ピクシブ百科事典

コピーエックス

こぴーえっくす

コピーエックスとはゲーム「ロックマンゼロ」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

知っているかい?ゼロ。人間は今までにない程の繁栄を遂げ直した。
かつてキミや、オリジナルのエックスでさえ築く事のできなかった、真のパラダイスがこの世に誕生したんだ!
この……僕のおかげでね。

概要

CV:今井由香

Xシリーズの主人公でありこの時代で英雄と讃えられているエックスのコピー。ネオ・アルカディアの統治者である。一般人には彼がエックスのコピーである事は公表されておらず、この事実を知るのは極一部の者のみとなっている。
当初、この体をオリジナルエックスの新しい体にしようとして作成されたのだが当の本人がこれを拒否、サイバーエルフとなって行方を眩ます事になる。その為、仕方なく代わりの人格が入れられるといった誕生経緯を持つ。
ゼロ3における戦闘後の会話からして、オリジナルエックスとは面識がなかった様子。
製作者はシエル

エックスのコピーではあるが、コピーされているのはあくまで外見で、人格はオリジナルとは別物である。オリジナルとは対照的に悩む事を知らず、高慢で独善的な性格を持ち、自身を英雄と言い切る。自らの行いを批判されるとすぐに激昂するなど、どこか幼稚な部分も垣間見られる。
人間至上主義者でもあり、ゼロシリーズにおいてレプリロイド達が理不尽にイレギュラー認定をされ、一方的に虐殺され続けるという事態を引き起こすきっかけとなってしまっている。しかしその根底には、地球の荒廃によって枯渇しつつある燃料資源を完全に絶やさないためにも、レプリロイドの「間引き」の必要性に迫られたから、という事情もまた存在している。
この惨状を受け、シエルは(コピーエックスを作製してしまった責任を取るためにも)レジスタンスとして決起することになった。

ゼロ1ではラスボスとして登場。
最終ステージの最深部に到達したゼロの前にネオ・アルカディア四天王の面々が(途中で討ち取られた一名を除いて)立ちはだかるも、そこにコピーエックスが現れ、「お前達が敵う相手ではない」と言い切って引き下がらせ、ゼロとの一対一の最終決戦に臨む、という流れ。
散々プレイヤーに高圧的な態度を示し続けた四天王達が、ロクに反論もできないまま立ち去っていく様子には、圧倒的な格の違いを感じさせられる。
当時「いくらコピーと言えど、よりにもよってゼロの手でエックスを倒さねばならない」というシチュエーションに衝撃を受けたXシリーズ経験者は多かったはず。

「無実のレプリロイドまでも大量に処理して得た平和か…お前もこの世界も、全てまがい物だな。」
「ふふ…君は僕の想像通り愉快な人だね、君のような人と楽しい時間を過ごせて本当によかったよ…じゃあ、そろそろ仕事を始めるとしますか。」

ロックマン



戦闘開始時に天使のような姿のアルティメットアーマーを装着して戦うが、ゼロに「弱いな」「本物はもっと強かった」と一蹴されてしまう。実際(ゲーム的にも)弱い。

copy


激昂したコピーエックスは「シャイニング・トランスフォーム」を発動、更に強力な戦闘形態へ変形する。

最終防衛


頭頂部にエネルギーの光輪を戴き、六枚の巨大な翼、巨大な鉤爪と化した両腕、脚の無くなった下半身…………
流れる戦闘BGMの名は「Fake」(偽物)。正にエックスとは程遠い異形の姿であった。

……しかし、所詮はまがい物。
天から全てを見下ろす大天使のような最終形態も結局ゼロには敵わず、そので天から地へと叩き落され、全身が無様に崩れ落ちる。

崩毁


「な…なぜだ…完璧なるコピーのはずの、この…僕が…なぜ…こんな目に…僕は、英雄じゃ…なかったのか…?」
「今、少しだけ思い出した…あいつはお前みたいに単純な奴じゃない、いつも悩んでばかりの意気地なしだったさ…だからこそ奴は英雄になれたんだ。」
「お前だけは、許せん…道連れにして…や…。」

最後のあがきとして自爆でゼロ諸共地獄に堕ちようとするが、それもまた失敗し、命からがらネオ・アルカディアから脱出したゼロは、荒野にて目を覚ます。
…………すると、そこには…………といった所で、ゼロ1の戦いはひとまず終結したのだった。

尚、この戦いはロックマンX4の(エックス側の)エンディングにおいて、エックスがゼロに向けて言った「もし俺がイレギュラー化したら、君が倒してくれ」という口約束を(この当時のゼロは「馬鹿なことを言うな」と真に受けずに切り捨てていたが……)、ある意味では果たしたとも言えるのが、また皮肉である。


ゼロ3ドクターバイルの手により「コピーエックスMK2」として復活。
復活が不完全なようで、喋るときに「ギギ……」といった機械音が混じる。無条件にバイルを信用するよう改造を施されており、これによってレプリロイドだけでなく人間までもが危険な状況に晒される態勢を作ってしまう。

ゼロ3では中間ボス的な立場で登場。ゼロとの再戦で敗北後にオリジナルエックスに真相を告げられた事で激昂し、再び「シャイニング・トランスフォーム」を発動するものの、バイルに仕掛けられた罠により自爆するという最期を遂げる。(この時オリジナルは罠の存在を見抜いており、コピーエックスに「いけない!」と呼び止めるのだが、その声が届くことは無かった……。)
この巧妙に仕組まれた「テロリストの襲撃による英雄エックスの討ち死に」によって、バイルは自らの手を汚すこと無くネオ・アルカディアの強制的な政権交代を引き起こし、新たなる支配者として君臨するのだった……。
(もしここでコピーエックスが勝っていたとしても、それならそれで彼を表に立たせる傀儡政治を継続すれば良いだけの話であり、つまりこの時のゼロはコピーエックスと対峙した時点で、まんまとバイルの策略にハマっていたと言える。仮にバイルが手を加えなくても、元々倒すつもりで戦っていたので結果は同じになった可能性もある。)

……要するにコピーエックス自身は折角復活させてもらえたと思ったら、体良く捨て駒にされていただけだったのである。
最早一作目のカリスマラスボスの威厳など微塵も残ってはいない……合掌。

主な能力・技

戦闘時は天使のような翼を持った白いアーマー「アルティメットアーマー」を装着する(Xシリーズのそれとは容姿が大きく異なる)。
主な技は空中で突進する「ノヴァストライク」、4種類の弾と、チャージショットを放つ「バスター」、オリジナルエックスは使えなかった本家ロックマンの技「スライディング」等がある。
「シャイニング・トランスフォーム」を使って、パワーアップし、天使のような外見をした戦闘形態へもなれる。

ネオ・アルカディア!
邂逅



獲得能力

リフレクトレーザー(ゼロ3)
バスターショットのEXスキル。
属性チップを装備していない時に最大までチャージしたショットを放つと、壁に当たると反射するレーザーを発射する。
レーザーは最大4回まで反射する。

余談

実は企画段階ではあろうことか、本物のエックスをラスボスにする予定であった(これについては『ロックマンゼロ』の暴走と言うわけではなく、『ロックマンX5』のバッドエンドで伏線があった)。
しかし、「進行中のシリーズの主人公をラスボスにするのはさすがにちょっと……」というスタッフの見解により、開発終了間際になって「ラスボスはエックスとは別人のコピー」となった経緯がある。
しかも、さすがに没になったとはいえ「イレギュラー化の原因は、全てのレプリロイドのオリジナルとなったエックスの自分で考えて行動を決定する機能であった」というあんまりな設定まで考えられていたという……。

ちなみに自らを英雄と言いだすコピーエックスに対して、ゼロのボディに収まった人格「オメガ」もまた自らを「救世主(メシア)」と叫ぶ。

関連タグ

ロックマンゼロ ロックマンゼロ3
オリジナルエックス オメガ(ロックマンゼロ)
ゼロ(ロックマン) エックス(ロックマン)
コピーロボット(ロックマン)

pixivに投稿された作品 pixivで「コピーエックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 278013

コメント