ピクシブ百科事典

ガニュメデス

がにゅめです

ガニュメデス(Ganymēdēs)はギリシャ神話に登場する人物。トロイア王子 ガニュメデスは長音を略した呼び方で、ガニュメーデースとも。ゼウスから「人類で一番の美少年」の称号を得る

表記
ガニュメデス
トロイア王の子として生を受けたとされる。
その美貌はギリシャ神随一の美男アレスや有名なアポロンを凌駕していたという。
当然ゼウス神にも一目惚れされ「人類で一番美しい少年」だと覚えられた。稀代のスケベ親父であるゼウス神の目は肥えまくっていたと思われるので、相当なことであると思われる。

その父王が誰であるかは複数ある伝承によって違いがあり、トロース、イーロス、アッサラコスなどが父親とされる(イーロスとアッサラコスはトロースの息子で、伝承によって彼らとは兄弟になったり親子になったりしている)。
母はアポロドーロスという人物の記述によればカリロエーである。

いずれの伝承でも類稀な美少年で、その美貌ゆえに選ばれてオリュンポス十二神の給仕係を務めるようになった、あるいは神の長ゼウスの杯を奉げ持つようになった、という。

この給仕係の彼の姿をかたどったのが水瓶座である。木星の衛星に「ガニメデ」という名前がつけられたのもガニュメーデースから。また小惑星にもガニュメーデースに由来する「ガニュメート」(ガニュメーデースのドイツ語系)というものがある。

後世でガニュメデスは絵画を初めとする芸術作品の題材となり、フランツ・シューベルトも「ガニュメート」という歌曲を作っている。

経緯の諸説

彼がオリュンポス十二神の給仕係となった経緯は以下の様なものである。

彼の前には青春の女神ヘーベー(ゼウスとその正妻ヘーラーの娘)が給仕を務めていた。
しかしある時ヘーベーは給仕係を退き、ガニュメーデースが後任を務める事になる。
ここまではどの神話でも同じなのだが細部が異なる。

  1. 新たに神に加わったヘーラクレースの妻にヘーベーが選ばれたので、給仕係を続けさせるわけにいかなくなった。
  2. 給仕中に転ぶという失態を犯してしまいクビになった。
  3. 唐突に訳も無くゼウスが新給仕としてガニュメデスを連れて来てヘーベーを解任した。

大別するとこの三通りがあり、1.と2.では給仕係が不在となり代わりの者が必要になったが、神々の中では適任の者がいない。そこでゼウスが地上のガニュメーデースに目をつけ、強引にさらって新たな給仕係に任じた、という事になっている。
3.では何の必要性もない事をやったゼウスは妻ヘーラーに文句を言われる事となったが、ゼウスはまるで耳を貸さなかったという。

また誰がどうやってガニュメデスを天に連れてきたのかも幾つかの説があり、その実行者は神々、ゼウス単独、ゼウスの使いの鷲、タンタロス、ミーノース、エーオースなどであるとされ、場所はトローアスのイーデー山、クレーテー島のイーデー山、エウボイア山、ミューシアのハルパゲなどであるとされる。

表記ゆれ

ガニメデス

pixivに投稿された作品 pixivで「ガニュメデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32252

コメント