ピクシブ百科事典

目次[非表示]

本記事には『GODZILLAvsKONG』に繋がる重大ネタバレが含まれます!!
ネタバレ注意! ネタバレ注意!

































概要

godzilla vs Kong  mechagodzilla



大手テクノロジー企業「エイペックス・サイバネティクス(APEX CYBERNETICS)」がゴジラを模した姿で開発した怪獣型の巨大戦闘兵器。
そして、モンスターバースシリーズ4部作の最終作となる『GODZILLAvsKONG』における一連の事件の元凶たる強大なヴィラン怪獣。

スペック

生態バイオメカ
身長約122m(400フィート)
習性破壊者
主武装A-74プロトンスクリームキャノン、ロータークロウズ
その他武装メイサーパワーコア 、各部ミサイル(仮)、テイルドリル(仮)
ボディフレームT-1ナノメタルスケルトンハウジング
IOSクロヌマ超常現象V1.3
電力出力量2.42ギガワット
水中咬合力7400重量ポンド毎平方インチ(51021kpa)
メイサーパワーコアレントゲン量600
プロトンスクリームエネルギー放射量4.10×1080(12の16乗)ジュール
ロータークロウズ最大出力温度3400℃(6152F)
操縦者芹沢蓮⇒自律稼働(暴走)


怪獣達の出現によって地球の支配者の座から蹴り落とされた人類が“万物の霊長”へと返り咲くためという名目の元、上記のエイペックス・サイバネティクスがゴジラを含めた対怪獣用決戦兵器として開発した存在。
ゴジラを模しているのはかつてこのゴジラの威容を目の当たりにした同社CEOであるウォルター・シモンズの「その力を我が物に」という意識によるものとされる

現代の兵器の中でも突出した技術力で作られた豊富な武装とそれに基づく並みの怪獣とは比較にならない圧倒的な戦闘能力を誇るが、それ以上の最大の特徴としてアラン・ジョナ率いるテロ組織より購入した過去の戦いでゴジラに滅ぼされたギドラの頭部を元に研究、開発された「ギドラの中枢神経を用いた生体スーパーコンピューター」を採用しており、ギドラのそれぞれの首が精神感応で交信していた性質に目をつけ、外部に置いたギドラの頭骨を改造したコクピットに当たる空間の中に乗り込んだパイロットとなる人間の精神リンクによって精密かつ確実な遠隔制御が可能という究極のマンマシーンインターフェースを実現している。

よって、この巨大ロボはメカゴジラであると同時にメカキングギドラと言える存在で、故にゴジラにはメカゴジラがギドラと同質のものに映るらしく、その起動実験の度に宿敵の気配を感じ取り、これの開発が進められていた同社の施設を破壊していた。

しかし、その頭骨には未だにギドラ自身の意識が残っており、それが覚醒した際の性質は歴代のメカゴジラ達はおろか作中の怪獣達の中でも極めて狂暴で、非常に暴力的かつ邪悪と言える程の残忍性を併せ持ち、外に出た直後に足下にいた無関係な人々を熱線で容赦なく虐殺し、香港のビル群を蹂躙し尽くす暴挙を振るった。
更にメカゴジラとして誕生する前のギドラの“サン”としての(兄弟に関する事も含めて)記憶はほとんど失われているとされ、残された感情はゴジラに対しての凄まじい怨念と殺意のみであり、実際に頭を掴んで何度もビルに叩きつけたり、倒れたところで頭を踏みつけ引きずり回すなど、猛烈な攻撃を繰り返し、執拗に痛めつけた上でかつてゴジラが行った“雌のMUTOへの止め”をゴジラ自身へ食らわせるという、皮肉と悪意を込めた殺害法を行おうとしていた程。

let them fight


逆にコングは邪魔者ぐらいにしか認識していないのか、2対1になって尚もゴジラを優先して攻撃したり、本格的に仕留めようとした際も痛めつけたりはせずに尻尾ドリルで早々に始末しようとしていた。
最も戦闘することを娯楽として楽しむギドラの意志が宿った上に、上記の行動からして殺しを好む怪物であるのは間違いなく、2体同時に面白半分で戦う余裕はないだけでゴジラがいなければコングを必要以上に痛めつけて殺そうとした可能性が高い。

以上の通りロボット怪獣ゆえに無機質ながらも、生前の本能の赴くままに破壊と殺戮を実行し、ゴジラへの怨みを晴らさんとする姿勢からは非常に狂気的でおぞましい印象を受けており、まさに人間のエゴと欲望が生み出した危険な存在である。

容姿

メカゴジラ


大まかなデザインは本シリーズにおけるゴジラをロボット化した印象だが、どっしりとした体形の本物と比較すると、逆三角形に似て引き締まったフォルムとなっているのが特徴。また、腕は本物より長く強靭で、背鰭は板状で若干小さく、目は赤く発光する。口内は破砕機(クラッシャー)の様な構造になっているのが確認できる。
尾は近年のメカゴジラである3式機龍レディ・プレイヤー1版、アニメ映画版同様、長い尾を持ち、その先端は鋭い突起物が複数付いたアンカードリルとなっている。
身長は約122mと、歴代でも最大級の体格を誇り、作中では数値以上の巨体に見える場面もある。

戦闘能力

哥斯拉
【MMD】ゴジラ対メカゴジラ(ゴジラVSコング)


開発者のウォルターが「ゴジラより強い」と豪語するだけあり、主武装である口からの赤い熱線“プロトンスクリームキャノン”はゴジラの熱線と同等以上の射程と破壊力を持ち、並みの怪獣相手なら一撃で焼き払い、さらに最大出力ならば地殻を貫いたゴジラの熱線と同レベル以上の出力を出せるとされている。
同様の光学兵器であるスーパーメカゴジラの“メガ・バスター”は、長時間の発射で機器にオーバーヒートが発生するが、こちらはオーバーヒートや熱量により口内が溶解する事もなく、問題なく連続使用が可能。核兵器の爆風に耐えられるゴジラでさえあまりの威力に火傷を負う程の大ダメージを受け、激痛により呻き声を上げていた。
副次的な武装としては全身にはこれでもかと強力なミサイル兵器が装備されている。

ゴジラVSメカゴジラ 2021
メカゴジラ


背中のロケットブースターを使うことでロボット怪獣とは思えない程の優れた機動性を発揮し、それでいて本当に生きているかのような生物的な動きも純粋な格闘戦にも対応できる。
本体の馬力も凄まじく、自身と同等の巨大怪獣も容易く拘束しては軽々と振り回すほどのパワーを叩き出す。

熱線の次に使用頻度の高い格闘戦の主武装である長い腕に備わった“ロータークロウズ”は、手の部分が高速で回転する仕組みになっており、加えて“メイサーパワーコア”から供給され青白い光のエネルギーを用いて威力を高めることができ、それによってコングのパンチを物ともしなかったゴジラを容易く吹き飛ばすほどの衝撃を生み出す。
さらにそのクロウの関節には複数の丸鋸が搭載されている様で、接触時に対象の皮膚を切り裂いてロータークロウズの殺傷力を向上させている模様。またエネルギーは爪だけでなく四肢に自在に纏わせることができ、これによる殴打や蹴りも強大な破壊力を誇る。
本来の姿では戦わずじまいのため詳細不明なビルサルド製メカゴジラを除けばその動きの激しさはおそらく歴代随一。

装甲は当然対怪獣を想定して非常に頑強で、ゴジラとコングの攻撃をそれが物理的なものならばほとんど通用しないが、流石に熱線に関してはまともに受けたら長くは持たないとされる。なお、熱線をチャージしたコングのをゴジラは受けたが、脚に刺さる或いは頭部に喰らっても一時倒れる程度だった。後述のメカゴジラの結末を考えると実はゴジラの皮膚よりは装甲は弱かったのかもしれない。

他にも劇中では使用はされなかったがシン・ゴジラの様に尻尾から熱線を出せるテイルレーザーや、背鰭が一つ一つファンネルの様に変形するオールレンジ攻撃(複数の兵器による包囲攻撃)も可能とされている。
また、ゴジラが万全な状態でメカゴジラとの1対1の戦いを挑んだとして、勝てる確率は五分五分だといい、仮に勝利したとしてもゴジラは死に近い状態。つまり死を覚悟せねば勝てぬ程の強大な敵と言える。

加えて理論上はギドラが有していた“アルファコール(他の怪獣への命令権)”も行使可能とされ、その気になればまたかつてのように他の怪獣達を操る事ができるという。
ちなみに、パンフレットに記載されているウォルターを演じた俳優のコメントにて、“(ウォルターの)狙いはいろんな怪獣を研究してコントロールすること”という一文があるため、ウォルターもかつてのギドラと同じように、ゴジラを倒した後でアルファコールを用いて怪獣たちを操ることを視野に入れていたと思われる。

これほどの高性能を誇りながらも建造当初は想定の40%の出力しか出せておらず(それでも試運転で養殖した大型スカルクローラーを熱線で一刀両断できるほどだった)、本機の完成のために地下空洞世界に存在するという地球の核のエネルギー(=ゴジラの生命の源)を求めたことが本作の物語の発端となっている。

顛末

かねてよりフロリダ州のペンサコーラにあるエイペックス支社でパーツの製造が進められており、それが香港にある本社へと送られて建造された。完成後は芹沢蓮をテストパイロットに据え、本社地下にある巨大ドックにおいて同じく同社で養殖、育成していたスカルクローラーを相手にした戦闘試験が何度も行われていた。それでも当初はジェネレーターの問題から最大でも40%ほどの出力しか出せず、スカルクローラーを一体倒しただけで機能停止に陥るなど、とても実用的とは言えない状態であった。

そこでウォルターらは地球の地下奥深くの巨大空間にある未知のエネルギー源に目をつけ、モナークが検討していたコングの地下空間への移住計画に協力する形で、自社の人間と機器を地下空間に送り込み、そしてコングが辿り着いた古代遺跡にてそのエネルギーの大元を発見されると、それを解析したデータからエネルギーの再現に成功する。この時、本社にコングとの戦いを制したゴジラが迫っていたこともあり、ウォルターは蓮の制止も聞かず起動を強行、蓮もやむなくメカゴジラを起動させるが、その瞬間にDNAコンピュータがギドラの自我に目覚めて暴走(以降は装甲の隙間から赤い光が漏れだし、所々に青い光が発生するようになった)、操縦者の蓮を感電死させ、さらにコントロールセンターも破壊してウォルターを殺害すると、本社地下の格納庫から飛び出してゴジラに襲いかかった。

ゴジラとの戦いでは向こうがコングとの連戦により消耗していたとはいえ豊富な武装と持ち前の機動力でゴジラを翻弄、一度はあと一歩の所まで追い詰める。ゴジラとの戦いから復帰したコングの乱入を受けて2対1の戦いにもつれ込んでもなお両者を終始圧倒し続け、次にコングを仕留めようと猛攻を加える。

神々の断罪


しかし、エイペックス社の企みを暴くために潜入していたジョシュ・ヴァレンタインの機転によって制御システムのコンピューターにウィスキーをかけられたことで機器が故障、動きが一瞬鈍ったその隙にゴジラからの熱線によるチャージを受けたコングのによる猛反撃を受けた事で全身をバラバラに切り裂かれ、ついには頭部をもぎ取られて完全に沈黙した。

今回のメカゴジラは、その目的はどうあれ正に人類の最新科学の結晶だったと言えるが、最後には」と「」という“太古の発明の産物”が決定打となって敗北するという皮肉な末路を遂げることとなった。そして、初めてゴジラ以外の怪獣によって破壊されたメカゴジラとなった。

余談

過去のメカゴジラとの類似性

今回のメカゴジラのコンセプトには偶然か意図的か不明だが人間との精神リンクを想定した制御システムギドラをルーツとした開発経緯開発者の抱く傲慢な思想、そして死した怪獣の遺体の再利用とそれが原因の暴走など、歴代メカゴジラが有していた要素および設定が負の部分も含めて多数盛り込まれている。

作られた背景とその影響

  • 惑星間の生存競争でも国土防衛のためでもない極めて個人的な目的で本機を作る
  • 特に合理的な意味や理由もないにも関わらずゴジラの姿を模倣する
  • ギドラの方もかつて自身を殺した奴に似せて作られた機械の中に組み込まれる
    • それが原因でゴジラの敵対心が刺激され、その結果ゴジラの上陸を招き民間に甚大な被害を出す
  • これを動かすためのエネルギーを巡る騒動に派生する形でコングとゴジラが争う事態になる
  • パイロットによりにもよってゴジラ研究の第一人者だった芹沢家の人間を据える

など、このメカゴジラの存在は本作の怪獣と人類にもいろんな意味で大きな影響を与えた他、メタ的な部分でもに本シリーズにおける怪獣およびキャラ対するアンチテーゼのようなものも含まれていたりと、初代以来の完全なヴィランとしてキャラを立てたと言える。

その他

  • ファンの間では予告編が公開された直後から登場が噂されていた(瞳に映る影など)が、監督のアダム・ウィンガードインスタグラムで存在を明かし、登場が確定した。
  • このメカゴジラをデザインしたのはJared Krichevsky氏という方で、同作のヘルホークや、同じくハリウッド映画であるレディ・プレイヤー1に登場するメカゴジラをデザインした人同一である。
  • 日本国内ではムービーモンスターシリーズなどで玩具化されているが、本作の劇場公開が7月2日まで延期された中、当初の公開予定である2021年5月14日に合わせて5月15日に発売されたために、国内のゴジラファンにとって予想外のネタバレとなってしまっている。
  • ゴジラの設定を担当していたKeyes氏著の小説版における展開だと、ウィスキーで制御機器を狂わされた隙を突かれて負けたのではなく、実際にはこの時に機能不全を起こしたのはほんの1~2秒だけで、すぐに脳以外の部分を再起動したためほとんど問題はなかったのだが、この時のメカゴジラは擬似的な生命体であり、斧に浴びせられたゴジラの熱線を見て本能的な危機感を抱いたことにより一瞬アームの力が緩んでしまい、その瞬間にコングが拘束を脱し、それで向こうの反撃を許すことになってしまったのだという。
  • ちなみに坂井孝行が描いた平成ゴジラVSシリーズの「ゴジラVSメカゴジラ」では、オリジナルの展開として、メカゴジラを建造した際、流用したメカキングギドラのパーツに「ゴジラ抹殺」の命令プログラムが残っており、その影響でメカゴジラが操縦無しで動き出し暴走する事態が描かれている。
    • ただしこちらは偶然だがメカキングギドラの「人命を優先する」プログラムもメカゴジラに組み込まれており、脱出ポットも兼ねていたコクピット内に搭乗していた人間達の安全を確保する為にコクピットを安全な場所に飛ばすなど人命を考慮しており、逆に遠隔操縦のパイロットを殺害したこのメカゴジラよりもマシと言える。
  • 首をもがれて破壊されるという点では初代メカゴジラと同様の末路を辿っているが、この末路は素体となったキングギドラのモチーフとなったヤマタノオロチの神話へのオマージュともとれる。
    • ヤマタノオロチも「酒」が敗因となっており、更に本作で使用された酒の銘柄「カズナリ」は昭和版メカゴジラのスーツアクターを担当した森一成氏へのオマージュでもある。
  • パンチの描写は、ゲーム「超ゴジラ」に登場する超ゴジラのパンチと似通っている。超ゴジラはギドラ細胞等によって強化されたゴジラだったため、Twitterでは「ギドラでありゴジラ」を表現する上で参考にしたのでは、という意見も見られる。
  • 「ブースターを使って飛び上がりパンチを喰らわせるシーンがゴジラ×メカゴジラのポスター(砕け散るまで戦え!)に似ている」という指摘が一部ファンから出されていたが、2021年11月3日のゴジラフェスの「居酒屋ゴジラ」にアダム・ウィンガード監督が出演した際、実際に参考にしていたことが明かされている。
  • “人類によって作られた因縁の敵と遺伝的に関連した存在にして、主役怪獣の必殺技を模倣した攻撃を使う”など、『ガメラ3』に登場した怪獣イリスとの類似性もある。
  • 通信システムとして使用されているギドラの頭骨は一つではなく二つ、基地とメカゴジラの内部にそれぞれテレパス送信用、受信用として存在するのではないかという考察も存在する。その出所については、歴史上のどこかで切り落とされたギドラの首を拾ったものだとされる。神話のヒュドラも作中ではギドラを元に創作されたものとなっているので、作中のイスラ・デ・マーラ以外にも過去にギドラが何者かと戦って首を切り落とされていた可能性は高い。https://youtu.be/2dIF_yqpn8I


関連タグ

モンスターバースシリーズ GODZILLAvsKONG メカゴジラ メカキングギドラ

全ての元凶 諸悪の根源 吐き気を催す邪悪

関連記事

親記事

GODZILLAvsKONG ごじらたいこんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「MECHAGODZILLA(モンスターバース)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「MECHAGODZILLA(モンスターバース)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46918

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました