ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

妖将レヴィアタン

ようしょうれゔぃあたん

妖将レヴィアタンとはゲーム「ロックマンゼロ」に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

『ふふ……でも嬉しいわ。私をここまで打ち負かす人が現れるなんて……私はあなたみたいな人を待っていた気がする……あなただけは……いつかきっと、私の手で……』


概要

CV:今井由香


異名:蒼海の海神

エックスに仕えるネオ・アルカディア四天王の一人。四天王の紅一点。

「蒼海の海神」の異名を持ち、「冥海軍団」を指揮している。

ゲーム上で実際に戦う部下はなぜかごっつい体格のパワーキャラが多め。

……たまに「そういうのを付き従える趣味でもお持ちなんでしょうか」とツッコまれることも。オイ誰だ「それはそれで」とか言った奴。

冥海軍団


十の光る武具の一つ、「フロストジャベリン」を所持する。

クールできつい性格で、同僚を「キザ坊や」「戦闘バカ」とか言いきっちゃうなど、油断ならない女の子。

そこに惹かれてしまった方も多いのではないだろうか。

なお、隠将ファントムの陰口は言っていない。ドラマでも「レジスタンスなんて私たちの噂聞いただけで逃げ出すにきまってるじゃない。ね、ファントム」と言ったレヴィアタンに、ファントムが「力の過信は身を滅ぼす。覚えておけレヴィアタン」とたしなめて、「ふうん…あなたが熱くなるなんて珍しいわね」とレヴィアタンがファントムの言葉を素直に受け止めている描写があり、このやりとりからファントムだけは認めている様子。

「他の四天王より私が先に貴方を倒したら、あいつらどんな顔するでしょうね?」などと挑発しながらゼロに挑んでくるものの、苦も無く打ち負かされた挙句にトドメを刺されることすら無く見逃されてしまって以来、「こんなに強い遊び相手が現れることを、自分はずっと待ち望んでいたのかもしれない」「だからこそ、いつか必ずこの手で倒したい」という、強烈に愛憎入り混じった執着を抱くようになる。(尚、皮肉にもそのご執心ぶりは「戦闘バカ」もほぼ似たようなものであり、本人も自嘲していた。)


レヴィアタンスピリット・オブ・ジ・オーシャン


「貴方の強さが…私をおかしくするの…。」


「私もファーブニルの馬鹿がうつったみたい。貴方のこと考えると…ダークエルフなんて、どうでもよくなっちゃう…。」


「たとえ、世界が滅びても、貴方さえ倒すことができれば、私…幸せなの。さぁ、いくわよ。」


「私は、どんどん愚かな女になっていく…貴方と戦うこと以外…考えられなくなっていく…。」


「でも…幸せよ。」


「貴方をいつか…この手で、引き裂くことを夢見ながら…しばらくは、生きていくとするわ。じゃ…また…ね。」


プレイヤーからヤンデレ扱いで定着しきっていることは言うまでもない。


ちなみにゼロ3冒頭にて、ファーブニルと一緒にオメガ第一形態と対峙していたのだが、ほとんど何もできずに返り討ちに遭ってしまう。

そこにゼロが現れた時の一言が「アイツは手強いけど、貴方と違って燃えられない」(要約)。

どんだけゼロに依存してんですかアンタ……。

ゼロさんもゼロさんでつくづくヤバい女にモテ過ぎである。


ロックマンゼクスシリーズでは、彼女の力を宿したライブメタル「モデルL」が登場する。

Pixivのタグ検索では単に「レヴィアタン」と入力した方がヒット数が多いが、その他のレヴィアタンもヒットするため、「ロックマンゼロ レヴィアタン」と検索するのが一番効率的。


他の四天王はエックスがかつて装着していたアーマーに対応していると言う説があるが、レヴィアタンは現状で当てはまっているアーマーが存在していない。強いて言うならばエックスが常に装着しているノーマルアーマー辺りだと思われる。


ロックマンXDIVEではロックマンゼロコラボの一環として参戦。得物は原作と同じくフロストジャベリンであるが、他の武器も装備可能である。しかし、中の人が引退してしまった影響からか、CVはGBAの流用となっている。ちなみに四天王で参戦しているのは現状は彼女とハルピュイアのみである。残りのニ人もいつかは参戦するかもしれない。



主な能力・技

水中戦を好む。

主な攻撃は氷の結晶を放つ、ジャベリンの刃を飛ばすものがある。『2』ではジャベリンの穂先を凍結させて垂直落下する技を披露。他にも氷の龍を出したりもする。この龍は頭を破壊する事で撃破可能。

なお、ボスとしての強さはそこまでではなく、氷の結晶は回転斬りで容易く対策可能である上に氷のリングを生成中にチャージセイバー(炎)を当てれば技がキャンセルされて簡単に嵌める事が出来る為であり、ハメのしやすさは賢将ハルピュイアと同等かそれ以上。「アンッ!」という被ダメボイスが出ればこっちのものである。

その反面、『ゼロ1』では時間差で狭まる潜水艦の艦底、トゲだらけの床(ボス戦でも両サイドがトゲとなっている)、潜水艦から放たれるミサイル、『ゼロ2』ではユキ・ダ・マシーンによる雪玉の投擲、そこそこ硬いスノーガルムによる噛みつき、地表にこれでもかと敷かれた地雷など登場ステージのギミックはプレイヤーの精神を削りかねない嫌らしいものばかりである。


「アームドフェノメノン」と呼ばれる別形態に変形でき、ロックマンゼロ2では巨大な魚雷のようなと言うか、エイのような姿になった。

この時は、氷の龍でゼロを閉じ込めてからの突進や床や壁で反射する氷の刃を放つ攻撃をする。

ハッハァッ!」というハイテンションな高笑いと共に猛烈なブチかましをかけてくる彼女の姿は、実に楽しそうである


ちなみに彼女の必殺技版突進攻撃には「クレイジーダンス」という名前がついているのだが、エイの一種であるマンタは、ダンスを踊るかのような激しい動きを求愛行動とするらしい……ので、つまり、あの必殺技はレヴィアたん渾身のLove or Death愛の告白だったんだよ!!という超解釈が一部で囁かれているとか何とかかんとか。


獲得能力

ラクレツザン(落烈斬)(ゼロ2)

ゼットセイバーのEXスキル。

空中で下+セイバー攻撃のコマンド入力で、落下しつつ下方にセイバーを突き刺す。

発動中は僅かながら左右移動が可能。

氷属性のエレメントチップを装備していると属性が付加される以外に、セイバーが巨大な氷柱となる。


関連イラスト

レヴィアタンレヴィアタンレヴィアタンレヴィアタン

妖将センシティブな作品レヴィアタンレヴィアタン


関連タグ

ロックマンゼロ ゼロ エックス ゼロレヴィ

ネオ・アルカディア 賢将ハルピュイア 闘将ファーブニル 隠将ファントム

マーティ(ロックマン)漫画版ロックマンXに登場するマーメイド型の女性レプリロイド。ツンデレなところがあり、坊や扱いしながらもエックスに想いを寄せていた。漫画オリキャラでありながら人気は高く、レヴィアタンを「エックスとマーティ」の娘として扱うファンも多い。

綾小路やいと…中の人が引退しているロックマンキャラ繋がり。

関連記事

親記事

ネオ・アルカディア四天王 ねおあるかでぃあしてんのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4534470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました