ピクシブ百科事典

RX-78

がんだむ

RX-78(アールエックスななじゅうはち)とは、1.ガンダムの型式番号 2.バンダイから発売されたマイコンの機種である。ガンダムとはテレビアニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する機動兵器(モビルスーツ)である。本項目では主に前者について解説する。
目次[非表示]

この記事ではRX-78の派生型や後継機を列挙する。
アムロ・レイが搭乗したガンダム2号機については「RX-78-2」を参照。

1の概要

ジオン軍の開発した新機軸の機動兵器であるモビルスーツザクに対抗すべく地球連邦軍V作戦に基づきガンタンクガンキャノンと共に開発したモビルスーツ。

主にビームサーベルによる白兵戦をコンセプトとしているが戦時中も積極的に派生型が開発され、中でも2号機のパイロット、アムロ・レイが挙げた戦果は「ガンダム神話」とまで形容され、後に開発される高性能な試作機は軒並み「V字アンテナにツインアイ」という特徴的な頭部と「ガンダム」の名を擁するほど連邦に大きな影響を与えた。

また、本機種を基に生産性を高めるためにデチューンされたジムシリーズはビーム兵器を扱えるというアドバンテージはそのままに量産され、一年戦争において戦局を覆し連邦を勝利に導いた。

派生機種

■はFSWS計画関連機、▲は映像作品、MSV企画、外伝ゲーム作品外、★は改造ガンプラ

RX-78系列直系

ガンダム/始動
フルアーマーガンダム


型番の末尾に番号のみ振られた機体の内1~3号機は「ファーストロット」、4~8号機は「セカンドロット」と区分されることがある。試作機のため基本的にワンオフで、完全な同一モデルもピクシー等多くて3機程度しかいない。
一部の機体はFSWS計画という装甲・武装強化プランに則った増加装甲、増加武装が装備可能となっている。

  • RX-78-1:ガンダム1号機(プロトタイプガンダム)
    • RX-78-1:プロトタイプガンダム ロールアウトタイプ1(頭部マスクの面積が小さい最初期型)
    • FA-78[G]:フルアーマーガンダム陸戦タイプ(陸戦用の増加装甲・武装強化プラン)■
  • RX-78-01:ガンダム試作機1号(THE ORIGINにおけるプロトタイプガンダムに相当する機体、全身が黄色くバイザーとスラスター5基の高機動タイプのランドセルを装備)▲
    • RX-78-01[N]:局地型ガンダム(予備パーツから制作された地上試験機、洋上試験用のランドセルに換装可能)
  • RX-78-2:ガンダム2号機(ガンダム)
  • RX-78-02:ガンダム2号機前期型(THE ORIGIN版、左肩にショルダーキャノン等多数オプション兵装を装備、高機動タイプのランドセルに換装可能)
    • RX-78-02:ガンダム2号機 ロールアウトカラー(THE ORIGIN版、アンテナ配置がガンキャノン最初期型と同様)
    • RX-78-02:ガンダム2号機中期型(コア・ポッド増設仕様、オプション兵装をオミット、高機動タイプのランドセルに換装可能)▲
  • RX-78-3:ガンダム3号機(G-3ガンダムマグネットコーティング試験機)
  • FA-78-1:フルアーマーガンダム(素体は1~3号機とほぼ同型)■
    • FA-78:フルアーマーガンダム ムーア同胞団仕様
    • デルフィニウム(MS形態への可変機構を備えた巨大アームドベースとドッキングした形態、核となるフルアーマーガンダムは背部武装が取り払われ一部ジムタイプの部材や後述のガンダムNT-1・FA用の未実装だった頭部増加装甲が使用されている)■▲
  • RX-78/C.A:キャスバル専用ガンダム(ギレンの野望シリーズにおけるIF機体)▲
  • RX-78T:ガンダム ティターンズ仕様(同上)▲
  • RX-78:ガンダム ジオン仕様(同上、シールドはゲルググの物を流用している)▲
  • RX-78-4:ガンダム4号機(「メガ・ビーム・ランチャー」を装備した重砲撃仕様)
    • RX-78-4[Bst]:ガンダム4号機[Bst](肩部増加スラスター「ショルダーユニット」を装着した形態)▲
  • RX-78-5:ガンダム5号機(4号機とペアを組むことを想定し、面制圧に長けた「ジャイアント・ガトリング」を装備した護衛仕様)
    • RX-78-5[Bst]:ガンダム5号機[Bst](4号機[Bst]と同型の「ショルダーユニット」を装着した形態)
  • RX-78-6:ガンダム6号機(通称マドロック、両肩にキャノン砲を装備している)
  • RX-78-7:ガンダム7号機
    • FA-78-3:フルアーマーガンダム7号機(ガンダム7号機の増加装甲・武装強化形態)■
      • HFA-78-3:重装フルアーマーガンダム(追加装備「セカンド・アーマー」を装備した形態)■
  • RX-78-8:ガンダム8号機(存在のみ言及されている)▲
  • FA-78-2:ヘビーガンダム(増加装甲ではなく本体装甲そのものを強化した試験型、MSDではガンダムFSDの発展型の側面も持つ)■
  • RX-78NT-1:ガンダムNT-1(通称アレックス、ニュータイプ用に運動性を向上させた機体)
    • RX-78NT-1FA:ガンダムNT-1・FA(外装式の複合装甲「チョバムアーマー」を装備した形態)
    • FA-78NT-1:アレックス増加装甲試験型(FSWS計画に則った増加装甲形態、チョバムアーマー開発が失敗した際の保険だったが連邦派閥「シン・フェデラル」が再生産機に装着する形で実用化)■▲
    • RX-78NT-X:ネティクス(背部に有線式ビットを搭載したシン・フェデラル再生産機のサイコミュ試験用改修機)▲
    • RX-78AN-01:ガンダムAN-01(通称トリスタン、「バーナムの森」が運用する中破したアレックスの改修機)
      • RX-78KU-01:クレヴェナール(巨大アームドベースとドッキングした形態)
      • RX-78AN-01FA:ガンダム・トリスタン〈フェイルノート〉(インコムを多数搭載した試作型攻撃ユニット「フェイルノート」を装備した形態)▲
  • RX-78AL:アトラスガンダム(ジオン製水陸両用機の関節機構を踏襲し多目的スラスターユニット「サブレッグ」を装備した陸海空の全領域対応型)
    • アトラスガンダム宇宙用(サブレッグとシールドが換装されている)▲
  • RX-78-XX:ガンダム・ピクシー(地上用格闘戦特化型)
  • RX-78SP:ガンナーガンダム(モックアップの製作のみに終わった狙撃仕様)
    • フルアーマー・ガンナーガンダム(ベース機の実機が存在しないため増加装甲にセンサー等の機能を持たせた再現仕様)■▲
  • RX-78F00:ガンダム(後年発見されたパーツを解析し再生産した機体)▲
  • RX-78E:ガンダムGT-FOUR(モビルスーツ形態の他に2種の飛行形態を持つ連邦初の可変モビルスーツ)▲
  • RX-78-2 1/2 :ハーフガンダム(オリジナルの52%の部材を使い作られた模擬戦用再現機)▲
  • RX-79EX-1:ゼファーガンダム(「ファントムシステム」による自律行動が可能な無人機)▲
    • RX-78EX:ゼファーガンダム フォームⅢ(ゼファーガンダムの増加装甲・武装強化形態、更に突撃艇形態となる外装を纏うことが可能)▲
  • RGM-79:ジム系列(本機の簡易量産型、派生型は膨大なためジムシリーズを参照、ジム・カスタム系列はアレックスと共通の部品を使用)
  • RX-81:ジーライン(本機のフルスペック仕様の量産型、素体のため実戦には不向き)■

RX-79[G] 陸戦型ガンダム

「あ…ありのまま 今 見た事を話すぜ!」


RX-78系試作機の製作時に発生した規格落ち部品を流用した地上用の少数量産型。
詳細はRX-79を参照。

RGM-79系列のカスタム機

黒
ペイルライダー


ジムの系列機の中には大幅な強化改修を施された機体もおり、そのような機体はゴーグルタイプの頭部からガンダムフェイスを取り戻すことも多々ある。


GPシリーズ

GPシリーズ


アナハイム・エレクトロニクスが開発を委託された5機の新規設計機群であるが、特例的に型番が引き継がれている。


後継機

以下「アナハイム・ガンダム」と呼ばれるアナハイム・エレクトロニクス製の機体群


関連タグ

機動戦士ガンダム
RX-78-2(アムロ機) RGM-79(簡易量産型) RX-81(完全量産型)

分類
ガンダムタイプ ガンダム ジムシリーズ

2の概要

バンダイが1983年に発売したゲームパソコン。名前こそガンダムにあやかって付けられているが、別にガンダムのゲームばかりが出ていた訳ではない。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム きどうせんしがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「RX-78」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 603571

コメント