2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

生命に競争があるように、歴史にも勝敗がある。

“現在”とは正しい選択、正しい繁栄による勝者の歴史。

これを汎人類史と呼び。

過った選択、過った繁栄による敗者の歴史。

“不要なもの”として中断され、並行世界論にすら

切り捨てられた“行き止まりの人類史”——


これを、異聞帯【ロストベルト】と呼ぶ。



人理焼却に続く “前人未到の聖杯探索” 開幕

それは、多くの未来に打ち克つ物語

概要

Fate/Grand Order』のメインクエスト第2部の総称。
冥界のメリークリスマス」を終えた直後の2017年12月26日及び12月31日にプロローグが配信。その後、2018年4月から本格始動している。

プレイ条件は「メインクエスト第1部終局特異点のクリア」、すなわち第1部のクリアとなっている。
第1.5部はクリアしていなくてもよい。

エピソード一覧

No.タイトル副題備考
プロローグ
Lostbelt No.1永久凍土帝国 アナスタシア獣国の皇女
Lostbelt No.2無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング消えぬ炎の快男児
Lostbelt No.3人智統合真国 シン紅の月下美人
3.5章徳川廻天迷宮 大奥
Lostbelt No.4創世滅亡輪廻 ユガ・クシェートラ黒き最後の神
4.5章虚数大海戦 イマジナリ・スクランブルノーチラス浮上せよ
Lostbelt No.5 神を撃ち落とす日
5.5章地獄界曼荼羅 平安京轟雷一閃
Lostbelt No.6妖精円卓領域 アヴァロン・ル・フェ星の生まれる刻
断章非霊長生存圏 ツングースカ・サンクチュアリ
6.5章死想顕現界域 トラオム或る幻想の生と死
Lostbelt No.7黄金樹海紀行 ナウイ・ミクトラン(未解禁)


期間限定イベントとして開催された章(※印)と序章を除いて、クリア報酬として☆4の概念礼装がもらえる。2枚目以降はストーリー召喚にて獲得可能。
また6章のみ、それに加えて☆4サーヴァントがもらえる。こちらはフレンドポイント召喚に追加される。

用語一覧

いずれも、詳しくは該当記事を参照。

  • クリプター
    • 元々はカルデア魔術協会が英霊召喚の行使を認めていた唯一の特選チームだった。
    • 本ストーリーでは敵対するマスターという立場で登場する。
  • 異聞帯(ロストベルト / いぶんたい)
    • 漂白された地球へ突如現れた「ありえたかもしれない人類史」。
  • 空想樹(くうそうじゅ)
    • 異聞帯の中核を担う、謎の超巨大な樹木状の物体。
  • 虚数潜航艇シャドウ・ボーダー
    • カルデアからの脱出に使用した大型車両。
    • 「虚数観測機・ペーパームーン」を使用した虚数潜航(ゼロセイル)が可能であり、異聞帯へ侵入する数少ない手段となっている。
  • ノウム・カルデア
    • 彷徨海にて建造した新たな拠点。
    • 内装はかつてのカルデアに近づけたものになっている。

ゲーム上のあれこれ

1部からの変更点
最も大きな点は敵マスターであるクリプターの存在だろう。
ストーリー上でも大きな意味があるのはもちろん、戦闘においてもマスタースキルや令呪による援護が入る。

BGMも1部→1.5部の時以上に一新されており、従来「聞きなれたメロディ」が使われていた穏やかな日常などの場面で「ありふれたメロディー」が使われ、同じく「エマージェンシー」が使われていた敵襲などの場面で「アージェンシー」が使われるなど、細部の場面にも新曲があてがわれるようになっている。

1.5部との繋がり
前述の通り1.5部はクリアしていなくてもプレイできるが、ストーリーを十全に楽しみたいのであれば、特にカルデアに新メンバーが加わることになる「悪性隔絶魔境新宿」と2部でも活躍するキャラが初登場し明確に前兆といえる「屍山血河舞台下総国」はクリアが推奨される。
しかし攻略上では、ジレンマを抱えている。
2018年半ばからは、イベントの参加条件に2部のシナリオクリアが指定されたものが徐々に登場し、また今後も多数出ると運営から発表されている。これは2部初出のキャラクターをイベントにおいても登場させる為と思われる。
したがって1部をクリアした後は、イベント参戦のためには1.5部よりも2部を優先させたほうがよい。

イベントとの兼ね合い
主人公たちは第1部から基盤としてきた環境を全て失い、孤立無援の戦いへと放り出されてしまう事に。
結果、それを前提としていた設定の自由度は無いも同然となり、第1〜3章においてはシナリオも合間の空白期間が存在しないシームレスな構成になっていた。

その為2018年以降のイベントにおいては、本編の流れを無視した時系列のものとなったり、本編でかつてとほぼ同じ環境を再建するといった措置が取られる様になった。

2部の時系列でイベントが開催されるようになってからも、一部のイベントなら2部未到達者も含めて参加可能だが、2部未到達者に対してはイベントシナリオが1部ないし1.5部の時系列という扱いになっており、シナリオ内にて2部に関する情報があった場合は専用の差分に差し替えられる形で一切伏せられる。
これはBGMに至るまで徹底しており、2部のBGMに対応する場面は1部のBGMに差し替えられるなどの処置が取られている。

その他

敵であるクリプター達は神代の復興を掲げている発言があることからか、No.1とNo.6、年号が不明のNo.4を除いた全ての分岐基点が神代の紀元前に置かれている。
なお、第1部及び1.5部では第七特異点を除き全ての舞台が西暦元年以降だった。

2部は前半戦であるクリプター編の終わりとなる5章をもって大きな転換点となった。
そして後半戦となる以降のストーリーを迎えるにあたり、2部後半仕様の新たな主題歌も用意され、以降は3.5章のように各章の合間に本編軸に関わるストーリーが挟まる構成となる。

またカノウヨシキ氏のインタビューによると、他のパターンでも本編に関係するエピソードが描かれる可能性があるとのこと。
加えて、この時点で歴史上の有名どころは既に使い切っているらしく、今後は偏った舞台や知名度の低いマイナー英霊も多数出てくると言及されている。

奈須きのこ氏のインタビューによると、第2部が終わった後の展開を2つほど考えている。

  • 第2部のストーリーから続いた内容にするAパターン
  • 第2部で完全にカルデアの話は終わらせて異なるストーリーを始めるBパターン
どちらかにするかは現在決めかねているとのこと。

第一部と第二部のシナリオの違いとしては、第一部が「人類史の成果の物語」なら第二部は「個人の責任の物語」と語られている。

関連動画

前半のOPは「新たな戦い」、後半のOPは「物語の終わり」を示唆する内容となっている。




関連タグ

Fate/GrandOrder
四面楚歌  パラレルワールド 未知との遭遇 侵略 弱肉強食 人類滅亡 歴史 運命の奴隷
血を吐きながら続ける悲しいマラソン
正義はあっても正解というものは無いのだ

鋼の大地プリズマ☆イリヤ ドライ!!……同じく「星そのものに人類の未来を否定され、その淘汰が開始された」絶望の世界線を描いている。
テイルズオブエクシリア2……同じく正史となる世界を守るために、分岐した世界を命ごと潰す葛藤を描いている。

前後のストーリー

BackNow
Epic of RemnantCosmos in the Lostbelt


外部リンク

pixivisionによるファンアート特集(2018.12.8投稿)

関連記事

親記事

特異点(Fate) ふぇいとのとくいてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Cosmos_in_the_Lostbelt」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Cosmos_in_the_Lostbelt」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5820702

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました