ピクシブ百科事典

オメガ(ロックマンゼロ)

おめが

ゲーム「ロックマンゼロ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

この項目はロックマンゼロの根幹に関わるネタバレを含みます

















概要

CV:諏訪部順一

「妖精戦争」時に世界を破滅寸前まで導いた巨大なレプリロイド。
その正体はオリジナルのゼロ のボディを改造して生まれた破壊神である。
同時にプレイヤーが操作していたゼロのボディはコピーボディであることも判明した。

その巨大な姿はあくまでオメガのパワーを抑える拘束具であり、オメガ本体の大きさはプレイヤーが操作するコピーボディのゼロと変わらない。

終わらない「妖精戦争」を終結させるため、科学者バイルによって戦場に投入された。
オメガの投入により妖精戦争は終結を迎えたものの、全人類の60%と全レプリロイドの90%が死滅し、余りにも大きすぎる被害を出すこととなった。
最終的にオメガはゼロとオリジナルエックスの両雄によって宇宙船に押し込められ、宇宙空間へと放逐されたが…。

結果はどうあれ妖精戦争を終結させたため、自身を「メシア」(救世主)と称している。

バイルは一向に終わりの見えない戦争を終わらせるために、あらゆるレプリロイドのデータを書き換えて操るサイバーエルフ「ダークエルフ」を利用しようとした。
(ダークエルフとは、イレギュラーのデータを書き換えて正常な状態に戻すサイバーエルフ「マザーエルフ」をバイルが改造したもの)
しかし、ダークエルフを操作するためには、ダークエルフに操られないレプリロイドが必要だった。そこでバイルは、サイバーエルフの元となっているΣウィルス(正確にはその前身たるロボット破壊プログラム)への耐性を持つ、ゼロのボディを利用することを考えた。
オリジナルエックスの親友でありイレギュラーハンターだった方の人格(サイバーエルフ)は、コピーのボディへと移され、オリジナルボディには命令を理解させるために必要な最低限の人格プログラムを入れた。
凶暴でありながら、バイルからの命令を受け付けるために必要なだけの、常識的な知識と知性(多少の会話と通話ができ、言われた言葉を理解できる程度)を持っている。

余談

「魂を失った本物」を「本物の魂を持った複製」が打倒するという展開は、当時迷走を続けていた「Xシリーズ」に対してのストレートすぎる暗喩である。
また、過去の時代においてゼロは一度ウィルスの力で本来の力を取り戻している

「我はメシアなり! ハッハッハッハ!」
というセリフが耳に残るが、AIが弱いためあまり苦戦しない。
よく勝利をご馳走してくれるので「我は飯屋なり!」、「飯屋」等とネタにされる。

ロックマンZXにも隠しボスとして出演している。
ゼロコレクションはGBAのままだが、ZXのオメガは回復つきでAIが強化されているため結構強い。

ZXの隠しボスのオメガはただのおまけなのか、バイルのように自然とモデル化したものが映し出したものなのか、自己修復機能で蘇ったのかは不明。
ストーリーに絡まないだけで、とあるボスがオメガ(モデルOの波動)に対して恐怖するセリフを履き捨てて爆発する。

ZXの公式ブログの質問コーナーに呼び出されたことがあり、
普段とは違う、ハイテンションかつお茶目な一面が見られる。詳しくはここを参照

主な能力・技

AIはともかくとして、設定上は強敵。
第一形態でさえファーブニル、レヴィアタン二人掛かりでも苦戦するほど。
(勿論、ゼロも最初は完全には倒せなかった)

第一形態

【C83ゲスト】R-GENERATION25


巨大な剣を携え、灰色の鎧を纏った姿。
レーザーや音波を放つ、巨大な剣で地面をつくといった攻撃がある。
巨大な剣の様な形の宇宙船内部に潜伏しており、ファーブニルとレヴィアタンによる二人がかりの攻撃でも止められず、ゼロとの戦闘で一度は怯むも、再び戦闘を続行しようとするなど化物じみたタフさを持つ。
バイルに回収された後に、ダークエルフと融合し体の色が金色へ変化した。
変化したのは見た目だけではなくその能力も強化され、一度オメガに有効打を与えられたハルピュイアでさえも沈黙させる程の圧倒的な力を見せた。

第二形態

ロクゼロゲスト


オメガがダークエルフの力を解放してパワーアップした姿。
上半身とバスターしか画面に入らない程にまで巨大化しており、ゲーム中では全体像を確認不可能。3つの頭からそれぞれレーザーを放つ、バスターから巨大なショット等を放つ攻撃がある。
右腕にも巨大な剣を持つのだが、残念ながら剣による攻撃は行わない為、実質ただの飾りである。
この三つの頭部は画面の左から、ゼロ、ダークエルフ、エックスを模したものになっている。


第三形態(本体、通称飯屋)

オメガの真の姿であり、最終形態。
第一形態のオメガのあの巨大な鎧は強過ぎるエネルギーを抑える為に施された拘束具でしかなくあの姿は力をわざとセーブしていた姿だった。
事実上手加減していた第一形態の状態であっても四天王を圧倒しており、オメガの真の力は底抜けのものである。
バスター2連射からのソニックブーム、5方向にエネルギー弾を放つ「滅閃光」といったX時代のゼロの技を使う。

ゼクスシリーズにおける能力

拘束具は存在せず、最初から最終形態で戦う事となる。
使う技に変更は無いが「裂閃光」(四本の柱で自身を囲い、無敵になる技)に回復機能がついて、尚且つ昇炎牙(ジャンプ斬り上げ)と三段斬り、乱舞(メッタ斬り)の精度がものすごく強化されており、GBAと同じ要領でジャンプすると叩き落される、HXで上に逃げても逃げれないほどの精度。
ちなみに思考回路は回復>昇炎牙>ダブルショックウェーブ(バスター→バスター→真空波>乱舞>三段斬りである。
裂閃光による回復量、ライフエネルギー(大)と同じ8メモリ。

関連イラスト

我はメシアなり
ゼロvsオメガ



関連タグ

ロックマンゼロ ゼロ
覚醒ゼロ コピーロボット(ロックマン)

pixivに投稿された作品 pixivで「オメガ(ロックマンゼロ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26418

コメント