ピクシブ百科事典

やり

武器の一種。 長い柄の先に刃を付けた接近戦用武器で、棍棒・斧と並んで長い歴史を持つ。 扱いやすく攻撃距離が長いことから、長らく接近戦の主力武器とされてきた。 現在では「槍投げ」や古武術としてその形を残す。
目次[非表示]

概要

武器の大きなカテゴリーのひとつ。
の先端の片方に刺突斬撃するための刃(日本の用語では穂先)を取り付けたものの総称。平均的な全長は3m前後であるが、時代や地域によって異なる。そのなかでも短い槍は短槍(たんそう)と呼ばれ、長くなると長柄槍(ながえやり)と呼ぶ。
ただし、海外でいう分類呼称の「ポールウェポン全般」を指す言葉ではない。そちらの分類呼称としては「長柄武器」辺りが適切である。

洋の東西を問わず、古くから戦闘に用いられてきた。
短槍に分類されるものは、単純に持って刺突するだけでなく投げるという用法もあり、特に弓矢の発達する以前は投擲武器として重宝された。また、一部では棒術の延長的な形で槍術が興り、達人は穂先の反対の石突で打ったり槍身で薙ぐなど技を用いることもあった。
間合いが大きくとれるため、馬やラクダに騎乗した騎兵にも好まれた。中世ヨーロッパではランスと呼ばれる、騎兵の突撃に特化した槍が用いられ、突撃後はこれを放棄して刀剣や戦斧に持ち替えて戦ったという。

特に大型の、日本でいうところの長柄槍に分類される槍は全長5~7m近くあり、戦場における相手騎馬兵への牽制として、槍衾(やりぶすま)と呼ばれる槍兵を前衛に押し出す戦術に用いられた。なかでも、スイス傭兵や16世紀後半の日本では、槍衾の隊形を維持したまま敵との白兵戦を行い、敵の隊形を崩す戦術が主流であった。
(なお、厳密にはスイス傭兵と日本の槍衾戦法は運用が異なる)
ただし、このような戦法を採るためには、それなりに高いレベルのチームワークや士気が要求され、一定の定期的な訓練が必要だった。共通する欠点としては、鈍重であり起伏の激しい山林地帯での運用に適さず、騎馬兵による側面攻撃に弱かった。

通常サイズであればよりも比較的安く、最低限度のレベルでもテクニックを必要とせず下級兵士でも簡単に扱える武器だが、前述の通り、大型の槍は特殊な戦法や兵士たちに高い能力が要求され、汎用性が低下していく。

実用的なスタイルの物が多いが、煌びやかで派手な装飾の施された槍も少なくない。儀礼用にも槍はしばしば用いられる。
おそらく世界最古の槍は、石器時代の名も無き槍(というよりも、尖らせ鋭くした棒切れ程度のものであろう)と推定される。

余談だが、現代中国語で「槍」といえば、銃(小銃)のことを指す。(「95式自動歩槍」など)

日本では

鎧武者



日本の戦国時代では、槍(長鑓)が戦場の主力武器になった(小和田哲男『戦国の合戦』)。足軽たちが長さの揃った槍を装備して集団で進軍すると、それまでの一騎打ちを想定した騎馬武者では突破できなくなった。このため、戦国大名たちは多数の足軽に槍を装備させての集団戦を主力として用いるようになった。こうして戦功を表す言葉に「槍働き」「一番槍」といった言葉が普及した。両軍とも槍を主とした集団戦となると槍が長い方が有利なため、槍は次第に長大になってついには三間半(約6.3m)にもなったという。しかし、安土桃山時代にかけて鉄砲が武器として用いられるようになると、次第に槍の地位は低下していった(ここまで小和田哲男『戦国の合戦』)。

構造

【ピクスミ】黒槍



攻撃部位である「穂先・槍頭(Spearhead)」と、握りである「」、柄の尻で地面に接触する「石突き」が基本的な構造物にあたる。
さらに原始的・簡素なものは穂先と柄のみで、旧石器時代の石槍や、日本で即興の槍として用いられた竹槍等が該当する。

西洋の槍と日本の槍でも、構造は若干異なる。
西洋の槍の多くは他の長柄武器同様のソケット式規格になっており、柄の先端にヘッドを嵌め込んで固定するだけの場合が多い。対して日本の槍の場合は、刀と同様に「茎(なかご)」と呼ばれる“刃の根本”が存在し、かつ穂先の倍以上の長さが柄のなかに収められている。

西洋の槍は頑強な板金甲冑を貫くことに特化させたり、痛んだり消耗したヘッドをすぐ簡単に交換できるようにするため、茎はそれほど必要なかったが、日本の槍は切れ味の鋭い日本刀と鍔迫り合うことを念頭に置いたため、あっさりと柄を切らせないために茎が長大になった。ただし、弱点として柄が若干弱体化しており、強く打ち合うと柄が打ち割られてしまうため、一部の流派では「柄では打ち合わないように」と指導されることもある。

槍の穂先を固定する留め具の下に、血が柄に伝っていかないように「血止め」と呼ばれる金輪が付けられる場合が多い。

槍使いのキャラ(五十音順)

剣に比べるとよくも悪くも地味なイメージが強いからか、どちらかといえばサブキャラクター(ライバルもう一人の主人公的ポジション)向けな傾向が多い。特に日本の創作では「剣道三倍段」のイメージも強いか。
また、総身が金属の「剣」と比べ、柄が木であるケースが少なくないため「柄を斬り折られる」とその時点でキャラクターごと弱体化するケースが多い(現実では穂先を斬り折られても、棒として使用したり短槍の操術である程度の応急対処は可能)。
それに伴うかは不明だが、不幸な目に遭うキャラクターの割合も多い。

※変身ヒーローや巨大ロボットはパイロット及び本名を優先。


関連イラスト

オリジナル

蒼の騎士
槍使い


ハイプリエステス
足軽ちゃん(槍)



版権

◆◇◆◇
スカサハ


トライアングルアタック!
小デリア



関連タグ

一般

長槍   大身槍 薙刀 竹槍 ジャベリン
スピア ランス パイク ハルバード バルディッシュ パルチザン
騎士 兵士 足軽 ファランクス トライデント/三叉槍

空想・伝説・ほか

グングニル ロンギヌスの槍 蜻蛉切 ゲイボルグ ブリューナク ロンゴミニアド ミスティルテイン
天下三名槍御手杵日本号蜻蛉切) 片鎌槍 人間無骨
投げやり 槍族

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「槍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4072752

コメント