2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

解説

通常のサーヴァントよりも一段階上の器を持って顕現した英霊。グランドサーヴァント冠位のサーヴァントとも呼称される。

人間(霊長)と、人間によって築き上げられた文明を滅亡させる大災害、七つの人類悪を滅ぼすため、天の御使いとして遣わされるその時代最高峰の七騎。英霊の頂点に立つ始まりの七つ。
「抑止の守護者」同様に、このグランドサーヴァント達が討つ敵は「文明から生まれ文明を滅ぼす人類の自業自得のアポトーシス」、即ちビーストである。

人類存続を守る抑止力の召喚、霊長の世を救うための決戦魔術である降霊儀式・英霊召喚によって召喚される。
※ちなみにソレを人間の都合で使えるように"格落ち"させたものが、召喚システム「聖杯戦争」であり、『stay night』では、聖杯戦争のシステムは抑止の守護者を参考に作られたとも語られている。

選定基準

能力と逸話のどちらも高水準で、基本7クラス(セイバーアーチャーランサーライダーキャスターアサシンバーサーカー)それぞれの頂点に立つものが候補として存在する。
頂点と言っても一人だけではなく、各クラスごとに候補は複数存在し、その時代の「超克対象」ごとに最終決定される。

なお、ただ強ければなれるというものではないらしく、例を挙げるとグランドキャスターはそれぞれ性質は違えど、万象を視通す「優れた千里眼」を保有しており、言い換えれば「監視者」としての力を持っているという言及がある。
そのため他のグランドクラスにおいても、何かしらクラス特有の能力や条件、クラスとしての役割が要求されるのではないかと予想されているが、現状ではグランドキャスター以外のクラスの共通項については特に触れられていない。

上述したようにグランドの資格を持つ英霊は一つのクラスにつき一騎だけとは限らず、事実グランドキャスターには複数の資格保有者が存在している。ただしグランドアサシンのみ、“山の翁”しか適性者が存在していない模様。

また、神たる神霊がグランドになる事は有り得ないと明言されているが、クィリヌス神のマテリアルを見るに、半神かつ"人間"の側に立った在り方の者は、例外的に"ヒトの英霊"として扱われ資格を得る可能性がある事が仄めかされている。

能力

通常のサーヴァントと桁違いの力を誇っており、通常のサーヴァントを「個人に対する英霊(へいき)」とするならば、彼らは「世界に対する英霊(へいき)」と擬えられている。
作中では通常のサーヴァントの攻撃がグランドサーヴァントに通用しない描写があるが、これは霊基の出力自体の格が異なるため。

なお「霊基の格」と「英霊の格」は別の概念である。例えばマシュの中の英霊聖杯に選ばれた者ということから、英霊としてはソロモンに引けを取らないとロマニに言われていたが、霊基出力の違いからサーヴァントとしての戦闘では惨敗している。

冠位の返上

グランドサーヴァントとしての活動自体は個々の裁量に委ねられており、時には自らの意思で資格を返上(放棄)することができる。奈須きのこ氏曰く「人類全体を救うために存在する資格であるため、誰か個人の為に力を使う場合は、その資格を捨てる必要がある」との事。
資格を捨てた場合具体的にどうなるかの説明はされておらず不明だが、第七章バビロニアを経てアサシンの座は”空席”になったとされている。

ただし実際の描写から推測すると「資格を失っても、連続して現界している間はすぐに霊基の強さが落ちるわけではなく、その位に相応しい力を支えるエネルギーが回復しなくなる」という説明が正しい模様。故に放棄後もその霊基に蓄えられた分は冠位相当の力を行使でき、使用後は通常のサーヴァントたちと同じ出力になる様だ。

冠位資格と冠位英霊

非常に勘違いされがちではあるが、冠位の資格を持つ英霊がイコール冠位英霊(冠位の霊基を持った英霊の事だと思われる)ではない。
あくまで(アサシン以外は)複数存在する資格保有者の中から「超克対象」に合わせてグランドクラスを選定しているだけで、冠位霊基を持たない冠位資格持ちの英霊は作中でも多数登場しており、冠位資格を持っていることと冠位英霊であることは作中で明確に区別されている。そして全編通してグランドの霊基を保ち続けている者は、現状一人もいない。

具体例で言えば1部7章で登場したマーリンは登場直後に「グランドキャスター」を自称するが、その後「あくまでグランドの資格があるだけで霊基は普通だからただのキャスター」と前言を翻している。

それ以外でも、1部7章ではグランドキャスターの資格保有者の例としてギルガメッシュが挙げられている一方で終章では(クラスは異なるが)自身を冠位ではないと否定している描写もある他、逆パターンだがアーケード山の翁が「冠位資格持ちどころか冠位英霊そのもの」と玉藻に驚かれている描写がある。

該当者一覧

クラス真名CV
アーチャーオリオン神奈延年
ランサーロムルス=クィリヌス置鮎龍太郎
ライダーノア花守ゆみり
アサシン初代ハサン・サッバーハ中田譲治
???(デイビットのサーヴァント)???


※デイビットのサーヴァントはダ・ヴィンチちゃんが冠位(グランド)であると断定しているが、クラスまでは特定されていない。

超人俄里翁
神祖さま(修正)
ネモお兄さん
センシティブな作品



有資格者

クラス真名CV
キャスターソロモン鈴村健一
キャスターギルガメッシュ関智一
キャスターマーリン櫻井孝宏
キャスタープロトマーリン川澄綾子


※ソロモン、ギルガメッシュ、マーリン(プロトマーリン)は冠位の資格を有する魔術師で優れた千里眼を保有する例として挙げられたが、実際にグランドの霊基で登場はしていない。
※マーリンはストーリー中にグランドキャスターを自称するが、実際の霊基は通常のキャスターであると語っている。
太公望はストーリー中に「キャスターであればグランドキャスターだった」「ノアはグラ友(グランド友達)」という旨の発言をするが、ライダーの霊基ゆえか千里眼を保有しておらず、実際のところは不明の状態である。

王と魔術式
ギルガメッシュ
マーリン
プロトマーリン



本編での描写・活躍

Garden of Avalon

マーリンの詳細な描写の初出の作品で、ここでマーリンが千里眼を保有すること、千里眼は最高位の魔術師の証であること、どれほど魔術に優れていようと千里眼を保有していなければ最高位の座に呼ばれないこと、が明かされた。
この時点ではグランドクラスの設定説明が無かったため、これらの詳細な意味は不明だった。

Fate/Grand Order

作中では、実際にグランドクラスの霊基を持って召喚されたサーヴァントと、1部7章マーリンの様にあくまで適性があると明言されただけで霊基は通常のサーヴァント、という2パターンが登場している。
なおロムルスに関しては、グランドのままでカルデアに現界出来ない=単に召喚に応じるために冠位を捨てたことが本人のマイルーム会話から判明。

第1部

第4章終盤、第1部全体の黒幕としてソロモン(?)が登場。同時に、"グランドクラス"についての詳細が明かされた。

7章では賢王ギルガメッシュが通常霊基で召喚したマーリンが登場。ロマニとの会話で、グランドキャスターの資格保有者は皆優れた千里眼の保持者であること、ソロモン、マーリン、ギルガメッシュ(※)がその資格を有していることが明かされた。
後の章アーチャークラスの本人は自身が冠位であることを否定している。

同章終盤には初代ハサン・サッバーハ"山の翁"が参戦。冠位の返上を宣言し、残った霊基を消費して冠位としての力を宿した一撃を人類悪の一つに放っている。

第2部

第4章中盤、クリプター1人デイビット・ゼム・ヴォイドの契約サーヴァントが冠位である事が言及された。
が、その詳細については現在謎に包まれている。

5章前編にはそれまでと異なる姿でオリオンが登場。
終盤にグランドアーチャーであることを明かし、世界のためではなく「恋人のため」にその力を使うことを宣言。残った霊基をもって神を撃ち落とした。

続く後編では、異聞帯の王たる主神へのカウンターとして、終盤にロムルス=クィリヌスが降臨。

6章と7章の間にあたるイベント『非霊長生存圏ツングースカ・サンクチュアリ』に登場した太公望ライダーとして召喚されているが、「キャスターで召喚されたらグランドキャスターになっていた」と自負しており、これが事実かは不明。

Fate/Grand Order Arcade

第7章に登場したサーヴァントの1人は当初、あるサーヴァント大人になった姿と思われていたが、その正体はノアであった。

終章ではビーストⅥ討伐のために別世界のマーリンが参戦、同行していたグランドアサシン"山の翁"も参戦している。
この折に"山の翁"から、別世界のマーリンは己の冠位を放棄した「元冠位」なのだと明言された。

同章の最終盤にはノアも助っ人を連れて登場している。

なお、AC版は"山の翁"が冠位資格を返上しグランドアサシンの座が空席となった後の出来事のはずだが、こちらでは再びグランドアサシンとして登場しているため、冠位資格の有無や状態については1つ1つの並行世界単位で判定されている可能性がある。(上記の別世界のマーリンもその一例かもしれない)

余談

対の存在たるビースト共々、実質的に『FGO』から本格導入された設定である為、当然ながら以降の情報も同作に依存している。

FGO関連

プレイアブル実装された冠位適性持ち達は、Buster支援要員のマーリン、Buster特化型アサシンの山の翁、自己スキルだけでBusterを桁違いの度合いで強化していく超人オリオンというように、大半がBuster特化の性能になっている。

第三異聞帯における真人の霊基をコピーした始皇帝は冠位相当の霊基と表現されているが、冠位そのものではない。『Fate/strange Fake』で示唆された汎人類史の彼に関しては不明。
このような既存サーヴァントの派生・ifの可能性や、既存であってもオリオンやロムルスのように登場後長らく経って資格持ちと明かされたパターンなど、ビースト同様、「該当者がいるのでは」という可能性だけが示唆されている。
これらはファンの間でもしばしば混同され混乱の元となっており、正当な区分や適性者候補を巡っての解釈論争も起こりやすい。トラブルを防ぐ為にも、節度を守った考察を推奨されたい。

なお人類悪が顕現しても、幼体の状態や抑止力対策などの理由で抑止力に判定されないとグランドは遣わされないことがビーストⅢの件で明らかとなっている。それは、成体に育つ事を拒んでいたが物語の最初からいた時点で明確である。
逆に幼体だとしても一定以上成長していたらグランドが遣わされる事がある。

これまで顕現したビースト達は人類愛が根底にあるからか、性別が不定も同然なビーストⅠを除けば女性が占めているが、対してこれまで確認されたグランドクラス達は男性のみとなっている。

デイビッドのグランドサーヴァントについて

FGOフェスにて、7周年を記念し、アーキタイプ:アース(アルクェイド)が実装された。
これにより、一部のファンからは、
2部7章では、アルクェイドが関わるのでは?」
という考察と同時に
「デイビッドのグランドサーヴァントは、遠野志貴、もしくは七夜志貴の疑似サーヴァントなのでは?」
という考察が浮上している(なおその際疑似の対象として「テスカトリポカ」が挙げられることが多い)。
これは本編中でのデイビッドのグランドサーヴァントの言い回しがどことなく七夜染みている(夜摩天など)ことや、アルクェイドの宝具効果に「今を生きる人類」特性対象への効果があること(つまり「FGOで遠野志貴、もしくは七夜志貴が実装されるのでは?」という推測)、そしてアーキタイプ:アース(アルクェイド)から冠位である山の翁前例扱いであることなどに起因した推察となっている。
ただしこれらはあくまで考察であり、公式設定ではない為、注意すること。
実際ファンの中には、英霊の最高峰である冠位に疑似サーヴァントとして志貴を持ってくるのは如何なものか、とこの説に反感を持つ者も一定数いるため、関係の無い場所で声高にこの説を叫ぶような真似は避けるべきである。

型月全体関連

魔術協会で最高位の位階は冠位(グランド)と呼ばれるが関係については不明。ただし、死徒二十七祖は死徒達にとっての冠位(グランド)である、と表現されることもあるように、単純に"最高位の存在"であることを示す共通ワードとして使われているだけの可能性も高い。

関連イラスト

いわゆる集合絵は現状ほとんどなく、この点もビーストたちとは対照的といえる。

冠位合集
その二騎



関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント ビースト(Fate) グラ友

もしかして → グランクラス

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グランドクラス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グランドクラス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 613743

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました