ピクシブ百科事典

Cosmos_in_the_Lostbelt

こすもすいんざろすとべると

スマートフォンアプリゲーム『Fate/Grand Order』の第2部のタイトル。
目次[非表示]

人理焼却に続く “前人未到の聖杯探索” 開幕
それは、多くの未来に打ち克つ物語

プロローグストーリー

序/2017年12月26日
人理継続保障機関フィニス・カルデアは、魔術協会国際連合から派遣された審問官の尋問による査問会の手の内にあった。職員たちは手狭な反省室などに押し込められ、一人ひとりに長時間にわたる尋問が執行された。

序/2017年12月31日
査問会による尋問と審議が終了。深刻な凍結状態にあったレイシフトAチームは、技術部主任兼所長代理であるレオナルド・ダ・ヴィンチのサポートによって円滑に解凍手術が進行し、一年以上の期間を経てようやく蘇生される目途が立つ。
これが終了し、新所長ゴルドルフ・ムジークに全権の委任が終了次第、カルデアは旧体制をことごとく排して一新され、新たな体制下で管理運用される。

————はずだった。

異変は突然に訪れた。解凍されたコフィンを開けてみると全部空っぽになっており、中に居るべきレイシフトAチームはそこに誰ひとり存在しなかった。
その発覚と同時にカルデアは、新所長を利用していたNFFサービスの女秘書聖堂教会の神父の手引きと思われる兵隊と謎のサーヴァントによる襲撃に見舞われ、瞬く間に制圧されていく。

窮地の中、人理修復を達成した若きマスターそのパートナーの少女は、伏兵として秘匿された名探偵の助力で、僅かばかりのスタッフと共にコンテナに偽装した「虚数潜航艇シャドウ・ボーダー」によって脱出に成功する。

その直後、シャドウ・ボーダーに1つの強制通信が舞い込んでくる。
それはレイシフトAチームのリーダーだったキリシュタリア・ヴォーダイムからの勝利宣言と、「汎人類史」への叛逆を告げる宣戦布告であった。彼らは自らを『クリプター』と名乗り、これまでの人類史の終焉をカルデアの一同に突き付ける。

新たなる敵、汎人類史から消された「異聞帯(ロストベルト)」の使者『クリプター』——。
寄る辺はなく、行く手を見通す手立てもなく、すべてが謎と不確定なまま始まる新たな戦い——。

人類未踏の冒険(オーダー)が、ここに幕を開ける。



————空想の根は落ちた。創造の樹は地上に満ちた。
宇宙(そら)からの星光(しんごう)は途絶え、地表は漂白され、
地球(このほし)はあらゆる関連から孤立した。
人理修復の大業は見るも無残に棄却され、2017年より先の文明の灯は一つ残らず吹き消された。

我々の人理は、未来は————「敗北」した。
歴史を見据える眼は既に無い、人を守護する英霊はもういない。
すべては次元の淵に沈み、進退も贖罪も赦されず消滅するのみ。

だが、それを否定するなら、浅ましくも運命に抗い「生きたい」と願うのなら。
旅立て、そして戦え。「まだ終わらない」と、「本当の闘いはこれからだ」と叫び続けろ。

最期の希望は虚空の中に————

概要

Fate/GrandOrder第2部の総称。
冥界のメリークリスマス」を終えた直後の2017年12月26日及び12月31日にプロローグが配信。人理修復を成し遂げたカルデアの壊滅という、衝撃の展開をもって開始された。
その後、2018年4月の第1章『永久凍土帝国アナスタシア』配信と共に本格始動している。

これまでと異なるのは、敵マスターであるクリプターの存在だろう。
ストーリー上でも大きな意味があるのはもちろん、戦闘においてもマスタースキルや令呪による援護が入る。

プレイ条件は「メインクエスト第1部終局特異点をクリアする」。要するに、突入だけなら第1部の全ての章をクリアするだけでいい。

エピソード一覧


敵であるクリプター達は神代の復興を掲げている発言があることからか、No.1とNo.6、年号が不明のNo.4を除いた全ての分岐基点が神代の紀元前に置かれている。
なお、第1部及び1.5部では第七特異点を除き全ての舞台が西暦元年以降だった。

用語一覧

いずれも、詳しくは該当記事を参照。

  • クリプター
    • 元々はカルデア魔術協会が英霊召喚の行使を認めていた唯一の特選チームだった。
    • 本ストーリーでは敵対するマスターという立場で登場する。
  • 異聞帯(ロストベルト)
    • 漂白された地球へ突如現れた「ありえたかもしれない人類史」。
  • 空想樹(くうそうじゅ)
    • 異聞帯の中核を担う、謎の超巨大な樹木状の物体。
  • 虚数潜航艇シャドウ・ボーダー
    • カルデアからの脱出に使用した大型車両。「虚数観測機・ペーパームーン」を使用した虚数潜航(ゼロセイル)が可能であり、異聞帯へ侵入する数少ない手段となっている。
  • ノウム・カルデア

関連動画





余談

主人公たちは第1部より余裕のない環境での長旅を強いられる事になり、多くのサーヴァントが滞在する事も設定上不可能になったうえ、第1〜3章においてはシナリオも合間の空白期間が存在しないシームレスな構成になっていた。

その為2018年においては、サブイベントのほぼ全てが、本編の流れを無視してカルデア健在である1.5部の状態が続いたもの、もしくは2部開始以前に発生した特異点の記録を追体験する形式になっていた。
つまり「第2部が始まった場合」と「第2部が始まっていない場合」という2つの軸になっていたのである。

しかし、2019年正月からは新拠点ノウム・カルデアにおいてレイシフト実験が行われたことで、第2部の時系列でのサブイベントが開催されるようになっている。


また、開始当初は2部解禁条件に関与しない1.5部「Epic of Remnant」のクリアもストーリーを楽しむ上で推奨されてきた。実際物語では地続きであり、カルデアに新メンバーが加わることになる「悪性隔絶魔境新宿」・明確な戦乱の予兆である「屍山血河舞台下総国」を突破すれば、世界観をより深く味わえることは間違いない。

しかし2018年半ばからは、サブイベントの参加条件に2部のシナリオクリアが指定されたものが徐々に登場し、今後も最新のシナリオクリアが前提となるイベントが多数出ると運営から発表されている。
これはイベントにおいても2部初出のキャラクターが登場する為であろう。したがって1部をクリアした後は、イベント参戦のために1.5部よりも2部を優先させたほうがよい。

奈須きのこ氏のインタビューによると、FGOはこの2部で完結を迎える事を予定しており、もし続きを作っても蛇足的な内容になってしまうとの事。
ただし、それに代わる「新たな何か」の構想は練っているとも語られている。

関連タグ

Fate/GrandOrder
四面楚歌  パラレルワールド 未知との遭遇 侵略 弱肉強食 人類滅亡 歴史


前後のストーリー

BackNow
Epic_of_RemnantCosmos in the Lostbelt


外部リンク

pixivisionによるファンアート特集(2018.12.8投稿)

pixivに投稿された作品 pixivで「Cosmos_in_the_Lostbelt」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1558438

コメント