ピクシブ百科事典

ヘファイストス(Fate)

へふぁいすとす

ヘファイストスは『Fate/Grand Order』で登場した人物である。

概要

初登場は第2部5章前編「神代巨神海洋アトランティス」。
与太話ではあるが名前のみは魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜におけるメディア・リリィイアソンの会話に登場している。

人物

ギリシャ異聞帯においてゼウスたちと対立して、消滅こそしなかったものの頭脳ユニットの56.4%を斬撃による切断でオリュンポス側に強奪されており、プロメテウスが補助を代行している。斬った犯人はサーヴァントとのこと。
カルデア一行にポセイドンのコアの位置やエキドナの詳細、その他の十二神のクリオノミアの詳細について情報提供をした。その後、残った頭脳ユニットはアルテミスの攻撃により神殿とともに消滅した…





















以下、ネタバレ注意




















しかし、消滅したのは強奪されなかった分のみで、オリュンポス側に強奪された頭脳ユニットはまだ生きていた。しかも自らを斬ったサーヴァントに守られ、斬られたことで、かえってマトモに動けるようになったのであった。そしてオリュンポスに帰還したヘファイストスは正式名称プロメテウス=ヘファイストスとして、オリュンポス側につくと宣言したのであった。




















以下、更なるネタバレ注意



















……と言ったのだが、本心は変わらず人類を愛しており、汎人類史側に協力するつもりだった。密かにゼウスに反感を抱いたエウロペと共に破神同盟の『協力者』となった。

なお村正は異星の神のアルターエゴではあるがヘファイストスの護衛役に徹しており、彼の行いを邪魔しなかった。そんな律儀な村正を「召喚器を作る手伝いをしろ。しなければ自爆する」と脅迫して、彼を弟子にした。アトランティスのヘファイストスは村正に両断されたが、きっちりバックアップを取らせている。思想も立場も違うが村正はヘファイストスを尊敬しており、良き師弟関係を築いていた。

オリュンポス地下機構帯の大工房に潜んでいた自身の元に辿り着いたカルデアの一行に協力。大召喚器を完成させ、当事者として第二のマキアの真実、ゼウスの脅威について語った。しかし大召喚器を完成させた直後、リンボに嗅ぎつけられてしまう。そしてリンボの術で生み出された虫を機内に送り込まれてしまい、機能停止した。

ちなみに「機神に禿という概念はない。」そうである。

関連記事

親記事

神代巨神海洋アトランティス しんだいきょしんかいようあとらんてぃす

兄弟記事

コメント