ピクシブ百科事典

アレス

あれす

ギリシア神話に登場する神で、戦を司るオリュンポス十二神の一柱。悲鳴や血や悲劇を見るのが好きな神で、当時のギリシャの民からも嫌われまくる。
目次[非表示]

概要

  1. ギリシャ神話に登場する争いを司る軍神疫病神破壊神魔神
  2. ゲーム『アーマード・コア2』に登場するトップランカー。
  3. ゲーム『セブンスドラゴン』の登場人物
  4. ゲーム『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の登場人物
  5. ゲーム『ブランディッシュ』の登場人物 → アレス・トラーノス
  6. ゲーム『LUNAR』の登場人物 → アレス・ノア
  7. ゲーム『イナズマイレブン』の登場人物 → 荒須乱
  8. アニメ『聖闘士星矢』の登場人物 → 教皇アーレス(双子座のサガ)
  9. 漫画『戦勇。』の登場人物 → アレス(戦勇。)
  10. アメリカンコミックスに登場するキャラクター。DCコミックMARVELどちらにも登場している。


1 ギリシャ神話 

Ἄρευς, Areus
大神ゼウスヘラの子とされるオリュンポス十二神の一柱。 ローマ神話ではマルスに相当する神だが、アレスの扱いは最悪であった。一般的にはアーレスと呼ばれ、アイオリス方言ではアレウスもしくはアーレウス(Ἄρευς, Areus)とも。
日本語では長母音を省略してアレスとも呼ばれ、表記される。聖獣はオオカミ、イノシシ。主神ゼウスとその正妻ヘラの間に生まれた唯一の男子である。(一応ヘパイストスもそうだが、彼にはヘラが一人で生んだという伝承もある)。
人間でたとえるなら嫡男とか王太子にあたる、最も由緒正しい血筋のエリートといえる。

それだけいい血統の生まれながら神話上では人間にやり込められたり、巨人に壷の中に閉じ込められたり、アフロディーテとの不倫を暴かれて大恥をかいたり、とろくなエピソードが無い。これは彼の性格がギリシア人には不評だったことと、彼が信仰されていたのが当時野蛮とされていたトラキア地方(現在のギリシア、トルコ、ブルガリアの国境周辺地域)だったことが理由といわれる。だが、娘のアグリッペがポセイドンの息子に犯されそうになったときには、激怒の余りその息子を殺害する、父性ある一面がある(なお、彼の娘の2人はアレスの母親であるヘラに殺されている)。

本来は戦闘時の狂乱を神格化したもので、恩恵をもたらす神というより荒ぶる神として畏怖された。「城壁の破壊者」の二つ名がある。同じ戦争に関する神でもアテナとは真逆の性質である。これには、当時ギリシャで隆盛を誇ったアテナイの守護神がアテナだったせいとかそういう事情もあるらしい。また、同じく戦争の神とされるエリスはアレスの双子の妹とも言われ、いつも二人で戦地に赴いては戦士たちを煽り立て、争いをより悲惨なものにしては一緒に喜ぶというまさに「女版アレス」といった様相だったため、彼女もまた当時のギリシャ人たちに嫌われていた。

ちなみにローマ神話においてはマルスに相当するが、ローマでは尚武の気風があったため、こちらでの扱いはすこぶる良い。

テライケメン神、性格はまさに外道
同神話内でも1、2を争うイケメンだが、性格は粗野で残忍、かつ不誠実とかなり最悪。他の神々との仲も悪く、両親であるゼウスとヘラからも嫌われていた。しかし美男子ゆえに美の女神であるアフロディーテとは子供まで残しており、叔父である冥王ハーデスからは「戦場で多くの人間に死をもたらし、冥府の住人を増やしてくれる」として可愛がられた。

余談だが、竜牙兵はこのアレスの眷属たるドラゴンの牙から誕生した。
イラストなど

牡羊座



2 『アーマード・コア2

NINE BREAKER



AC2のトップランカーでナインブレイカーの称号を持つ強化人間のレイヴン。
KARASAWA-Mk2、月光を中心とした基準違反機体“プロビデンス”を駆る。
名の由来は上記同様。エンブレムは、ナインボールを砕く図(このエンブレムから、彼の正体はマスターオブアリーナ主人公ではないかとかいわれている)。
機体名の由来は、摂理から。
勝つことに飽きてしまっているらしく、目をつけたランカーにはパーツも進呈している。(その中には強力な物まで混ざっている。)
プレイヤーが彼に負けた時にメールをよこし、『お前には失望した。もう期待はしない。』と愚痴る。負ける度に、何度でも。
余談だが、彼に負けた時にバグがあり、一度勝つまでミッション成功率が少しづつ上がる。

なお、戦法はシリーズ最強と謳われたKARASAWA-Mk2の高性能に任せたゴリ押しで、『武器の性能に溺れている』とか散々に言われている。
他にも、エネルギー管理にも問題があるらしく、出力不足気味だったり、機体構成の殆どがジオ・マトリクス中心であるせいで、ミサイルに対する迎撃手段を持っていない。

4『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

聖戦のアレス



聖戦の系譜』の後半に登場する、アグストリア諸公連合のノディオン王エルトシャンと王妃グラーニェ(大沢美月版の漫画ではイリア)の息子。父の異母妹ラケシスの子であるデルムッドナンナ兄妹の従兄に当たる。5章の時点で3、4歳と判明していることから、後半では20歳前後の模様。クラスはソシアルナイトパラディン
踊り子のリーンレイリア)とは親しい仲であり、互いに想い合っている。

幼少時代はノディオン王子として不自由なく暮らすが、連合の内乱を予期した父エルトシャンによって、母の実家があるレンスターに母と共に戻っていた。そしてアグストリアの戦いで父は死亡、母から父を殺したのはシグルドだと聞かされていた(父が叔母に説得されていた場合、実際に殺したのはシャガール王)。その後レンスターはアルヴィスが実権を握ったグランベルの侵攻にあって滅亡し、母の王妃もその戦乱の中で死亡。幼くして孤児となってしまった後、傭兵のジャバローに拾われて育ち、傭兵として父の形見である神器ミストルティンを武器に生きてきた。

主人公セリスを父の仇シグルドの子としてつけ狙うが、リーン(レイリア)からは「お互いに人殺しが仕事の騎士だったのだから、それを逆恨みするのは男らしくない」と諌められており、アレス本人も本心では彼女の言う通りなのだと認めている。その後彼と対面するも、いずれは誤解が解けるからと説得されて本当に待ってくれたり、従妹と名乗る初対面のナンナから受け取った手紙の内容をあっさり信じたりと、案外素直な性格をしている。魔剣ミストルティンを受け継ぎ黒騎士の異名を持つため、戦闘時のグラフィックも黒ずくめになっている。
覚醒』におけるクラスはダークナイト

関連タグ

荒神 厄病神 死神 戦神 悪神 破壊神

pixivに投稿された作品 pixivで「アレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 450155

コメント