ピクシブ百科事典

ハーフガンダム

はーふがんだむ

ハーフガンダムとは、『機動戦士ゼータガンダム1/2』に登場したガンダムの複製機。 形式番号「RX-78-2 1/2」。
目次[非表示]

概要

非公式扱いである漫画作品『機動戦士ゼータガンダム1/2』において、ティターンズのガンダム開発計画ガンダムMk-Ⅱのチェイサーとしてグリプスでガンダムの残存部品52%と同系列機の構成部品を組み合わせ複製された機体。
「マグネットコーティング改修時のデータを基に、ほぼ同程度に調整してある」と言う触れ込み。

外観

ほぼTVに登場したRX-78を踏襲しているが、腕は陸戦型ガンダム、足首のアンクルガードはスリット状のバーニアのあるプロトタイプガンダムの部品を使っているようだ。左肩上にはジムⅡのサブセンサーがある。
センサー類は現行の物を使用しているのか緑色の瞳となっている。

活躍

作中のテスト運用で幾度もMk-Ⅱを打ち負かすが、それは性能以上の機動をさせて体をボロボロにしていたアグレッサーパイロット、カン・ウー大尉の技量のたまものによるものだった。
バスク・オムの提案した実弾演習においてMk-Ⅱのテストパイロット、エドガー・エドモンド・スミスに婚約者がいることを知り、最終テストで勝ちを譲り、撃墜され失われる。


本当に完全な複製機?

作中では「最新ロットのGMにも劣る機体」と評されているが、機体解説の「マグネットコーティング改修時のデータを基に、ほぼ同程度に」と言う表現が不明瞭でブラウ・ブロ戦までの改造直前のアムロの技量に追いつかなくなった状態」なのか、「マグネットコーティング改造出場後の実戦調整を済ませたあと(つまりは最終時の最強状態)」なのかいまいち解らない。(ブラウ・ブロ戦以前のスペックで有ればジム・カスタムジムⅡに圧倒されて当然。)
形式番号も「RX-78-2」のままである(マグネットコーティング後は「RX-78-3」となる)。
TV版のガンダムへのマグネットコーティング後のアムロ・レイモスク・ハン博士との会話ではモスク・ハンが『今回のデータだけは何らかの方法で私の手元に届けて欲しいものだな』との発言からも改造後の2号機からデータはとっていないと推測される。(G-3ガンダムのデータを使う事も可能と思われるが、敢えて記録に残る機体データに調整してるという妙なこだわりがある。)
また、この時点ではアムロ機のコアファイターは回収されていないことになっているため最終時のデータストレージは当然手に入っておらず、完全な最終状態の再現というにはかなり疑問符がつく。

実は…

同じく非公式扱いになるが「ギレンの野望」シリーズにはRX-78T:ガンダム(ティターンズ仕様)という完全に存在もスペックもかぶる機体が存在する。
また、「ティターンズのガンダム」としてはジム・クゥエル改造のヘイズルという試験機もある。


関連項目

RX-78 ガンダムMK-Ⅱ ティターンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーフガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント