ピクシブ百科事典

虚数潜航艇シャドウ・ボーダー

きょすうせんこうていしゃどうぼーだー

「Fate/Grand Order」に登場する大型特殊車両である。
目次[非表示]

概要

第2部「Cosmos_in_the_Lostbelt」で主人公たちの移動拠点となる大型特殊車両。見た目はどう見ても装甲車だが、後述する機能から船でもある。

アトラス院が提供した虚数観測機「ペーパームーン」を搭載したことによって人類史である「実数空間」から次元の間に存在する「虚数空間」への潜航(転移)を可能とする。

ただし虚数を扱う魔術自体が超レアな上に難解であり、「ペーパームーン」を持ってしても虚数潜航可能確率は3割程度。また虚数世界が実数世界時間の外に位置するため、実数世界に浮上した時の時間を選べず、浮上する際には実数世界での縁を必要とするため、浮上座標と縁のある乗組員が乗っている必要がある。
加えて虚数世界では「時間の海流」のようなものに乗ってしか行動できない等、そのあり方は最初期の潜水艇に近く、レイシフトのような多用は出来ないハイリスクな代物となっている。


元々はカルデアの前所長であるマリスビリー・アニムスフィアがレイシフトシステムの失敗に備えて用意していたセカンドプランだったが、レイシフトが想定通りに機能したため未完成のまま格納庫でホコリを被っていた。
しかし人理修復後の万が一に備え、ダ・ヴィンチちゃんとホームズが密かに完成させていた(その他数名のサーヴァントも建造に協力していた模様)。
その後、第二部序章のカルデア崩壊時、主人公たちは僅かな生き残りと共に「大型コンテナ」に偽装していた本艇に乗り込み、脱出したのである。

大きさは大型装甲車両程度であるが、内部は空間を歪めることによって拡張されており、大型クルーザー2隻分程度の広さを誇る。
最低限の準備しか出来ない状況で出奔したが故、食料などの物資は現地調達となってしまい、様々な不足を補えるサーヴァントの駐在も不可能である為、人理焼却時よりも厳しい状況に立たされている。

搭乗者

本作主人公。またしても生き残った汎人類史側最後のマスター。
サーヴァントたちとの絆と、それを収めたトランク「守護英霊召喚システム・フェイト」を手に立ち上がる。

カルデアを故郷としていた優しい少女。いろいろあってデミ・サーヴァントとしての力の多くを失っている。

シャドウ・ボーダーのメイン演算装置を兼任する天才サーヴァント。
記憶は引き継いでいるが別個体であり、バックアップとして造られた劣化コピーのような存在。

戦わずして打倒された獣。現在は力の多くを失っているが、知性は順調に再成長中。
相変わらず主人公たちに付きまとっている一同のマスコット的存在。

シャドウ・ボーダーの運転手兼参謀。マシュが居ない時はオペレーターも務めている名探偵。一同の影のトップである。

カルデア崩壊直前に就任した新所長。シャドウボーダーの建前上のリーダーでもある。
人柄は悪いが、なぜか憎めないところがある。また色々と小技が効き運転も一番上手なため、意外と役には立つ。

カルデアオペレーターの一人。小心者でオタク趣味。
一同の中では最も一般人的な感性を持っており、大人としての立場から主人公たちを見守っている。

  • シルビア
カルデアスタッフの魔術師。


※その他、6人ほどの生存スタッフが乗っている。

内装

  • ブリッジ

操縦席兼指揮所。
6~8畳ほどの広さで前方に操縦席が2つ、中央に虚数観測機「ペーパームーン」が安置され、他に搭乗員用の座席が複数ある。

  • マイルーム
主人公にあてがわれた個室。船長室を除けば唯一の個室らしい。
広さは6畳ほどで、壁からせり出している机とベッドがあるだけの簡素な部屋。

  • 船長室
ゴルドルフがリーダー権限として独占している個室。

  • 4人部屋
ムニエルたち、生き残ったカルデア職員が共同利用している。

  • 演算室
ダ・ヴィンチが常駐するシャドウボーダーの中核部。彼女(?)の私室にもなっている。

  • 工房
魔術師に欠かせない魔術工房。
普段はホームズの私室として利用されているが、ダ・ヴィンチの工房としても機能している。

  • 医務室
ベッドと大型スキャナーがある医療用ルーム。
諸事情から体調不良を抱えているマシュの私室としても利用されている。

  • 武器庫、食料庫、資材庫
現在は新所長の命令で無断出入り禁止になっている。
食料庫の備蓄はサーヴァントを除けば乗員11人と一匹で一週間程度。

関連タグ

Fate/GrandOrder Cosmos_in_the_Lostbelt

pixivに投稿された作品 pixivで「虚数潜航艇シャドウ・ボーダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42521

コメント