ピクシブ百科事典

レディ・プレイヤー1

れでぃぷれいやーわん

『レディ・プレイヤー1(Ready Player One)』とは、アメリカの小説『ゲームウォーズ』の原題。本稿ではそれを原作とした映画について解説する。
目次[非表示]

概要

アメリカの作家アーネスト・クラインが2011年に発表した小説『ゲームウォーズ』を原作としたSF映画。2018年公開。監督はスティーブン・スピルバーグ

レディ・プレイヤー1


原作と同じく版権作品からのクロスオーバー作品で、多数のメカ・やキャラクターが登場しているが、近年からの作品も登場しており、登場キャラクターは原作よりも増えている。
(台詞等にも、あの作品この作品のワードも出てくるだけでなく、更にはアタリショックまで……)

一方で、原作のクライマックスに登場した『ウルトラマン』は権利上の問題で未登場。また同じくスピルバーグが監督していた『E.T.』と『レイダース』のキャラクターも「うぬぼれと思われる」として登場しない。さらに、『ブレードランナー』は続編『ブレードランナー2049』と制作期間が被っていたために登場せず、代わりに『シャイニング』が登場している。そして、原作で主人公が搭乗した「レオパルドン」も、東映版スパイダーマンの欧米での知名度が低いために登場しなかった。ウルトラマンの登場に関してはもし次回作を制作するならウルトラマンを出したいとスピルバーグ監督も意欲的な姿勢を見せている。

実は、下記で言及されている以外にもカメオ出演的なキャラクターもいたりする。こちらでは映画版で登場した物に言及しているが、小説版にも出ているメンバーなどは親記事の『ゲームウォーズ』を参照の事。

2020年7月3日には金曜ロードショーで地上波初登場。直近ではBTTF祭りと言わんばかりに3部作を放送していた事もあり、その反響は想像以上だった。

twitterトレンドが関連ワードで埋まり、その上でタイムラインにはベリオロス横浜優勝などが混ざると言う……ある意味でリアルとバーチャルの立ち位置を改めて知らされるような展開になったのは言うまでもない。また、ガンダムの登場シーンではガンダムのあらゆる公式アカウントが一斉に「俺はガンダムで行く!」というツイートをし出した事が話題になった。

登場キャラクター・メカ

バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場するタイムマシン。

AKIRA』に登場するメカ。

同名の映画に登場するロボット。

クリスティーン』に登場する自動車。

バットマン』に登場する装甲車。

マッドマックス』に登場する自動車。

同名のアメコミキャラクター。

指輪物語』に登場する魔法使い

特攻野郎Aチーム』に登場する自動車。

バットマン』のヴィラン。

トゥームレイダー』の主人公。

チャイルドプレイ』の悪役

ストリートファイター』のキャラクター。

ジュラシック・パーク』シリーズに登場する恐竜。

同名の怪獣映画に登場する怪獣。

機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ。

エルム街の悪夢』に登場する殺人鬼。

オーバーウォッチ』のキャラクター。

マッハGoGoGo』の自動車

コンセプトは3式機龍…ではなくポスター版のメカゴジラである。

関連タグ

ゲームウォーズ

レディプレイヤー1:表記揺れ。twitterトレンドにはこちらが入った。

関連記事

親記事

ゲームウォーズ げーむうぉーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レディ・プレイヤー1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340487

コメント