ピクシブ百科事典

グランドクラス

ぐらんどくらす

Fateシリーズに登場する、人類悪を滅ぼすための人類至高の7人の英霊
目次[非表示]

概要

Fate/GrandOrderに使用される英霊召喚術式のオリジナル。

既存の聖杯戦争で召喚されるサーヴァントの召喚システムは、古来より存在した人為的に「抑止の守護者」を召喚・使役する「決戦魔術・英霊召喚」を聖杯戦争に利用しやすいように格落ちさせたものに過ぎない。

本来の「決戦魔術・英霊召喚」で召喚されるサーヴァントの霊基は「冠位(グランド)」の名を冠し、人類最高峰の7名が召喚される。
「グランド」としての器で召喚された場合、既存のサーヴァントよりも権限が一段階上となり、より英霊に近い力を行使できる。
一段階と言われるが、それでも力の格差は決定的で、通常の聖杯戦争では格下とされるアサシンクラスであっても各聖杯戦争で最強を誇っていたサーヴァント達を瞬殺できるほどの絶大な力を有している。

このグランドクラスのサーヴァント達が討つただ一つの敵は「抑止の守護者」同様に『文明から生まれ文明を滅ぼす人類の自業自得のアポトーシス』即ちビーストである。
想定されるビーストのうち、並行世界では死徒二十七祖の第1位で人類及び霊長類に対する絶対殺害権を有する「プライミッツ・マーダー」と呼ばれている存在もビーストに含まれる。

グランドクラスの資格者はただ強ければいいというわけではなく、各クラスごとに特定の能力を要求される。グランドキャスターの場合、万象を視通す千里眼を有していること。
通常のサーヴァントを「個人に対する英霊」とするならば、彼らは「世界に対する英霊」である。
死者であるサーヴァントを召喚するには「今の時代」に生きる人間(マスター)が必要という問題点があるが、彼らは英霊でありながら生者であるため、マスターが存在しなくとも単独で行動が可能となっている。

また、冠位クラスのサーヴァントの資格者達は各クラスの頂点に位置しているが、現時点での該当者3名ともそのクラスの王道を極めているというよりも別の方向にぶっとんでる連中で占められている。
呪文はかむから殴る方が早い」、「心配性が災いしてたまにミスをする」、「暗殺者を暗殺する、という破綻した役割に大義を与えるため、隠し武器・暗器ではなく、正面から戦う大剣を武器に選ぶ

冠位クラスサーヴァント一覧

グランドセイバー該当者不明
グランドアーチャー該当者不明
グランドランサー該当者不明
グランドライダー該当者不明
グランドキャスターソロモンマーリン
グランドアサシンハサン・サッバーハ
グランドバーサーカー該当者不明

また、グランドキャスターに複数名該当していることから顕現するビーストによって召喚されるグランドサーヴァントも変化するようである。また、「7人の守護者」であるセブンス・ガーディアンとの関係性は不明。

クラス該当者予想

人類悪を滅ぼすに足る、「世界に対する英霊」を紹介してください。
なお、ここに新しく英霊を記載する場合は本当にその英霊がグランドに値するほどの実力や伝説を持っているかをじっくり吟味してほしい。公式においてグランドはビーストに対抗するための英霊とされており、ただ単に高い実力を持った英霊ではグランドの座は務まらない。したがって、ここに新しく追加する英霊は、ビーストに通用しうる何かをもっていなければならない。

グランドセイバー候補

アルトリア・ペンドラゴン:言わずと知れたFateシリーズの顔。グランドセイバー候補の一強。作中でも一、二を争う性能を誇る彼女だが、原典の彼女(というか彼)は破格の武具の量を誇り、更にそれぞれが一級の性能を持つというトンデモなオーバースペックを持つ。更に言えば、彼女はマテリアルにおいて『いつか蘇る王』と紹介されているため、フル装備の状態で再起する可能性は高い。

シグルド:グランドセイバー候補。ジークフリートの別側面と言われる人物。存在自体は原作やフラグメンツで示唆されており、実装される可能性は高い。Fateの設定ではアーサーの『エクスカリバー』が聖剣の頂点なら彼の手繰る『グラム』は魔剣の頂点とされており、対となる存在としての呼び声が高い。

グランドアーチャー候補

羿中国神話において、世界を虐げていた十の太陽の内九つを沈めた、超越的な弓術を持つ大英雄。その弓の腕前は、この世に並ぶものなしとされた。

アーラシュ:中東における『アーチャー』の語源にして、己が命と引き換えに数十年に渡る二国の戦争をたった一人で終わらせた、今も中東の人々に愛され続け、唯我独尊を体現する太陽王にすら尊敬される大いなる男。己の消滅を代償として放つ宝具はもはや弓矢の範疇を超えた射程と、大地をも分かつ破壊力を併せ持つ。

グランドランサー候補

聖ロンギヌス:神の子を天に召し上げた聖遺物としての槍を持ちかつ聖人として名を刻むもっとも有名な槍使い。ただ、神の子の聖遺物が登場してしまうと聖杯戦争の意義が薄れる可能性があるが、グランドクラスが召喚される事態になってる状況で聖杯戦争をしている余裕はないと思われるので適格だと思われる。


グランドライダー候補

チンギス・ハン:幼名テムジン。偉大なるモンゴル帝国の礎を築いた建国者にして、世界史上類を見ない広大な国家を造り上げた大英雄。その功績は破格のもので、西方にはロシア、東方には元(現在の中国)に跨るほどの、つまりはユーラシア大陸のほぼ総ての国土を征服した。その総面積は、かの名高き征服王が統治した面積のおよそ倍である。他にも有名な逸話としてチンギスは史実においても有数の強靭な騎馬隊を有し、その武力を以て世界中を駆け巡ったとされる。

ノア:旧約聖書における『創世記』にて神が起こした大洪水から家族と全ての動物のつがいを救い、神と共に歩んだ「正しい人」。ノアの方舟という世界的に有名な逸話を持つ船をたった一人で造り、それに乗ることで人類滅亡の危機を脱した偉大な人物。神話で最も有名な船を造ったことからグランドライダーの適性を持つとされる。

グランドキャスター候補

ハワード・フィリップス・ラヴクラフトクトゥルフ神話の原型を書き記した作家。現実世界ではクトゥルフ神話は創作であるが、すでにクトゥルフ神話に関連する宝具が存在する以上、Fateシリーズの世界線では実在すると考えられるため、クトゥルフ神話の設定を考慮すると、ラヴクラフトは「人理が成立する以前の星の記録を見た人物」つまり「遥かな過去を見る千里眼」を持つと言える。戦闘力に関しては、前著した宝具原典の写本の写本でありながら宝具として成立し、ランクもA+という破格のスペックを誇る以上、原典を宝具として行使できるとすれば、十分な力を持つと言えるだろう。

グランドバーサーカー候補

ベルセルク北欧神話に登場する異能の戦士のことで、英語ではバーサーカーとなる(ベルセルクはノルウェー語)。語源つながりで初代暗殺者がグランドクラスで呼ばれたことからグランドバーサーカーとして呼ばれる可能性が高い。原典において、ベルセルクは獣に変化する権能を保有していた。このことから、ビーストに対して獣として何か通じるものがあるかもしれない。また、いかなる攻撃も通さぬ身体を持ち、強靭な身体能力を誇るので、グランドの中では唯一ビーストに筋力のみで対抗しうる英霊となるだろう。

候補とされていた人物

ローラン:聖剣『デュランダル』の使い手であることからグランドセイバーの候補とされていた人物。しかし、部下の幕間の物語にて姿を見せており現在は候補から外れている。

関連イラスト

真名ソロモンマーリンハサン・サッバーハ
CV鈴村健一櫻井孝宏中田譲治
イラスト
怠惰の王と矛盾の人
マーリン
キングハサン


関連タグ

Fateシリーズ サーヴァント ビースト(Fate)

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドクラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25607

コメント