ピクシブ百科事典

アキレウス(Fate)

あきれうす

アキレウスとは「Fate/Apocrypha」に登場するライダーのサーヴァントの一人である。
目次[非表示]

――――来い。真の英雄、真の戦士というものをその身に刻んでやろう。

プロフィール

真名アキレウス
身長185㎝
体重97kg
属性秩序・中庸
イメージカラー白緑
特技英雄に必要なスキル全て
好きなもの勝利と美女の微笑み
苦手なもの運命
天敵ヘクトールペンテシレイア
CV古川慎


概要

聖杯大戦において、赤の陣営に属する「ライダー」クラスのサーヴァント
銀の軽鎧を纏った美丈夫。気に入らなければ王の命令であろうと公然と無視する奔放な青年。
だが義に厚く、卑怯な振る舞いを嫌い、討ち果たされた友のためなら万軍を敵に回しても見事敵将を討つほどの豪傑で、世界にただ一人の友と愛する女たちがいれば、ただそれだけで満足とし、散り様でさえ陽気を忘れない勇者。

人物

敵と認めた者は徹底的に打ちのめす苛烈な気性だが、一度味方、あるいは『良い奴』と認めた者には甘さを見せる、良い意味でも悪い意味でも『英雄らしい』人物。

強敵との力を尽くした戦いを好み、破格の不死性を誇るものの彼にとっては寧ろ破られる方が好ましく感じており、自らを傷付けられる好敵手と戦う事を熱望している。

自身の願いの為に最終的にマスター換えを受けいれたものの(『Apocrypha本編』)、裏切り行為自体は嫌っているようで本来のマスターに対して、例え顔を会わせてなくても主であるマスターを裏切るなどご免と語るなど義理がたい一面を持っている。

真名

真名は、英雄叙事詩『イーリアス』で「駿足のアキレウス」と呼ばれる大英雄アキレウス。
ギリシャ神話においてヘラクレスと比肩し得る大英雄であり、英雄ペレウスと女神テティスを両親に持つ、世界的規模の知名度を誇るトロイア戦争最強の戦士である。

聖杯への願いは生前と変わらず『英雄として振る舞う事』。過去の戦いや神に背き破滅した事など生前の出来事に対する未練はないが、現世でやってみたい事は山ほどあるので、「第二の生」にも興味がない訳ではない。だが彼にとって母に誓った「英雄として生き、英雄として死ぬこと」が人生の大前提となっている。

能力

オリンポスの神々の加護によって彼の身体は『神性』を持たない者の攻撃では疵の一つも付けられず、最低でもAランク以上ある対軍宝具の直撃ですら、余裕で耐えることが出来る。

騎兵」クラスにも関わらず、その技量は一級品で白兵戦においては「英雄殺しの槍」と腰に差した剣を同時に操ることで、単騎で複数の敵を相手取ることが可能。この技量は『槍兵』として召喚されても可笑しくないレベルを誇る。

また伝承の通り圧倒的な敏捷性を誇り、最速のサーヴァントとされるランサーやギリシャ屈指の俊敏さを誇る赤のアーチャーをも上回る俊足を有する。その速度は空間移動と見紛うまでのレベルであり、その俊足ぶりから視界に入る全ての光景は彼の間合いとされる。攻撃速度や体捌きも最速であり、その攻撃はケイローンをしてすら捕捉不可能で、師としての経験や未来予知レベルの心眼を合わせた推測によりようやく渡り合えているほど。

上記の不死性とその圧倒的な力量からシロウ・コトミネやその戦いを見ていたルーラー赤のランサーに匹敵する大英雄と評していた。 

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
シロウ・コトミネB+AA+CDA+
藤丸立香


保有スキル

対魔力(C)二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。
騎乗(A+)騎乗の才能。獣であるのならば幻獣・神獣まで乗りこなせる。ただし、竜種は該当しない。
戦闘続行(A)往生際が悪い。弱点であるはずのアキレス腱と心臓を射抜かれてもしばらく戦い続けた。
勇猛(A+)威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効にする能力。また、格闘ダメージを向上させる効果もある。
女神の寵愛(B)母である女神テティスから寵愛を受けている。魔力と幸運を除く全ステータスがランクアップする。
神性(C)海の女神テティスと人間の英雄ペレウスとの間の子。


宝具

疾風怒濤の不死戦車(トロイアス・トラゴーイディア)

  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:2~60
  • 最大捕捉:50人

アキレウスが戦場で駆ったと言われる三頭立ての戦車
海神ポセイドンから賜った不死の二頭の神馬「クサントス」と「バリオス」、エーエティオーンの都市を襲撃した際に奪った名馬「ペーダソス」からなる戦車。
ただ疾駆するだけで戦場を蹂躙し、削岩機の如き勢いで敵陣を粉砕し、天を翔ける。
速度の向上に比例して相手に追加ダメージを与える。最高速度となると、大型ジャンボ機ですら瞬時に解体する。

クサントス

さる女神から人語を理解し、喋る能力を与えられている不死の神馬。ライダーの指示には忠実で戦闘中に意見もする。喋り方は丁寧だが性格は最悪で、主が不利な状況に追い込まれる可能性があるのを敢えて黙っていたり、追及されても「ブヒヒヒ」と非常に卑しい笑い方で対応する。
そんな性格なので、ライダーからは槍の石突で制裁を加えられている。

バリオス

もう一頭の神馬。寡黙な性格で、制裁を加えられて無様な悲鳴を上げるクサントスを呆れた目で見ている。

ペーダソス

稀代の俊足を誇る名馬だが、神馬ではないため、三頭の中で唯一不死ではない。
決戦で黒のアーチャーの一撃を脳天に受け、霊核を破壊されたことで消滅した。

彗星走法(ドロメウス・コメーテース)

  • ランク:A+
  • 種別:対人(自身)宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

「あらゆる時代の、あらゆる英雄の中で、最も迅い」というアキレウスの伝説。
『疾風怒濤の不死戦車』から降り立つことで起動する常時発動型の宝具。広大な戦場を一呼吸で駆け抜け、フィールド上に障害物があっても速度は鈍らない。弱点であるアキレス腱が露出してしまうが、アキレウスの速度を捕捉できる英雄は数少ない。踵を破壊されるとこの宝具は消滅し、スピードも約7割減となる。

勇者の不凋花(アンドレアス・アマラントス)

  • ランク:B
  • 種別:対人(自身)宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

アキレウスの母である女神テティスが彼に与えた不死の肉体。
全身に不死の祝福がかかっており如何なる攻撃を受けても無効化するが、Cランク以上の神性を持つ相手にはこの効果は適応されない(Dランクでは75%まで、Eランクならば50%までダメージ削減)。また、神造兵装による攻撃にもこの効果は適応しないとのこと。
また、伝承に伝わる通り、急所である「踵」には効果が無い上に、踵を破壊されると不死の祝福自体が消滅する。更に悪意や敵意を含む攻撃には有効だが、吸血行為のような、攻撃ではなく『友愛』を示す行動には作用しないという弱点も存在する。

宙駆ける星の穂先(ディアトレコーン・アステール・ロンケーイ)

  • ランク:B+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:2~10
  • 最大捕捉:1人 ケイローンによって作られた青銅とトネリコの槍。

普通に武器としても使えるが、真骨頂は地面に突き立てる事で発動する、トロイア戦争の宿敵ヘクトールを決戦の場に引きずり出すためアキレウス自ら編み出した大魔術。制作者であるケイローンすら知らない奥義。槍を基点として空間そのものを切り取る形で、闇の壁に包まれた特殊な空間を作り出す、固有結界と似て非なるものである。
その空間の効果は「公平無私の一騎打ちを強制する闘技場」。主人公補正完全排除のセメントリングでのガチタイマンである。第三者の横槍、神々の加護や幸運、更にはスキルや宝具の使用すら封殺される。

蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)

  • ランク:A+
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:0
  • 最大捕捉:1人

母テティスが鍛冶神ヘパイストスに懇願して作らせた「世界そのもの」を表す大盾。全面に渡って凄まじいほど精密な意匠が刻み込まれている。
真名開放することで盾に刻み込まれた極小の世界が展開され、一つの“世界そのもの”で攻撃を防ぐ防御宝具。また、劇中では使われていなかったが、アキレウスはこの宝具を攻撃に転用することも出来る。宝具を展開した後、突撃することによってその極小世界で相手を押し潰すというものである。
なお、この宝具の存在故に、エクストラクラスの1つであるシールダーに適性があるとされている。

関連人物

生前

ヘクトール
生前、トロイア戦争における好敵手であり天敵その1。
親友パトロクロスを殺害した仇でもあり、トロイア城門の眼前で行われた一騎討ちにて討ち果たした。

パリス
ヘクトールの実の弟。弓の名手。兄の敵であるアキレウスを殺した張本人。
太陽神アポロンの加護を受けた彼の放った矢は生前のアキレウスの踵と心臓を射抜いた。
兄曰く『絶体絶命になって初めて底力が機能するタイプ』の英雄。

ペンテシレイア
かつての敵対者であり天敵その2。女神の如き美貌を兜で隠したアマゾネスの女王。ヘクトール亡き後のトロイアに部下と共に加勢した。
最終的には部下を次々とアキレウスに殺された怒りから彼と一騎打ちを行ったが敗北。興味本位で兜を剝ぎ取って瀕死の自分を「ある一言」で辱めた彼に対して「お前の槍はいつかお前が愛しく思った相手を穿つ」と言う呪いを掛けた後に死亡した。なお、この呪いは聖杯大戦で成就する事となった。
アキレウスの方もつまらない好奇心で彼女を辱めた事を深く後悔して即座に彼女に謝罪した他、自分の槍で二度と女を殺さないと誓った。

ペレウス
実の父親。英雄。如何なる時も英雄であれと自分を戒めていたアキレウスに「英雄としての義務感で戦ってはいけない」と忠告した。

テティス
実の母親。ティタン族の女神。『夫より優れた息子を産む』という権能のせいで、下剋上にビビったゼウスが人間であるペレウスと無理矢理くっつけた。アキレウスに不死身の肉体や神造兵装を与えるあたり、夫はともかく息子は愛しかった模様。

Apocrypha

アタランテ/赤のアーチャー
同陣営かつ同郷のアーチャー。「姐さん」と呼び口説いているが、彼女からはそっけなく扱われている。
ただしお互いの実力は認め合い、真名を把握しあってるなど確かな信頼関係にある。
そして『Apocrypha』最終巻では・・・

ケイローン/黒のアーチャー
「先生」と呼び慕う相手。嘗ての恩師であり、少年時代を共に過ごした父であり、兄であり、親友でもあるような存在。
初戦闘の際には遠距離射撃と迎撃と言う関係もあって「自分を傷つけられる相手」としてしか認識しておらず彼との戦闘を楽しみにしていたが、その後の戦闘にて対面。旧知の相手が敵であることに激しく動揺したが、彼に激励されて闘志を取り戻した。
そして最終巻では互いの全てを賭けた一騎打ちを行った。

GrandOrder

アレキサンダー
彼の幕間の物語『駆け抜ける、始まりの蹂躙制覇』にて登場。アキレウス自身がゲームに本実装されていないこともあってか主人公達と直接戦うことは無かったが、傘下においた海賊達を差し向けた。
なお、この時海賊達が中々の戦いぶりを見せていた事から、アキレウスには指揮官としての才能もあることが判明した。

関連タグ

Fate/Apocrypha ライダー(Fate) サーヴァント

ゴルゴン(Fate):ギリシア神話に名高いゴルゴーン三姉妹。勇者の不凋花を貫通出来る吸血スキルを持ち、男性を破滅させることが得意な彼女らはアキレウスの天敵である。
ヘクトールペンテシレイア:『GrandOrder』で先んじて実装された宿敵達。彼らの存在から本実装された場合の肩身の狭さを心配する声も・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「アキレウス(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1224751

コメント