ピクシブ百科事典

スカルクローラー

くそとかげ

スカル・クローラーとは、映画「キングコング 髑髏島の巨神」に登場する怪獣である。
目次[非表示]

概要

体長:3.65~28.95m
体重:40~100t

頭蓋骨が剥き出しになったような白い外殻に覆われた頭部とのような体、一対の腕を持った異形の爬虫類系怪獣。恐竜の仲間が地底で独自の進化を遂げて生き延びたものと思われ、髑髏島では最強の肉食動物となっている。設定では年を重ねた個体は下記の「スカルデビル」の異名を持つ。

代謝が高く、常に獲物を喰らう必要があるため性格は極めて獰猛で攻撃的であり、島に生息する生物の中でも食物連鎖から外れた特に危険度の高い種。島の原住民からは悪魔の如く恐れられ、過去にはコングの一族を皆殺しにした因縁もあり、島の生態系を脅かす厄介な存在であることから、コングとは天敵とも呼べる関係であまりの凶暴性故に作中では「胸くそ悪い大トカゲ」「卑劣な奴ら」「クソトカゲ」と酷評されている。

大型から小型の数体が髑髏島の西側に住んでおり、普段は島の地下空洞で過ごしつつ、獲物を求めて地上に出てくる。また地底生活の影響で体色は浅く、皮膚は半透明になっている。
牙が乱立する巨大な顎と長大な体、巨体に見合わぬ素早い身のこなしを武器にして、非常に高い戦闘能力を発揮する。咥内の構造はオサガメに似て無数の牙が生えており、長い舌で素早く獲物を捕らえる。頭頂部の窪みの部分が目と思われがちだが、実は側頭部に小さいながらも本当の目がある。(この部分はノベライズ版では「エラ」、メイキングブックの監督発言によると「レーダーのようなもの」だと説明されており、これを用いることで水中でも生活できる)
また、丸飲みした獲物の骨を口から吐き出す行動も見られる。

命名者は第二次大戦時から髑髏島に住んでいるハンク・マーロウ。
調査団一行に本怪獣を説明する際に怖そうなイメージを持たすため「髑髏の亡者(スカル・クローラー)」(または「髑髏の徘徊者」)と咄嗟の思いつきで名付けられた。また、マーロウにとっては「親友」の命を奪った仇敵でもある。

以前から島で暴れ回っており、コングとも日頃から小競り合いを繰り返していたが、パッカード率いる部隊の行った爆撃のせいで地下に続く穴がいくつも開けられたことで活動が活発化、複数のスカルクローラーが現れてスケル・バッファローやパッカードの部隊の生き残りを襲い、コングの両親の墓場にてさらに多くの死傷者を出す。

スカルデビル

スカル・クローラー


太古から生き続け、体長30m近くに成長した超大物。コングの一族を喰い滅ぼした張本人。コングの宿敵と同時にもっとも手強い相手でもあり、マーロウは「コングがデビルに敗北したらみんな永遠にお休み」と言うほど。
他の個体と比べて髑髏状の頭部が角張っており、肘のトゲも発達している(小説版ではさらに尻尾にトゲまで生えている)。身体がより強靭になっているだけでなく、狡猾さにも磨きがかかっており、油断したところへの不意討ちや食べてはいけないものの判別もできる。

パッカード大佐がコングの抹殺を図ろうとしたときに河から出現し、最後に残った者たちを執拗に付け狙うが、そこに現れたコングとの戦闘に突入する。しかし、強靭な身体は大岩や巨木のバット、コングの伝統の顎裂きが効かず、長い体躯と素早い動きでコングを苦しめる。だが、コングに味方した人間の攻撃によって形勢が逆転し、女性カメラマンのメイソン・ウィーバーにより片目を潰された挙げ句、難破船のスクリューを右手に付けたコングのアッパーカットで喉をかっ切られ、倒された…
と思いきやまだ執念深く生きており、河に落ちたウィーバーを助けたコングに不意討ちをしかけ、彼の腕ごとウィーバーを舌で絡めとり、飲み込もうとするが、その貪欲さが仇となり、コングの怪力で舌もろとも内臓を引き抜かれて完全に撃沈、絶命するという雌のMUTOのごとくエグい最期を遂げた。

もっともあくまで一番大きい個体が死んだだけで、まだ島には多くのスカルクローラーが生息している可能性も否定できず、彼等とコングとの戦いはこれからも続いていくのかも知れない。

コミック版

コミック版でも登場し、本編の後日談である1995年の時にもまだ生息しているが、スカルデビルが倒されて以降スカルクローラーはコングの支配下に置かれ、今は小型の個体しか生き残っていない模様。
また、コングや髑髏島の過去についても描かれており、太古の昔に大規模な火山活動のなか、地底から現れたスカルデビル級の大群がコングの一族を襲撃し、熾烈な生存競争を繰り広げ、最終的に最も強かったコングの両親を残して全滅させ、そのコングの両親も、コングが産まれた際に襲撃して殺害したことが判明した。

モデル

モチーフとなったのは、1933年版のクモガニのシーンで登場した「後ろ足のないオオトカゲ」。スタッフによると、1933年版に登場した髑髏島の生物では唯一架空のモンスターであったことから登場させたらしい。また、76年版の宿敵の大蛇のような印象もある。
髑髏のような頭部は、『千と千尋の神隠し』のカオナシや『新世紀エヴァンゲリオン』の使徒サキエル、『ポケットモンスター』のカラカラもモデルとなっている。

コングの一族を滅亡させたのと、複数でヒロインとコングを襲うこと、舌が自身の禍と化すのは、2005年版バスタトサウルス・レックスに近い設定である。

関連イラスト

雾中巨兽
Skull Crawlers



関連記事

キングコング 髑髏島の巨神
モンスターバースシリーズ

カオナシ サキエル カラカラ(ポケモン)
ガボラ(頭部のヒレを閉じた姿が似てる)

pixivに投稿された作品 pixivで「スカルクローラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74224

コメント