ピクシブ百科事典

異聞帯

ろすとべると

『Fate/Grand Order』の第2部「Cosmos in the Lostbelt」の主な舞台。
目次[非表示]

概要

第2部「Cosmos in the Lostbelt」の開始に伴い、人理焼却を乗り越え未来を取り戻したはずの人類史(汎人類史)は、突如地上諸共白紙化され、約3ヶ月という短期間に滅亡してしまった。

そしてそれと入れ替わる様にして、『何かしらの巨大な災害を契機に、全く別の歴史を歩んだ世界』が地球上の各所へと出現した。
それが「異聞帯(ロストベルト)」であり、第2部開始時点では合計7箇所となっている。

これまでに紡がれてきた人類史を「汎人類史」と呼び、その過程で切り捨てられ、また並行世界としてさえ分枝を許されず足切りされた「有り得ざる歴史の断片」。
汎人類史に組織された歴史を「勝者」とするなら、異聞帯は汎人類史に編纂されなかった「敗者」ともいわれる。

世界観について

数多くの並行世界がある中で、次々と増えていく並行世界全てを存在させるエネルギーはTYPE-MOON世界の宇宙には存在しない。地球レベルの文明では、それが100年を超えると太陽系は破裂してしまうとされている。

そこで同世界観では100年単位で一度編纂し、「少なくともあと100年は続けられる」と判断した善い流れの世界だけを選び「編纂事象」として存続させ、悪い流れの世界を「剪定事象」として未来を閉ざし切り捨てるシステムの存在が『Fate/EXTELLA』にて明かされている。

宇宙にとって善い流れの世界とは、今後も様々な派生を生む可能性に満ちた、正解と失敗のバランスが取れた安定した流れの世界のこと。
逆に悪い流れの世界とは、過剰な滅び・過剰な進化によって他の世界よりも先鋭化し過ぎて、何を選んでもこれ以上変化することがない、結末が決まった世界のこと。

編纂事象の世界群は多少の差異はあれど進む未来の方向は基本的に同じなのだが、その中で稀に天変地異や致命的な選択によって、他の世界群からブレイクスルーする世界がある。そうなれば、やがて並行世界すら存在しない孤独な単一世界になり、いずれは切り捨てられる運命にある。

剪定事象に選ばれる世界の多くは滅びの結末を迎えたものだが、逆に正解を選び続けることでどの編纂事象よりも繁栄し、幸福に満たされた理想の世界もあった。
しかしどちらにしても、宇宙にとっては完結した物語に過ぎず、何をしても結末の一本化が確定した世界は、そこに住む人々にとっての良し悪し関係なく、“これ以上続いても意味が無い世界”として剪定の対象となる。
まだ見ぬ未来のために宇宙が存在する以上、未知の可能性が失われた世界に対してはエネルギーを費やさないのである。

異聞帯の世界とは、剪定事象に区分されるはずだった歴史が、その時代に剪定されずに現在まで続いてしまったという、いわば「ありえたかもしれないが全く別の人類史」であり、特異点に似た一種の異世界となっている。

ただ、特異点との明確な違いとして挙げられるのが、特異点が「歴史の分岐点」であるなら、異聞帯とは「すでに特異点をとっくに通り過ぎており、いわば特異点がそのまま続いた状態の現代」であること。既に歴史が続いている為「点」ではないし、テクスチャの上書きを行うため「帯」なのである。

なお、本来剪定されるはずだった時期の違いは、異聞帯の強さには全く結びつかない。その強さや危険度は、汎人類史との違いの大きさに応じたものになり、強いほど汎人類史を否定する人理となりうる。これを「異聞深度」といい、特異点で言うところの「人理定礎値」のようにランク付けされている。

大まかな特徴

各異聞帯にはそれぞれ担当するクリプターとそれに仕えるサーヴァント、そしてその異聞帯を元々統治していた「王」が存在している。
キリシュタリア曰く、最終的に異聞帯を発展させるのは、異聞帯の王ではなくクリプターの役割であるとのこと。

それぞれの異聞帯には空想樹と呼ばれる巨大な柱状の構造物が存在しており、これが中核を成している。この影響で、各異聞帯の周囲には「嵐の壁」が常時発生しており、外とのつながりが断絶されている。
「嵐の壁」は、オーロラを伴っている影響であらゆる電磁波が遮断され、嵐そのものも「鉄を捻り切り、都市を破壊し、生命を根絶させる、核爆弾に匹敵する規模のエネルギーを持つ雷雲」となっているため、通常の方法での侵入・脱出は不可能。

その性質上、シャドウボーダーが虚数潜行からここへ浮上するということは、汎人類史を取り戻すための敵地潜入に成功することではあるが、浮上に伴い車体が損傷することは珍しくなく、修理までの間は未知の世界へ孤立無援状態で閉じ込められたに等しい状況となる。

そして、空想樹が破壊された場合、異聞帯は中核を失うことになり、「嵐の壁」は消滅、異聞帯そのものもほどなく消滅へと至る。


一方、クリプター側としては、異星の神よりもたらされた空想樹を定着・成長させることによって、汎人類史を押し潰し、異星の神を受け入れる法則を自分の担当エリアに築き上げることを目的とする。


いずれの世界も汎人類史と全く異なった価値観に基づいた文化・文明を営んでいるばかりか、人間としてのありかたさえ根本的に違うことが共通しており、これは特異点との大きな相違である。
クリプター達の発言によると、基本的に発展は汎人類史よりも遅れているとのこと。
カルデア襲撃の際に異聞帯から来た存在は、南極の極寒や汎人類史の英霊を「生温い」と称しており、したがって我々の知る従来の歴史とは比べものにならない極限の環境変化や、争いの激化に苛まれてしまった世界もある。

異聞帯は基本としては2つのパターンに分かれる。

  1. 衰退あるいは過酷すぎる環境によって、全ての打開策を失って剪定事象となった世界。「変革」や「進歩」をもたらす偉人英雄という存在が絶えていることを前提とする世界なので、このパターンの異聞帯を出身とする英霊は存在しない。
  2. 理想的な環境が完成したため、発展が飽和状態になり剪定事象となった世界。こちらでは異聞帯への分岐時期以降の歴史に生まれた英雄は存在している。
それらの影響からか、汎人類史に属する従来の英霊たちは、異聞帯の中では生前の記憶すら曖昧になった状態で召喚されてしまうケースが確認された。

しかし、作中の歴史や伝承上の存在の中には「本来迎えるべき終わりを迎えず、従来の歴史よりも強大な存在へと変貌した」ものが幾つも登場しており、そんな者達が本来刻まれぬはずの"英霊の座"を通してサーヴァント化したものが、いわゆる「異聞帯の英霊」とされている。

異聞帯一覧

各章の登場人物や詳細は、それぞれの記事を参照とする。

Lostbelt No.1 永久凍土帝国アナスタシア(獣国の皇女)

異聞深度:D
人類の殆どが死亡した大寒波が現在も続き、生きる為に獣人「ヤガ」へと改造された上に恐怖政治にまで支配され、もはや生きている事が辛いだけロシア

永久凍土帝国


叛骨の魔術師 獣国の皇女 目覚めを待つ暴君
✴︎
獣国の皇女
イヴァン雷帝

Lostbelt No.2 無間氷焔世紀ゲッテルデメルング(消えぬ炎の快男児)

異聞深度:B
ラグナロクの終わり方に異常が生じて大地が命を育めなくなり、人々が短命で弱いまま死ぬ以外の選択肢を奪われどうあがいても強くなることが許されなくなった北欧

(ネタバレ注意!)ー今の俺は、お前の騎士だー


現代の戦乙女 終末の騎士 氷雪の女王
オフェリアちゃん
その瞳で私を見ないで
【rkgk】新キャスター
消えぬ炎の快男児
ナポレオン

Lostbelt No.3 人智統合真国シン(紅の月下美人)

異聞深度:E
世界統一を成し得、全ての民は戦や病気という概念さえ消えうせ平穏に暮らしているが、見方を変えれば不老不死となった帝の完全支配により民が人ではなく家畜のように生きる中国

項羽 虞美人


人を拒絶する女 仮面の美青年 支配欲の権化
ヒ
仮面セイバーのおに…おね…お…にー?さん????
始皇帝
紅の月下美人
美人


Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ(黒き最後の神)

異聞深度:A
膨張と収束を繰り返す神話の世界となったインド

偽名のフリーランス
  • CV:
アーチャー?
  • CV:
異聞帯の王
  • CV:
【FGO/B】ツイッターまとめ98
無題
無題
黒き最後の神
  • CV:
無題


Lostbelt No.5 星間都市山脈 ■■■■■■(神を撃ち落とす日)

異聞深度:A+
1万2千年以上の歴史が刻まれたともみられ、磐石の異聞帯にして汎人類史より栄えている大西洋の中心に位置する海洋巨大都市のギリシャ

Bane of the Gods


最強の求道者
  • CV:
神霊3騎神々の頂点
  • CV:
キリシュタリア
(下記参照)
無題
神霊と謳う槍兵 予知を行う神霊
  • CV:
詳細不明の神霊
  • CV:
神霊だぁ!
無題
無題


Lostbelt No.6 ■■円卓領域 ■■■■■・■・■■(星の生まれる刻)

異聞深度:EX
現地の野蛮人と外界から来た殺人鬼の戦闘が日常となり、杜撰な管理で存続そのものが危ぶまれるイギリス

恐れられし殺人鬼
  • CV:
クラス不明の英霊
  • CV:
異聞帯の王
  • CV:
ベリル・ガット
無題
無題


Lostbelt No.7 ■■樹海■■ ■■■・■■■■■ (■■■■■■■■)

異聞深度:A++
遺跡は点在するが文明が死に絶え、人類史かどうか疑わしいような原始的な状況の南アメリカ

デイビット


異常者とされた天才
  • CV:
バーサーカー?
  • CV:
異聞帯の王
  • CV:
FGO詰め
無題
無題

濾過異聞史現象

読みは「ろかいぶんしげんしょう」。
汎人類史と異聞帯が衝突することで発生する、事象転換作用。
汎人類史が何かしらの作用で喪失された場合、有力な異聞帯が汎人類史の欠落を穴埋めし、新たな汎人類史として反映される。

言うなれば“歴史の「接ぎ木」”。本来あった汎人類史という樹の幹を切り倒し、そこに異聞帯という挿し木を植え付けて、新たな人類史という樹として成り代わる現象、とも言い得る。

クリプターたちはこの現象を利用し、互いが担当する異聞帯をぶつけ合わせ、最終的に生き残った異聞帯を汎人類史となるよう競い合っている。
まるで聖杯戦争のように————。

ちなみにLostbelt No.2におけるコヤンスカヤ曰く「異聞帯だっていつかは破綻する。すべては「異星の神」が降臨するまでの暇つぶし」とのこと。つまり、場合によっては勝者が地球外の侵略者以外に存在しない可能性も否定できない。

地球の白紙化現象

宇宙(そら)からの侵略者により、地球が漂白されたかのように白紙化した現象。
地表からはあらゆる建築物や動植物はおろか、砂漠や海すらも消失し、ただ白い地平線だけが広がる世界と化した。生命の痕跡は一切なく、生き物の死骸といった死の跡すら存在せず、細菌類さえ存在しない。唯一、大気だけは以前のままのようだ。
また、昼夜という概念が失われており、地球全土が太陽光が降り注ぎ続ける昼の状態となっている。

2017年の12月31日に宇宙からの侵略者により白紙化が急速に広がったようで、地上から観測した様子では最初に世界中の人工衛星がロストしたのち、宇宙線の観測が不可能になると同時に、灰色の空模様に上空が変化したという(空想樹の枝が空を覆ったものである)。

そして12時間後、上空から伸びてきた無数の「樹」(空想樹の枝)によって、生命体だけが徹底的に狙われ虐殺されていった。その攻撃は執拗かつ的確で、地上を這い回り、その枝を伸ばして人間の心臓を一突きして殺害し、犠牲者は苦悶と共に塵となって消滅したとの事。

地球全土を覆い尽くすほどの規模を持ちながらも、大規模破壊兵器のようないっぺんに多くを殺害する方法ではなく「1人1人を丁寧に」殺したその方法は、わずかに残った生存者を震え上がらせ、人類を愛したが故に焼却した獣とは真逆と言えるものでもあった。

こうして3ヶ月後に最後まで抵抗していた合衆国が消滅したことで地上の人類はほぼ殺し尽くされ、虐殺が終わると「樹」は元通り上空へと消え、そして地上が漂白された模様。

現在地表には僅かながらに白紙化されきれずに残った建築物(残留物)や、地下にいたことで難を逃れた僅かな生き残りがいるようだが、食料すら補充ができない状況下のため、ただ消滅を待つだけの状況になっている。
(だが、不可解な物もあり、マシュ達が手に入れた生存者の手記らしきものを一見したシオンは、手記がインクで書かれていたのではなく、『紙のような物に熱を当てて焼き付けた』物であることに疑問を浮かべていた)

宇宙線の類も途絶え、事実上地球は宇宙から切り離された「一人ぼっちの星」となり、その影響か本来地球にいてはならない外来種が迷いこむ事例も確認された。

デイヴィット・ブルーブックなる者による「この白紙化された地球上で“なぜ”宇宙(そら)からの侵略が起こったのか」「侵略の予兆はなかったのか、あるいは知っててわざと看過したのではないか」を調べている様子を記録したボイスレコーダーが、第1章・第3章の冒頭にて登場する。

また白紙化現象の侵攻中に虚数空間に潜っていたカルデアの生き残りや、テクスチャによって異世界化した本拠地にいる彷徨海も白紙化現象から逃れている。また、米軍基地であったエリア51だけは白紙化されていないらしい。

失われた歴史

読みは「ミッシング・ベルト」。下総国の世界である亜種並行世界の正体。異星の神がその異なる“目”で観測した世界。
現時点では異聞帯よりも詳細こそははっきりしていないが、読み方からすると存在の区分がかなり近い世界の模様。

この世界では前提条件こそ違うが、汎人類史において廃城となっている土気城が第二の江戸と呼ばれる規模に拡大している等、異聞帯ほど人類の在り様が変貌し、可能性を閉ざされる程の変化が起こっていない。

舞台であった年である寛永十五年(A.D.1639)から、汎人類史における土気城が廃城になるかならないかを分岐基点として計算をすると、廃城となるはずの天正十八年(A.D.1590)からは約50年程度が経過している。

ここで事件を起こした真の黒幕であるアルターエゴはこの世界を介して濾過異聞史現象を起こそうとしていたが、傀儡にしていた妖術師が抑止力によって遣わされた千子村正に討たれたことでとん挫している。
村正という妖術師に対して一番有効な存在が遣わされていた事から、一応通常の抑止力が働いてる模様。

関連タグ

Fate/EXTRA_Last_Encore……物語がバッドエンドを迎え、1000年の永き時を無意味な停滞と人類の否定のみに費やす様になった世界線。ムーンセル内でのそれら事実をリセットしなければ、確実に「剪定事象」となっていた事が名言されている。

プリズマ☆イリヤ ドライ!!……同じく、可能性を閉ざされ「剪定事象」になってしまう恐れがある世界線。現在進行中である、主人公達の戦いの結果でそれが決まる可能性が高い。

ガンスリンガーストラトス……自分たちの世界を守るため、接触した相手の世界を消し去るという展開が描かれている。
ワールドエンド……「世界が滅亡した後の話」「大きな分岐」「タイムパラドックス」という点が類似

テンプレ用
Lostbelt No. サブタイトル
異聞帯の発生理由と現状

クリプター
  • CV:
クリプターのサーヴァント
  • CV:
異聞帯の王
  • CV:
pixivimage::s]pixivimage::s]pixivimage::s]
サブタイトルのサーヴァント
  • CV:
pixivimage::s]

pixivに投稿された作品 pixivで「異聞帯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9096

コメント