ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ディスガイアD2

でぃすがいあでぃめんしょんつー

ディスガイアD2(ディメンションツー)とは、日本一ソフトウェア製作のSRPGである。2013年3月20日発売。
目次 [非表示]

概要

2003年1月30日に発売された初代・「魔界戦記ディスガイア」の続編にあたる作品。

主人公は魔王となったラハールで、従者のエトナ、堕天使となったフロンがいることから、内容は「魔界戦記ディスガイア」のグッドエンド後を描く作品である。


システムは、キャラクター育成関係は「ディスガイア2」までのものに近くなっているが、「ディスガイア3」「ディスガイア4」の強化要素も取り入れている。全体的には近作で、肥大化したシステムを一端スリム化したような印象である。

  • 「凶室」「戦挙事務所」はなく、師弟関係を結べるように戻る(キャラクター作成後に、師弟関係を自由に変更でき、また、エクストラゲインによる習得は「師匠から弟子へ」と、一般的なものに変更)
  • 転生しなくても、「出世」で上位クラスに移れる。
  • 「キャラ界」は廃止され、移動力などの強化が暗黒議会へ移る。
  • 「チート屋」が登場し、敵レベルの調節が暗黒議会から移る。
  • アイテムのレアリティが簡略化(数値が廃止。レジェンド、レア、コモンの3段階のみに)。
  • アイテム界は「アイテム海」に名称変更。デールを持っていないと入口で1つ貰える。限界まで潜ればレアリティが上昇し再度潜れる。
  • 「魔チェンジ」はなくなったが、魔物型キャラが人型キャラをオンブできる。
  • ジオブロックではなく、ジオシンボルに戻る。
  • 全滅してもゲームオーバーにならない

などであり、難しかったシステムが簡略化された他、初心者向けのシステムになっている。


また、日本一ソフトウェア20周年を記念した2013年7月12日にはアップデートとして、パラメータの上限が9億9999万9999となったり、アイテムレベルやスキル威力などの上限が大幅に増加したりする羅刹モードが実装された。

登場人物

主要人物

ラハール

亡き先代魔王クリチェフスコイの一人息子。

つい最近、晴れて魔王となったが、従者には舐めた態度をとられ、魔界の住人から魔王であることすら知らないという扱いを受けているため、魔界全土に自身が魔王になったことを知らしめようとする。

今回は、シナリオ途中で一時的にナイスバディに女体化する。


エトナ

今は亡き先代魔王クリチェフスコイに拾われて以来、魔王城に住み込みで働いている、自称・ナイスバディな美少女悪魔。

クリチェフスコイに心酔していたが、ラハールに対する忠誠心は一切なく(心酔した相手の息子なので、情が全くないわけではないが)、自分の家来(プリニー)をこき使っては自由気ままに過ごしている。過去作ではラハールのことをクソガキ呼ばわりすることすらあったほど口と態度が悪い。

今回はもう一人の主人公と言えるほどの活躍をする。


フロン

元・天使見習いの堕天使。正義や愛、それに関係するものを非常に好み、悪魔に愛の重要性を説くなど積極的な行動もしている。が、目立った成果はない。また、戦隊モノや変身ヒロインモノが大好きで、グッズをコレクションするほど心酔している。

今回は、終盤でめでたく(?)変身できる。


シシリー

亡き先代魔王クリチェフスコイの娘で、ラハールの妹と主張する天使の少女。しかし、ラハール達には信用してもらえずにいる。

お菓子作りが得意で、魔王になることを夢見ている。

彼女が一体何者なのかは本編で明かされる。


バルバラ

桁はずれの戦闘能力を持つ、グロッソ達「クリチェフスコイ派」が魔王候補として担ぎ出した女性悪魔。

由緒ある騎士の家に生まれの主の命令に忠実に従うことを信条としているため、自発的に行動することはない。クリチェフスコイ派も彼女のその性格に手を焼いている。

終盤で仲間になるが、エンディングを迎えると仲間を外れるため、改めて加入イベント戦闘をこなす必要がある。


ゼノリス

ラハール達の冒険の途中に出会う謎の青年悪魔。

寡黙な性格で多くは語らないが、実力はかなりのもの。

クリチェフスコイと何か因縁があるようだが…。


その他のキャラクター

レーニアガルングングロッソ

クリチェフスコイを敬愛する「クリチェフスコイ」派の悪魔達。

頼りないと思っているラハールを排斥し、自分達の意のままになる傀儡の魔王を擁立しようとする。だからって擁立するのがアレなのはどうかと思うが。


ランサローテ

アイドル。通称「ランサ」。アイドルといっても悪魔らしく、観衆を虜にする事により魔界の覇権を狙っていたが、ラハールちゃんに敗北。シシリーの世話係に任命される。

外見はアーチャー(女)そのまんまで、移動力や投げ距離などを上げる補助魔法を人型キャラで唯一使えるため、メインストーリー内ではそこそこ重宝する。成長が遅いのが難点。


コゼニスキー

外見はいかつい悪魔貴族だが、声は可愛い。「魔界戦記ディスガイア」に登場したゼニスキーの息子で、当時は外見も可愛かった。魔王を目指すためにラハールに弟子入りを申し込み、あやふやの内に弟子入りを果たす。

同族最低ランクと同能力で役立たず扱いされがちだった父とは違い、今作では転生で装備適性が上がるし、ラハールと同時出撃すればパワーアップするので、扱いはまだまし。


汎用キャラクター

今回の汎用キャラクターは、作成時に、クラス解説の最後の1行がランダムに決まる。作成完了直前で確認できるので、「名前入力まで戻る→再度進める」を繰り返して好みのものを指定するのも面白い。敵キャラにもランダムに付いているため、面白い解説付きのキャラクターを捕獲したリ、単に眺めて楽しんだりする事もできる。


ゲストキャラクター

本編とは直接は関係ない寄り道などで会うことができる。


DLC追加キャラクター

関連イラスト

歴代最大級・・・だとディスガイアD2の僧侶女はメカクレ可愛い

続編ですって奥さん!ヒロインズ!

関連タグ

魔界戦記ディスガイアシリーズ 魔界戦記ディスガイア

魔界戦記ディスガイア2 魔界戦記ディスガイア3 魔界戦記ディスガイア4

ラハールちゃん

関連リンク

公式HP

関連記事

親記事

魔界戦記ディスガイアシリーズ まかいせんきでぃすがいあしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1972908

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました