2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

サラミス

さらみす

サラミスとは、宇宙世紀のガンダムシリーズに登場する宇宙巡洋艦である。
目次[非表示]

もしくは、ギリシャの島、サラミス島のこと。
ここではガンダムシリーズのサラミスについて説明する。

概要

宇宙世紀0070年代の軍備増強計画によって、大量建造された地球連邦軍の宇宙巡洋艦。
その名称は宇宙世紀初頭に運用されたサラミス級宇宙警備艇に由来する。

宇宙警備艇 サラミス級



同じく連邦軍のマゼラン級戦艦とともに連邦軍宇宙艦隊の中核を担っていたが、一年戦争ジオン公国モビルスーツとミノフスキー粒子を実戦投入した結果、これまでの艦砲戦が主流であった宇宙戦闘の様相は塗り替えられ、有視界戦闘が中心となったため、大多数が撃沈された(ガンダム冒頭OPでも真っ二つに折れて撃沈するシーンがある)。

MS-06 ザクII その4 ザクⅡ VS サラミス級巡洋艦



ジオン軍の艦艇と比較すると、MS搭載能力が付く前は同クラスの戦闘艦(ムサイ及びチベと思われる)と比較して4割程度の戦力しか持たないとされていた。
なお前述の通り、大半のサラミス級にはMS運用能力は無いが連邦は苦肉の策としてなんとジムを甲板に立たせて出撃させるという方法でMS部隊を運用する場面があった。

一年戦争後期より「ビンソン計画」に基づきモビルスーツ運用能力を追加されるようになり、戦後は更に本格的なモビルスーツ母艦機能を有するサラミス改級へと改修されていった。

デザイン的には放映当時の1970年代における、イージス艦登場以前の西側水上戦闘艦の影響が強く、艦橋以外に大型の艦上構造物がなく、スリムでスマートな印象。

宇宙世紀0153年まで現役として前線に元気な姿を見せている唯一の巡洋艦である。80年近く働いてないか?

スペック

サラミス級宇宙巡洋艦


艦級宇宙巡洋艦
全長228m
全幅62.2m
武装単装メガ粒子砲6門、連装機銃6基、6連装ミサイルランチャー2門、艦首大型ミサイル8門

バリエーション

後期型

連邦軍の「ビンソン計画」に基づいて、モビルスーツ運用能力を応急的に搭載したタイプ。
上甲板や艦体下部にモビルスーツを係留・搭載できるように改修が施されている。そのため、単装メガ粒子砲が一部撤去されている個体もある。

ボール搭載型

MSIGLOO」に登場。
上甲板と艦体側面のメガ粒子砲、ミサイルランチャーをオミットし、上甲板にボールを6機搭載可能なプラットホームを増設している。
この艦とボールによってルナツー周辺は護衛の無い輸送船団にとっても危険なエリアとなった。

フジ級輸送艦

富士急ハイランドのアトラクション「GUNDAM_THE_RIDE」、ゲーム「ギレンの野望 ジオン独立戦争記」に登場。
サラミス級を改造した輸送艦。艦の後部がカーゴになっている。
なお後にエゥーゴの幹部としてアーガマラーディッシュの艦長を務めるヘンケン・ベッケナーア・バオア・クーでの最終決戦時に乗艦していたのもこのフジ級輸送艦の一つスルガである。サイド6への移民者たちを輸送している最中に敵の襲撃を受けて撃沈した。しかし人々はランチで脱出した。

ネルソン級MS軽空母

MSV-R」に登場。
軽空母の名が示す通り、サラミス級巡洋艦にモビルスーツ搭載空母としての機能を付与した艦艇である。
船体の左右にモビルスーツ搭載用コンテナを有し、これによって後期型サラミスよりも高い母艦能力を有する。

しかし、艦としての汎用性はホワイトベースを始めとするペガサス級よりも低く、また後述のサラミス改級の改修プランが効率的であった事や改修時の敵襲と言ったアクシデント等が重なり、一年戦争に於ける実戦配備数は三隻と少ない。

漫画「ザ・ブルーディスティニー」では左舷にのみネルソン級と同型のカーゴ・ベイが増設されたサラミス級MS軽空母試験艦ランケアが登場した。
このランケアのデータを基にネルソン級が建造された。

ちなみにガンダムSEED同名の戦艦が登場する。

防空型

サラミス


0083」に登場。
艦単体の攻撃能力を向上させたタイプであり、全長こそ198mと小型化されたが、単装メガ粒子砲の配置変更や連装メガ粒子砲の新設によって、外観は様変わりし火力は原型艦より大幅に強化されている。

その半面モビルスーツ運用能力は応急的なものに留まり、後発となるサラミス改級とくらべて総合的に高い評価はつけられない改設計であり、本質は初期型と何も変わっていない場つなぎ的な存在である。
これは戦後の連邦軍上層部がジオン軍という強大な敵を失ったにも関わらず大艦巨砲主義が残っており、大艦隊運用を前提とした艦艇整備を進めていた事に起因しており、本級の偏った性能は艦隊旗艦のバーミンガムやMS母艦を守るための護衛艦としての能力が求められたためだと思われる。
防空能力は一定の成果を挙げたものの、結果的にデラーズ・フリートの熟練のパイロットによって多数の本艦が撃沈されている。

本級はその後の情勢変化により早期に見切りを付けられたのか、グリプス戦役以降には改修艦すら全く登場しない。
おそらく早期に部品供出のうえでの退役・解体処分となったと思われる。

尚、漫画『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』では、宇宙世紀0123年のフロンティア・サイド駐留艦隊所属として両舷にラー・カイラムに似たカタパルト・デッキを増設したネルソン級に酷似したタイプが登場している(先述のネルソン級の発表以前であるが)。

サラミス改

Zガンダム」等に登場した近代化改修タイプ。MS搭載が可能となっており、不要なコスト増加を抑えた旧来の構造に一部差し戻したうえで、戦後型の主流となった本格的かつ徹底した大幅な設計変更が功を奏して、UC150年代(Vガンダム時代)まで現役で運用され続けた。
詳細はサラミス改を参照。

関連項目

機動戦士ガンダム
マゼラン ホワイトベース ムサイ チベ ザンジバル グワジン
サラミス改

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム きどうせんしがんだむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サラミス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サラミス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226050

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました