ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ワーナーブラザーズが配給し、レジェンダリー・エンターテインメントが日本の東宝と連帯して制作する怪獣映画シリーズ。シンボルマークはMONARCHのシンボル「」に「M」を強調したものである。

ゴジラシリーズで知られる坂野義光が、ゴジラ対ヘドラを3D作品で作ろうとしたが頓挫→ガメラの3D作品を作ろうとしたが頓挫→再度ゴジラの企画を出したのがレジェンダリーに話が行ったのがモンスターバース誕生のきっかけであるという(ちなみに、この際ガメラの敵として、東宝のガイラとは別の怪獣だがガイラという怪獣が企画されていた)。

2014年5月に公開された『GODZILLA-ゴジラ-』の大ヒットを受けてレジェンダリーは間もなく続編の制作を決定し、さらに同年7月には東宝からゴジラに続いてキングギドラモスララドンの使用権を会得したことも発表。その続編にこの3体を登場させる予定があることを発表した。

三大怪獣 地球最大の決戦
GOD vs. KING



これと同時にレジェンダリーは『GODZILLA-ゴジラ-』に登場した研究機関「MONARCH」を中心にしたフランチャイズ映画シリーズを作り上げるとし、その中で「古いものと新しいもの、異なる巨大超生物種族の生態系の中でゴジラとレジェンダリーのコングを結集する」という構想について言及していた。

その後の2015年9月にレジェンダリーは制作予定だったキングコングの新作映画『キングコング:髑髏島の巨神』の共同制作に関してその協力先をユニバーサル・ピクチャーズからワーナーブラザーズに変更したとし、続く10月にはゴジラシリーズとコングシリーズを正式にクロスオーバーさせ、最終的にそのゴジラとコングの対決を描くという『GODZILLA VS KONG』を2020年の公開を目指して計画中であることを伝えた。
そして2017年に公開された『髑髏島の巨神』では上記の『GODZILLA-ゴジラ-』の続編に繋がると思しき場面を入れ、両作の関連性を明確なものにしている。

ちなみに、モスラ・ラドン・キングギドラの登用は、エメリッヒ版ゴジラの制作以前、つまりヤン・デ・ボンが起用されていた時期に東宝から使用のオファーがあったとされるメンバーである。詳細はこちらを参照

現時点ではいずれの作品にも日本人俳優が出演している。

GIPSY DANGER vs GODZILLA
03 The Apocalypse Event


また、一時期には同じくレジェンダリー・ピクチャーズが制作している『パシフィック・リム』シリーズとのクロスオーバーの構想も持ち上がっていたとされていたが、現時点において『パシフィック・リム』側のスタッフは「モンスターバースとの合流の計画は無い」と否定している。

なお、ワーナーは2018年に『ランペイジ巨獣大乱闘』という怪獣映画を公開しているが、現在のところ関連性はない。

シリーズは4作目の『ゴジラVSコング』をもって完結する予定とされていたが、同作が予想外にヒットしたことを受けて、スタジオ関係者が現在シリーズ継続を模索しているとの報道もある(因みに、監督は『ゴジラVSコング』を担当したアダム・ウィンガードが最有力候補とされているようだ)。ちなみに、詳細は不明ながらも現在、『Son of KONG(コングの息子)』という企画が検討中であることが報じられている。
ただ、東宝とレジェンダリーとの契約は『ゴジラVSコング』までとなっており、両者のパートナーシップが継続するかどうかも現時点では不明となっていることから、ゴジラ等の東宝怪獣が今後の作品に登場するかどうかは未知数となっている(東宝もモンスターバースとは別に、独自のゴジラのシネマティック・ユニバースを企画しているという報道もある)。

作品一覧

god and king


公開年タイトル登場怪獣監督出演日本人俳優
2014年GODZILLA-ゴジラ-ゴジラMUTOギャレス・エドワーズ渡辺謙
2017年キングコング:髑髏島の巨神コングスカルクローラー、スケル・バッファロー、バンブー・スパイダー、リバー・デビル、スポア・マンティス、サイコ・バルチャージョーダン・ヴォート=ロバーツMIYAVI
2019年GODZILLA:King of the Monstersゴジラ、モスララドンギドラベヒモススキュラメトシェラ、New MUTO マイケル・ドハティ渡辺謙
2021年GODZILLA VS KONGゴジラ、コング、メカゴジラ、スカルクローラー、ウォーバットヘルホーク、ロッククリーチャー、サイコ・バルチャーアダム・ウィンガード小栗旬

作中年表

46億年前地球が誕生する。モスラ誕生。
2億7000万年前古生代ペルム紀。より強力だった地球の放射線を活動源とする超巨大な生命体が地上を支配していたが、放射線レベルの低下により地底へ移動。
1万2千年以上前ゴジラ誕生
紀元前11世紀フェニキア人日本に。ゴジラ族の怪獣「ダゴン」がムートープライムと交戦。卵を産み付けられてしまう。
1944年太平洋戦争(第二次世界大戦)の真っ只中、米軍パイロットのハンク・マーロウ、日本軍パイロットのグンペイ・イカリ、南太平洋・髑髏島(ファロ島)に墜落。多数の巨大生物と接触する。
1945年日本・広島市原爆投下。この放射能の影響により未確認巨大陸生生命体シノムラ、そしてゴジラが覚醒。ゴジラによってシノムラは撃退される。
1946年トルーマン大統領の指示により未確認生物の調査を行う特務研究機関MONARCHが設立。シノムラの断片へ放射線照射実験を行った結果、復活させてしまう。
1954年原子力潜水艦ノーチラス号、ゴジラと初の接触。ビキニ環礁にて水爆実験を名目にゴジラおよびシノムラへ核攻撃を実行。シノムラの殲滅には成功したものの、ゴジラの殲滅は失敗に終わる。以後も水爆実験を名目にゴジラへの攻撃が繰り返されるも、全て失敗に終わる。
1973年ベトナム戦争の終結に伴い、MONARCH調査遠征隊が髑髏島へ出発。コングほか多数の巨大生物と接触し、約半数が殺害されて隊は壊滅状態に陥るも、島で生存していたマーロウと共に生き残ったメンバーが脱出に成功、調査は一定の成果を収める。
1982年南極のMONARCH第31前哨基地が焼失。その後、第32前哨基地が設置される。
1999年フィリピン諸島ユニバーサル・ウェスタン鉱山でゴジラ種の骨格化石、および寄生していたメスのMUTOの繭が発見され、MONARCHによってネバダ州ユッカマウンテン放射性廃棄物処分場へ移送される。同時期にオスのMUTOが日本・雀路羅市原発を襲撃し、繭化。MONARCHは事態を隠蔽し、繭の周辺に研究施設を建設して隔離する。
2014年雀路羅市にてオスのMUTOが孵化、ロシア・アクラ級原子力潜水艦を襲撃し、ハワイホノルルにてゴジラと対決。またユッカマウンテン放射性廃棄物処分場よりメスのMUTOも脱走、ラスベガスなどを破壊し、核弾頭を強奪、サンフランシスコにてオスのMUTOと接触して産卵。その後、ゴジラとの激戦によってサンフランシスコは壊滅状態に陥る。MUTO2体も排除される。【サンフランシスコの惨劇】
2019年中国雲南省MONARCH第61前哨基地にてオルカ起動実験。【神々の目覚め】
2021年髑髏島にカマソッソが襲来。生態系とイーウィス族が大打撃を受ける。
2024年MONARCHによるコングの地下世界への移送計画が浮上。同時期に、ゴジラが突如人類文明に牙を剥くようになる。


関連イラスト

ゴジラ2018
KINGvsKING
King Kong vs Godzilla 2



関連タグ

ゴジラ/GODZILLA キングコング
MONARCH

遊星からの物体X(『KOTM』に登場する南極の第32前哨基地(Outpost32)は何らかの事故で第31前哨基地(Outpost31)が焼失した後に再建されたという裏設定がある)

関連記事

親記事

レジェンダリー・ピクチャーズ れじぇんだりーぴくちゃーず

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モンスターバースシリーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「モンスターバースシリーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 908604

コメント