ピクシブ百科事典

俺はガンダムで行く

おれはがんだむでいく

映画「レディ・プレイヤー1」の名セリフ
目次[非表示]

概要

映画「レディ・プレイヤー1」の名台詞。

本作における唯一の日本語台詞であり、
劇中では「I choose the form of Gundam」と英語字幕が当てられている。

台詞が使用された経緯


※以下ネタバレ注意!





















物語後半、仮想現実世界「オアシス」の所有権を巡る「アノラック・ゲーム」はクライマックスを迎えつつあった。悪の企業IOI社の傀儡シクサーズは最後の「」が隠された惑星ドゥームを封鎖したが、主人公のパーシヴァル率いるガンター(エッグ・ハンター)達はシクサーズの暴挙を阻止すべく、オアシスに集う全プレイヤーの手を借りて総攻撃を開始した。

戦況はガンター側優位に傾きつつあったが、シクサーズの親玉ノーラン・ソレントはレアアイテムのメカゴジラを召喚。日本人には馴染み深いBGMをバックに自らメカゴジラを操縦し、その圧倒的な力でパーシヴァルを追い詰める。

絶体絶命の状況下、何故か瞑想を続けていたパーシヴァルの戦友・日本人ダイトウが遂に参戦。メカゴジラに対抗可能な切り札として、冒頭で入手した「2分間だけ好きな巨大ロボットに変身出来るレアアイテム」の使用を決意する。そして、彼がこの世界の運命を懸けるに相応しい姿として選んだ巨大ロボットこそが……

機動戦士ガンダム

「俺はガンダムで行く!」

満を持してダイトウはRX-78-2ガンダムに変身!!
どこかで見たようなポーズを決めつつ、メカゴジラに戦いを挑んだのだった。

余談

このシーンは日本限定プロモーションビデオで公開されており、映画公開前から多くの映画ファン、ガンダムファンの間で話題になっていた。実際に鑑賞した視聴者からは「クライマックスの重要なシーンで使用された台詞だったので、視聴前の想像よりも遥かに興奮・感動した」という感想も見られる。また、本作は映像面の情報量が多いことから字幕のない吹き替え版を勧める声も多いが、クライマックスで突然日本語台詞を放つダイトウというカタルシスは原語版の特権という評価もある。

本来ダイトウが日本語を話す予定はなく、脚本上には別の英語台詞が用意されていたのだが、本作の監督スティーブン・スピルバーグが突然「このセリフは日本語でいこう!」と言い出したことで日本語に変更された。しかも、撮影現場にはダイトウ役の森崎ウィン以外の日本人が居なかった為、演者の森崎氏自らがセリフを考える事になったという。

森崎氏はガンダムシリーズのセリフをパロディ化する案(例えば「ダイトウ行きまーす!」など)も考えたが、ガンダムファンが不愉快に思う可能性やギャグっぽくなってしまうことを考慮し、あえてこのオリジナルのセリフを選んだとの事。
この判断に関しては一部評論家などから「パロディの多い作品なのだからガンダムシリーズの台詞を使うべきだった」という批判の声もあったが、「このシーンはパロディをするべき場面ではない」、「ダイトウにとってガンダムこそが世界の命運を託すに相応しいロボットであり、その決意を表明するには彼自身の言葉でなければならなかった」と森崎氏の判断を擁護する意見も多く、安易なパロディ台詞を使わなかったことは視聴者から概ね好意的に受け取られている。

後述するようにシンプルゆえに改変ネタがしやすいのも評価されたポイントだろう。


ネタ

ガンダム登場シーンが日本限定での先行PVで公開されたということを、当初は本作の日本上映版のみにしかガンダムが出ないというと勘違いした人も多く、「もし、スピルバーグ監督がもしサプライズで各国別バージョンを作ったとして、ダイトウ(かパーシヴァル達の内の誰か)が何か別のロボットで出撃したら『俺は○○で行く!』というセリフになったのでは?」というネタが出来たわけだが、

例えば
「俺はゴルドラックで行く」(フランス)
「俺はビッグダイエックスで行く」(イギリス)
「俺はマジンガーZで行く」(スペイン)
「俺はジーグで行く」(イタリア)
「俺はボルテスVで行く」(フィリピン)
「俺はダイレオンで行く」(ブラジル)

ってな具合…全部日本のロボットじゃん!

実際に各国の本作視聴者がどういう妄想をしたのか今のところは不明だが…夢は果てしなく尽きないものである。


ちなみに変身時のガンダムのポーズが初代ガンダムではなく、ZZガンダムのものな理由は原作者のアーネスト・クライン曰く「カッコイイからだ!

関連項目

レディ・プレイヤー1 機動戦士ガンダム
名言(フィクション) 日本語 RX-78 メカゴジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「俺はガンダムで行く」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7008

コメント