ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

例え間違っていることでもただとにかく肯定、あるいは肯定的に賛同するだけの人。
道理は分からないがとりあえず肯定しておけばいいという日和見的な判断である場合と、対象とする人物の気分を良くしてその庇護にあやかろうと企む所謂ゴマスリである場合に多い。
どちらにせよ学習することを放棄しているに等しく、仕事ではまず無能者の烙印に当てはまる行為の一つとして扱われるなど、とても褒められたものではない。
経験の浅い者を補佐する立場にある人間がイエスマンの場合、その者は同じ無能になるか、もっと酷いと自己中心的で固定観念に囚われた偏った人間を生み出しかねない。

固有名詞としてのイエスマン

  1. 映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」。
  2. Fallout:Newvegasに登場するロボット「セキュリトロン」の一体。


映画のイエスマン

偉大なるイエスマン


題名は「イエスマン “YES”は人生のパスワード」。2008年にアメリカで製作され、日本では2009年に公開された。
2005年にイギリス人のダニー・ウォレスが自身の経験を元に執筆したYes Manという本に基づいている。

Fallout:Newvegasのイエスマン

イエスマン


Fallout:Newvegasに登場するキャラクター。ラスベガスのストリップ地区カジノ「ザ・トップス」の上階で出会うことができるセキュリトロン(警備ロボット)。モニターに映るいかにもおべっか使いな笑顔と慇懃無礼な口調が印象的。
序盤の悪役・ベニーが彼のプログラムを改良し、全てを肯定的に捉え、要求に対して何でも答えてしまうように書き換えられた。だが同時に「誰にでも答えてしまう」仕様にもなっていたため、主人公がベニーに復讐を果たした後に彼を利用することになる。

ゲームにおける役割は、いわゆる詰み防止キャラ。プレイヤーが本作の世界でしのぎを削る「NCR」、「シーザー・リージョン」、「Mr.ハウス」の三大勢力のどれとも敵対する選択をした場合でもエンディングに到達できるルートを提供する。そういう役目なので彼は殺せず、実際に目の前のイエスマン一体を破壊してみても他のセキュリトロンに彼のプログラムが自動ダウンロードされ新たなイエスマンとなり、根絶することが出来ない。彼と共に行けば、主人公はどの勢力にも従わない、ラスベガスの新たな支配者になれる。

だが、コンピューターの提案に乗ってラスベガス中を駆け回り死体の山を築いてゆく主人公と彼と、一体どちらが「イエスマン」なのかという皮肉めいた構図をプレイヤーは体感させられるだろう。

関連タグ

ジム・キャリー Fallout:Newvegas
太鼓持ち ゴマスリ ヨイショ
Yes

関連記事

親記事

Yes いえす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イエスマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37938

コメント