ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「命じるわ――貴女は私の奴隷(サーヴァント)になりなさい」


概要編集

正式タイトルは『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』。作者はひろやまひろし

角川書店の漫画雑誌『コンプエース』にて連載。一旦終了した後、続編となる第2部『ツヴァイ!』が展開。さらに第3部『ドライ!!』へと続いている。


単行本は1部が全2巻(アニメ化に伴って出された新装版も全2巻)、『ツヴァイ!』が全5巻、『ドライ!!』は既刊13巻。

略称は「プリヤ」。とある型月公認漫画の影響で、最近では「プリズマ先輩」と呼ばれることも。


Fate/staynight』本編とよく似通っている並行世界を舞台に、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンを主人公にした魔法少女漫画。並行世界であるため『stay night』の世界では本来死亡していた人物がこちらの世界では生きていたり、本来なら登場しないオリジナルキャラクターが登場していたりする。


魔法少女モノでありながらバトルシーンの熱さ(+百合描写)に定評がある。

Fateシリーズの名を借りた魔法少女モノ・・・に見せかけて、やっぱりFate。『ツヴァイ!』までは日常コメディも交えた明るい雰囲気だったが、『ドライ!!』以降は一気に暗転。終わりの見えない絶望的な状況で、世界の存亡や仲間の命を懸けた戦いなど、シリアスな場面が多くなっている。

なおTVアニメにおいて、魔法少女モノ最大の見せ場である変身シーンは大抵余計な実況やガヤが入る。


ちなみにTYPE-MOONの世界観では「魔術」と「魔法」は明確に区別されているが、本作は「第二魔法を用いた魔術礼装での転身および魔力の行使」であるため、正しい意味での「魔法少女」だったりする。


なお、タイトル名の『kaleid liner』とはカレイドステッキを使って変身した魔法少女の事。


あらすじ編集

冬木市に住む、ちょっと夢見がちな普通の小学生イリヤスフィール・フォン・アインツベルン。彼女は、手伝い兼姉貴分のセラ・リズや義兄の士郎と共に平穏に暮らしていた。

だが、ある日やたらハイテンションな魔法の杖「カレイドステッキ」と出会ったことで、無理やり魔法少女になる契約をさせられてしまう。そして、その持ち主であった凛に命じられ、英霊と呼ばれる者の力が宿った7枚のカード「クラスカード」回収の役目を引き継ぎ、カードの化身である「黒化英霊」達と戦う事になったのでした・・・。


登場人物編集

主要人物編集

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(CV:門脇舞以)
センシティブな作品
主人公。ルビーに見初められ、詐欺同然の強引な手段で魔法少女となる。
美遊・エーデルフェルト(CV:名塚佳織)
美遊
サファイアと契約したもう一人の魔法少女。高スペックな完璧超人だが、感情表現に乏しくリアリスト。
クロエ・フォン・アインツベルン(CV:斎藤千和)
センシティブな作品
第2部のキーパーソン。通称「クロ」。イリヤから突然分離し誕生した、もうひとりのイリヤ。

遠坂凛(CV:植田佳奈)ルヴィア(CV:伊藤静)
遠坂凛センシティブな作品
冬木のセカンドオーナー。前任者その1美遊を保護する。前任者その2

カレイドステッキ編集

マジカルルビー(CV:高野直子)マジカルサファイア(CV:松来未祐かかずゆみ※)
ルビーちゃんサファイアちゃん
愉快型魔術礼装、ステッキに宿る人工天然精霊でとてもうさんくさい。ルビーの妹の人工天然精霊で姉とは真逆でとても真面目でクール。

※『ドライ!!』から変更。


冬木の一般人編集

衛宮家編集

衛宮士郎(CV:杉山紀彰)アイリスフィール(CV:大原さやか)衛宮切嗣(CV:小山力也)
お手伝い妖精Happy Birthday*2011,11,11
イリヤの義兄。一般人。イリヤの実母。普段はいないが…イリヤの実父。なぜか顔が映らない
セラ(CV:七緒はるひ)リーゼリット(CV:宮川美保)
セラセンシティブな作品
メイド①。家事担当メイド②。普段はだらけてる

穂村原学園編集

嶽間沢龍子(CV:加藤英美里)森山那奈亀(CV:伊瀬茉莉也)栗原雀花(CV:伊藤かな恵)
センシティブな作品ミリしらなわたしが描いてみた①センシティブな作品
イリヤ達の級友、おバカキャライリヤ達の級友。天才肌イリヤ達の級友。腐女子。
桂美々(CV:佐藤聡美)藤村大河(CV:伊藤美紀)栗原火雀(CV:日笠陽子)
無題TaigaC91申込サークルカット
イリヤ達の級友。常識人だったイリヤ達のクラスの担任。雀花の姉。妹よりレベルが上の貴腐人。
森山奈菜巳(CV:高橋美佳子)柳洞一成(CV:真殿光昭)間桐桜(CV:下屋則子)
無題一成桜
那奈亀の姉。士郎に想いを寄せている。士郎の友人。生徒会長。士郎の弓道部後輩。地道にアプローチをしかける。

劇中劇のキャラクター編集


聖杯戦争関係者編集

バゼット(CV:生天目仁美)華憐先生(CV:小清水亜美)ギル君(CV:遠藤綾)
バゼット [Bazett]カレンさん
凛やルヴィアの前任者。武闘派。学校の養護教諭。その正体は…?カードから分離し受肉した少年。

魔術協会編集

エルメロイⅡ世(CV:浪川大輔)キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ
ロード・エルメロイII世【Fate】 ゼルレッチ関係+αログ
時計塔の名物講師ステッキの作成者である魔法使い

平行世界の住人編集

エインズワース家編集

美遊のいた世界の魔術師の一族。

冬木市にできた一キロ四方のクレーターの真ん中に工房を構えている。1000年の歴史を持ちながら、基礎の置換魔術しか修めていないため、贋作屋(カウンターフェイター)と呼ばれ蔑まれているが、工房の中では空間を置き換えるなど魔術師としての常識すら覆す規模を誇る。

聖杯を欲しており、世界中の礼装や魔具などを集めては聖杯宝具への置換と失敗を繰り返してきた。本物の聖杯である「美遊」を手に入れたのち、クラスカードを作って聖杯戦争を起こした。

ドールズといわれる兵隊を使役している。


ベアトリス(CV:釘宮理恵)アンジェリカ(CV:白石涼子)
いえッスあいどゥー!センシティブな作品
『雷神トール』のカードを使う。『ギルガメッシュ』のカードを使う。
エリカ・エインズワース(CV:諸星すみれ)ダリウス・エインズワース(CV:小西克幸)
ラフ無題
ダリウスを父と呼ぶ少女平行世界で美遊を攫い監禁している男
ジュリアン・エインズワース(CV:花江夏樹)???(CV:???)
ジュリアン・エインズワースサクランスロット
エインズワース家の嫡男。美遊の兄とは高校の級友であったが…。鎧姿の女性。正気を失っている。

関係者編集

田中さん(CV:福圓美里)言峰綺礼(CV:中田譲治)美遊の兄(CV:???)
打倒エインズワース!!やるですよ──!!ラーメン屋言峰さんのお盆ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン
記憶喪失の少女。不可思議な力を持つ謎のラーメン屋店主。美遊を逃した後捕まり、幽閉されている。

過去編の登場人物編集

衛宮士郎(CV:杉山紀彰)朔月美遊(cv:名塚佳織)衛宮切嗣(CV:小山力也)
細氷を砕く神稚児Nothing seek,nothing find.
「正義の味方」を志す少年。 「神稚児」の少女。恒久的世界平和を目指す男性。
一義樹里庵間桐桜(CV:下屋則子)間桐慎二(CV:神谷浩史)
ジュリアン桜センシティブな作品
士郎の友人の生徒会長。士郎のたった一人の後輩。桜の兄。様子がおかしい。

用語編集

クラスカード編集

英霊と呼ばれる者の力が宿ったカード。サーヴァント同様7つのクラスに分かれ、1枚につき1人の英霊に対応している。見た目は普通のカードだが、高度な魔術理論で構成されており、魔術協会でも詳細な分析は出来なかった。その正体は、エインズワース家が置換魔術の秘奥で作り出した「人に英霊の力を置き換えさせる」魔術礼装である。


黒化英霊編集

プリヤ黒化英霊

「クラスカード」が元の英霊に近い姿を取ったもの。能力はサーヴァントとして召喚された本編より劣化しているものの、相対的には十分な脅威を持っている。イリヤ達が暮らしている世界の影にある世界「鏡面世界」に潜んでおり、クラスカード回収に来た者たちを迎撃する。

その姿・能力は第五次聖杯戦争に登場したサーヴァント達がベースになっているが、諸事情によりアサシンのみ第四次のものがベース。Fate本編にて黒化姿が登場した英霊は原作通りのデザインだが、その他の黒化英霊はアーチャー(黒化)ランサー(黒化)のように、プリズマ☆イリヤオリジナルのデザインで描かれる。


限定展開(インクルード)編集

クラスカードを使い、対応した英霊の武具を召喚する。例えば、ランサーならば「ゲイボルク」、セイバーならば「約束された勝利の剣」を呼び出せる。


夢幻召喚(インストール)編集

クラスカードの力をその身に宿し、英霊化する技。詳しくは当該項目を参照。


備考編集

Fate/Zero』において、もし切嗣聖杯戦争から妻と子供をつれて逃げ出していたらこのルートに派生する……と、説明されることもあるが、これの元ネタはTMエースのインタビューでZeroの原作者虚淵玄の発言であり、プリズマ☆イリヤの原作者(ひろやまひろし)によるものではない。

そのため、実際のところは


  • イリヤが正真正銘の10歳
  • アインツベルンが千年前から他家との関わりを絶っており、一般の魔術師にはほとんど名前が知られていない(表向きにはドイツの古い貴族となっており、十年前に切嗣が滅ぼしている)
  • ホムンクルスの設定が存在せず、ZEROでは聖杯の器としての度重なる調整のせいで寿命あと僅かだったアイリがプリズマ☆イリヤでは健在。
  • 凛・ルヴィアが冬木の聖杯戦争のことを知らない

といった相違点があるので、少なくともZeroの時代よりずっと前の段階で分岐した平行世界と考えたほうがいい。

さらに『ドライ!!』以降の作風は全体的に『staynight』(特にHeaven's Feel)のアンチテーゼのような感じであり、本家を知ってるユーザーからは思わずニヤリとする演出も盛り込まれていたりする。


また、「本作での設定は本編に還元されない」と作者も明言しているので、シリーズ他作品と設定を混同して言い争いにならないよう注意してほしい。

(後にFGOにて「時計塔に所属していない古い家系が置換魔術の研究をしているらしい」というプリヤをオマージュしたと思しき設定が語られているが、明確なアナウンスがない限りはファンサービス程度として扱うのが望ましい)


メディアミックス編集

TVアニメ編集

2012年3月にコンプエース誌上においてアニメ化企画が進行中であると発表された。

製作は『バカとテストと召喚獣』シリーズを担当したSILVERLINK.

……というかそのバカテスの原作者である井上堅二がシリーズ構成として参加している。

なお、原作では『ツヴァイ!』に移行した際に魔法少女の衣装がリニューアルされたが、アニメ版では始めからリニューアル後のデザインで統一されている。

Blu-ray&DVDには毎巻約5分のショートアニメが収録されているのだが……だいたい公式が病気な内容となっている。


1期

2013年7~9月に放送。全10話+OVA1話。

OVAは『ドライ!!』4巻の限定版特典のBDとして付き、2016年発売のBlu-ray BOXにも付いている。内容は基本的に1期の部分だが、一部『ツヴァイ!』から先取りされたシーンもある。

原作と比べると、シリアスとギャグをキッチリと分けている傾向がある。

また、一部のBGMは原作ゲーム『stay night』のアレンジバージョンを使用するなど、過去作を意識した部分も多い。


ツヴァイ!

1期最終話の最後にアニメ化決定が報じられたアニメ第2期。

2014年7~9月に放送。全10話+OVA1話(OVAは『ドライ!!』6巻の限定版特典のBD)。原作『ツヴァイ!』3巻(バゼット戦)までの部分を描いている。

基本的な作風は1期から継続しているが、クロのキスシーンを始め百合描写にかなり力が入っていて、原作には無いオリジナルの追加シーンまである。


ツヴァイ ヘルツ!

『ツヴァイ!』最終話の最後にて製作決定が報じられたアニメ第3期。

ヘルツ<Herz>はドイツ語心臓ハートという意味。

2015年7月~9月に放送。全10話。内容は原作『ツヴァイ!』4~5巻+αを描いていて、前半はギャグ中心の日常パートだが、後半はシリアスなバトルへと変化し、それに合わせてエンディングも変わる。また、夏休みに入るのに合わせて始まり、コミケ前にそれっぽいイベントが描かれ、夏休みが終わる頃にシリアス編へと移行するといったように現実と合わせた放送日程になっている。

マジカルサファイアを演じた松来未祐さんは第8話まで収録に参加したが、体調悪化に伴い第9話以降は脚本を変更し、ライブラリー参加に変更されたとのことである。

なお、原作では直後に『ドライ!!』へと移行する展開だったが、アニメでは一旦大団円で終わらせている。


ドライ!!

『ツヴァイ ヘルツ!』最終話の最後で製作決定が報じられたアニメ第4期。

2016年7月6日~9月に放送。全12話で、『ドライ!!』第6巻までの内容を描いている。アクションが非常に多い作品なので、今までの雰囲気を残しつつも、制作陣を新しく変更するとのこと。

前期『ツヴァイ ヘルツ!』の続きから始まるため、序盤は若干展開が異なる。


劇場版編集

雪下の誓い

『ドライ!!』最終話の最後で製作決定が報じられた。2017年8月26日より公開。

正式タイトルは『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』

過去編に当たる『ドライ!!』第7~8巻の内容が描かれる。

詳細は当該記事雪下の誓いを参照。


プリズマ☆ファンタズム

2019年6月14日より公開された劇場公開型OVA。

『ドライ!!』から続いていたシリアス路線を外れ、新規のギャグエピソードが展開される。


Licht名前の無い少女

2020年5月21日に公式サイトにて報じられ、12月18日にタイトルが『劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女』に決定した。2021年8月27日より公開。

『雪下の誓い』から続く、『ドライ!!』後半戦の前編(原作『ドライ!!』第9~11巻)の物語が描かれる。

また、詳細は不明だが、続編の制作も決定している。


関連イラスト編集

プリヤI Believe

センシティブな作品プリズマ☆イリヤ


関連動画編集

ニコニコ版はこちらから





外部リンク編集


関連項目編集

Fateシリーズ Fate/staynight

魔法少女 スピンオフ コンプエース ひろやまひろし


Fate/GrandOrder』で行われた本作とのコラボイベント。

イリヤクロが参戦し、美遊も復刻版で追加参戦した。

ある意味で先輩作品。公式でコラボしたこともある。

ある意味同期に当たる美少女バトルアニメ『戦姫絶唱シンフォギアシリーズ』のアプリゲーム『戦姫絶唱シンフォギアXD』と『Licht名前の無い少女』のコラボイベント。


本編からの『スピンオフ魔法少女もの』・『舞台が小学校』繋がり。、砂沙美☆魔法少女クラブはFate/StayNightアニメと同年にアニメが放送された。

また、イリヤ役の門脇舞以は、砂沙美☆魔法少女クラブの衣斗紀役を演じている。


usersタグ

プリズマ☆イリヤ100users入り プリズマ☆イリヤ500users入り

プリズマ☆イリヤ1000users入り プリズマ☆イリヤ5000users入り

関連記事

親記事

Fateシリーズ ふぇいとしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 358128349

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました