ピクシブ百科事典

パリストン=ヒル

ぱりすとんひる

漫画「HUNTER×HUNTER」の登場人物。ハンター協会副会長(元)。
目次[非表示]

「やぁーーお待たせ!! 本っ当に申し訳ない!!」

タグとしてはパリストンが一般的。
CV:高橋広樹

※この項目は、コミックス最新巻以降の内容を含みます。

概要

ハンター協会副会長でトリプル(三ツ星)ハンター。
十二支んの元メンバーであり、コードネーム
何かとよく光っている背広の青年。
ジン以外の他のメンバーと違い、干支コスプレはしていない。
一見すると爽やか笑顔を絶やさない好青年で、選挙スローガンには「弱者の痛みの解る会長」を掲げるが、その実はきわめて狡猾な本性を持つ野心家であり、十二支んのメンバーでは唯一ネテロに反目している。ウザイ
話術が巧みで辛抱強い策略家であり、他の十二支んのメンバーや一部のハンターからはかなり嫌悪・警戒されている。
基本的に笑顔を浮かべているときは余裕な時か本心を隠している時である。
頭が切れるだけでなく、自分に敵対する者との駆け引き自体を楽しんでいるため、パリストンの言動はとても読みづらく掴みどころがない。ウザイ
ジンは、「今残ってる4人(パリスチードルミザイレオリオ)で前会長の遺志を継いでるのはパリストンだけだ」と評している。
戦闘力は高くない(自称)。

性格

「僕は人に憎まれると幸せを感じ 愛しいものは無性に傷つけたくなるんです」

「でも それってそんなにおかしい事ですかね?」

自分が楽しむ事を目的としている点でネテロジンと共通しているが、ジンはパリストンがやりたいのは
「倒錯した愛情って建前の破壊」であり、「完全アウト」だとした。

副会長

協専ハンター

彼の副会長就任後は自分に味方するハンターを多数「協専」にすることで抱きかかえており、彼を中心にした派閥は「副会長派」と呼ばれ、ハンター協会における一大勢力となっている。
切れ者であり能弁で確かな手腕を持つが、協専ハンター奴隷のように扱う、協会の積立金を流用する、副会長就任後は18名のハンターが行方不明になる(年平均にすると就任前と比べて10倍の数)など黒い噂の絶えない人物でもある。(ピヨン曰く「ピンハネ王子」、ミザイストム曰く「確実に闇側の人間」。)

会長選挙

次期会長選挙では他の十二支んメンバーに疎まれる中、当選するために策を巡らせる。その飽くなき野心と周囲を振り回す策略ぶりは抑止が効かない「怪者(けもの)」と評されている。
全ハンターの約40%の票を獲得し続け、最有力候補となって親会長派筆頭チードルと舌戦を繰り広げる。
最終投票でレオリオに逆転されかけるが、その直後にゴンが復活したことでレオリオの目的が失われてしまい、第13代ハンター協会会長に就任する。
しかし、これはネテロに対する彼なりの弔いであったらしく、就任直後にチードルへ実質的な禅譲をして自ら会長の座を辞した。

予測

パリストンは早い段階から、ゴンの復活と選挙への影響を予測して動いていた…。
最初の会議で十二支んが集まった際、対立候補に名乗り出たジンに対し、瀕死の重体であるゴンの件で揺さ振りをかけた。
ジンを敵として信頼しているパリストンは、この時のジンの言葉(「アイツは死なねェ」)を聞きゴンを治す方法の存在を確信し、それを選挙に利用されたら勝てないと考えた。
しかしジンが選挙を降り、命懸けでゴンを助けようとしている仲間の存在を知り、レオリオに票が一気に流れた時、実際の展開を予見した。
結果、ゴン復活によって動機と後押しが消滅したレオリオは会長選挙から離脱、第13代ハンター協会会長はパリストンとなった(後に辞任)。

ジンとの因縁

ジンはパリストンとの間に少しばかり複雑な因縁があると語り、パリストンも長い間ジンに構って貰うのを待っていた、というような発言をしている。
会長選挙の際、パリストンは見た事も無い誰か(命懸けでゴンを助けようとしている仲間)を、ジンが「息子を託すに『十分だ』と言った仲間」であるという理由で当然のように信じていた。
これほど絶大な信頼を置くジンとの間には、どのような因縁と過去があるのだろうか…。
ジンもパリストンを強く警戒しており、「パリストンは見過ごせねェ」「奴をNo.2から引き摺り下ろして企みを阻止したい」と発言し、探検隊に参加した自身の目的を「ビヨンドへの協力とパリストンの抑止」だとした。

前会長との関係

ネテロが「最も苦手なタイプを側近にした方が面白いから」という理由で指名し、3年前よりハンター協会副会長となる。
ネテロの生前は会長職から引きずり下ろすために様々な妨害工作をしており、キメラアント討伐隊のメンバーに関しても任務失敗を見越しての人事であった。
しかし彼の根底にあるのはあくまで好敵手ネテロとのやり取りを楽しむこと。
彼にとってネテロは遊び相手であり、そういった妨害工作も遊びの一環だった。
チードルに本心を聞かれた際は、いつも見せていた笑顔を消して真面目な顔で本心を語った。また、その後に静かに涙ぐんでいる。
「もっと会長と遊びたかったなァ」という言葉と表情に彼の複雑なようで単純な意図が汲み取れる。

無題


その後

自身がその座を譲りチードルが会長となった後、十二支んを脱退。
一部の協専ハンター達と共にビヨンド=ネテロ暗黒大陸探検隊に参加している。
また、東ゴルトーで回収し、既に孵化しているであろう念能力を使える5000の半獣人について、何に使うつもりなのかは不明。

念能力

現時点では未登場であり、不明。

関連イラスト

パリストン
次は副会長の演説前アピールです



関連タグ

ハンター協会 協専ハンター アイザック=ネテロ
十二支ん ハンター試験 キメラアント
ビヨンド=ネテロ

pixivに投稿された作品 pixivで「パリストン=ヒル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42693

コメント