ピクシブ百科事典

グランドクラス

ぐらんどくらす

Fateシリーズに登場する、七つの人類悪を滅ぼすための英霊の頂点に立つ七騎の英霊
目次[非表示]

概要

通常のサーヴァントよりも一段階上の器を持って顕現した英霊。グランドサーヴァントとも呼称される。
人間(霊長)と、人間によって築き上げられた文明を滅亡させる大災害、七つの人類悪を滅ぼすため、天の御使いとして遣わされるその時代最高峰の七騎。英霊の頂点に立つ始まりの七つ。

人類存続を守る抑止力の召喚、霊長の世を救うための決戦魔術である降霊儀式・英霊召喚によって召喚される。ちなみにソレを人間の都合で使えるように「格落ち」させたものが、召喚システム「聖杯戦争」である。

通常のサーヴァントと桁違いの力を誇っており、通常のサーヴァントを「個人に対する英霊(へいき)」とするならば、彼らは「世界に対する英霊(へいき)」と擬えられている。
その属性の頂点に立つもの、それが冠位の器を持つサーヴァント、グランドクラスである。

同じ聖杯に選ばれた者ということから英霊同士の格の差では絶対的な差とはなりえないが、霊基の格の差は別であり、サーヴァントの霊基では一段階上の霊基を持つ者には攻撃がほぼ通らない。

このグランドサーヴァント達が討つ敵は「抑止の守護者」同様に『文明から生まれ文明を滅ぼす人類の自業自得のアポトーシス』、即ちビーストである。
該当者の一人も「グランドクラスが召喚されるのには、必ず何か理由がある」と語っており、彼らが召喚された章は物語でもかなり重要な章である事が伺えよう。


ただしグランドクラスはただ強ければなれるというものではないらしく、グランドキャスターはそれぞれ性質は違えど、万象を視通す『最高位の千里眼』を有していることが資格を得る条件となっている。
そのため他のグランドクラスにおいても、何かしらクラス特有の能力や条件が要求されるのではないかと予想されている。

加えて、グランドの資格を持つ英霊は一つのクラスにつき一騎だけとは限らず、事実グランドキャスターには複数の資格保有者が存在している。

その選定基準は二つ。能力と逸話、そのどちらも高水準の英霊が各クラスごとに頂点として複数存在し、その時代ごとの「超克対象」によって最終決定が為される。
ただしグランドアサシンのみ、“山の翁”しか適性者が存在しないと言われている。

また、神たる神霊がグランドになる事は有り得ないと明言されているが、クィリヌス神のマテリアルを見るに、半神かつ"人間"の側に立った在り方の者は、例外的に"ヒトの英霊"として扱われ資格を得る可能性がある模様。


奈須きのこ曰く「人類全体を救うために存在する資格であるため、誰か個人の為に力を使う場合は、その資格を捨てる必要がある」との事で、そうした場合、少なくとも同じ世界線では二度とグランドクラスとして権限する事は叶わない。

ただし資格を失っても、連続して現界している間はすぐに霊基の強さが落ちるわけではなく、その位に相応しい力を支えるエネルギーが回復しなくなる、といった方が正しい模様。故に放棄後もその霊基に蓄えられた分は冠位相当の力を行使でき、使用後は通常のサーヴァントたちと同じ出力になる様だ。

事実1部7章では山の翁が、2部5章前編ではオリオンが冠位の返上を宣言し、残ったその霊基を消費して冠位としての力を宿した一撃を放っている。

冠位クラスサーヴァント一覧

グランドセイバー該当者不明
グランドアーチャーオリオン
グランドランサーロムルス=クィリヌス
グランドライダー該当者不明
グランドキャスターソロモンマーリン
グランドアサシンハサン・サッバーハ
グランドバーサーカー該当者不明

ギルガメッシュロマンから冠位の資格を有する魔術師の羅列に加えられているが、本人が冠位であることを否定している。
デイビット・ゼム・ヴォイドが契約し連れているサーヴァントは冠位である事が言及されているが、その詳細については現在謎に包まれている。

余談

魔術協会で最高位の位階は冠位(グランド)と呼ばれるが関係については不明。ただし、死徒二十七祖は死徒達にとっての冠位(グランド)である、と表現されることもあるように、単純に最高位の存在であることを示す共通ワードとして使われているだけの可能性も高い。

実際にグランドクラスの霊基を持って召喚されたサーヴァントと、1部7章マーリンの様にあくまで適性があると明言されただけで霊基は通常のサーヴァント、という2パターンが登場しており、全編通してグランドの霊基を保ち続けている者は現状一人もいない。

また、始皇帝のように"冠位レベルの高さ”の霊基の持ち主(霊基が冠位相当というだけで冠位と言われたわけではない)や、オリオンやロムルスのように登場後長らく経って資格持ちである事が明かされた者もおり、対となるビースト同様、既存サーヴァントの中にも「該当者がいるのでは」という可能性"だけ"が示唆されている。

これらはファンの間でもしばしば混同され混乱の元となっており、正当な区分や適性者候補を巡っての解釈論争も起こりやすい。トラブルを防ぐ為にも、節度を守った考察を推奨されたい。

なお人類悪が顕現しても、幼体の状態では抑止力にそうだと判定されず、完全体となるまでグランドは遣わされないことがビーストⅢの件で明らかとなっている。それは、成体に育つ事を拒んでいたが物語の最初からいた時点で明確である。

プレイアブル実装されたグランドクラス達はBuster特化の構成になっている。Buster支援要員のマーリン、Buster特化型アサシンの山の翁、自己スキルだけでBusterを桁違いの度合いで強化していく超人オリオンというようにBuster特化型になっている。

関連イラスト

真名ソロモンマーリンハサン・サッバーハ
CV鈴村健一櫻井孝宏中田譲治
イラスト
怠惰の王と矛盾の人
マーリン
センシティブな作品
真名オリオンロムルス=クィリヌス
CV神奈延年置鮎龍太郎
イラスト
超人オリオン
クィリヌスさん


関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント ビースト(Fate)

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドクラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401293

コメント