ピクシブ百科事典

プリニー

ぷりにー

プリニーとは、日本一ソフトウェア製作のゲームに登場するマスコット的キャラクターっス。
目次[非表示]

概要ッス

日本一ソフトウェアのゲームに出てくるペンギン型のキャラクター。他の登場人物と同一人物でない限り(詳細は下述)、声優は間島淳司
『魔界戦記ディスガイア』シリーズおよびスピンオフ作品、その他の日本一ソフトウェア作品に
幅広く登場する事から同社の看板キャラクターとなっている。

外見はペンギンのきぐるみのような姿で、体に対して不釣り合いなコウモリ様の翼が背中に付いている。
腹部には雑な縫い目があり、脚は棒きれのような素材でできている。
基本的には茶色いポーチのような鞄を付けており、中にはプリニー達の武器である
二本の大型ナイフや爆弾、その他のアイテムが詰め込まれているようである。
語尾に必ず『ッス』を付けるのが彼らの心得であり、特徴でもある。

魔界においては最下級悪魔として扱われており、有力な悪魔の手下として雑用から
下級兵士としての運用まで幅広く使い倒されているが
その給料はイワシ数匹だったりと、超が付くほどの薄給である事が多い。
天界にもプリニーは存在しているが、こちらは魔界よりは常識的な使われ方で、
メイドや家事労働に従事する事が多いらしい。
魔界のプリニーはその待遇の悪さや正体等が関係してか、目先の餌に吊られてあっさりと主人を裏切る
悪魔らしい一面を持ち合わせていたり、スキあらばサボろうとするなどテキトーで労働意欲はあまり高くないようである。

一見かわいらしいマスコットキャラクターに見えるが、その正体は腐った牛の皮で
作られたきぐるみの中に罪人の魂を封じ込めたもの。魔界や天界に送られこき使われるのは
罪を償うためであり、魔界では金額換算された罪と同額のお金を、天界では同じだけの善行を積み重ねる事で
刑期満了として転生する事ができる。逆に、プリニーになって以後も盗みなどの
罪を重ねるとこの刑期はどんどん伸びていってしまうらしい。

罪人の魂を皮の中に詰め込んでプリニーにするのは「地獄」で行われており、
魔界戦記ディスガイア4の主人公ヴァルバトーゼはその教育係である。
力を失った魔族が追いやられるような閑職らしいが、ヴァルバトーゼは
非常に熱心に取り組んでおり、その甲斐あってか養成中のプリニー達には非常に慕われている。

ゲーム上の特徴としては、能力はあまり高くない一方で、治療費がとにかく安く
多くの作品で戦闘不能になっても1HLだけで済む。また、投げられると衝撃で爆発してしまうという
(ありがたくない)ユニークな特性があり、爆発すると周囲に自身のHP分のダメージを与える。
プリニーがこの爆発に巻き込まれた場合、誘爆を起こす。多くのプリニーが並んでいる
マップでプリニーを投げると次々に連鎖し、一発で全滅させられるというような事もある。
ファントム・ブレイブ』や『ファントム・キングダム』などの
世界観が一部共通しているがシステムが異なる外伝作品では投げられても爆発はしないが、
この差については「肉体を離れた人間の魂は不安定で爆発するが、悪魔などの魂であれば爆発しない」と説明されている。
また、プリニーランドと呼ばれる世界に居る時も爆発はしない。

スピンオフ作品んとして、プリニーを主人公にしたアクションゲーム
プリニー~俺が主人公でいいんスか?~』及び続編の『プリニー2~特攻遊戯!暁のパンツ大作戦っス!~』がある。
残機が1000機もあるというぶっ飛んだ仕様になっているが、ちょっとしたミスで簡単に死ぬために
油断すると一気にその残機が尽きたりするなど、ディスガイアシリーズらしい凶悪難易度のゲームとなっている。

作品毎の特徴ッス

ディスガイア

エトナに薄給でこき使われる、武器にされる、的にされる等の扱いを受ける下っ端悪魔として登場。
初期キャラクターとして3人デフォルトで作成されている。

なおエトナが特別ひどい扱いをしているというわけではなく、「4」で語られた所によると
魔界での扱いとしてはこれが「普通」らしい。

ディスガイア2

普通にキャラクターとして登場する他、罪を犯したキャラクター(悪魔にとって罪を犯すことは誉れであるため、メリットがある)が罪を償う際にはプリニーに転生する必要がある。ある意味、プリニーの設定を上手く活かしていると言える。

ディスガイア3

修学旅行にて天界のプリニーが登場。魔界のプリニーほど過酷でない為かどことなく緩い。

ディスガイア4

プリニー達を生み出す場所、地獄の様子が描かれる。
ヴァルバトーゼが魔族らしからぬ真面目さと熱心さの持ち主である事からか、
教育されるプリニー達も1~3と同じプリニーとは思えないほどに真面目に振る舞っており、
フェンリッヒの指揮に従い情報収集・分析・敵陣撹乱等をこなしたり、
ヴァルバトーゼの為に戦艦を贈ろうと有志を募り、自身の転生の為に稼いだお金を
製造資金に充てていたりと、主人によっては良き部下となる事を示している
(しかし、前述の通り魔界では1~3のような扱いを受けるのが標準的とも言われている)。
プリニーの処遇を定めた『プリニー法』は初代魔界大統領が定めたものと明かされており、
改定には魔界大統領の権限が必要になるらしい。

クロスエッジ

世界の各階層に温泉があったため、女湯を覗いてしまうほどスケベだった。そのため、エトナやリリアにお仕置きされてしまった。




亜種ッス

プリニーバール

ディスガイア2で登場。外見はプリニーであるが、超魔王バールすら凌ぐ強さを持つ。また、投げても爆発しない。正体は不明であり、バールがプリニーに転生したものなのか、或いはそれだけの強さを持つに至ったプリニーなのか、それともプリニーの皮を被った何かなのか、全く分からない。

プリニガーX

ロボットのようなプリニー。ディスガイア4,D2に登場。4では後日談で唐突に登場するが、D2ではプリニー界と呼ばれる世界で慕われるプリニーとして登場。やはり正体は不明であるが、こちらは寡黙であり何も語らないことが分かっている。また、プリニガーXの強化版であるプリニガーX・轟も存在するが、プリニガーXとの関連性は不明である。ちなみに複数体存在するらしい。こちらも投げつけても爆発しない。

プリニーカーチス

地球勇者であったカーチスが、生前の罪からプリニーとして転生した姿である。
その後の作品でも出演する時にはこの姿だった。

風祭フーカ

「4」で初登場。何らかの理由でプリニーに転生するはずだったが、
記録的な腐った牛の皮不足によりプリニーの頭部を模した帽子を被っただけという
とても中途半端な状態になってしまう。

プリニーラハール

ディスガイアのED分岐でプリニーとなったラハール。投げれば爆発するがその魔力は生前と変わらない。

姉御肌のプリニー

魔界戦記ディスガイア魔界の王子と赤い月の第八話リインカーネーションに登場するプリニー
フロンに薬を渡したりと優しいピンクのプリニー

※以下魔界戦記ディスガイア魔界の王子と赤い月第八話のネタバレになるので未プレイの方はお気をつけください





























姉御肌のプリニーの前世(人間時)はラハールの母親
D2にてラハールの母親がプリニーとなった経緯が明らかとなる(経緯と言うより理由?)
リインカーネーションのラストに消え行くときに人間の姿に戻り消えてしまう

関連タグっス

ディスガイア ペンギン モンスター 魔界 地獄  マフラー ディスガイア4 エトナ ヴァルバトーゼ

関連記事

親記事

魔界戦記ディスガイア まかいせんきでぃすがいあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プリニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2749314

コメント