ピクシブ百科事典

キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ

きしゅあぜるれっちしゅばいんおーぐ

キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグとは死徒二十七祖第四位にして第二魔法「並行世界の運営」の使い手。
目次[非表示]

いつか気がつく。君の人生は、目が覚めているだけで楽しいのだ

概要

CV:西前忠久(Fate/stay night [Realta Nua])

月姫シリーズ」および多くのTYPE-MOON作品に登場する魔法使いの死徒。
またの名を「魔道元帥」、「宝石翁」、「万華鏡(カレイドスコープ)」。
死徒二十七祖第四位にして第二魔法「並行世界の運営」の使い手。とんでも魔法使い。悪に義憤し善を笑う人物。空条承太郎に例えられたこともある。
気に入らないから」という理由で「月世界の王」こと朱い月に喧嘩を売る。で、そのまま倒してしまった物凄い人。しかし、朱い月に噛まれたことで自身も死徒となってしまう。
以降は老け込んで全盛期ほどの力はない。しかし各地に突然現れては問題を起こして立ち去るという行為は今も続けている。戯れに弟子も取るが、彼の弟子となった人物はみな破滅する。

朱い月との戦いでは、本物の月と同質量の虚像の月を作ってぶつけようとした朱い月に対し、平行世界から集めた魔力による無尽エーテル砲を用いて対抗したとのこと。
朱い月の遺児状態であったアルクェイド・ブリュンスタッドの後見人になる。ほかに、冬木の聖杯戦争の大聖杯降臨儀式にも関わる。
スノーフィールドで行われる偽りの聖杯戦争ではコーバック・アルカトラスと共に観測し乱入者を選定する。

西暦600年以前の死徒で27祖の中でもリィゾ、トラフィムやヴァン・フェムに並ぶ古参。
時計塔の鉱石科はキシュアという名であるが彼がどの辺まで関わってるかは不明。

第二魔法

並行世界の運営。
数限りなく存在する並行世界(パラレルワールド)を行き来するというもの。ただし、並行世界の「移動」ではなく「運営」であるため、応用も含めて並行世界に関係するあらゆる事象を引き起こせると思われる。ゼルレッチが観測した平行世界は事実となる。
礼装「宝石剣ゼルレッチ」により、平行世界から無限の魔力を集めて使ったり、「カレイドステッキ」により平行世界にいる同一人物の可能性が持つ能力をインストールさせるなど様々なことが可能。
時間旅行、記録の改竄、事象の改変などもこの魔法に含まれる模様で、世界を横(平行世界)だけでなく、縦(時間軸)でも操れる。
多重次元屈折現象(キシュア・ゼルレッチ)と呼ばれる「現象を複数の平行世界からひとつの世界に取り出す」第二魔法の領域に届いたもある。

並行世界

いわゆる「別の可能性を描いた世界」。
世界はひとつではなく合わせ鏡のように無数に展開しており、だからこそ未来は一つきりではない。
つまり、あり得たかもしれない結末、切り捨ててしまった関係、気づく事さえなかった選択、といったイフ変動する未来のある世界
また、TYPE-MOONにおける並行世界の運営概念として編纂事象と剪定事象というものがある。
並行世界は「多少の差異はあっても未来は同じになる大幹の並行世界群」である編纂事象と、「完全に別世界になり、いずれ滅びる枝葉の並行世界」である剪定事象に振り分けられるというもの。
善し悪しに分けると、善い流れとは「安定した、今後もより多くの派生を生む可能性に満ちた流れ」、悪い流れは「先鋭しすぎたため、もう道を変えられない一本道の流れ」のこと。
現在にいる個人の行いによって世界は変動するが、それは可能性が生きている事や、今ある世界が“正しい軸”にある事を示している。
逆に言うと、もう何を選ぼうが未来が変わらなくなった世界は、並行世界は存在せず、過去に逆行する事さえできなくなった孤独な単一の世界となる。
ただし勘違いしやすいが、剪定事象となることと世界が滅びることに相関があるわけではない。剪定事象の中には編纂事象にあるどんな世界よりも先に進み、希望と幸福に満ちた理想世界もあったが、「それだけでもう完成し、終わるもの」である為、その条件が確定した段階で「剪定」されてしまう。誰も知りえない未来のために宇宙が膨張する以上、分かりきった結末のためにエネルギーを使うことはない。
また、TYPE-MOONでは「異世界」と「並行世界」は別の概念とのこと。

各作品での役回り

月姫シリーズ

アルクェイドの後見人。後見人。天敵ながらお互いに好意的。

Fate/stay nightFate/hollow ataraxia

遠坂凛ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトにとっての大師父。もっとも実際は、200年前の先祖に宿代を借りた礼として、軽い術理の手ほどきを為して「魔法剣ゼルレッチ」の設計図を課題として気まぐれに与えた程度。

Fate/strangeFake

コーバックと共にオブザーバーとして参加。「偽りの聖杯戦争」をよりよい到達点に導く為に、観測(介入)を行う。

まほうつかいの箱

アーネンエルベケータイさんなどのとんでもアイテムの制作者。

プリズマ☆イリヤ

上記した「stay night」での役回りに加えて、クラスカードの事件に関する責任者、及びカレイドステッキマジカルルビーマジカルサファイア)の製作者として登場。直属の弟子に迎える条件としてクラスカードの回収を凛とルヴィアに命じ、カレイドステッキを貸与した上で日本へ派遣した。
番外編ではロード・エルメロイⅡ世を部下のように扱っている。そのためかアニメ版では凛やルヴィアへの指示もロード・エルメロイⅡ世に代行させており、ゼルレッチ本人は姿のみの登場となっている。

Fate/GrandOrder

彼自身はストーリー上は未登場だが概念礼装に彼が描かれた『カレイドスコープ』と彼の生み出した魔術礼装『宝石剣ゼルレッチ』のカードがある。
「平行世界から無限の魔力供給を受けられる」という設定からか、どちらもNPの補填に特化した能力を持っている。

関連タグ

TYPE-MOON 死徒二十七祖 アルクェイド・ブリュンスタッド 朱い月
マジカルルビー マジカルサファイア

蒼崎青子 … 同じく魔法使い。型月世界におけるバイパス役、そして傍迷惑なトラブルメイカーという類似点をもつ。

pixivに投稿された作品 pixivで「キシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194545

コメント