ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ロックマンゼロシリーズ全般に登場する敵キャラクター。

エックスのDNAデータを劣化コピーし作られた量産型レプリロイド

全体的なシルエットはエックスとそっくりだが、顔となる部分は赤いコアがあるだけの無機質なものである。


もとはネオ・アルカディアの作業レプリロイドであり、軍事用では無い。殆どのパンテオンはレジスタンスに対し急遽武装させたもので、戦闘力は低い。

ただし、それはあくまでもゼロや軍事用レプリロイドに比べたらの話で、『1』のオープニングでもわかる通り、レジスタンスに所属するレプリロイド程度なら圧倒出来るだけの力は持ち合わせている。

また、様々な派生モデルが存在し、それぞれが特定の能力に特化している。


量産型とは言えれっきとしたレプリロイドなので、表情を変える事はできないものの感情はしっかり存在する。

設定資料によると頭部は仮面であり、中には人間のような素顔が存在しており、説明文には「素体は反逆者」と書かれている。

また、『サウンドトラック ピュシス』付属のミニブックによると、最終決戦の後のエリア・ゼロにて赤子をあやしているところも見受けられる。

派生モデルシリーズ

パンテオン・コア

サイバーエルフを積んだ特急列車に搭載された人工頭脳で、コアの部分がパンテオンの頭部と同じ形状となっている。

火炎放射で攻撃したり、足元の床を突き上げて押し潰そうとしてくる。


パンテオン・アクア

水中戦闘型。モリを撃つ。ダークエルフにより暴走を起こした。


パンテオン・ウォーリア

片腕を大型化し、近接戦闘に特化したタイプ。


パンテオン・エース

2体で行動する高性能型パンテオン。恐らくフライナーの上位機。中ボス。

最初は石像のような姿であったがゼロが接近すると二体で連携し襲い掛かってくる。

中ボスだけあり、通常のパンテオンに比べ高い耐久力、攻撃力を有し素早い動きを行い、より戦術的な行動をとる。


パンテオン・ガーディアン

電気警棒を腕に搭載したパンテオン。最初に登場する。


パンテオン・コープス

プアエルフ(不完全なまま起動して暴走したサイバーエルフ)が乗り移り動いているパンテオン・ガーディアンの残骸。色も茶色く汚れ、フレームや内蔵機器が丸出しである。かなり老朽化が進んでいるようであり耐久性は高くない。かなり古い機体だったようであり警備していたパンテオンが古くなり壊れたと推測できる(因みにプアエルフは太陽光に当てれば一撃で倒せる)。


パンテオン・ゾンビ

パンテオンの残骸。コープスとは攻撃方法が異なる。

アヌビステップ・ネクロマンセスにより召喚されるザコ敵で、取りつかれると一時的に身動きを封じられる。バトルステージの砂漠の砂でできているらしく、砂に戻る場面やいきなり砂から召喚されたりする。


パンテオン・ハンター

腕を3連射式バスターに換装したパンテオン。発射する弾の速度は遅く回避しやすいが、敵が多い所では裏目にでる事もある。


パンテオン・ハンマー

ハンマー、盾を持つ大型パンテオン。


パンテオン・フィスト

両腕を大型アームに換装したタイプ。恐らくウォーリアの上位機。


パンテオン・フライナー

空戦型のパンテオン。武器は腕のバスター


パンテオン・ベース

ホバークラフト上でハンマーを振り回す大型パンテオン。いきなりホバークラフトで現れる為回避が難しいが、倒せばホバークラフトを乗っ取る事が可能。

しかしクラフトはしばらく移動していると即死する穴へ落っこちるので注意。


パンテオン・ホッパー

鋭利な爪を持つパンテオン。接近すると襲いかかる。


パンテオン・ボマー

グレネードを投げつけるパンテオン。

区分されてはいるが外見に大きな特徴はなく、普通のパンテオンがグレネードを投げているだけである。


パンテオン・ランチャー

大型ランチャーを持つパンテオン。


レインボーデビル

倒すのむずいやつ。ぷるぷるびちゃびちゃのやつ。

ネオ・アルカディアの塔のボス。七色に輝くソーダゼリーのようなボディに包まれたイエローデビル系のボスで、パンテオンの頭がコアとして組み込まれている。

地を這ったり、殴りながら突進したり、巻きつきや破片をばら撒いたりする攻撃が得意。ジャンプ中にむやみに攻撃を加えると更に細かく分裂して回避しづらくなってしまうので注意。これまでのデビル系と違うのは、攻撃を一定回数当てると分裂して一定時間攻撃ができなくなるのではなく、どの状態になっても本体部分に攻撃が通るという点である。


改造パンテオン・アクア

ダークエルフを捕獲しようとしたパンテオン・アクアがダークエルフの力により暴走したもの。パンテオンと比較すると大型化し、背中に不気味な羽のようなものが現れ、その容姿はゼロ1にて第二形態へと変身したコピーエックスを彷彿とさせる。

巨大なアームやステージを揺らす、更に多方向にエネルギー弾を発射するなどパンテオンを遙かに超える能力を得た。

(戦闘中にはパンテオンには本来無い筈である「声」のようなものも聞こえる。)


後継機

バリアントシリーズ

「ロックマンゼロ4」に登場するパンテオンの発展型と思しきレプリロイド。

  • バリアント・ファイア

パンテオン・ハンター的ポジションだが、腕のバスターからするのは光弾ではなく、着弾すると炎上する「ブレイズバスター」となっている。


  • バリアント・クロウ

獣のようなフォルムをしたガレオン。

動きが素早く、雪の中に隠れて近づいて来た敵に「スティールクロウ」を見舞ってくる。


  • バリアント・フェンサー

ワイヤーにぶら下がっているタイプのバリアントで、足が非常に短い。

武器は「ヒートサーベル」と呼ばれる近接戦闘用のサーベル。


  • バリアント・ミシル

通常のバリアントよりもがっしりとした体型のバリアント。

肩に背負った「ワイドバスター」から拡散するミサイルを発射してくる。



ガレオンシリーズ

ZXシリーズ

ロックマンゼクス」シリーズに登場するバリアントやパンテオンによく似たメカニロイド。

メカニロイドの中でも知能が高いようで、敵勢力の兵士として運用される事が多い。


  • ガレオン・ハンター

ロックマン・モデルXにそっくりな紫色のメカニロイドで、武器はバスター。

ガレオンというと大抵の場合、この個体を指す。


  • ガレオン・ウィング

背中に飛行翼を備えた個体で、フレームが軽量化されている。

武器は通常個体同様にバスターだが、強化型のDXは爆発するニトロ弾で攻撃してくる。


  • ガレオン・シュラウド

ナマコのような外殻に身を包んだガレオン。

攻撃の際には天井を展開してバズーカを発射してくる。


  • ガレオン・ダイバー

水中専用バイクに乗ったガレオンで、バイクからレーザー砲を発射してくる。

理論上は水深500mまで潜れるとのことだが、ワイヤーが切れるといとも簡単に破壊されてしまう。


  • ガレオン・バーナー

背中に背負ったバーナーから火炎放射を行う。燃料が切れるとバーナーをパージする。

理論上は1800度の高熱の中でも活動でき、窓から襲撃してくるので非常にうざったい事この上ない。


  • ガレオン・マニューバー

フライングボードに乗ったバズーカ担当「ガレオン・バッテリー」と、ボードにぶら下がる「ガレオン・スパイダー」担当で構成されるチーム。

バズーカから放たれるのはミサイルではなく、プロテクタス・ザ・ゴアロイドと同様の爆弾である。


  • ラバデビル

サモンデビル

ガレオンの頭が溶岩を吸収してボディを得た姿。

溶岩から拳を生やして殴る技や火山弾となって降り注ぐ攻撃が得意。

ボディを生成している間は攻撃が効かないが、頭を露出させている隙にプラズマサイクロンを当てると簡単に落ちる。


ZXAで登場

  • ガレオン・アサルト

腕に巨大なセイバーを付けたガレオン。

攻撃手段は斬撃ではなく、意外にも刺突。

こちらを見るなり突進してくる上にHPもそこそこあるが、豆バスターで簡単に怯むのでそこまで脅威ではない。

余談だが、漫画版「ロックマンZX」では時代が「ZX」であるのにもかかわらず序盤に何故か登場している。


  • ガレオン・スパイダー

すり抜け足場や天井ににぶら下がっているガレオンで、武装はハンターと同様。

ZX時代と異なり、ちょっとしたダメージで簡単に地に落ちてしまう。


  • ガレオン・バッテリー

マニューバーとして登場したZX時代とは異なり、こちらはバズーカからミサイルを放つ。

敵がいないとバズーカのメンテナンスを行っているというマメなところもあるらしい。


  • ガレオン・ヒューズ

両腕にスパークマンのようなブレード(「アノード」、「カソード」というらしい)を持ち、地面に電流を走らせて攻撃してくるタイプのガレオン。

アンチ・エレクトコーティングがなされているため、感電の心配はないらしい。HPはそこそこだが、フルチャージされたバスターを使えば簡単に落ちる。


  • ガレオン・ヘッド

ガレオンの頭をコアにした青いイエローデビルのようなタイプ。

コアを特別な液体に浸すことで誕生するが、コア単体がトラップとして敵の頭上に降ってくる事もある。

ガレオンの中でもかなり脆い部類に入る。


  • ガレオン・ライダー

ハイウェイといったそれっぽいステージを始め、油田のある砂漠のような悪路やレギオンズ本部といった屋内でも関係なしにバイクを乗り回すガレオン。

バイクにはフィストレオ・ザ・プレデトロイドのDNAデータを組み込んでおり、炎攻撃を浴びせると暴走してしまう。おまけにHPもかなり高く、セイバーを1回浴びせた程度では死なない。しかし、勝手に壁に激突して自滅してくれる為、まともにやり合わない方が身の為だろう。


関連イラスト

人間達を護るために…

パンテオン・ガーディアンウォォォォォリアァァァァ


関連タグ

スナイパージョー・・・パンテオンと背景が似ているロックマンシリーズの量産型ロボット

ヤッター兵 コマンドロイド ダークロプス・・・同じく正義のヒーローをモチーフにした量産型の敵キャラ

ダークロプスは単眼という点でも共通している。

戦闘員

黒影トルーパー・・・こちらもヒーローの量産型

関連記事

親記事

ネオ・アルカディア ねおあるかでぃあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167709

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました