ピクシブ百科事典

目次[非表示]

――――来い。真の英雄、真の戦士というものをその身に刻んでやろう。

プロフィール

真名アキレウス
身長185㎝
体重97kg
属性秩序・中庸・地
出典ギリシャ神話叙事詩『イーリアス』・『オデュッセイア』
地域ギリシャ
イメージカラー白緑
特技英雄に必要なスキル全て
好きなもの勝利と美女の微笑み、戦うこと
苦手なもの運命、命令されること
天敵ヘクトールペンテシレイア
弱点踵を貫かれて心臓を抉られるとしばらく大暴れした後に死ぬ。弱点とは。
CV古川慎


概要

Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントのひとり。
赤の陣営に属する「ライダー」のクラスとして召喚された。

銀の軽鎧を纏った美丈夫。気に入らなければ王の命令であろうと公然と無視する奔放な青年。
だが義に厚く、卑怯な振る舞いを嫌い、討ち果たされた友のためなら万軍を敵に回しても見事敵将を討つほどの豪傑で、世界にただ一人の友と愛する女たちがいれば、ただそれだけで満足とし、散り様でさえ陽気を忘れない勇者。

人物

敵と認めた者は徹底的に打ちのめす苛烈な気性だが、一度味方、あるいは『良い奴』と認めた者には甘さを見せる、良い意味でも悪い意味でも『英雄らしい』人物。
強敵との力を尽くした戦いを好み、破格の不死性を誇るものの彼にとっては寧ろ破られる方が好ましく感じており、自らを傷付けられる好敵手と戦う事を熱望している。

『Apocrypha』では、黒幕の策略によりマスター換えを余儀なくされるが、本来のマスターに対して、例え顔を会わせてなくても主であるマスターを裏切るなどご免と語るなど義理がたい一面を持っている。最終的には自身の願いの為にマスター換えを受けいれたものの、裏切り行為自体は最後まで嫌がっていた。

真名

アキレウス


英雄叙事詩『イーリアス』随一の勇者『駿足のアキレウス』。
ギリシャ神話においてヘラクレスと比肩し得る大英雄。英雄ペレウスと女神テティスを両親に持つ、世界的規模の知名度を誇るトロイア戦争最強の戦士である。
トロイアの王子ヘクトールやアマゾネスの女王ペンテシレイアといった強敵を打ち破りギリシャ軍を優勢に導いたが、ヘクトールの弟パリスの矢を踵と心臓に受けて致命傷を負う。それでもなお戦場を駆け回って暴れ続けたのちに遂に力尽きて倒れたという。

サーヴァントは召喚された土地での知名度が低いと弱体化の補正がかかってしまうのだが、アキレウスは「人体の一部が彼の名前を冠している」ことから世界中どこでも名が知られている扱いになり、力を十分に発揮できる。

聖杯への願いは生前と変わらず『英雄として振る舞う事』。過去の戦いや神に背き破滅した事など生前の出来事に対する未練はないが、現世でやってみたい事は山ほどあるので、「第二の生」にも興味がない訳ではない。だが彼にとって母に誓った「英雄として生き、英雄として死ぬこと」が人生の大前提となっている。

能力

オリンポスの神々の加護によって彼の身体は『神性』を持たない者の攻撃では疵の一つも付けられず、最低でもAランク以上ある対軍宝具の直撃ですら、余裕で耐えることが出来る。
『Apocrypha』にて敵対する黒の陣営には師であるケイローンしか『神性』持ちがいないため、ケイローンがいなかったらその時点で黒の陣営は詰んでいたとまで言われている。

宝具に頼ることの多い「騎兵」クラスにも関わらず、本人の技量も一級品。白兵戦においては「英雄殺しの槍」と腰に差した剣を同時に操ることで、単騎で複数の敵を相手取ることが可能。この技量は「槍兵」として召喚されてもおかしくないレベルを誇る。

また伝承の通り圧倒的な敏捷性を誇り、最速のサーヴァントとされるランサーやギリシャ屈指の俊敏さを誇る赤のアーチャーをも上回る俊足を有する。
その速度は空間移動と見紛うまでのレベルであり、その俊足ぶりから視界に入る全ての光景は彼の間合いとされる。攻撃速度や体捌きも最速であり、その攻撃はケイローンをしてすら捕捉不可能で、師としての経験や未来予知レベルの心眼を合わせた推測によりようやく渡り合えているほど。

逸話通りに踵が弱点であり、ここを傷つけられると不死身の加護を失い、速度も大幅に弱体化してしまう。はずなのだが、神速で駆け回り圧倒的な技量で槍を振り回してくるアキレウスの踵を的確に攻撃できる者などそうそうおらず、弱点が弱点として機能していない。
そして、踵を傷つけられて弱まったとしてもなお一流のスペックを保っているという「壊れ」「無理ゲー」「公式チート」なトンデモサーヴァント。

上記の不死性とその圧倒的な力量からシロウ・コトミネやその戦いを見ていたルーラー赤のランサーに匹敵する大英雄と評していた。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
シロウ・コトミネB+AA+CDA+
藤丸立香B+AA+CDA+


保有スキル

対魔力(C)二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
騎乗(A+)騎乗の才能。獣であるのならば幻獣・神獣まで乗りこなせる。ただし、竜種は該当しない。
戦闘続行(A)往生際が悪い。弱点であるはずのアキレス腱と心臓を射抜かれてもしばらく戦い続けた。
勇猛(A+)威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効にする能力。また、格闘ダメージを向上させる効果もある。
女神の寵愛(B)母である女神テティスから寵愛を受けている。魔力と幸運を除く全ステータスがランクアップする。
神性(C)海の女神テティスと人間の英雄ペレウスとの間の子。

FGOではクラススキルとして「対魔力(C)」「騎乗(A+)」「神性(C)」を保持し、保有スキル(アクティブスキル)3種はすべて後述する宝具に差し替えられている。

宝具

疾風怒濤の不死戦車(トロイアス・トラゴーイディア)

アキレウス


  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:2~60
  • 最大捕捉:50人
命懸けで突っ走れ! 我が命は流星の如く!

アキレウスが戦場で駆ったと言われる三頭立ての戦車
海神ポセイドンから賜った不死の二頭の神馬「クサントス」と「バリオス」、エーエティオーンの都市を襲撃した際に奪った名馬「ペーダソス」からなる戦車。
ただ疾駆するだけで戦場を蹂躙し、削岩機の如き勢いで敵陣を粉砕し、天を翔ける。
速度の向上に比例して相手に追加ダメージを与える。最高速度となると、大型ジャンボ機ですら瞬時に解体する。
圧倒的な破壊力を持つ一方燃費が悪く、この宝具を使用するとサーヴァントをもう一体召喚しているほどの魔力を消費してしまう。

クサントス

さる女神から、人語を理解し喋る能力を与えられている不死の神馬。
喋り方は丁寧だが性格は最悪で、主が不利な状況に追い込まれる可能性があるのを敢えて黙っていたり、追及されても「ブヒヒヒ」と非常に卑しい笑い方で対応する。
そんな性格なので、アキレウスからは時折槍の石突で制裁を加えられている。
一方的を得た戦況判断力も持ち、冗談抜きで不味い状況に追い込まれる危険性がある場合は包み隠さず意見する。

FGOのバレンタインイベントでアキレウスにチョコを渡すと、アキレウスはお礼になんと宝具の槍や盾や鎧、この馬をマスターに譲ろうとする。が、機嫌を損ねたクサントスによって地味な嫌がらせで仕返しをされるのだった。

バリオス

もう一頭の神馬。寡黙な性格で、制裁を加えられて無様な悲鳴を上げるクサントスを呆れた目で見ている。

ペーダソス

稀代の俊足を誇る名馬だが、神馬ではないため、三頭の中で唯一不死ではない。
決戦で黒のアーチャーの一撃を脳天に受け、霊核を破壊されたことで消滅した。

彗星走法(ドロメウス・コメーテース)

  • ランク:A+
  • 種別:対人(自身)宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

「あらゆる時代の、あらゆる英雄の中で、最も迅い」というアキレウスの伝説。
『疾風怒濤の不死戦車』から降り立つことで起動する常時発動型の宝具。広大な戦場を一呼吸で駆け抜け、フィールド上に障害物があっても速度は鈍らない。弱点であるアキレス腱が露出してしまうが、アキレウスの速度を捕捉できる英雄は数少ない。踵を破壊されるとこの宝具は消滅し、スピードも約7割減となる。

勇者の不凋花(アンドレアス・アマラントス)

  • ランク:B
  • 種別:対人(自身)宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

アキレウスの母である女神テティスが彼に与えた不死の肉体。
全身に不死の祝福がかかっており如何なる攻撃を受けても無効化するが、Cランク以上の神性を持つ相手にはこの効果は適応されない(Dランクでは75%まで、Eランクならば50%までダメージ削減)。他、神造兵装による攻撃にもこの効果は適応されないとのこと。
伝承に伝わる通り、急所である「踵」には効果が無い上に、踵を破壊されると不死の祝福自体が消滅する。更に悪意や敵意を含む攻撃には有効だが、バンパイアの吸血行為のような『友愛』を示す行動には作用しないという弱点も存在する。

神性や神造兵装なしで神性に優位に立てる能力を有するサーヴァントからの攻撃については、無効化できるか否か長らく明言されてこなかった。だが、Apocryphaのアニメで「神殺しの宝具であれば、俺に傷の一つも付いただろうに」とアキレウス本人が語っており、こうしたサーヴァントからの攻撃は無効化できない可能性が出てきた。

宙駆ける星の穂先(ディアトレコーン・アステール・ロンケーイ)

アキレウス


  • ランク:B+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2~10
  • 最大捕捉:1人

ケイローンによって作られた青銅とトネリコの槍。
普通に武器としても使えるが、真骨頂は地面に突き立てる事で発動する、トロイア戦争の宿敵ヘクトールを決戦の場に引きずり出すためアキレウス自ら編み出した大魔術。制作者であるケイローンすら知らない奥義。槍を基点として空間そのものを切り取る形で、闇の壁に包まれた特殊な空間を作り出す、固有結界と似て非なるものである。
その空間の効果は「公平無私の一騎打ちを強制する闘技場」。第三者の横槍はもちろん、神々の加護や幸運、更にはスキルや宝具の使用などもアキレウス自身を含めて封殺してしまう、主人公補正完全排除のセメントリングでのガチタイマンである。
とは言え、アキレウスがこの宝具を乱用することはなく、使用対象はあくまで自分が強者と認めた者のみであり、かつ相手が一騎打ちの提案を受諾しなければ使わないという。
また、本編ではステゴロで殴り合ったが別に武器を使用してもいいらしい。
さらに、生前にこの槍でアマゾネスの女王を殺したことに後悔の念を抱いていることもあって、女性に対しても使うことはない。

蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)

アキレウスまとめ。


  • ランク:A+
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人
母テティスが鍛冶神ヘパイストスに懇願して作らせた「世界そのもの」を表す大盾。全面に渡って凄まじいほど精密な意匠が刻み込まれている。
真名開放することで盾に刻み込まれた極小の世界が展開され、一つの“世界そのもの”で攻撃を防ぐ防御宝具。また、劇中では使われていなかったが、アキレウスはこの宝具を攻撃に転用することも出来る。宝具を展開した後、突撃することによってその極小世界で相手を押し潰すというものである。
なお、この宝具の存在故に、エクストラクラスの1つであるシールダーに適性があるとされている。

これらに加えて、ホームグラウンドであるギリシャの地で召喚された場合は某黄金聖衣のような「黄金の鎧」の宝具を纏うという。
FGOでは再臨を進めるとこの鎧らしき姿を見せてくれる。

Fate/GrandOrder

コラボイベント『Apocrypha/Inheritance_of_Glory』開始とともに実装された☆5のライダークラス。イベント終了後は聖晶石召喚に恒常追加される。

ゲーム上での性能

カード構成はQuick2・Arts2・Buster1のアーチャー型。Quick宝具と合わせてQuickブレイブチェインが組める。
Hit数はQuick4・Arts3・Buster2・Ex4・宝具5。NP効率は平均程度であるが、スター生成に長ける。

クラススキルは対魔力C、騎乗A+とライダークラスのオーソドックスなものに加え神性Cを持つ。

原作で設定されていたスキルは全て宝具に置き換えられており、複合効果を持つもので固められている。
「彗星走法A+」は、自身のQuickカード性能Up+クリティカル威力Up(3ターン)となっており、火力面を支える。
「勇者の不凋花B」は、自身に無敵付与(2回・5ターン)+防御力Up(3ターン)。
後述のターゲット集中と合わせて使う場合、無敵が1ターンではなく2回であるため、基本的に敵の攻撃を1回は受けてしまうことになることになるが、相手が攻撃ではなくスキルを連発した場合でも無敵は残ったままとなるので無駄にならないという利点がある。
「宙駆ける星の穂先B+」は、自身にターゲット集中状態を付与+NP獲得量をUp(1ターン)+NP獲得(初期20~最大30)となっている。

宝具は「疾風怒濤の不死戦車」。
カードの種類はQuickで、効果は【自身のQuickカード性能をアップ(1T)<OC:効果UP>+敵全体に強力な攻撃。】
Quick属性の全体攻撃宝具は、星5ライダーとしては初となる。
Hit数が多いため、多数の敵を巻き込めば大量のスターを獲得できるほか、宙駆ける星の穂先の発動ターンと合わせればそれなりにNPも回収可能。

総じてスター発生に長けた万能型であり、防御スキルを持たない事が多い他ライダークラスをターゲット集中付与で単体宝具等から守ることも可能な盾役でもある。
素のNP効率こそ凡庸だが、ArtsとQuickが多いアーチャー型のカード配置、最大でNP30獲得可能なスキルを有することなどから実際にNP回収に困ることはさほどないだろう。

定番の諸葛孔明等のNP付与に長けたサポート役と合わせれば宝具を二連続で発動させることも十分に可能で、その場合、Quickバフの持続の長さから威力を維持したまま二発目を撃てる点が、同種のことを行えるライダーと比較しての利点となる。
また宝具発動時のQuickバフは、そのターンの間は持続するため、OC1でも合計50%のQuickバフが乗った状態となるため、宝具発動ターンにQuickカードを積極的に選ぶことで、Busterが1枚しかない火力面のデメリットを緩和できる。
Quick特化サポータースカサハ=スカディも当然相性が良く、強力なQuickバフと防御デバフを活かすことができる。またケイローン先生も頼もしい味方になり、カードバフ、クリティカルバフとスター付与でより高火力を狙える。これらの面々と組ませれば、高難易度ステージでも宝具からのクリティカル連打で押し切ることができる。

防御面は比較的優秀な部類と言えるが、勇者の不凋花の無敵は2回分付与であるため、ターゲット集中と合わせた場合一発は喰らってしまう。防御バフもあまり強力ではない点がネック。
とはいえ昨今ではスキルを積極的に使用する敵が多いため防ぎきれるケースも多く、仮に回数が余った場合は3ターンの間保持されるため、無駄にならないという利点もある。
余談だが、アタランテ(どちらも)との相性は非常に良好であり、彼女の防御面での脆さをターゲット集中である程度補いつつ、アルカディア越えの強烈なQuickバフで宝具をさらに強化することが可能となる。

ちなみに、スキルとして唯一登場していない宝具であり、マテリアルでもFGOでは基本的に使用されないとされる「蒼天囲みし小世界」であるが、実はとある形で存在し、使用も可能になっている。

関連人物

生前

ヘクトール
トロイア戦争における好敵手であり天敵その1。
親友パトロクロスを殺害した仇でもあり、トロイア城門前で行われた一騎討ちにて討ち果たした。
彼の知略と防戦に散々苦戦させられた為、もう戦いたくないと思う反面、もし戦う機会があれば今度は籠らせる隙は与えないと虎視眈々と準備している。
ちなみに出会い頭に彼から石をぶつけられるという、子供じみた挑発なのか嫌がらせなのか微妙な仕置きを受けている。

また、自分が死ぬ遠因にもなったヘクトールの亡骸を戦車で引きずりまわした蛮行については「あれやるとしたら、間違いなくバーサーカー状態だからな!」と発言しており、友を殺された怒りが英雄の矜持を忘れかけてしまう程のものであったことが伺える。

パリス
ヘクトールの実の弟。兄の仇としてアキレウスを射殺した弓の名手。
太陽神アポロンの加護を受けた彼の矢は、アキレウスの踵と心臓を射抜き致命傷を与えた。
兄曰く『絶体絶命になって初めて底力が機能するタイプ』の英雄。
尤も、アキレウスもただで死ぬつもりは無かったらしく、そのあと「もはやこれまで」と散々大暴れした挙句自害したらしい。弱点とはいったい…。
彼が実装された後はカルデアで出会ったら何か言ってやろうと意気込んでいたが、子供姿で現界していたためすっかり興ざめしてしまった。

ペンテシレイア
かつての敵対者であり天敵その2。女神の如き美貌を兜で隠したアマゾネスの女王。ヘクトール亡き後のトロイアに部下と共に加勢した。
最終的には部下を次々とアキレウスに殺された怒りから彼と一騎打ちを行ったが敗北。興味本位で兜を剝ぎ取って瀕死の自分を「ある一言」で辱めた彼に対して「お前の槍はいつかお前が愛しく思った相手を穿つ」と言う呪いを掛けた後に死亡した(なお、この呪いは聖杯大戦で成就する事となった)。

アキレウスの方もつまらない好奇心で彼女を辱めた事を深く後悔して、彼女の亡骸に謝罪した他、自分の槍で二度と女を殺さないと誓った。
『FGO』でのコラボイベントでは、彼女の話題を振られた際に明らかに挙動不審になっていたため、未だに酷く気にしているらしい。
また、カルデアでは二人が鉢合わせしないようにマスターやヘクトールたちが気を使っているらしき描写がある。
彼女の「幕間の物語」でアキレウスが語ったところによると、彼女の言い分も認めつつ、それでもあの一言は心からのものだったのでやり直すことはしたくないとのこと。自分の行動は邪だったし、後悔している部分もあるが、それでも彼女に出会わなかった自分よりは彼女に憎まれている今の自分のほうがましであると言及している。

ペレウス
実の父親。英雄。如何なる時も英雄であれと自分を戒めていたアキレウスに「英雄としての義務感で戦ってはいけない」と忠告した。
アタランテによると、乱暴狼藉が当然のギリシャの英雄たちの中ではただ一人穏健であることを良しとした小心者だったが、そういうところが好ましい人物だったとのこと。

テティス
実の母親。ティタン族の女神。『夫より優れた息子を産む』という権能のせいで、下剋上をビビったゼウスに人間であるペレウスと無理矢理くっつけられた挙句、息子はオリンポスの人類削減計画鉄砲玉として組み込まれてしまう。
アキレウスに不死身の肉体や神造兵装を与えるあたり、夫はともかく息子は愛しかった模様。
なお、その愛は少々度が過ぎており、アキレウスの体を神の炎であぶって(もしくは冥界の川に浸して)不純な人間の血を飛ばそうとしたらしい。
流石に「人間としてのアキレウスを殺すのと同義だ」とペレウスに断固反対されたために未遂となった。

Apocrypha

アタランテ
同陣営かつ同郷のアーチャー。「姐さん」と呼び口説いているが、彼女からはそっけなく扱われている。
ただしお互いの実力は認め合い、真名を把握しあってるなど確かな信頼関係にある。
生前の時系列的には彼女の武勇伝を語り聞かせてくれた父親と同世代であり、幼少期に英雄の大先輩として憧れを向けていたであろう人物。
『FGO』で再会した後も彼女のことをかなり気にかけている。

ケイローン
敵陣営のアーチャーで、生前は「先生」と呼び慕っていた相手。嘗ての恩師であり、少年時代を共に過ごした父であり、兄であり、親友でもあるような存在。一説によれば両親の仲人でもあるらしい。

初戦闘の際には遠距離射撃と迎撃と言う関係もあって「自分を傷つけられる相手」としてしか認識しておらず彼との戦闘を楽しみにしていたが、その後の戦闘にて対面。旧知の相手が敵であることに激しく動揺したが、彼に激励されて闘志を取り戻した。
そして最終巻では互いの全てを賭けた一騎打ちを行い、ほぼ相討ち同然だったものの討ち倒して師を乗り越えた。
『FGO』では幼少時代の(理にかなった)スパルタ指導や、『Apocrypha』で散々苦戦させられた記憶(アキレウス曰く悪夢)から「今回は味方でよかった」と安堵している。
しかし、原作を知っているプレイヤーからは当然「お前が言うな」が飛びかった。

Grand Order

アレキサンダー
実装以前から彼の幕間の物語『駆け抜ける、始まりの蹂躙制覇』にて登場。主人公達と直接戦うことは無かったが、傘下においた海賊達を差し向けた。
なお、この時海賊達が中々の戦いぶりを見せていた事から、アキレウスには指揮官としての才能もあることが判明した。

モードレッド
「Apocrypha」本編では全く接点が無かったが、後日譚でもあるコラボイベントにて同陣営になると喧嘩っ早い者同士すぐガンのくれ合いになっては周りに注意されたり弄られる間柄に。
しまいには彼女から頭髪とマフラー(?)の差し色を『ニンジン』呼ばわりされ、ショックを通り越して驚愕した。

アルジュナギャラハッド
周囲からの過剰なまでの恩恵と期待を背負って生まれついた、似たような人生を歩んだ者達。
しかし、アキレウスはこの2人とは違い人生に後悔していない(この点は同じギリシャ神話のサーヴァントであるペルセウスも同様である)。

魔人アーチャー
こちらは経験値の考えた最強のサーヴァント。
スペックでは圧倒しているが、上述の相性から油断するとマズイ相手。

アスクレピオス
同じ人物に師事した兄弟子。
だが、マイルームでの特殊台詞が両者共にないためFGOでの関わりは不明。
オマケに上記する因縁のせいで思わぬ余波を食らってしまっているというとんだとばっちりを受けている。こっちは命の恩人なのに・・・
また、彼は父親のペレウスと同じくアルゴノーツのメンバーである。

ヘラクレス
同じく兄弟子にして父親と同じアルゴノーツメンバー。
自分に並ぶギリシャの大英雄ということもあり、是非とも闘ってみたいとマスターに頼んでいる。
だが、師ケイローンが亡くなる要因をつくったことは流石にちょっと許せないらしく、必死に味方だと言い聞かせて怒りを静めている。

余談

ヘラクレスにも比肩する大英雄としてギリシャ神話に名高いアキレウスだが、幻想と神秘の衰退期として英雄達が軒並み粛清されたトロイア戦争世代なためか、シンボルで夜空を席巻するケイローンとその門弟達の中で、彼一人だけ星座に刻まれたエピソードがない覗きの冤罪で鹿に変えられた彼でさえ、かろうじて自分を食い殺した飼い犬がこいぬ座になっていると言われているのに…


アキレウス「止まるんじゃねぇぞ…。


見た目が止まらない団長に似ている為か、度々ネタにされる事も。(名前的には所長がネタにされるパターンもある。)

関連タグ

Fate/Apocrypha ライダー(Fate) サーヴァント
英雄 美丈夫 好青年 オールラウンダー
アキアタ

関連記事

親記事

ライダー(Fate) らいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アキレウス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11172152

コメント