ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

岩本佳浩による漫画版ロックマンXに登場するオリジナルキャラクター。


人魚型のレスキュー用レプリロイド

頭頂部だけが跳ね上がった金髪のロングヘアーとツリ目で見るからに気が強そうな美女。

ボディはかなり融通が利くのか登場のたびに意匠が大きく変わる。


外見の変化

エックス & マーティたんぽぽ

X1からX2までは耳のパーツが水かきのようなヒレの形をしているがX3では翼の形状に変わり、昆虫を思わせる湾曲型の装甲や蝶の羽のような飛行パーツなど虫の意匠が取り入れられている。

復刊版の追加エピソードでは蟹のような甲殻類の意匠となり、作者監修の元に可動モデルとして立体化された。

センシティブな作品


性格

エックスに想いを寄せているがなかなか打ち明けられないなど、いわゆるツンデレの範疇に入る。

復刊版ではエックスから「2人で会いたい」と誘われる(彼女の意図する意味合いではない)エピソードも追加されていたが……。


経歴

X1

海の中ボウヤ

シグマの命で海路寸断を目論みマーティが活動する海域に進出してきたランチャー・オクトパルドの口車に乗りエックスを罠に嵌めるが、如何なる苦境にも決して屈しないエックスの姿に心打たれ、オクトパルドに翻意を示しその報復を受け一度破壊されてしまう。

ボディこそ粉砕されたもののメモリーチップが無傷だったために辛うじて一命を取り留める。

この時にエックスに新しいボディの設計を要求し、エックスもその要求を約束として呑んでいる。


X2

ごめんごめん!センシティブな作品

イレギュラーに立ち向かう海賊団のリーダーとして再登場し、バブリー・クラブロスと戦った。

エックスが用意したボディは何故かロリータファッションで彼女の気に入らず、後に自身で鎧を用意した。

容姿はほぼ人間の女性と変わらなくなっためクラブロスに水攻めで追い詰められるが「あたしはもともとマーメイドタイプさ!」と、その場で下半身を人魚型に変形させている。

最初からそのような機能があったのか、新ボディに追加されたのかは不明。


X3

処刑寸前のエックスにパワーアップパーツを届けるため海賊団を率いてDr.ドップラーの軍団に立ち向かう。

さらには自前のライドチェイサーに跨り単身突入、バラバラに分解したライドチェイサーと合体して追加装甲として身に纏い、背中からビームの翼を広げて飛行するなど少々やりすぎなくらいの活躍を見せた。

しかし、ようやくたどり着いた所でヴァジュリーラFFに散々いたぶられ、あのメぇぇぇ~~リぃぃぃぃぃクリっスマぁぁぁ--スぅ!!を聞かされるハメになる。


後年の扱い

岩本佳浩先生によるコミカライズの連載終了後、漫画オリジナルキャラクターと言うこともあって後のゲームシリーズに登場することもなく、漫画版の存在を知らない新規ファンの中には彼女の存在を知らない者が多い。

 

よくエックスのヒロインとして扱われているが某配管工のヒロインのお姫様とは違い、ほぼ全編に登場したわけではなく最終章であるX4でも最後のコマを除いてほとんど出番がない(後の加筆版で彼女らしい手を差し伸べるキャラは登場したが)。


更に準レギュラーでもあったことからそこまで二人の仲が進展するような話はない(但し、X3でゼロと共に処刑にされそうになったエックスを助けに行くなどそれらしいシーンは存在する)。


尤もあまり仲が進展しなかったのは彼女よりエックスが鈍感なことが原因だが。


 更に連載終了後のX5から登場したエイリアが経過とともに実質的シリーズのヒロインとなったため、マーティの存在を知るファンからしては複雑な思いを感じているであろう(実際彼女は、オペレーターでX6以降、エックスと会話する機会が多い)。


一応フォローを入れておくと連載終了後、岩本先生のブログでは時々マーティのイラストが掲載されており、メーカーからガレージキットが発売されているため、公式からも彼女の存在は認知されている。


ちなみに近年、岩本先生とメガミッションスタッフによる『ロックマンギガミッション』というカードダスが新たに展開されており、シリーズ化すれば彼女の再登場の可能性も有り得るかもしれない。


余談

  • 実は、岩本佳浩先生が自分のホームページで壁紙のリクエストを応募した際には、オリジナルキャラであるにも拘らず、マーティが2位を引き離してトップで決定したほどに(結果は1位マーティ80票、2位エックス&ゼロ61票、3位マーティ&アイリス45票であった。)人気が高い。
  • X1~X6のサントラのブックレットにイラストを依頼された時、「オリジナルキャラ(恐らくマーティのことだと思われる)も描いていい」と言われたが岩本佳浩先生はゲームあってこそのマンガだと配慮し、描くことはなかった。
  • X4にて「主要人物に恋するヒロイン」「エックスたちとは別の組織(敵側)の所属」「戦闘の際には全身に装甲をまとい翼を生やした形態になる」という共通点のあるキャラクターが登場している。……言うまでもなく『彼女』のことである。
    • マーティとの相違点として「性格が真逆」「ロリータファッションが似合う」というのもある。またXはマーティに対して「マーティの心に応えるために闘う」という旨を述べているが、『彼女』と関りのあったこの人物の場合は……

関連イラスト

センシティブな作品嫁と娘が可愛いので、ちょっと世界救ってくる


関連タグ

ロックマン ロックマンX 人魚 マーメイド ヒレ耳 ロボ娘 巨乳 ツンデレ

ロックマンX(pixiv上で彼女を探すのなら、ロックマンXのタグを併用して検索するのが望ましい。)

スプラッシュウーマン:マーティより前の世代の人魚型のロボット。エックスの姉に当たる人。

妖将レヴィアタン:こちらはいわゆるエックスの娘に当たる存在。人魚型ではないが槍を武器にした水中活動タイプという点では共通。こちらはマーティのようなツンデレではなくどちらかというとヤンデレである。

エイリア:漫画版終了後のシリーズ(X5から)で登場したヒロイン。初期の彼女の性格を考えると漫画版の連載が続いていたらなにかしらで衝突していたかもしれない。

サリー・エイコーン:別のゲーム作品の海外コミック版のヒロイン。こちらは主人公と将来結婚するなど恵まれているが後の新シリーズではあまり扱われず、ゲストキャラに落ち着いている。

イクス:カードダス限定のキャラ。彼も彼女と並んで出演の機会がない。

関連記事

親記事

レプリロイド れぷりろいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462114

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました