ピクシブ百科事典

異聞帯

ろすとべるとまたはいぶんたい

『Fate/Grand Order』の第2部「Cosmos in the Lostbelt」の主な舞台。
目次[非表示]

概要

第2部「Cosmos in the Lostbelt」の開始に伴い、人理焼却を乗り越え未来を取り戻したはずの人類史(汎人類史)は、突如地上諸共白紙化され、約3ヶ月という短期間に滅亡してしまった。

そしてそれと入れ替わる様にして、『何かしらの巨大な事件などを契機に、全く別の歴史を歩んだ世界』が地球上の各所へと出現した。
それが「異聞帯(ロストベルト)」であり、合計7箇所発生している。

これまでに紡がれてきた人類史を「汎人類史」と呼び、その過程で切り捨てられ、また並行世界としてさえ分枝を許されず足切りされた「有り得ざる歴史の断片」。
汎人類史に組織された歴史を「勝者」とするなら、異聞帯は汎人類史に編纂されなかった「敗者」ともいわれる。

世界観について

数多くの並行世界がある中で、次々と増えていく並行世界全てを存在させるエネルギーはTYPE-MOON世界の宇宙には存在しない。地球レベルの文明では、それが100年を超えると太陽系は破裂してしまうとされている。

そこで同世界観では100年単位で一度編纂し、「少なくともあと100年は続けられる」と判断した善い流れの世界だけを選び「編纂事象(正史)」として存続させ、悪い流れの世界を「剪定事象」として未来を閉ざし切り捨てるシステムの存在が『Fate/EXTELLA』にて明かされている。

宇宙にとって善い流れの世界とは、今後も様々な派生を生む可能性に満ちた、正解と失敗のバランスが取れた安定した流れの世界のこと。
逆に悪い流れの世界とは、過剰な滅び・過剰な進化によって他の世界よりも先鋭化し過ぎて、何を選んでもこれ以上変化することがない、結末が決まった世界のこと。

編纂事象の世界群は多少の差異はあれど進む未来の方向は基本的に同じなのだが、その中で稀に天変地異や致命的な選択によって、他の世界群からブレイクスルーする世界がある。そうなれば、やがて並行世界すら存在しない孤独な単一世界になり、いずれは切り捨てられる運命にある。

剪定事象に選ばれる世界の多くは滅びの結末を迎えたものだが、逆に正解を選び続けることでどの編纂事象よりも繁栄し、幸福に満たされた理想の世界もあった。
しかしどちらにしても、宇宙にとっては完結した物語に過ぎず、何をしても結末の一本化が確定した世界は、そこに住む人々にとっての良し悪し関係なく、“これ以上続いても意味が無い世界”として剪定の対象となる。
まだ見ぬ未来のために宇宙が存在する以上、未知の可能性が失われた世界に対してはエネルギーを費やさないのである。

異聞帯の世界とは、剪定事象に区分されるはずだった歴史が、その時代に剪定されずに現在まで続いてしまったという、いわば「ありえたかもしれないが全く別の人類史」であり、特異点に似た一種の異世界となっている。

ただ、特異点との明確な違いとして挙げられるのが、特異点が「歴史の分岐点」であるなら、異聞帯とは「すでに特異点をとっくに通り過ぎており、いわば特異点がそのまま続いた状態の現代」であること。既に歴史が続いている為「点」ではないし、テクスチャの上書きを行うため「帯」なのである。

なお、本来剪定されるはずだった時期の違いは、異聞帯の強さには全く結びつかない。その強さや危険度は、汎人類史との違いの大きさに応じたものになり、強いほど汎人類史を否定する人理となりうる。これを「異聞深度」といい、特異点で言うところの「人理定礎値」のようにランク付けされている。

なおファンにとって勘違いされやすいがあくまで重要なのは将来の発展の可能性(どれだけ分岐出来るか)であって
編纂事象に比べての世界の発展や衰退度そのものが剪定の対象になりうるというわけではない
『Fate/EXTELLA』シリーズは他の作品シリーズに比べ電脳世界の技術の進歩が著しく、その代わり地球上の資源の枯渇は他の平行世界よりも激しいが、この世界そのものは編纂事象と明言されている。

また編纂事象自体も無限に近いほど無数に存在しそれぞれ等しく等価値であるという点も忘れてはいけない。
『Fate/EXTELLA』と『Fate/Grand Order』の両シリーズはともに別世界ながら編纂事象であると語られているが互いの世界に上下の差が存在するとは言われてはいない。
要するに一つだけの正史というものは存在しないと思ってもらっても構わない。

この用語の読み方は冒頭で説明されている通りだが、2部序章でのコヤンスカヤが言うように漢字そのままの「いぶんたい」読みも一部で使われている。


大まかな特徴

各異聞帯にはそれぞれ担当するクリプターとそれに仕えるサーヴァント、そしてその異聞帯を元々統治していた「王」が存在している。
キリシュタリア曰く、最終的に異聞帯を発展させるのは、異聞帯の王ではなくクリプターの役割であるとのこと。そうして汎人類史を押し潰し、異星の神を受け入れる法則を自分の担当エリアに築き上げることを目的とする。

それぞれの異聞帯には空想樹と呼ばれる巨大な柱状の構造物が存在しており、これが中核を成している。この影響で、各異聞帯の周囲には「嵐の壁」が常時発生しており、外とのつながりが断絶されている。
「嵐の壁」は、オーロラを伴っている影響であらゆる電磁波が遮断され、嵐そのものも「鉄を捻り切り、都市を破壊し、生命を根絶させる、核爆弾に匹敵する規模のエネルギーを持つ雷雲」となっているため、通常の方法での侵入・脱出は不可能。

その性質上、シャドウボーダーが虚数潜行からここへ浮上するということは、汎人類史を取り戻すための敵地潜入に成功することではあるが、浮上に伴い車体が損傷することは珍しくなく、修理までの間は未知の世界へ孤立無援状態で閉じ込められたに等しい状況となる。のちにシャドウボーダーが「何もかも変わる」レベルでの強化を果たすその時まで、嵐の壁は通行できない領域としてカルデア陣営の容易な進軍を阻むこととなる。

空想樹が破壊された場合、異聞帯は中核を失うことになり、「嵐の壁」は消滅、異聞帯そのものもほどなく消滅へと至る。
ただし、イギリスに発生した異聞帯については、「光の壁」に覆われているという特殊な状況下にある。

消滅において異聞帯の外と内では時間の流れる早さが違う事があるようで、外からの観測と実際の異聞帯内部での消滅にタイムラグが生じる場合がある。
例として中国に発生した異聞帯の場合、カルデアによる外からの観測では“程なくして”消滅したが、内部から見ると完全に消滅するまでに約三か月間かかっていた(異聞帯の王の体感時間による計測/当該異聞帯の王の幕間にて)。
具体的には、徐々に山々や森林地帯が虚無に飲まれていき、人の住む村は一夜にして虚無に飲まれ、他の村の住人は“最初からいなかった”かのごとく記憶していないという過程を経て、消滅に至ったとのこと。なお、他の異聞帯でも消滅時に同様のタイムラグが発生するのかは不明。

いずれの世界も汎人類史と全く異なった価値観に基づいた文化・文明を営んでいるばかりか、人間としてのありかたさえ根本的に違うことが共通しており、これは特異点との大きな相違である。クリプター達の発言によると、基本的に発展自体は汎人類史よりも遅れているとのこと。

カルデア襲撃の際に異聞帯から来た存在は、南極の極寒や汎人類史の英霊を「生温い」と称しており、その際のコヤンスカヤの補足も合わせると、汎人類史と比べて極限の環境変化や、争いの激化に苛まれた世界が存在する事が読み取れる。実際いくつかの異聞帯はコヤンスカヤの言う「人生ハードモード」の言葉が当てはまる。



異聞帯は基本としては2つのパターンに分かれる。

  1. 衰退あるいは過酷すぎる環境によって、全ての打開策を失って剪定事象となった世界。「変革」や「進歩」をもたらす偉人英雄という存在が絶えていることを前提とする世界なので、このパターンの異聞帯を出身とする英霊は存在しない。
  2. 理想的な環境が完成したため、変化の必要性が無くなったことで剪定事象となった世界。こちらでは異聞帯への分岐時期以降の歴史に生まれた英雄は存在している。
それらの影響からか、汎人類史に属する従来の英霊たちは、異聞帯の中では生前の記憶すら曖昧になった状態で召喚されてしまうケースが確認された。

しかし、作中の歴史や伝承上の存在の中には「本来迎えるべき終わりを迎えず、従来の歴史よりも強大な存在へと変貌した」ものが幾つも登場しており、そんな者達が本来刻まれぬはずの"英霊の座"を通してサーヴァント化したものが、いわゆる「異聞帯の英霊」とされている。

異聞帯のサーヴァントと汎人類史のサーヴァントの同一人物同士が鉢合わせ、片方がもう片方を取り込んだ場合、片方が有していなかった要素の宝具や記録を(完全ではないにせよ)取り込むことができる。

不可解な事に剪定された事で『空白』になっている筈の歴史を異聞帯の住人が何の疑問もなく認識していたり、突如嵐の壁が現れた事を疑問に思うなどの矛盾や認識の齟齬が発生しており、オフェリア・ファムルソローネ曰く、空想樹の中で実際にその空白の歴史が運営された事になっている為ではないかと言う仮説を提唱している。

なお、イヴァン雷帝が自分の異聞帯をビーストⅠの原罪でもある憐憫を失った世界と称していた事から、ビーストの原罪と何らかの関わりがあると思われるが、詳細は不明。

この他、第2異聞帯から第7異聞帯は神代(紀元前)から分岐した世界であるのに対して、どういうわけか第1異聞帯のみ神代が完全に終わった時代(西暦)からの分岐となっている。(ブリテンはアーサー王の時代まで神代であった為、前者に含めるものとする。)

ネタとしての異聞帯

昭和95年と呼ばれるように、令和時代にそぐわない流行が起きることを総称して「異聞帯」と呼ぶことがある。
尤も、『Fate/Grand Order』作中では改元が起きる前に白紙化が発生してしまっているため「令和」は存在しないのだが…

異聞帯一覧

特異点同様に「漢字6文字」で始まる名称だが、末尾に使われている単語に地名が使われるケースは少な目になった。
各章の登場人物や詳細は、それぞれの記事を参照とする。

Lostbelt No.1 永久凍土帝国アナスタシア(獣国の皇女)

異聞深度:D
マイナス100度前後の永久凍土と化し、獣人「ヤガ」へと改造されて生き延びた民衆も、恐怖政治の元苦難と困難しかない人生を余儀なくされるロシア

永久凍土帝国


役職クリプターサーヴァント異聞帯の王
名称カドック・ゼムルプス 獣国の皇女 目覚めを待つ暴君
CV赤羽根健治原由実黒田崇矢
✴︎
獣国の皇女
イヴァン雷帝

Lostbelt No.2 無間氷焔世紀ゲッテルデメルング(消えぬ炎の快男児)

異聞深度:B+
ラグナロクの終わり方に異常が生じて大地が命を育めなくなった結果、善悪問わず異端な力の持ち主が生まれる土壌ひいては強くなる可能性の一切が断たれ、人が生死含め管理される北欧

(ネタバレ注意!)ー今の俺は、お前の騎士だー


役職クリプターサーヴァント異聞帯の王
名称オフェリア・ファムルソローネ終末の騎士氷雪の女王
CV種﨑敦美津田健次郎能登麻美子
オフェリアちゃん
その瞳で私を見ないで
スカサハ=スカディ
役職???
名称 消えぬ炎の快男児
CV日野聡
ナポレオン

Lostbelt No.3 人智統合真国シン(紅の月下美人)

異聞深度:E
世界統一を成し得、全ての民は戦や病気という概念さえ消えうせ平穏に暮らしているが、見方を変えれば不老不死となった帝の完全支配により、民が知恵をつけ生き方を選ぶことを禁じられた中国

金色地平線


役職クリプターサーヴァント異聞帯の王
名称芥ヒナコ仮面の美青年真人皇帝
CV伊瀬茉莉也森なな子福山潤
ヒ
仮面セイバーのおに…おね…お…にー?さん????
+
役職???
名称 紅の月下美人
CV???
センシティブな作品


Lostbelt No.4 創世滅亡輪廻ユガ・クシェートラ(黒き最後の神)

異聞深度:A
汎人類史残存数値:C
世界が10日の周期で頻繁に創世と滅亡を繰り返し、それを行う絶対神ひとりの裁量で万物の存在が剥奪され続けるインド

神と神


役職クリプターサーヴァント異聞帯の王
名称スカンジナビア・ペペロンチーノ怒りの大戦士 黒き最後の神
CV河西健吾鈴木達央島﨑信長
【FGO/B】ツイッターまとめ98
アシュヴァッターマン
異聞帯のバーサーカー


Lostbelt No.5 神代巨神海洋アトランティス星間都市山脈オリュンポス(神を撃ち落とす日)

異聞深度:A+
失うはずだった力を維持し続けた神々の支配により、中枢はあらゆる意味での理想郷となったが、その全てを神に依存しきっている大西洋内のギリシャ

Bane of the Gods


役職クリプターサーヴァント異聞帯の王
名称キリシュタリア・ヴォーダイム神霊と謳う槍兵神々の頂点
CV斉藤壮馬小松未可子木下浩之
キリシュタリア
センシティブな作品
神王宙斯
役職???
名称 神を撃ち落とす者
CV神奈延年
月と狩人


Lostbelt No.6 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ(星の生まれる刻)

異聞深度:EX
全土が地域によってルールさえ違う世界の果ての妖精郷と化し、人間を支配した妖精達により社会が営まれているブリテン

役職クリプター異聞帯の王???
名称ベリル・ガット魔導の妖精女王予言の子
CV石谷春貴石川由依川澄綾子
ベリル・ガット
摩根+?+
アルトリアキャスター


Lostbelt No.7 ■■樹海■■■■■・■■■■■(■■■■■■■■)

異聞深度:A++
遺跡は点在するが文明が死に絶え、巨獣達が闊歩する黄金の樹海と、広大な地下冥界を擁する南米

デイビット


役職クリプターサーヴァント異聞帯の王
名称デイビット・ゼム・ヴォイドグランドサーヴァント???
元伝承科の天才魔術師
無題
無題

濾過異聞史現象

読みは「ろかいぶんしげんしょう」。
汎人類史と異聞帯が衝突することで発生する、事象転換作用。
汎人類史が何かしらの作用で喪失された場合、有力な異聞帯が汎人類史の欠落を穴埋めし、新たな汎人類史として反映される。

言うなれば“歴史の「接ぎ木」”。本来あった汎人類史という樹の幹を切り倒し、そこに異聞帯という挿し木を植え付けて、新たな人類史という樹として成り代わる現象、とも言い得る。
クリプターたちはこの現象を利用し、聖杯戦争のように互いが担当する異聞帯をぶつけ合わせ、最終的に生き残った異聞帯を汎人類史となるよう競い合うつもりだった。

ちなみにコヤンスカヤはLostbelt No.2にて「異聞帯だっていつかは破綻する。すべては「異星の神」が降臨するまでの暇つぶし」、Lostbelt No.4ではさらに「異星の神に属するアルターエゴは3体とも、目的は共通して空想樹を育てきること」と発言しつつ「異聞帯を育てるとは言っていない」。

実際、アルターエゴの工作によって壊滅寸前に追い込まれた異聞帯が存在することがこの発言を裏付けている。クリプターとアルターエゴにとって、異聞帯と空想樹の関係の理解に明確な違いがあることが読み取れる。

地球の白紙化現象

彼岸より


宇宙(そら)からの侵略者により、地球が漂白されたかのように白紙化した現象。
地表からはあらゆる建築物や動植物はおろか、砂漠や海すらも消失し、地形も1000m級の山が均される程度に平らな地表となった結果、ただ白い地平線だけが広がる世界と化した。生命の痕跡は一切なく、生き物の死骸といった死の跡すら存在せず、細菌類さえ存在しない。唯一、大気だけは以前のままのようだ。
また、昼夜という概念が失われており、地球全土が太陽光が降り注ぎ続ける昼の状態となっている。

2017年の12月31日に宇宙からの侵略者により白紙化が急速に広がったようで、空想樹の枝が空を覆ったことによって、地上から観測した様子では最初に世界中の人工衛星がロストしたのち、宇宙線の観測が不可能になると同時に、空模様が灰色に変化したという。

そして12時間後、上空から伸びてきた無数の「樹」(空想樹の枝)によって、生命体だけが徹底的に狙われ虐殺されていった。その攻撃は執拗かつ的確で、地上を這い回り、その枝を伸ばして人間の心臓を一突きして殺害し、犠牲者は苦悶と共に塵となって消滅したとの事。

地球全土を覆い尽くすほどの規模を持ちながらも、質量兵器に見られるような「いっぺんに多くを殺害する方法」ではなく、「1人1人を丁寧に殺した」この方法は、わずかに残った生存者を震え上がらせた。
またそれは、人類を愛したが故に焼却した獣とは真逆と言えるものでもあった。

こうして3ヶ月後に最後まで抵抗していた合衆国が消滅したことで地上の人類はほぼ殺し尽くされ、虐殺が終わると「樹」は元通り上空へと消え、そして地上が漂白された模様。

現在地表には僅かながらに白紙化されきれずに残った建築物(残留物)や、地下にいたことで難を逃れた僅かな生き残りがいるようだが、食料すら補充ができない状況下のため、ただ消滅を待つだけの状況になっている。

宇宙線の類も途絶え、事実上地球は宇宙から切り離された「一人ぼっちの星」となり、その影響か本来地球にいてはならない外来種が迷いこむ事例も確認された。

デイヴィット・ブルーブックなる者による「この白紙化された地球上で“なぜ”宇宙(そら)からの侵略が起こったのか」「侵略の予兆はなかったのか、あるいは知っててわざと看過したのではないか」を調べている様子を記録したボイスレコーダーが、第1・3・5章の冒頭にて登場する。

ほかに白紙化現象から逃れることができたのは、白紙化現象の侵攻中に虚数空間に潜っていたカルデアの生き残りや、テクスチャによって異世界化した本拠地にいる彷徨海が挙げられる。
しかしそんな中、米軍基地であったエリア51は、地上に残っていたにも関わらず白紙化されていない。ただしエネルギー供給が途絶えているうえ、飛行艇や装甲車などの軍備はすべて消失しているため、エリア51でも食糧供給などがまったくできない状況に変わりはない。

また、ロシア異聞帯から一度白紙化地球へと放り出された宮本武蔵は正体不明の勢力と交戦している。
クリプターは基本的に異聞帯から出ることは無く、異星の神陣営の手によるものなのか、それとも別の何かは不明だが、正体不明の謎の勢力が白紙化地球上に存在している模様。

失われた歴史

読みは「ミッシング・ベルト」。下総国の世界である亜種並行世界の正体。異星の神がその異なる“目”で観測した世界。
現時点では異聞帯よりも詳細こそははっきりしていないが、読み方からすると存在の区分がかなり近い世界の模様。

この世界では前提条件こそ違うが、汎人類史において廃城となっている土気城が第二の江戸と呼ばれる規模に拡大している等、異聞帯ほど人類の在り様が変貌し、可能性を閉ざされる程の変化が起こっていない。

舞台であった年である寛永十五年(A.D.1639)から、汎人類史における土気城が廃城になるかならないかを分岐基点として計算をすると、廃城となるはずの天正十八年(A.D.1590)からは約50年程度が経過している。

ここで事件を起こした真の黒幕であるアルターエゴはこの世界を介して濾過異聞史現象を起こそうとしていたが、傀儡にしていた妖術師抑止力によって遣わされた千子村正に討たれたことでとん挫している。
村正という妖術師に対して一番有効な存在が遣わされていた事から、一応通常の抑止力が働いてる模様。

関連タグ

パラレルワールド シュレディンガーの猫

Fate/EXTRA_Last_Encore……物語がバッドエンドを迎え、1000年の永き時を無意味な停滞と人類の否定のみに費やす様になった世界線。ムーンセル内でのそれら事実をリセットしなければ、確実に「剪定事象」となっていた事が明言されている。

プリズマ☆イリヤ ドライ!!……同じく、可能性を閉ざされ「剪定事象」になってしまう恐れがある世界線。現在進行中である、主人公達の戦いの結果でそれが決まる可能性が高い。

Fate/Requiem……第五異聞帯同様、型月で散々否定されてきた人類の不老が実現してしまった世界線。剪定事象とは全く言われていないが、「間違った繁栄」「滅ぶべきだった」と感じる者が続出している。

路地裏ナイトメア……剪定事象の原因たる世界の容量とエネルギー不足が言及されている。一方ある存在は、その設定は人類が行なっているものであり、世界自体はその程度で崩壊するほどひ弱ではないとも語っている。

型月作品外

スーパーヒーロー大戦GP:同じく、ありえざる歴史のIFが現在まで起こった世界を舞台にしている。

テンプレ用
Lostbelt No. サブタイトル
異聞帯の発生理由と現状

クリプター
  • CV:
クリプターのサーヴァント
  • CV:
異聞帯の王
  • CV:
pixivimage::s]pixivimage::s]pixivimage::s]
サブタイトルのサーヴァント
  • CV:
pixivimage::s]

関連記事

親記事

Cosmos_in_the_Lostbelt こすもすいんざろすとべると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「異聞帯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205481

コメント