ピクシブ百科事典

ジムⅡ

じむつー

ジムⅡ(ジムツー)は、テレビアニメ『機動戦士Ζガンダム』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

カタログスペック

頭頂高18.1m
本体重量40.5t
全備重量58.7t
ジェネレーター出力1,518kw
装甲材質チタン合金セラミック複合材
スラスター総推力62,000kg


概要

連邦軍の主力モビルスーツであるRGM-79ジム一年戦争後アップデートした改修機。デラーズ紛争後、ジム改に代わる形で連邦軍の主力機として運用された。型式番号RGM-179。

グリプス戦役初期にティターンズエゥーゴ双方で運用された機体であり、特にティターンズでは組織拡大に伴うジム・クゥエルのコストパフォーマンスの問題を解消する目的で、ジム改高機動型の運用データを基に「RMS-179」の型式番号を与えられた上で運用された。

ジムはガンダムの運用データを元に開発された機体とは言え、コストパフォーマンスを優先し性能を犠牲にした一面が強かった為、ジムⅡはそれを補う目的でジェネレーターの換装やサブセンサーの増設、武装の変更等の改修を行っている。
これら改修の結果、ジムⅡはカタログスペック上は装甲を除きガンダムを上回る性能を手に入れたが、革新的技術が投入されていない事もあってジムのマイナーチェンジモデルという印象は拭えず、マラサイネモといった第二世代モビルスーツの登場によって早々に主力機の座から退く事になった。

しかし、コストパフォーマンスの取り回しに優れていたため、グリプス戦役終結後は多くの機体が更にジムⅢへ改修を受け、新型機配備が間に合わない部隊へと配備され、一部の部隊では次々世代機のジェガンが登場した後もなおジムⅡの運用が続けらている。

武装

頭部バルカン砲

頭部に搭載された60mm口径の機関砲。
メインセンサーと連動して、頭部そのものが一種の自律砲台として機能する。

ビーム・サーベル

斬撃用のビーム兵装。
ビームの発信ユニットは一年戦争以来使われている標準的な量産部品の更新部材を採用。
使用しない場合はジムと同じくバックパック左側にマウントされる。

ビーム・ライフル

ジムが標準装備していたビーム・スプレーガン更新兵装。型式番号BR-S-85。
RX-78の使用していたXBR-M79-07Gの簡易量産型。
生産ラインはスプレーガンの物が転用されている為、コストパフォオーマンスにも優れているが、エネルギーは本体から供給する形式の為、継戦能力に難を残している。

シールド

主に対実体弾を想定した追加装甲。
ジムと同じくRX-78用のシールドの設計を踏襲した量産品。

バリエーション

ジムⅢ

ジムⅡの後継機。
詳細はジムⅢを参照。

ジムⅡブルーラプター隊仕様

『機動戦士ガンダムUC 星月の欠片』に登場。
胸部を青に塗装しており、カラーリングのみであればガンダムを想起させるものとなっている。
宇宙世紀0095年にインダストリアル7にあるアナハイム工専の警護任務に於いて、同隊のエンデ・アニベール機がアナハイム・エレクトロニクスの意向で同校の実習生によって整備を受けるが、その最中にジオン共和国極右団体「風の会」の襲撃を受け、生徒達の手により実習施設に設置されていたレプリカのガンダムヘッドを装着され出撃し、同組織のモビルスーツ部隊を撃退した。
頭部の装着は強引かつ緊急的な措置であった為センサー類は万全ではなかったものの、かつてガンダムTR-1Bガンダムが実証した通り、「ガンダム」の与える心理的影響は大きく、それはガンダムに憧れを抱いていたパイロットであるエンデのコンディションにも影響を与えていた。

ジムⅡ・セミストライカー

ジムⅡセミストライカー


機動戦士ガンダムUC』に登場するジムⅡのバリエーション機。
既存機体の補充パーツを再利用し、地球連邦軍トリントン基地で現地改修された機体であり、型式番号に変更は無い。
両肩部にジム・ストライカーにも採用されていた増加装甲「ウェブラル・アーマー」を(このウェブラルアーマーは一説には形状を再現したレプリカとも言われている)、左前腕部にはフルアーマーガンダムの小型シールドと同じものを装備している。
主兵装としてツイン・ビームスピアを装備し、OSも一定の近接格闘戦に特化したものが構築されている。
宇宙世紀0098年にトリントン基地を襲撃したジオン残党のイフリート・シュナイドと交戦するも、ヒート・ダートを胴体に突き刺され機能停止した。

関連イラスト

月面降下演習



関連項目

機動戦士Ζガンダム
ジム 陸戦型ジム ジム・コマンド ジム改 ジム・カスタム
ネモ マラサイ
ジムⅢ ジェガン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジムⅡ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93430

コメント