ピクシブ百科事典

三悪

さんあく

ここでは『三悪』とは悪役3人組を表す。アニメ『タイムボカンシリーズ』に出演する3人組を筆頭に、フィクション作品に登場する特定集団の通称に用いられる。
目次[非表示]

概要

三悪とは、六道における三悪趣のこと。または、「」の3人(例:隠し砦の三悪人)。
pixivにおける用例は本来、タツノコプロ制作のアニメ作品タイムボカンシリーズ』に出演するライバル3人組を指す通称として生まれたが、後に転じて「同じ雰囲気を匂わせる悪役3人組」を表す愛称に用いられる。

「ジョジョの奇妙な冒険」の3部の悪役については⇒3悪
「地獄堂霊界通信」の3人組については⇒三人悪

タツノコプロ作品の三悪の構成

三悪に位置するライバル3人組は


の3名で構成され、善悪の立場が入れ替わる一部の作品でも「主人公勢力の対立軸にある3人組」という図式は変わらないため、結局は実質的な悪役として描かれる。

タイムボカンシリーズ第二弾の『ヤッターマン』に登場した悪玉トリオドロンボー』の時点で、三悪の呼称と共に人間臭さと哀愁に溢れた独特の魅力を醸し出す人物像を定着させ、そのキャラクターを引き立てる初代声優陣の怪演や数々のお約束と相まって各作品の善玉に比肩する人気を確立し、遂にはシリーズそのものを象徴する存在にまで名を高めるに至った。

※2015年6月に怪力担当役のたてかべが鬼籍に、同年10月に頭脳担当役の八奈見が病気療養を理由とする完全休業に入った事を受け、『夜ノヤッターマン』でドロンボーの子孫を演じた喜多村、平田、三宅が最新作『タイムボカン24』の三悪役を続投し、実質的な二代目三悪声優陣に就任した。

歴代三悪

1993年のOVA作品『タイムボカン王道復古』を始めとしてドラマCDゲームパチンコ、各種書籍などの派生作品、セルフパロディ作品『タツノコベイビー』、『ヤッターマン』リメイク版および実写映画版、担当声優を一新したスピンオフ作品『グッド・モーニング!!!ドロンジョ』など、ドロンボーが三悪を代表する形で関連作品に出演する機会が多い。

作品名組織名お色気担当頭脳担当怪力担当黒幕三悪+α
タイムボカンマージョ一味マージョグロッキーワルサー不在不在
ヤッターマンドロンボードロンジョボヤッキートンズラードクロベエドクボン、ネエトン(どちらもリメイク版のみ)
ゼンダマンアクダマンムージョトボッケードンジューロー不在ニャラボルタ、裁判メカ
オタスケマンオジャママンアターシャセコビッチドワルスキートンマノマントゲキガスキー
ヤットデタマンミレンジョ一味ミレンジョジュリー・コケマツアラン・スカドン不在ドンファンファン伯爵、コマロ王子
逆転イッパツマンクリーン悪トリオムンムンコスイネンキョカンチンコン・コルドーミンミン、隠球四郎
イタダキマン二束三文トリオヤンヤンダサイネントンメンタン不在孫田空作竜子
怪盗きらめきマン花の刑事トリオルージュヒエールオンドレードキドキドグリン不在
夜ノヤッターマン新生ドロンボーレパードヴォルトカッツェエレパントゥス不在オダさまガリナアルエット
タイムボカン24アクダーマビマージョツブヤッキースズッキーオヤダーマ不明

※諸般の事情によってアニメ化が頓挫し、設定資料のみ存在する三悪
作品名組織名お色気担当頭脳担当怪力担当黒幕三悪+α
タイムボカンエクスプレス ダレダマン不明パンドールヘロヘロトンネルソンデモンデ不明
タイムボカンウォーズ サッパリマンシャークラージョカルトチンドルフブルゲンスシャックリー総統不明

三悪に準ずる3人組

3人1組のライバル集団が登場する作品は極めて多岐に渡り、それを逐一列挙すると膨大な数となるため、ここでは三悪の定義とされる

  • 条件1『人員構成』:常に行動を共にする女性1人、男性2人のグループ
  • 条件2『役割担当』:女性→リーダーor美女、男A→メカニックor識者、男B→力自慢or大男
  • 条件3『赤の他人』:一切の血縁関係を持たない純粋な他人

の3点、即ち「明らかに三悪をオマージュしたと連想できる3人組」を可否の判別材料とし、これに全て該当する3人組のみを記載対象とする。

ただし、風貌や役柄にどれだけ上記3点の共通性が無いとしても、「制作側が三悪をオマージュした事実を認める確証を提示できる3人組」についてはその限りではない。

漫画

作品名組織名構成員
鋼鉄の7人死の旋風ローズマリー・ラズベリーギリ・ガデューカ・アスピスバーンズ・ガーンズバック


アニメ

作品名組織名構成員
のび太の宇宙英雄記宇宙海賊メーバハイドオーゴン
ふしぎの海のナディアグランディス一味グランディス・グランバァ、ハンソン、サンソン
黄金戦士ゴールドライタンイバルダ大王一味マンナッカー、サヨッカー、ウヨッカー
スーパービックリマンバイオミュータント魔スターPダークヘラ、魔皇サラジン
万能文化猫娘三島重工夏目晶子今日子ありさ
ポケットモンスターロケット団ムサシコジロウニャース
ガールズ&パンツァーカメさんチーム角谷杏小山柚子河嶋桃
六門天外モンコレナイトコレクション伯爵一味コレクション伯爵バッチィグーコ
時空探偵ゲンシクンTPレディ一味TPレディ、ダイナ、マイト
Bビーダマン爆外伝Vデビル三銃士アクマントドクダンディゲストラー


プリキュア

Go!プリンセスプリキュアディスダーク三銃士主導権
序盤クローズシャットロックディスピア
前半トワイライト、シャット、ロックディスピア
後半ストップ、フリーズ、シャットクローズ
終盤クローズ、フリーズ、ストップディスピア


スイートプリキュア♪トリオ・ザ・マイナー主導権
初期バスドラバリトンファルセットセイレーン
中期バスドラ、バリトン、ファルセットメフィスト
終期バスドラ、バリトン、ファルセットノイズ

フレッシュプリキュア!名称不明主導権
前半イースウエスターサウラーメビウス
後半ノーザ、ウエスター、サウラーメビウス

人形劇

作品名組織名構成員
東離劍遊紀玄鬼宗獵魅、凋命、殘凶


ゲーム

作品名組織名構成員
GODHAND悪の3人組コンチータ、メラン、テッキュウ
GUNBIRD盗賊トランプルージュ、エースクロード
GUNBIRD2クイーンパイレーツシャークギミックブレード
サイバーボッツデビロット一味デビロット・ド・デスサタンIX世、地獄大師、Dr.シュタイン
究極戦隊ダダンダーンハッピードロッパーズハッピー、ミスター・珍、ガルガ
古代王者 恐竜キングアクト団ウサラパ、ノラッティ~、エド
真・魔装機神西方騎士隊(従者位)ヘレーナ、ブラッキー、ドロービ


パロディ

小原、八奈見、たてかべの3名は主役脇役を問わず様々な当たり役を持つため、各自がアドリブで他作品の持ち役を遠回しに演じる場合があり、特に2008年の『ヤッターマン』リメイク版では小原が『ドラえもん』ののび太を、同じくたてかべがジャイアンをあからさまに演じるシーンが幾つも存在する。

無論、後者は制作側の意図的な演出手法で、他局のテレビ番組(『新世紀エヴァンゲリオン』『機動戦士ガンダム』『NHK紅白歌合戦』など)を彷彿とさせるストーリー設定やデザイン小道具を敢えて「全面的許諾を前提に放送業界に回すように見せるパロディ化」に落とし込むことで視聴者の驚きを誘う狙いからであり、上述の持ち役ネタもその1つである。

この逆のパターンも存在し、コナミのゲーム作品『実況おしゃべりパロディウス』では1人で吹き込みを担当した八奈見による「全国の女子高生のみなさん」「ポチッとな」などが、翌年にスーパーファミコンからプレイステーションセガサターンにハードを移した強化移植版でも吹き込みに後追い参加した小原による「スカポンタン」などが収録され、3人揃って吹き込みを担当した彩京のゲーム作品『GUNBIRD』(コンシューマ版)では各キャラクターの会話音声はもとより、プロフィールの一部にも『ヤッターマン』や『ドラえもん』の設定が反映されている。

関連イラスト

  • 元祖三悪
マージョ一味


それでは行きますですよマージョ様、今週のハイライト!!ブチュッとな。

  • 本家三悪

天才ドロンボー


お前たち、や~っておしまい!!
アラホラサッサー!!

  • 新生三悪

夜のヤッターマン


清く正しく美しく。ドロンボーがいる限り、この世にヤッターマンは栄えない!!

関連タグ

タツノコプロ タイムボカンシリーズ ヤッターマン
小原乃梨子 八奈見乗児 たてかべ和也
喜多村英梨 平田広明 三宅健太
悪役 愛すべき馬鹿 憎めない悪役 三流悪役 三バカ

pixivに投稿された作品 pixivで「三悪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 391279

コメント