ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

地獄

じごく

生前に悪行を成した人間が死後に罰を受けるとされる世界。転じて非常に困難な状況や場所などの例え。
目次 [非表示]

概要

一般に生前に悪を成したものを死後処罰する場所を指す。本来は仏教用語だが、転じてさまざまな諸外国の地獄概念の訳語や地獄を想起させる事物の比喩表現として用いられる。


曖昧さ回避

  • 仏教、神仏習合における地獄(本記事で説明)
  • キリスト教でいう地獄(英語:Hell、本記事で説明)
  • ギリシャ神話の地獄 ⇒タルタロス
  • 北欧神話の地獄 ⇒ニブルヘイム
  • アイヌ神話の地獄 ⇒テイネモシリ
  • そのほかの「地獄」の用法 ⇒記事末尾関連タグ参照

仏教における地獄

仏教における六道の一つ、地獄界のこと。六道輪廻においては、大罪を犯した者が死後生まれ変わる世界であり、達による果てしない拷問が行われる。神仏習合が進んだ古代中世日本で広く受け入れられた地獄観。


歴史

インド仏教からヤマ(中国で音訳して閻魔)という死後の世界の神の思想はあったが、中国道教と混淆することで閻魔大王泰山王泰山府君)等の地獄の裁判官が生まれ、日本に伝わって巨大な官僚組織を伴う地獄の概念が完成した。様々な文献で地獄は語られているが、その地獄の記述が広く民衆に影響を与え浄土教の基礎ともなった(『大辞林』第三版)という源信『往生要集』が描く地獄を例示してみる。


『往生要集』の地獄

地獄は以下の表にまとめた八種の大地獄に分かれる。下に行くほど罪は重く、そこに転生してからの寿命(というかぶっちゃけ刑期)も長い。その長さたるや等活地獄ですら、「人間の五十年を四天王天の一昼夜とすれば四天王天の寿命は五百年、これを一昼夜と見なしての五百年(つまり、約一兆年ほど)」とか、一体いつになったら出られるのやら。一応、刑期を終えた罪人は輪廻転生のサイクルに再び戻ることになるのだが、「その頃には地球が既に人類滅亡あるいは爆発で滅んでる気がするが…」、「もし地球が既に爆発していたら異星人などに転生する気がするが…」(尤も、輪廻転生が過去や未来を超越した概念だと考えれば、長すぎる刑期でも全く問題はないのだが)。


地獄名罪名刑罰
等活(とうかつ)殺生鬼に殺され、互いに殺し合い、生き返ってまた殺される
黒縄(こくじょう)窃盗砕き殺しては鉄の釜で煮られる
衆合(しゅごう)淫欲岩鉄で潰され剣山で切り裂かれる
叫喚(きょうかん)邪な飲酒熱釜で煮る、溶けた銅を飲ませる等
大叫喚(だいきょうかん)虚偽この世で最も恐るべき炎で焼かれる
焦熱(しょうねつ)因果を否定する邪な考え上の各地獄の炎が冷たいと思える程の火力で焼く
大焦熱(だいしょうねつ)浄戒を保つ尼への乱暴源信にも詳しくは述べられないとか
無間(むげん)・阿鼻(あび)全ての戒に背きながら僧侶としての施しを受けた者・自分の親を殺した者源信曰く刑罰の内容を聞いただけで死ぬ

これらの罪を犯すとたとえ老衰病気生涯を終えたところで地獄行きと決まる。

なお例えば下の黒縄地獄に堕ちるのは窃盗だけでなく上の等活の罪である殺生両方の罪を犯したものである。ならば、人さえ殺さなければ地獄に堕ちないのか、というとそう甘くはない様だ。八つの大地獄には、それぞれ概ね大地獄と関連した罪を裁く十六の地獄が付属しており、合わせて百三十六の大地獄が存在し、ここには人を殺さずとも落ちる。例えば鳥獣を殺した者は等活地獄に付属した十六地獄のうち不喜処に堕ち、鳥や犬、狐に喰い殺される。酒を水増しして売った者は叫喚地獄に付属する火末虫処にてあらゆる病気に罹って苦しむ。仏前への供え物を取って食べ用いた者は、阿鼻地獄に付属する黒肚処にて、飢えの果てに自分の肉体を食う羽目になるとか。更にそうした百三十六の地獄の内の1つにでも落ちれば、残りの地獄も全て廻らなければならない


さてこれら、八つの大地獄を管理し亡者を処罰しているのは閻魔王に仕えるたちであるとのこと。またこれらとは別に八寒地獄という地獄もあるという。


ただ、無理に悪行を重ねたのではなく結ばれた縁によって悪行を行ってしまった者、つまりやりたくてやったのではなく

・そうしなければ生きられなかった者(襲われて返り討ちにした等)

・意図していなかった行動によって結果的に悪事を行なってしまった者(転んだ時人を突き飛ばした結果人が死んでしまった等)

・兵士同士のようにお互いに殺し殺される縁で結ばれている者の殺生

・親の洗脳教育等のせいで罪を罪と思わず悪事を働いていた場合(物事の分別が付くようになってからも続けた場合は除く)

等は、人々があの世におもむく際の初七日(亡くなった日から数えて7日目に営む法要)から三回忌(亡くなってから2年後に営む法要)までに罪の重い軽いを定め、転生する世を決める十王の下で召人(めしうど)として仕え、地獄行きを免れられるともされている。


地獄の伝承

この他、136種の地獄の刑が存在するとも言われ、有名どころでは血の池地獄針地獄釜ゆで地獄舌抜き地獄などが伝わっている。実体験どころか、耳をも覆いたくなるようなおぞましいものも存在する。


キリスト教における地獄

キリスト教にも似たような概念は存在する。を信じ善行を積んでいれば天国に行けるが、神を信じず悪いことばかりしていると死後に地獄へ行く、と説いている。仏教と違って転生はないので、地獄に堕ちたら永遠の刑罰に晒される。唯一救われる可能性があるのは最後の審判である。天国にある者から地獄で苦しむ者まで、全ての人類は神に裁かれる。そこで地獄行きが決定したらば、本当に永遠に地獄で刑罰を受け続けることになる。宗派によっては、最後の審判の後に堕ちる場所のみを地獄と呼ぶ場合もある。


有名なコピペで宣教師の説法に「ご先祖はキリスト教信じてなかったから地獄行きなの?ならワシらも地獄でいい、自分達だけ救われるような親不孝はしたくない」と返して宣教師を悩ませた逸話があるが、これ以後は元からあったのか聖四文字が後付けしたのかはわからないが辺獄という概念が追加され「正しい教えを知らないまま死んでしまった者や、地獄に落ちるほどでもない小悪党は一度ここで悔い改める機会を貰える」ということになっている。


キリスト教の地獄について詳しく描いている有名な例が、ダンテの『神曲』である。『神曲』によれば、キリスト教では地獄は8層に分類され、下層に行くほど罪の深さと刑罰の過酷さが増していく。最下層には永久凍土に封じられた大魔王サタンが眠っているとしている。

大体のファンタジー作品はここから地獄の着想を得ている。

ちなみに、煉獄という場所も存在し、名前の響きから炎の地獄のようなイメージを持たれているが、実際のところ煉獄とは「天国に無条件に行ける程清らかでは無いが軽い罪しか持っていない者」が一度滞在して、神に赦しを貰い、改めて天国に出発する為の中継点であり、なんらかの罰を与える場所では無い。


要するに

天国→真っ白な魂が行く場所

煉獄→魂を真っ白にする為の洗濯場

辺獄→魂の洗い方を知らなかった人に洗い方を教える場所

地獄→罪に塗れた魂に罰を与える場所

である。

そして、上記四つは今のところ仮入所であり、最後の審判にて、天の国に招かれる魂か、救いようの無い魂かを振り分けられ、正式に天国行きか地獄行きかが決まる、つまり地獄で真摯に罪を滅ぼしていた魂はワンチャン天国行きもあり得るのである。


日常会話ではしばしば苛酷な環境、凄惨な出来事の代名詞として用いられる。


『神曲』における地獄の各名称

  • 地獄の門
  • 地獄前域
  • アケローン川
  • 第一圏 辺獄(リンボ)
  • 第二圏 愛欲者の地獄
  • 第三圏 貪食者の地獄
  • 第四圏 貪欲者の地獄
  • 第五圏 憤怒者の地獄
  • ディーテの市
  • 第六圏 異端者の地獄
  • 第七圏 暴力者の地獄
  • 第八圏 悪意者の地獄 - 「マーレボルジェ
  • 第九圏 裏切者の地獄 - 「コキュートス

最後に…

太古の権力者が地獄という概念をいつどこで創作したか、考古学的な証拠は未だ発掘されていない。

しかしながら、坊主が地獄を語るとは二律背反も甚だしい。それ自体が既に憎しみという煩悩に囚われているからだ。よって、本記事はあくまでフィクションと割り切って話半分で聞き流すがよかろう。


ただし、説法で語られる・絵図で描かれる地獄は決してあの世だけで実現可能とは限らない。よく見ると我々が生きる「この世」でも実現できてしまうものが半数以上を占めている。実現がいまだ叶っていない天国よりも案外地獄こそがこの世と隣り合わせなのかもしれない。


閻魔大王様は実は優しい?

三途の川を渡り、人々は閻魔大王様の裁きを受ける。生前、世の為、人の為に全うに働いた者は天国に近く閻魔大王様に微笑みのお言葉を述べられ、天国に行く事もあるが但し、それは神仏から見て天国に行くのが相応しいと判断された者であり、これが犯罪者(罪人)になるとそうはいかない。

罪人ある者は当然ながら地獄界であり、しかも懲役刑もきっちり言い渡され、そこで行かなければならないのだ。全うできちんと働いた者には優しいが罪人ある者には厳しいのが閻魔大王である。ちなみにそれ以外の多くは天国と地獄の中間である中有霊界である。


地獄界も進化してる?

一口に地獄と言っても数え切れないくらい地獄が分かれており、また私達がイメージする地獄のイメージも近年現実界(この世)の生活と地獄も変わってるようにあの世と地獄の世界も変わってる面も否めない。

例えば生前争いばかりしてる者は喧嘩地獄、窃盗強盗した者は窃盗及び強盗地獄、誹謗中傷した者は誹謗中傷地獄、凶悪犯罪者は凶悪犯罪地獄、詐欺で騙して美味しい思いした者は詐欺地獄等、地獄界も現代社会に相応しい地獄も用意してる可能性も否めない。

また自分がそこまで悪い事してないだろうと安心するのは早い。何故ならば例え悪い事(犯罪)をしなくても他人に傷付けたり、不幸な事をしたり、酷い事をしたりするとマイナス部分が加算されあの世行けば閻魔大王様にお見通しになるのは事実であり、特に会社経営者重役警察検察裁判官弁護士マスコミ神仏宗教家)や皇室に仕える者等重要な立場に任される者は確かにきちんと全うに社会貢献して晩年あの世で幸せな生活を送ってる者もいるが残念ながら全てとは言えない面もあり、寧ろ人々に不幸を与えて自分だけ美味しい思いして幸せになった者が死後地獄界で苦しんでる面もあるので戒めてほしい。

また例え悪い事や犯罪に手を染めなくても自殺すれば怠りの罪でもっと苦しむのでやめてほしい。何故ならば自殺した者はあの世へそのまま最も暗い地獄界で苦しむのである。


食料

地獄にある食料は不味い!

この食料は鬼だけが食べられる。

しかも食料と思いきや産業廃棄物や全く食えないものばかりである。食べても嘔吐して吐き出したり、食中毒になったり、また酒や飲料水かと思いきやガソリンや軽油、汚染水等飲めないものばかりである。

人間では絶対に食べられない。

これは実写映画『トゥーヤングトゥーダイ!』で見る限り、関大助が地獄のおにぎりを食べた時が出典である。


地獄の住人

地獄には獄卒の頭と書いて牛頭鬼の頭と書いて馬頭鬼針口虫が存在する。


もし...

もし神々や閻魔大王の前で以下の言葉を口にすると必ず地獄に落ちるので注意が必要である。


  1. 輪廻転生なんてもうたくさん
  2. 全てのものは信じない方がいい
  3. 全世界が嫌い
  4. 理想そのものが「無」
  5. 地獄に落ちるくらいなら身も心も鬼や怪物に変えてほしい
  6. 輪廻転生を繰り返し、永遠に生まれ、生き続け、死に、また生まれ、また生き続け、そしてまた死ぬとは、永遠の苦しみを背負う事で、生きている事こそ生き物の最大な不幸だという
  7. 自分の生前の行いを認めず責任転嫁したり、責任逃れして他人のせいにしたり、冤罪無実の人間を不幸にして自分だけ美味しい思いしたり、褒章を手にしたり、ましてや天皇陛下皇族方に冒涜や騙して不幸にしたなら尚更、地獄界で無限地獄で苦しむ可能性大
  8. 天国や地獄や輪廻転生なんてものはない
  9. その他

『トゥーヤングトゥーダイ!』における地獄の仕組み

以下の通りの仕組みは全て『トゥーヤングトゥーダイ!』における架空の話である。


  1. あの世/地獄にも学校部活ロックバンドがあり、関大助は死してそこへ入学された。
  2. 畜生道で人間からセキセイインコザリガニオットセイ、人間の精子に転生されて死後、人間に戻り、地獄へ落ちた。
  3. 輪廻転生不可能な状況で地獄に落ちた者は頭に角が生えて鬼になり、閻魔大王の配下になり、永遠に地獄で働く事になる。
  4. 転生のチャンスは7回まで。

仏教かキリスト教か

仏教とキリスト教の天国や地獄の概念もその一つだが、それは信仰の一部であり、必ずしも全ての人に当てはまるわけではない。

また、超常現象やオカルトの視点からは、霊的な存在や転生など、様々な死後の世界の解釈がある。

したがって、誰がどのような死後の世界に行くかは、その人の信仰や経験に大きく依存すると言える。


地獄から救われる方法

1度地獄に行ったからと言ってそこで永遠に苦しんだり、一生過ごす事になるかと思いきやそうではない。

実は地獄から救われる方法がある。


  1. 自分の悪行(犯罪行為)を認め神仏に謝罪し、心を入れ替え改心する事。但し、口で言うのだけでなく実際に改心する為に行動に移し、神仏の判断でこの者は改心したと判断されれば許される。学問、芸術、信仰心をある程度身につけた者がケースバイケースだが許される見込みが大きい。
  2. 私達現代人の子孫が法施、物施、体施を行い、社会貢献活動やチャリティー活動を行い、世の為、人の為に行動し、皇室ゆかりの地伊勢神宮を始め全国各地の神社仏閣寺社仏閣で参拝したり、神社世界遺産の改修工事の為に寄付したり奉納したりする。また日本赤十字社献血したり、被災地に寄付したり、ボランティア活動する。ケースバイケースだがそれらを正しく行う事によって神仏からお前達の子孫が徳積み<徳分を行ったから、刑期を短くしようと判断される。
  3. 恩赦特赦である。この世でも皇室の慶事や重要な国家行事がある時に恩赦や特赦が行われるように地獄界でも恩赦や特赦が行われる。要は神仏に特別に許されたりするがケースバイケースである。例としては織田信長豊臣秀吉徳川家康を始め有名な戦国武将歴史人物偉人)も戦争を終わらせ平和な国造りする為にやむを得ず多くの人を苦しめて、1度は地獄に行ったけどその後神仏に許され神上がりした一説もある。

これらを行う事によって地獄界から救われる可能性もあるので諦めたりせず明るく前向きに努力して行くのが吉である。


地獄を創り変えると…

創造神の思い付きであっても「創生した幼稚園、学校、会社、部活、ロックバンドなどを地獄に設置する」、「罪人/死者を完全な鬼に生まれ変わらせる」などをすると地獄の秩序が混乱してしまう。


最後に

地獄と言っても数え切れないほどいっぱいあるもので最終的にどこの霊界(天国か或いは地獄か若しくは中有霊界)に行くかは神様や閻魔大王が決めるものであり、ここで閲覧した諸君、常日頃に努力精進し明るく前向きに行動する事である。

関連タグ

地獄の責苦

宗教 仏教 キリスト教 煉獄 冥界 冥府 神道

悪魔 閻魔大王

戦場 修羅場

ヘル 救霊 特赦 恩赦 弥勒の世 弥勒

地獄一覧

作品タイトル

地獄先生ぬ~べ~ 地獄少女 地獄の使者たち

瓶詰の地獄 少女地獄

天国と地獄 地獄の黙示録

東方Project関連

新地獄 旧地獄 怪輪「地獄の苦輪」 地獄の輪禍 究極焼肉レストラン!お燐の地獄亭!

「地獄極楽メルトダウン」 地獄鴉_with_八咫烏 火炎地獄の八咫烏

地獄のラブリービジター 「ローズ地獄」

地獄のミサワ関連

地獄のミナミサワ 地獄のマミサワ 地獄のまどか 地獄のミサカ 地獄の東方

その他

地獄絵図 地獄耳 フリル地獄

じごくのもんばん じごくのつかい

地獄の断頭台 金朋地獄 地獄兄弟 地獄のシェフ 地獄からの使者

マジンカイザーSKL - 俺達が地獄だ!

仮面ライダーエターナル - さぁ、地獄を楽しみな!

地獄ミミ子

地獄の悪魔

くすぐり地獄


地獄が舞台の作品

鬼灯の冷徹

GANDHARA(ガンダーラ仏陀の聖戦) ※ゲームの舞台は六道だが地獄界もステージに入る

ゲゲゲの鬼太郎 地獄編

劇場版BLEACH 地獄篇

月風魔伝           ※舞台となった狂気島は地獄界に存在する

獄都事変

地獄めぐり

妖怪道中記 ※主人公のたろすけは神様の罰を受けて地獄へ旅に出ている

チェンソーマン ※メインの舞台は人間世界だが、時折り地獄も舞台となる。

アニメ版涼宮ハルヒの憂鬱エンドレスエイトシリーズ ※放送当時のピクシブ百科事典のエンドレスエイトの記事には →地獄 とだけ書かれていた。

アニメ神頼みシリーズ ミラクルサイキッカーSEIZAN深見東州監修のOVAだが中の人ネタを含めると霊界で地獄界、中有界、天国界等あの世の世界がある。

関連記事

親記事

あの世 あのよ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61619364

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました