侮辱や差別になりかねない発言を平気でしている)

会長選挙の際の目的も会長になることではなく「自身が楽しむ」ことであり、パリストンが有利になる記名投票制のルールを盛り込んだのもそのためである。

思いついたことは何でもやろうとする実践派、そして何でも出来てしまう多才な人物。

常識にとらわれない型破りな発想の持ち主で、先見の明に長けている。

発言に関しては、口に出した後でその理屈を追いかける事が多いひらめき先行型。

沢山の人々に多大な影響を与えている一方で、彼の身勝手さに迷惑している人も大勢いる。


暗黒大陸編

暗黒大陸編

カキン暗黒大陸進出宣言を受けてビヨンド隊の本拠地を訪れたジンは、チームへの参加と自身をNo.2とする事を宣言する。

目的はビヨンドへの協力とパリストンの抑止。


念能力

念能力

ネテロ会長からは「念能力者としては間違いなく世界で五本の指に入る」と評価されるほどの実力者である。

オーラの扱いに長けた天才であり、打撃系の技は喰らうとコピーできてしまう。

これはつまり、念能力の詳細を秘匿することが基本のハンターにとっては生死を左右しかねないほど致命的。”誓約と制約”までさすがに推測できないだろうが、カストロの”分身”での戦い方や『(発の)早いもん勝ち』とされる操作系能力のように発動条件や戦法が明らかになれば対策されて脅威ではなくなってしまうものも多く、前述の他ハンターから毛嫌いされている理由に含まれていそうではある。

なお、ジン自身の系統や発については、未だ不明。


似てる?

似てる?

同作者作品の某人物が成長したような人物像であり、作者からも4コマ漫画でネタにされている。


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

ゴン=フリークス カイト(HUNTER×HUNTER) ミト(HUNTER×HUNTER)

サトツ レイザー(HUNTER×HUNTER) アイザック=ネテロ レオリオ=パラディナイト

パリストン=ヒル ビヨンド=ネテロ 協専ハンター

ハンター協会 十二支ん 暗黒大陸探検隊

グリードアイランド 暗黒大陸(HUNTER×HUNTER)

冨樫義博

浦飯幽助

「捕まえてみろよ お前もハンターなんだろ?」


タグはジンも使用されている。

CV:東地宏樹(成年)高乃麗(少年)(1999年フジテレビ版)/小山力也(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新刊以降の内容を含みます。

概要

概要

二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。

十二支んの元メンバーであり、コードネーム

主人公ゴン父親でゴンの旅立ちの理由となった人物。

ミトの従兄。くじら島出身で、年齢は32歳(推定)。

カイトの師匠にあたるハンターで、その実力は世界でもトップクラス。

容姿

黒髪のツンツン頭、やや童顔ジト目気味の三白眼

鍛え上げられた肉体を持ち、身長は十二支んの中でも高い。

無精髭を生やした浮浪者のような外見の男。


「最高のハンター」

「最高のハンター」

12歳になる直前に「欲しいモノがあるんだ」と言い残しハンターを目指して島を飛び出す。

第267期ハンター試験唯一の合格者で、二ツ星ハンターとして世界を股にかける活躍をしている(ゴンは287期)。

様々な分野で歴史的な業績を残しており、カイトやサトツも「最高のハンター」と認める。

遺跡発掘の分野においては、行った仕事がそのまま遺跡保護のマニュアルとして世界的に普及しているという。

三ツ星ハンターに値する功績を残しているが、本人は面倒臭がって申請していない。

名前こそ有名だが謎の多い人物。一国の大統領に匹敵する権力を持ち、ネットでは彼に関する情報は完全に遮断されている。

「ジンを探し当てること」は至難のハントであり、彼に認めてもらう為の最終試験でもある。

その反面、数々の規約違反を犯したり年に数回行方不明になるなどのいい加減な性格であり、十二支んを初めとして他のハンターからはあまり快く思われておらず、レオリオに殴られた時にはスタンディングオべーションが起こったほどであった。

ハンター十ヶ条その6の内容から言うと、二ツ星ハンターであるジンには、一ツ星以上の弟子がいる事になるが、それが誰なのかはっきりしていない(フツーに考えれば、まずカイトの名が思い浮かぶが、一ツ星を得るほどの業績を残した一流ハンターに対して、今更ジンが二ツ星のライセンスを預けて試験を課したという事になり、ちょっと考えにくい。だからといって、他にジンの弟子らしきハンターはこれといって登場していないのである)


グリードアイランド

グリードアイランド

グリードアイランドの最高責任者。

製作者の一人であり、仲間と共に11人でこのゲームを作ったゲームマスター

GREED ISLAND」の「G」がジン(GING)の頭文字に相当する。

(HUNTER×HUNTERの世界でもアルファベットは存在するようだ。)


放任主義(?)

放任主義(?)

くじら島を飛び出した10年後、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンとゴン宛のメッセージボックスをミトに預けて、再び姿を消した。この時のジン本人の言葉では、妻(ゴンの母親)とは「別れた」との事。ゴン宛メッセージ内でも言及していたようだが、ゴン自身がそれを聞こうとはせず破棄した様な結果になっており、どんな人物だったかは、作中では全く触れられていない

メッセージボックスによれば父親としての無責任さは自覚している。ゴンに対しては申し訳なさから顔を合わせることを拒み、「それでも会いたきゃ探してくれ」とのメッセージを残している。

その反面、ゴンに一流のハンターになってもらいたいとの願望があり、レイザーに対してゴンと対決するときは本気で勝負するように頼んでいる(そもそもグリードアイランド自体がゴンの修行のために作られたとビスケは推測している)。

ゴンがG・Iをクリアすれば持ち帰るカードによって自分に会いに来るだろうと予測しており、磁力(マグネティックフォース)により1人で来る場合はジンの所へ、同行(アカンパニー)によって仲間と来る場合にはカイトの元へ飛ばすようエレナに設定させていた。

後にゴンはG・Iをクリアし、ジンと再会する機会を得たが、キルアとの同行を選んだため実現しなかった。

会長選挙終了直前、ゴンが復帰したことにより不本意ながら対面を果たす。

ぎこちない対面ではあったものの、カイトの件で気落ちするゴンを励まし力強く送り出す。

ゴンに対しては表面上はそっけない態度をとっているものの、その信頼関係は確かなものである。


世界樹

「オレがほしいものは今も昔も変わらない 目の前にない『何か』だ」


世界樹の頂上でゴンと再会し、「大切なものはほしいものより先に来た」という経験や、「この世界の"外側"」の存在を語った。


「道草を楽しめ 大いにな ほしいものより大切なものが きっとそっちに ころがってる」


性格

性格

「道中楽しむ」がモットーの「浮動のバカ」。

手前勝手で自己中心的、自分が楽しむことしか考えない。悪態ばかりで口も悪い。

(実際サイユウに対して「殺すぞ」「サル」と侮辱や差別になりかねない発言を平気でしている)

会長選挙の際の目的も会長になることではなく「自身が楽しむ」ことであり、パリストンが有利になる記名投票制のルールを盛り込んだのもそのためである。

思いついたことは何でもやろうとする実践派、そして何でも出来てしまう多才な人物。

常識にとらわれない型破りな発想の持ち主で、先見の明に長けている。

発言に関しては、口に出した後でその理屈を追いかける事が多いひらめき先行型。

沢山の人々に多大な影響を与えている一方で、彼の身勝手さに迷惑している人も大勢いる。


暗黒大陸編

暗黒大陸編

カキン暗黒大陸進出宣言を受けてビヨンド隊の本拠地を訪れたジンは、チームへの参加と自身をNo.2とする事を宣言する。

目的はビヨンドへの協力とパリストンの抑止。


念能力

念能力

ネテロ会長からは「念能力者としては間違いなく世界で五本の指に入る」と評価されるほどの実力者である。

オーラの扱いに長けた天才であり、打撃系の技は喰らうとコピーできてしまう。

これはつまり、念能力の詳細を秘匿することが基本のハンターにとっては生死を左右しかねないほど致命的。”誓約と制約”までさすがに推測できないだろうが、カストロの”分身”での戦い方や『(発の)早いもん勝ち』とされる操作系能力のように発動条件や戦法が明らかになれば対策されて脅威ではなくなってしまうものも多く、前述の他ハンターから毛嫌いされている理由に含まれていそうではある。

なお、ジン自身の系統や発については、未だ不明。


似てる?

似てる?

同作者作品の某人物が成長したような人物像であり、作者からも4コマ漫画でネタにされている。


関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • ▽幼馴染じゃなイカ?

    いやそこは友人じゃないんかーい。 ※相変わらず中身のない作品 ※作者が腐ってるので少しBLD要素あるかも ※遠い昔にアニメ見たきりで漫画も未読なので口調や雰囲気合ってなくても許せる方推奨 ※読後の批判・誹謗中傷はやめてください自己責任でお願い致す ※以上っ……以下読了後推奨ストーリー↓↓↓ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ _____読了後推奨 酒場にて。 「うまれ〜ては〜じめ〜てぇ〜おんがくぅにのぉり〜」 「なんだその歌。初めて聴くな……」 「俺カラオケで90超えて歌唱に自信あるのこれだけなんだよね〜よくない?」 「は?からおけ??なんだそりゃ……いやどんな歌か知らねーけど」 「ええやろ?ええやろ?」 「……まあ、悪くねーんじゃね」 「わー!デレたー!ジンデレたー!…ジンデレラー!?」 「何言ってんだお前」 ジンデレたー!でシンデレラに辿り着く自分の思考回路に戦慄しつつ大天才やんっ!とかなりポジティブに受け取る幼馴染に、胡乱げな顔でしれっと麦酒を飲むジンがいた。 酒場のおっちゃんらはちゃーんとひやかしてそれに乗っかってキレたジンにちぎっては投げられる展開まであと少し…………
  • ゴンの母親の話。

    ゴンのお母ちゃんは、、 個人的にカイトだと思っています。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空2

    わたしの自然体もベッドでごろごろです 前回、続きありますかタグありがとうございました!まだ続きあります!がんばります(^O^)
  • 異人さん、いらっしゃァァァイイイ

    異人さん、いらっしゃァァァイイイ~スプーンおじさん~

    『ノーと言いたい男』のその後の話。神威に父と同じ行動をしてもらいたくてこんな話になりました。アブちゃん、すまん…
  • 妬みと愛 2

    前回の続きです。暴力表現と性暴力があります。 内容がr-15なので苦手な方はブラウザーバックしてください。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空116

    この回からしばらく神楽さんタグを使わせていただきます!
  • ふたつめの空

    ふたつめの空48

    昨日投稿できなかったー!!今日もあまりできないかも!? 中途半端なところで切ってしまい申し訳ありません(>_<)
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    十六章 楽しい語らい ~Bletilla~

    身支度を整えたら、試験の時間までしばし語らいの時間を持つことにしました。 時を経ても変わらない関係を嬉しく思います。 HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 ・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【夏休み★旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 すでに秋ですとか気にしたら負け  何に? 何かに 思い立ったのが夏休みの頃だったからいいんです。 サトツさんがゴンに話して聞かせてくれたジンの功績に、介入しました。 捏造です。夢ですから!!お許しください。 主人公は、いろんな言語を身に付けている設定です。記号化されたハンター文字より、象形文字かもしれない古代文明の文字の方が類推しやすかったかも? 丸暗記よりもその場で論理立てて考えていく方が得意な子、という設定だった気がする。 しばらく更新に間が空いてしまいましたが、まだストックはあります。 二次試験終了くらい? 現在はメモが見つからなかったので記憶を頼りにこうするつもりだったということを書いてます。 簡単にね。 他のシリーズは、そのくらいの覚書を指針に、その場での思い付きを足しつつ書き進めています。 簡単すぎて、その展開にどうやって持っていくんだと毎回悩まされるのですが、今回は小説化するつもりはないので、ガンガン書いていきます。 と言っても、原作を見ながら、記憶を探りながらなのでそれほど早く書けるわけでもないのですが。 (追記) そういえば、どうでもいいかもですけど・・・ 冒頭で主人公が話しているのは私の一次創作に登場するキャラクターたちで、そのうちの一人ギルくんは、ちらっと二次創作の別シリーズにも登場しています。 正式名称ギルバート=コネル=トゥルーク。海に舞う花(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8017703#2)に登場する、主人公:香清翼の遠縁の親戚で弟分、オリキャラのセルカーク=メリル=トゥルークの腹違いの弟です。 一応、同じ世界感なんですよというだけのお話。 今回は同僚とだけ言っていますが、光月朔弥の職場の同期、ただし別部隊の、という設定です。それが今後登場するかはわかりませんが。ちなみに、主人公が所属する部隊は海に舞う花の主人公と同じだったりします。 興味のある方がいたら、そっちの設定も何らかの形で紹介するかもしれませんが・・・どうなんですかね? シリーズを読む上では完全に蛇足情報になってしまいますので、とりあえずこうしてキャプションで勝手に語るだけにしておきます。 2020/10/13 ブックマークいただきました。ありがとうございます‼ 2020/10/14 いいね!いただきました。ありがとうございます‼ 2020/10/18 キャプションのあとがき追記しました。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空1

    神楽ちゃんが好きでこんなの書いてます。 ハンタ世界に神楽ちゃんがトリップする話です。他銀魂キャラは出てきません。ハンター原作沿いです。 HPにおいていたものを加筆修正して投稿しています。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空3

    神楽のケータイのアドレス帳はニックネームだらけになる予定
  • ふたつめの空

    ふたつめの空115

    このシリーズに絶対出したかった女性をやっと登場させました!
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    十七章 念には念を入れて ~Precocious Gladiolus~

    試験会場に到着しました。あの人との邂逅は、必ず通る道のようです。 始まりの時までしばしの休息を。 走るだけで退屈だと思った試験ですが、おもしろい話を聞けました。 HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 ・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 やっと原作に突入しました。クラピカと別れた後に手に入れたマントをかぶったまま走っています。 おかげで周りからは遠巻きにされました。 ところで、サトツさんが遺跡の発掘とかの仕事してるのわかるのって、結構先でしたよね。 原作4巻。ハンター試験終了の頃。 主人公は原作知識があるのでしっててもおかしくはないのですが・・・特に自己紹介も無く知っているのは不思議。 そんなわけで、当時の文章にちょっとだけ付け足しました。 サトツさんはハジメは歴史に興味があって、サトツの名前の知っていた。だから、当たり前のようにルルカ文明のことを尋ねてきたのだと解釈した。そういう設定にしました。 中途半端な訂正すみません。 そうそう、もしもこのキャプションにあるあとがきというのか裏話というのかを気にしてくださっている方がいたとしたら、前作で触れようと思ってて忘れてたことがありました。追記しますので、興味がある方はぜひ見返していただけると? 大した話ではないのですが、私自身はそういう制作秘話みたいな?裏話が好きな人なので、念のため。
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    一章 かわらぬ心 ~Statice~

    漫画で読んだ狩人の世界に来ることになった主人公。 待っていたのは、見覚えがあるような気がする男の人。 始めましての挨拶に、思いがけない再会を添えて・・・ HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 new!!⇒・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。  寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【夏休み★旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 原作キャラクター出てきたのにオリジナルキャラが出張ります。 この辺りが主人公の設定がありすぎる弊害かな? 当時は一次創作を三人称で書いていた関係で、こちらも三人称で書いています。 のちのち出てくる話で一人称を試してみて、書きやすさと課題を発見し、後のシリーズからは一人称にしました。 最新の名探偵が出てくる予定のシリーズにて、久しぶりに夢小説の三人称執筆をはさみました。 今後も上手に使い分けて行きたいと思います。 そういう意味では、この処女作はいろんな試みをした習作となったような側面がありますね。 人称の違いどころではない文章のクセ?の違いもありますが、手を加え出したらきりがないので、あえてそのまま移してます。 誤字脱字だけは気を付けて、続きも投稿してきます! そうそう。この頃はまだ、ゴンさんはジンさんと再会できていなかったし、会わなくても作中に顔を見せるっていうこともあまりなかったんですよね……
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    四章 魔力 ~White Cattleya~

    水に映る個人の資質。 この世界の人間でない主人公も、無事確認することができた。 既にあるものを生かしつつ、新たな能力の開発をする。そんな課程も楽しいもので・・・ HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 ・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【夏休み★旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 間が空いてしまってすみません。 梅雨が明け、夏本番の暑さにいろいろだるくなってます。 休める時にきちんと休んで、趣味をちゃんと楽しんでいきたいと思います。 さて、今回は、前回がかなり短かった分少し長め。 水見式二回やっちゃいました。反応を考えるのが楽しかったです。 ちなみに、一回目のの具現化で出現した黒いもの?は、二回目の黒い珠と同じ成分という設定・・・だった気がします。 新キャラ2名は、このシリーズ用に考えて、気に入ったので一次創作の方にもなんとか反映できないものかと試行錯誤した覚えが。 もともと契約していた精霊に、念能力で実態を与えてあげた感じです。なので、操作は主人公とは別の思念が行っておりますし、雷やらなにやらは変化系の力ではなく、魔力だけ朔弥のをつかっている、彼らの魔法という設定。今後生かされることはあるのでしょうか。 この頃は、他しか読んでいたとある小説の影響で、漢字の中国語読みに興味を持っていたと思います。 朔弥の過去のクラスメイトにも同系統の名前を付けた子がいました。 完全に蛇足でした。 未完結を宣言しているにもかかわらず、読んでブックマークをして下さる方がいて嬉しいです。 ありがとうございます。 次は、今回ほどは間を開けずに投稿できる予定です。
  • 無知と迷信

    ハンターハンターのクラピカ追憶編全てを読んでいろいろカッとなって書いたセリフ小話です。追憶編の(主に後半部)ネタバレがあります。そしてご都合設定ですし緋の目に関しては100%私の勝手な仮説です。ありえないだろと苦笑しながら読んでくれたら幸いです(笑)私もまだまだ知識が乏しいです。来年の目標は沢山知識を得ることです! タグありがとうございます!
  • ふたつめの空

    ふたつめの空101

    旅団との対決が終わって、やっとジンを出せました
  • ふたつめの空

    ふたつめの空33

    ついに神楽は旅団メンバーと出会います。お相手はやっぱりリーダーでしょ!
  • ふたつめの空

    ふたつめの空112

    今回、キリ良くするためにちょっと長めです

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ジン=フリークス
45
ジン=フリークス
45
漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。主人公ゴンの父親。

「捕まえてみろよ お前もハンターなんだろ?」


タグはジンも使用されている。

CV:東地宏樹(成年)高乃麗(少年)(1999年フジテレビ版)/小山力也(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新刊以降の内容を含みます。

概要

概要

二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。

十二支んの元メンバーであり、コードネーム

主人公ゴン父親でゴンの旅立ちの理由となった人物。

ミトの従兄。くじら島出身で、年齢は32歳(推定)。

カイトの師匠にあたるハンターで、その実力は世界でもトップクラス。

容姿

黒髪のツンツン頭、やや童顔ジト目気味の三白眼

鍛え上げられた肉体を持ち、身長は十二支んの中でも高い。

無精髭を生やした浮浪者のような外見の男。


「最高のハンター」

「最高のハンター」

12歳になる直前に「欲しいモノがあるんだ」と言い残しハンターを目指して島を飛び出す。

第267期ハンター試験唯一の合格者で、二ツ星ハンターとして世界を股にかける活躍をしている(ゴンは287期)。

様々な分野で歴史的な業績を残しており、カイトやサトツも「最高のハンター」と認める。

遺跡発掘の分野においては、行った仕事がそのまま遺跡保護のマニュアルとして世界的に普及しているという。

三ツ星ハンターに値する功績を残しているが、本人は面倒臭がって申請していない。

名前こそ有名だが謎の多い人物。一国の大統領に匹敵する権力を持ち、ネットでは彼に関する情報は完全に遮断されている。

「ジンを探し当てること」は至難のハントであり、彼に認めてもらう為の最終試験でもある。

その反面、数々の規約違反を犯したり年に数回行方不明になるなどのいい加減な性格であり、十二支んを初めとして他のハンターからはあまり快く思われておらず、レオリオに殴られた時にはスタンディングオべーションが起こったほどであった。

ハンター十ヶ条その6の内容から言うと、二ツ星ハンターであるジンには、一ツ星以上の弟子がいる事になるが、それが誰なのかはっきりしていない(フツーに考えれば、まずカイトの名が思い浮かぶが、一ツ星を得るほどの業績を残した一流ハンターに対して、今更ジンが二ツ星のライセンスを預けて試験を課したという事になり、ちょっと考えにくい。だからといって、他にジンの弟子らしきハンターはこれといって登場していないのである)


グリードアイランド

グリードアイランド

グリードアイランドの最高責任者。

製作者の一人であり、仲間と共に11人でこのゲームを作ったゲームマスター

GREED ISLAND」の「G」がジン(GING)の頭文字に相当する。

(HUNTER×HUNTERの世界でもアルファベットは存在するようだ。)


放任主義(?)

放任主義(?)

くじら島を飛び出した10年後、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンとゴン宛のメッセージボックスをミトに預けて、再び姿を消した。この時のジン本人の言葉では、妻(ゴンの母親)とは「別れた」との事。ゴン宛メッセージ内でも言及していたようだが、ゴン自身がそれを聞こうとはせず破棄した様な結果になっており、どんな人物だったかは、作中では全く触れられていない

メッセージボックスによれば父親としての無責任さは自覚している。ゴンに対しては申し訳なさから顔を合わせることを拒み、「それでも会いたきゃ探してくれ」とのメッセージを残している。

その反面、ゴンに一流のハンターになってもらいたいとの願望があり、レイザーに対してゴンと対決するときは本気で勝負するように頼んでいる(そもそもグリードアイランド自体がゴンの修行のために作られたとビスケは推測している)。

ゴンがG・Iをクリアすれば持ち帰るカードによって自分に会いに来るだろうと予測しており、磁力(マグネティックフォース)により1人で来る場合はジンの所へ、同行(アカンパニー)によって仲間と来る場合にはカイトの元へ飛ばすようエレナに設定させていた。

後にゴンはG・Iをクリアし、ジンと再会する機会を得たが、キルアとの同行を選んだため実現しなかった。

会長選挙終了直前、ゴンが復帰したことにより不本意ながら対面を果たす。

ぎこちない対面ではあったものの、カイトの件で気落ちするゴンを励まし力強く送り出す。

ゴンに対しては表面上はそっけない態度をとっているものの、その信頼関係は確かなものである。


世界樹

「オレがほしいものは今も昔も変わらない 目の前にない『何か』だ」


世界樹の頂上でゴンと再会し、「大切なものはほしいものより先に来た」という経験や、「この世界の"外側"」の存在を語った。


「道草を楽しめ 大いにな ほしいものより大切なものが きっとそっちに ころがってる」


性格

性格

「道中楽しむ」がモットーの「浮動のバカ」。

手前勝手で自己中心的、自分が楽しむことしか考えない。悪態ばかりで口も悪い。

(実際サイユウに対して「殺すぞ」「サル」と侮辱や差別になりかねない発言を平気でしている)

会長選挙の際の目的も会長になることではなく「自身が楽しむ」ことであり、パリストンが有利になる記名投票制のルールを盛り込んだのもそのためである。

思いついたことは何でもやろうとする実践派、そして何でも出来てしまう多才な人物。

常識にとらわれない型破りな発想の持ち主で、先見の明に長けている。

発言に関しては、口に出した後でその理屈を追いかける事が多いひらめき先行型。

沢山の人々に多大な影響を与えている一方で、彼の身勝手さに迷惑している人も大勢いる。


暗黒大陸編

暗黒大陸編

カキン暗黒大陸進出宣言を受けてビヨンド隊の本拠地を訪れたジンは、チームへの参加と自身をNo.2とする事を宣言する。

目的はビヨンドへの協力とパリストンの抑止。


念能力

念能力

ネテロ会長からは「念能力者としては間違いなく世界で五本の指に入る」と評価されるほどの実力者である。

オーラの扱いに長けた天才であり、打撃系の技は喰らうとコピーできてしまう。

これはつまり、念能力の詳細を秘匿することが基本のハンターにとっては生死を左右しかねないほど致命的。”誓約と制約”までさすがに推測できないだろうが、カストロの”分身”での戦い方や『(発の)早いもん勝ち』とされる操作系能力のように発動条件や戦法が明らかになれば対策されて脅威ではなくなってしまうものも多く、前述の他ハンターから毛嫌いされている理由に含まれていそうではある。

なお、ジン自身の系統や発については、未だ不明。


似てる?

似てる?

同作者作品の某人物が成長したような人物像であり、作者からも4コマ漫画でネタにされている。


関連イラスト

関連イラスト


関連タグ

関連タグ

ゴン=フリークス カイト(HUNTER×HUNTER) ミト(HUNTER×HUNTER)

サトツ レイザー(HUNTER×HUNTER) アイザック=ネテロ レオリオ=パラディナイト

パリストン=ヒル ビヨンド=ネテロ 協専ハンター

ハンター協会 十二支ん 暗黒大陸探検隊

グリードアイランド 暗黒大陸(HUNTER×HUNTER)

冨樫義博

浦飯幽助

「捕まえてみろよ お前もハンターなんだろ?」


タグはジンも使用されている。

CV:東地宏樹(成年)高乃麗(少年)(1999年フジテレビ版)/小山力也(2011年日本テレビ版)

この項目は、コミックス最新刊以降の内容を含みます。

概要

概要

二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター。

十二支んの元メンバーであり、コードネーム

主人公ゴン父親でゴンの旅立ちの理由となった人物。

ミトの従兄。くじら島出身で、年齢は32歳(推定)。

カイトの師匠にあたるハンターで、その実力は世界でもトップクラス。

容姿

黒髪のツンツン頭、やや童顔ジト目気味の三白眼

鍛え上げられた肉体を持ち、身長は十二支んの中でも高い。

無精髭を生やした浮浪者のような外見の男。


「最高のハンター」

「最高のハンター」

12歳になる直前に「欲しいモノがあるんだ」と言い残しハンターを目指して島を飛び出す。

第267期ハンター試験唯一の合格者で、二ツ星ハンターとして世界を股にかける活躍をしている(ゴンは287期)。

様々な分野で歴史的な業績を残しており、カイトやサトツも「最高のハンター」と認める。

遺跡発掘の分野においては、行った仕事がそのまま遺跡保護のマニュアルとして世界的に普及しているという。

三ツ星ハンターに値する功績を残しているが、本人は面倒臭がって申請していない。

名前こそ有名だが謎の多い人物。一国の大統領に匹敵する権力を持ち、ネットでは彼に関する情報は完全に遮断されている。

「ジンを探し当てること」は至難のハントであり、彼に認めてもらう為の最終試験でもある。

その反面、数々の規約違反を犯したり年に数回行方不明になるなどのいい加減な性格であり、十二支んを初めとして他のハンターからはあまり快く思われておらず、レオリオに殴られた時にはスタンディングオべーションが起こったほどであった。

ハンター十ヶ条その6の内容から言うと、二ツ星ハンターであるジンには、一ツ星以上の弟子がいる事になるが、それが誰なのかはっきりしていない(フツーに考えれば、まずカイトの名が思い浮かぶが、一ツ星を得るほどの業績を残した一流ハンターに対して、今更ジンが二ツ星のライセンスを預けて試験を課したという事になり、ちょっと考えにくい。だからといって、他にジンの弟子らしきハンターはこれといって登場していないのである)


グリードアイランド

グリードアイランド

グリードアイランドの最高責任者。

製作者の一人であり、仲間と共に11人でこのゲームを作ったゲームマスター

GREED ISLAND」の「G」がジン(GING)の頭文字に相当する。

(HUNTER×HUNTERの世界でもアルファベットは存在するようだ。)


放任主義(?)

放任主義(?)

くじら島を飛び出した10年後、赤ん坊だったゴンを連れて突如帰郷。ゴンとゴン宛のメッセージボックスをミトに預けて、再び姿を消した。この時のジン本人の言葉では、妻(ゴンの母親)とは「別れた」との事。ゴン宛メッセージ内でも言及していたようだが、ゴン自身がそれを聞こうとはせず破棄した様な結果になっており、どんな人物だったかは、作中では全く触れられていない

メッセージボックスによれば父親としての無責任さは自覚している。ゴンに対しては申し訳なさから顔を合わせることを拒み、「それでも会いたきゃ探してくれ」とのメッセージを残している。

その反面、ゴンに一流のハンターになってもらいたいとの願望があり、レイザーに対してゴンと対決するときは本気で勝負するように頼んでいる(そもそもグリードアイランド自体がゴンの修行のために作られたとビスケは推測している)。

ゴンがG・Iをクリアすれば持ち帰るカードによって自分に会いに来るだろうと予測しており、磁力(マグネティックフォース)により1人で来る場合はジンの所へ、同行(アカンパニー)によって仲間と来る場合にはカイトの元へ飛ばすようエレナに設定させていた。

後にゴンはG・Iをクリアし、ジンと再会する機会を得たが、キルアとの同行を選んだため実現しなかった。

会長選挙終了直前、ゴンが復帰したことにより不本意ながら対面を果たす。

ぎこちない対面ではあったものの、カイトの件で気落ちするゴンを励まし力強く送り出す。

ゴンに対しては表面上はそっけない態度をとっているものの、その信頼関係は確かなものである。


世界樹

「オレがほしいものは今も昔も変わらない 目の前にない『何か』だ」


世界樹の頂上でゴンと再会し、「大切なものはほしいものより先に来た」という経験や、「この世界の"外側"」の存在を語った。


「道草を楽しめ 大いにな ほしいものより大切なものが きっとそっちに ころがってる」


性格

性格

「道中楽しむ」がモットーの「浮動のバカ」。

手前勝手で自己中心的、自分が楽しむことしか考えない。悪態ばかりで口も悪い。

(実際サイユウに対して「殺すぞ」「サル」と侮辱や差別になりかねない発言を平気でしている)

会長選挙の際の目的も会長になることではなく「自身が楽しむ」ことであり、パリストンが有利になる記名投票制のルールを盛り込んだのもそのためである。

思いついたことは何でもやろうとする実践派、そして何でも出来てしまう多才な人物。

常識にとらわれない型破りな発想の持ち主で、先見の明に長けている。

発言に関しては、口に出した後でその理屈を追いかける事が多いひらめき先行型。

沢山の人々に多大な影響を与えている一方で、彼の身勝手さに迷惑している人も大勢いる。


暗黒大陸編

暗黒大陸編

カキン暗黒大陸進出宣言を受けてビヨンド隊の本拠地を訪れたジンは、チームへの参加と自身をNo.2とする事を宣言する。

目的はビヨンドへの協力とパリストンの抑止。


念能力

念能力

ネテロ会長からは「念能力者としては間違いなく世界で五本の指に入る」と評価されるほどの実力者である。

オーラの扱いに長けた天才であり、打撃系の技は喰らうとコピーできてしまう。

これはつまり、念能力の詳細を秘匿することが基本のハンターにとっては生死を左右しかねないほど致命的。”誓約と制約”までさすがに推測できないだろうが、カストロの”分身”での戦い方や『(発の)早いもん勝ち』とされる操作系能力のように発動条件や戦法が明らかになれば対策されて脅威ではなくなってしまうものも多く、前述の他ハンターから毛嫌いされている理由に含まれていそうではある。

なお、ジン自身の系統や発については、未だ不明。


似てる?

似てる?

同作者作品の某人物が成長したような人物像であり、作者からも4コマ漫画でネタにされている。


関連記事

親記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る
  • ▽幼馴染じゃなイカ?

    いやそこは友人じゃないんかーい。 ※相変わらず中身のない作品 ※作者が腐ってるので少しBLD要素あるかも ※遠い昔にアニメ見たきりで漫画も未読なので口調や雰囲気合ってなくても許せる方推奨 ※読後の批判・誹謗中傷はやめてください自己責任でお願い致す ※以上っ……以下読了後推奨ストーリー↓↓↓ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ _____読了後推奨 酒場にて。 「うまれ〜ては〜じめ〜てぇ〜おんがくぅにのぉり〜」 「なんだその歌。初めて聴くな……」 「俺カラオケで90超えて歌唱に自信あるのこれだけなんだよね〜よくない?」 「は?からおけ??なんだそりゃ……いやどんな歌か知らねーけど」 「ええやろ?ええやろ?」 「……まあ、悪くねーんじゃね」 「わー!デレたー!ジンデレたー!…ジンデレラー!?」 「何言ってんだお前」 ジンデレたー!でシンデレラに辿り着く自分の思考回路に戦慄しつつ大天才やんっ!とかなりポジティブに受け取る幼馴染に、胡乱げな顔でしれっと麦酒を飲むジンがいた。 酒場のおっちゃんらはちゃーんとひやかしてそれに乗っかってキレたジンにちぎっては投げられる展開まであと少し…………
  • ゴンの母親の話。

    ゴンのお母ちゃんは、、 個人的にカイトだと思っています。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空2

    わたしの自然体もベッドでごろごろです 前回、続きありますかタグありがとうございました!まだ続きあります!がんばります(^O^)
  • 異人さん、いらっしゃァァァイイイ

    異人さん、いらっしゃァァァイイイ~スプーンおじさん~

    『ノーと言いたい男』のその後の話。神威に父と同じ行動をしてもらいたくてこんな話になりました。アブちゃん、すまん…
  • 妬みと愛 2

    前回の続きです。暴力表現と性暴力があります。 内容がr-15なので苦手な方はブラウザーバックしてください。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空116

    この回からしばらく神楽さんタグを使わせていただきます!
  • ふたつめの空

    ふたつめの空48

    昨日投稿できなかったー!!今日もあまりできないかも!? 中途半端なところで切ってしまい申し訳ありません(>_<)
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    十六章 楽しい語らい ~Bletilla~

    身支度を整えたら、試験の時間までしばし語らいの時間を持つことにしました。 時を経ても変わらない関係を嬉しく思います。 HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 ・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【夏休み★旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 すでに秋ですとか気にしたら負け  何に? 何かに 思い立ったのが夏休みの頃だったからいいんです。 サトツさんがゴンに話して聞かせてくれたジンの功績に、介入しました。 捏造です。夢ですから!!お許しください。 主人公は、いろんな言語を身に付けている設定です。記号化されたハンター文字より、象形文字かもしれない古代文明の文字の方が類推しやすかったかも? 丸暗記よりもその場で論理立てて考えていく方が得意な子、という設定だった気がする。 しばらく更新に間が空いてしまいましたが、まだストックはあります。 二次試験終了くらい? 現在はメモが見つからなかったので記憶を頼りにこうするつもりだったということを書いてます。 簡単にね。 他のシリーズは、そのくらいの覚書を指針に、その場での思い付きを足しつつ書き進めています。 簡単すぎて、その展開にどうやって持っていくんだと毎回悩まされるのですが、今回は小説化するつもりはないので、ガンガン書いていきます。 と言っても、原作を見ながら、記憶を探りながらなのでそれほど早く書けるわけでもないのですが。 (追記) そういえば、どうでもいいかもですけど・・・ 冒頭で主人公が話しているのは私の一次創作に登場するキャラクターたちで、そのうちの一人ギルくんは、ちらっと二次創作の別シリーズにも登場しています。 正式名称ギルバート=コネル=トゥルーク。海に舞う花(https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8017703#2)に登場する、主人公:香清翼の遠縁の親戚で弟分、オリキャラのセルカーク=メリル=トゥルークの腹違いの弟です。 一応、同じ世界感なんですよというだけのお話。 今回は同僚とだけ言っていますが、光月朔弥の職場の同期、ただし別部隊の、という設定です。それが今後登場するかはわかりませんが。ちなみに、主人公が所属する部隊は海に舞う花の主人公と同じだったりします。 興味のある方がいたら、そっちの設定も何らかの形で紹介するかもしれませんが・・・どうなんですかね? シリーズを読む上では完全に蛇足情報になってしまいますので、とりあえずこうしてキャプションで勝手に語るだけにしておきます。 2020/10/13 ブックマークいただきました。ありがとうございます‼ 2020/10/14 いいね!いただきました。ありがとうございます‼ 2020/10/18 キャプションのあとがき追記しました。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空1

    神楽ちゃんが好きでこんなの書いてます。 ハンタ世界に神楽ちゃんがトリップする話です。他銀魂キャラは出てきません。ハンター原作沿いです。 HPにおいていたものを加筆修正して投稿しています。
  • ふたつめの空

    ふたつめの空3

    神楽のケータイのアドレス帳はニックネームだらけになる予定
  • ふたつめの空

    ふたつめの空115

    このシリーズに絶対出したかった女性をやっと登場させました!
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    十七章 念には念を入れて ~Precocious Gladiolus~

    試験会場に到着しました。あの人との邂逅は、必ず通る道のようです。 始まりの時までしばしの休息を。 走るだけで退屈だと思った試験ですが、おもしろい話を聞けました。 HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 ・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 やっと原作に突入しました。クラピカと別れた後に手に入れたマントをかぶったまま走っています。 おかげで周りからは遠巻きにされました。 ところで、サトツさんが遺跡の発掘とかの仕事してるのわかるのって、結構先でしたよね。 原作4巻。ハンター試験終了の頃。 主人公は原作知識があるのでしっててもおかしくはないのですが・・・特に自己紹介も無く知っているのは不思議。 そんなわけで、当時の文章にちょっとだけ付け足しました。 サトツさんはハジメは歴史に興味があって、サトツの名前の知っていた。だから、当たり前のようにルルカ文明のことを尋ねてきたのだと解釈した。そういう設定にしました。 中途半端な訂正すみません。 そうそう、もしもこのキャプションにあるあとがきというのか裏話というのかを気にしてくださっている方がいたとしたら、前作で触れようと思ってて忘れてたことがありました。追記しますので、興味がある方はぜひ見返していただけると? 大した話ではないのですが、私自身はそういう制作秘話みたいな?裏話が好きな人なので、念のため。
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    一章 かわらぬ心 ~Statice~

    漫画で読んだ狩人の世界に来ることになった主人公。 待っていたのは、見覚えがあるような気がする男の人。 始めましての挨拶に、思いがけない再会を添えて・・・ HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 new!!⇒・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。  寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【夏休み★旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 原作キャラクター出てきたのにオリジナルキャラが出張ります。 この辺りが主人公の設定がありすぎる弊害かな? 当時は一次創作を三人称で書いていた関係で、こちらも三人称で書いています。 のちのち出てくる話で一人称を試してみて、書きやすさと課題を発見し、後のシリーズからは一人称にしました。 最新の名探偵が出てくる予定のシリーズにて、久しぶりに夢小説の三人称執筆をはさみました。 今後も上手に使い分けて行きたいと思います。 そういう意味では、この処女作はいろんな試みをした習作となったような側面がありますね。 人称の違いどころではない文章のクセ?の違いもありますが、手を加え出したらきりがないので、あえてそのまま移してます。 誤字脱字だけは気を付けて、続きも投稿してきます! そうそう。この頃はまだ、ゴンさんはジンさんと再会できていなかったし、会わなくても作中に顔を見せるっていうこともあまりなかったんですよね……
  • 【未完】 月下の狩人 【注意書き必読】

    四章 魔力 ~White Cattleya~

    水に映る個人の資質。 この世界の人間でない主人公も、無事確認することができた。 既にあるものを生かしつつ、新たな能力の開発をする。そんな課程も楽しいもので・・・ HUNTER×HUNTER/夢小説/夢主=オリジナル主人公/ 過去⇒原作沿い/男主?男装?性別未明の人外最強?主人公/自力トリップ   ・名前変換機能は使っていませんが、オリジナル主人公の夢小説です。 ・自サイトに掲載していた作品の転載です。 ・更新頻度高めになるはずなので、序章以外には投稿時には作品タグを付けません。  キャプションへの記載と、新登場する、あるいは深くかかわるキャラクターのタグだけにするつもりです。 ・エセ関西弁?のキャラクターが登場します。  関西人として書いているわけではありませんのでお許しください。いろんななまりのある人に同時に言語を習った結果という設定です。寛大なお心で流していただければ幸いです。   表紙は、湯弐様 (https://www.pixiv.net/users/3989101) の作品No.97 (https://www.pixiv.net/artworks/55428676) よりお借りしましたものに、タイトル等パーツを加えさせていただきました。 【夏休み★旧作発掘企画】 かなり前に書いた、筆者の人生初の夢小説。つまり二次創作における私の処女作というもの。 タイトルの通り完結していません。ご注意ください。 間が空いてしまってすみません。 梅雨が明け、夏本番の暑さにいろいろだるくなってます。 休める時にきちんと休んで、趣味をちゃんと楽しんでいきたいと思います。 さて、今回は、前回がかなり短かった分少し長め。 水見式二回やっちゃいました。反応を考えるのが楽しかったです。 ちなみに、一回目のの具現化で出現した黒いもの?は、二回目の黒い珠と同じ成分という設定・・・だった気がします。 新キャラ2名は、このシリーズ用に考えて、気に入ったので一次創作の方にもなんとか反映できないものかと試行錯誤した覚えが。 もともと契約していた精霊に、念能力で実態を与えてあげた感じです。なので、操作は主人公とは別の思念が行っておりますし、雷やらなにやらは変化系の力ではなく、魔力だけ朔弥のをつかっている、彼らの魔法という設定。今後生かされることはあるのでしょうか。 この頃は、他しか読んでいたとある小説の影響で、漢字の中国語読みに興味を持っていたと思います。 朔弥の過去のクラスメイトにも同系統の名前を付けた子がいました。 完全に蛇足でした。 未完結を宣言しているにもかかわらず、読んでブックマークをして下さる方がいて嬉しいです。 ありがとうございます。 次は、今回ほどは間を開けずに投稿できる予定です。
  • 無知と迷信

    ハンターハンターのクラピカ追憶編全てを読んでいろいろカッとなって書いたセリフ小話です。追憶編の(主に後半部)ネタバレがあります。そしてご都合設定ですし緋の目に関しては100%私の勝手な仮説です。ありえないだろと苦笑しながら読んでくれたら幸いです(笑)私もまだまだ知識が乏しいです。来年の目標は沢山知識を得ることです! タグありがとうございます!
  • ふたつめの空

    ふたつめの空101

    旅団との対決が終わって、やっとジンを出せました
  • ふたつめの空

    ふたつめの空33

    ついに神楽は旅団メンバーと出会います。お相手はやっぱりリーダーでしょ!
  • ふたつめの空

    ふたつめの空112

    今回、キリ良くするためにちょっと長めです

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    善良な不良高校生の日常

    立葵

    読む
  2. 2

    おひとり様には慣れましたので。 婚約者放置中!

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  3. 3

    クールなふたりは見かけによらない

    道雪 葵

    読む

pixivision

カテゴリー