2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

チェンソーマン

ちぇんそーまん

『チェンソーマン』(Chainsaw Man)は、藤本タツキによる漫画作品。 第一部を『週刊少年ジャンプ』にて2019年第1号から2021年第2号まで連載。第二部が2022年7月13日から『少年ジャンプ+』にて連載開始。
目次[非表示]

全ての悪魔は名前を持って産まれてくる
その名前が恐れられているものほど悪魔自身の力も増すという

概要

第一部 公安編週刊少年ジャンプ2019年第1号(2018年12月3日発売)から2021年第2号(2020年12月14日発売)まで連載。
第二部 学園編少年ジャンプ+にて2022年7月13日から連載開始。
小説『バディ・ストーリーズ』著者:菱川さかく 2021年11月4日発売
コミック既刊12巻(1巻~11巻が第一部、12巻から第二部)


悪魔を狩るデビルハンターたちの壮絶な戦いを描いたホラーアクション作品だが、藤本タツキの個性的なデザインセンスやシニカルなギャグ、絶望と閉塞感漂う社会描写と、それに相反する活き活きとしたキャラクター造形が相まって独特な世界観を構築している。
物語の雰囲気も作者の映画趣味が反映されており、B級ホラーやZ級映画に見られるようなカオスフルな空気が漂っている。
ちなみに気付いている人はあまりいないが、ギャグシーンなどでもキャラが一切デフォルメ調にならない。
単行本300万部突破記念で作者が寄稿したイラストによると、「邪悪なフリクリ」「ポップなアバラ」を目指して描いているとのこと。
2021年12月時点での累計発行部数は1200万部だったが、2022年11月17日放送のアメトーークで2000万部を超えたことが発表された。

作品のモチーフである工具の鎖鋸は「チェーンソー」と「チェンソー」と二つの表記があるが、この作品の正式タイトルは「チェンソーマン」。理由は担当編集の林士平曰く、作者の藤本タツキと打ち合わせした際に「長音が2つあると、文字面の収まりが悪い」という結論に至ったからとのこと。

第一部はチェンソーマンことデンジを主軸としたストーリー展開となっており、彼が艱難辛苦を乗り越え一人の人間として確立される様を描き出している。
第二部からは主人公を三鷹アサにバトンタッチし、よりホラー色の強い作風に移行している。第一部が活き活きとした”動”の描写を重視しているのに対し、第二部は人物の心情描写に拘った”静”を描き出しているのが特徴である。


真珠などの宝石を扱うTASAKIのブランド『danger(デインジャー)』とコラボすることが決定。⇒コラボ特設サイト

試し読み 「チェンソーマン」第1話

あらすじ

悪魔の脅威にさらされている架空の現代社会。
父親が遺した多額の借金のせいで、貧乏な生活を送っていた少年デンジはチェンソーの悪魔のポチタと共にデビルハンターをしながらどうにか生きていたが、ある日残虐な悪魔に狙われてしまい...!?

登場人物

チェンソーマンの登場キャラクター一覧を参考。

用語

悪魔
人が特定の物や概念などに恐怖を抱くと誕生する怪物。名前こそ同じだが宗教上の悪魔の概念とは大きく異なる。
詳細はこちらを参照

センシティブな作品


デビルハンター
上述の悪魔を倒す事を生業とする者達の総称。悪魔と戦うために銃器や刀等の一般的な武装に加え、法律で悪魔と契約する事が許されており大半のデビルハンターは何かしらの悪魔と契約している。
民間と公安がおり、民間で倒せなかった悪魔が公安に回ってくる。なお民間が手をつけた悪魔を公安が勝手に倒すのはルール違反らしい。

特異4課あつまれ~


公安対魔特異4課
デンジやアキ、パワーらが所属する部署。公安の中でも特殊な部署であり、通常であれば駆除対象である悪魔や魔人を構成員として組み込んだ実験的な部隊。
マキマが設立に深く関わっているようだが、マキマ自身は官房長官の直属であり4課ではなく特異課全体を束ねる立場であり、4課の直属の上司はサムライソードの事件の後から隊長に就任した岸辺である。

マキマさん…


地獄
罪を持つ人間が死後に堕ちる宗教的な意味での地獄とは異なり、チェンソーマンの世界では悪魔が生まれ、そして住む世界の事を指す。
風景も「地獄」という言葉から想起されるような暗く殺伐としたものではなく、辺り一面に植物が自生し空には無数のドアが並ぶ「静かな狂気」とでも言うべき景色が広がっている。
悪魔達は地獄で生まれ、死ぬと人間達がいるこの世に転生し、さらにこの世で死ぬと地獄に転生するといった輪廻転生を繰り返す。
この世から地獄に行けるのは本来この世で死んだ悪魔のみだが、「地獄の悪魔」(地獄にいる悪魔という意味ではなく文字通り「地獄」の名を持つ悪魔)と契約を結ぶ事で死んでいない悪魔や人間でも地獄に行ける。他にも空間移動能力を持つ悪魔を利用する方法もある。

アニメ

林士平がTwitterにてMAPPA制作でのTVアニメ化決定(ただしこの時点では放送時期は未定だったが)とジャンプ+にて第二部連載決定をツイートした
2021年12月18日、「2022年中にはアニメ放送するつもりです」と言う告知がなされている。

「日経エンタテインメント!」2022年5月号の林士平インタビューによると、(インタビューを受けた)現在時点では脚本の打ち合わせが終了し、絵コンテなどの途中段階を作者と共にチェックしているとのこと。

そして2022年8月5日にはキャスティングや放送(開始)時期などの発表がなされた。
2022年10月11日からテレビ東京系列全6局で毎週火曜日深夜24時に放送されている。Amazon Prime Videoでは地上波放送から1時間遅れての最速配信を実施している。このほか、放送開始時期などのズレはあれどテレビ東京系列外の地方局でも放送されている(テレビユー山形テレビユー福島新潟放送長崎放送(以上、TBS系列局)、鹿児島テレビフジテレビ系列局))。

なお、原作者である藤本タツキは「ドロヘドロ呪術廻戦のパクりみたいな作品を、それらをアニメにした会社がやっちゃうんですか!?(要約)」と戸惑っていたらしいが、一方でMAPPAは「何としてもウチでアニメ化するんだ!(要約)」と意気込んでいたとのことである。

スタッフ

原作藤本タツキ
監督中山竜
シリーズ構成・脚本瀬古浩司
キャラクターデザイン杉山和隆
アクションディレクター吉原達矢
チーフ演出中園真登
悪魔デザイン押山清高
美術監督竹田悠介
色彩設定中野尚美
撮影監修宮原洋平
音楽牛尾憲輔
制作・製作MAPPA


主題歌

オープニング
KICK BACK
編曲:常田大希/歌:米津玄師

エンディング

※エンディングは12週すべて別のものに変わる

CHAINSAWBLOOD」(第1話)
歌:Vaundy

残機」(第2話)
歌:ずっと真夜中でいいのに。

刃渡り2億センチ」(第3話)
作詞・作曲:マキシマムザ亮君/歌:マキシマムザホルモン
(挿入歌としても起用。)

錠剤」(第4話)
歌:TOOBOE

インザバックルーム」(第5話)
歌:syudou

大脳的なランデブー」(第6話)
歌:Kanaria

ちゅ、多様性。」(第7話)
歌:ano

first_death」(第8話)
歌:TK from 凛として時雨

ファイトソング
歌:Eve

Deep down
歌:Aimer

バイオレンス
歌:女王蜂

DOGLAND
歌:PEOPLE1

PV







関連動画

公式PV


9巻発売記念スペシャルPV


12巻発売記念スペシャルPV


このマンガがすごい!」2021オトコ編第1位受賞記念PV


ジャンプフェスタ2022で解禁のスペシャルPV


SPY×FAMILYとコラボしたジャンプ+CM


関連タグ

掲載紙・作者週刊少年ジャンプ / 藤本タツキ
ジャンルダークヒーロー / チェーンソー / 悪魔 / 公安 / ダークファンタジー/バトル
用語悪魔(チェンソーマン)
表記揺れ・別題电锯人 / 链锯人(中国語表記) 電鋸人(漢字表記) chainsawman(英語表記) 체인소맨(韓国語表記)


評価タグ

イラスト・漫画チェンソーマン100users入りチェンソーマン500users入りチェンソーマン1000users入りチェンソーマン5000users入りチェンソーマン10000users入りチェンソーマン30000users入りチェンソーマン50000users入り
小説チェンソーマン小説100users入りチェンソーマン小説300users入りチェンソーマン小説500users入りチェンソーマン小説1000users入り


二次創作タグ

組み合わせ・NLタグチェンソーマン男女CP
BLタグ電鋸男【腐】
夢向けチェ夢
パロディチェンソーマンパロ
コラボ・クロスオーバーSPY×CHAINSAW ウマの悪魔 チェンソー海賊王 チェンソーM@STER Fate/Chainsawman


外部リンク

関連記事

親記事

藤本タツキ ふじもとたつき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204788155

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました