ピクシブ百科事典

ハーフガンダム

はーふがんだむ

ハーフガンダムとは、『機動戦士ゼータガンダム1/2』に登場したガンダムの複製機。 形式番号「RX-78-2 1/2」。
目次[非表示]

概要

非公式扱いである漫画作品『機動戦士ゼータガンダム1/2』において、ティターンズのガンダム開発計画ガンダムMk-Ⅱのチェイサーとしてグリプスでガンダムの残存部品52%と同系列機の構成部品を組み合わせ複製された機体。
「マグネットコーティング改修時のデータを基に、ほぼ同程度に調整してある」と言う触れ込み。

外観

ほぼTVに登場したRX-78を踏襲しているが、腕は陸戦型ガンダム、足首のアンクルガードはスリット状のバーニアのあるプロトタイプガンダムの部品を使っているようだ。左肩上にはジムⅡのサブセンサーがある。
センサー類は現行の物を使用しているのか緑色の瞳となっている。ビームライフルはガンダムMk-Ⅱのものを使用している。

活躍

明らかに旧式機であるにも関わらず作中のテスト運用で幾度もMk-Ⅱを打ち負かすが、それは体への負担を無視してまで性能以上の機動をさせていたアグレッサーパイロット、カン・ウー大尉の技量のたまものによるものだった。
妻子を奪った戦争を憎む彼はMk-Ⅱに勝ち続けることでその開発を遅らせ、戦争の開戦自体を遅らせようとしていたのだ。
しかしバスク・オムの提案した実弾演習においてMk-Ⅱのテストパイロット、エドガー・エドモンド・スミスに婚約者がいることを知り、最終テストで勝ちを譲り撃墜、機体は失われた。


本当に完全な複製機?

「一年戦争時のガンダムと同性能に仕上げられた機体」という触れ込みで登場した本機だが、実はどの時点のガンダムと同性能なのかがはっきりしていない
一応「マグネットコーティング改修時のデータを基に」製作されたことになっているが、それがブラウ・ブロ戦までの「マグネットコーティングをしていない状態」なのか、それ以降の「マグネットコーティングを行なった後の状態」なのかは不明瞭であった。
更に型式番号もRX-78-2(マグネットコーティング試験機はRX-78-3。ただしアニメ版では乗り換えずに2号機のままコーティングを施しているため、その点についても謎)であるため、そのことでも不明瞭となってしまっている。

その他ガンダムへのマグネットコーティング後のモスク・ハン博士の発言やアムロ機のコアファイターの回収状況を鑑みるに、最終的なガンダムの機体データは手に入っていないためマグネットコーティング前の状態を再現した機体である可能性が高いといえる。

そもそも開発に使用された「52%のガンダムの残存部品」の中にはRX-78-2の他にRX-78-1など仕様の異なる機体のパーツが混在していた他、RX-78の規格に満たない部品を含有したRX-79(G)のパーツまで同系列機の部品として使用されている可能性が高い(というか確実にそう)。
そのためこれらバラバラのパーツを寄せ集めたキメラMSである本機は本物のRX-78-2とは根本から異なる存在であり、最初から「RX-78の完全な複製品」になどなり得ない機体だったのかもしれない。

実は…

同じく非公式扱いになるが「ギレンの野望」シリーズにはRX-78T ガンダム(ティターンズ仕様)が登場する。こちらは複製品ではなく再生産品であるが、世界線が違うので同一にはあつかえない。
また、「ティターンズのガンダム」としてはジム・クゥエル改造のヘイズルという試験機もある。

「RX-78-2ガンダムの複製品」としては、他にYOKOHAMAに残存していたRX-78タイプのパーツを元に再構成されたRX-78F00が存在する。こちらは地球連邦軍が研究目的で建造したもので、発見に至らなかった一部パーツは新たに作り直されている。

関連項目

RX-78 ガンダムMK-Ⅱ ティターンズ
機動戦士ゼータガンダム1/2(表記ゆれ:機動戦士Zガンダム1/2) 長谷川裕一ガンダムMS&MA

関連記事

親記事

機動戦士ゼータガンダム1/2 きどうせんしぜーたがんだむはーふ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーフガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1326

コメント