2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:西村知道 鈴木千尋(若い頃、アニメ版)

魔界戦記ディスガイアの登場人物。先代魔王で故人。
ラハールとシシリーの父親で、大魔王と呼ばれるほどの力の持ち主。妻は当時魔女見習いとして魔界に来ていた人間の女性。ファミ通文庫の小説版ではヴェスヴィオという名前の弟がいるとされる。

故人であるため回想でしか登場しないが、息子のラハールに対しても敬語を使い、エトナや魔王城の部下からも厚く慕われるなど、非常に紳士的で王としての威厳に満ちた人物であったとされる。天界の大天使ラミントンとも交友があった。
現在でも魔王城には彼を慕っていた忠臣達が(ラハールを無視して)残っている。

一方プロポーズに成功した時は地震を起こし、ラハールが生まれた時には喜びのあまり湖を凍らせてしまうなど、ダイナミックな一面もあったらしい。

ロンギヌスという喋る槍を武器として使っていた。
魔王城の片隅におり、話しかけると武器の扱いについてアドバイスしてくれる。

魔界戦記ディスガイア

上述の通り故人で、回想シーンに登場するのみ。

物語冒頭でラハールの昼寝中、大好物の暗黒饅頭をのどに詰まらせて命を落としてしまったことがエトナの口から語られる。空いた魔王の座を巡り、魔界では争いが起きることに。

なおほぼ同時期にビューティー男爵バイアスと名乗る、謎の悪魔が台頭している。

配下には慕われていた一方息子との関係は冷え切っていたようで、回想シーンで直接「大嫌いだ」と言われていたほか、エトナから死んだことを知らされた際もラハールは特に悲しんでいなかった。
ただエンディングのワンシーンで「なってやるとも。オヤジより、もっともっと立派な魔王にな!」との台詞があり、本心から嫌われていた訳ではなかった模様。

サブイベントで超魔王バールを撃破すると、クリチェフスコイと同じ声の人物が現れ、かつてバールとの戦いで魔力を使い果たしたことを話される。プレイヤーの間では本当の死因はこちらではないかと言われている。
(ここから発展して「超魔王バールとの戦いで相打ちになり死んだ」とする説もあるが、相打ちとまでは明言されておらずあくまで想像の域を出ない)

一方でアニメ版では、彼がのどに詰まらせた饅頭はマデラスが用意した特別製であったとされており、暗殺だった可能性もある。

小説版では自力で封印を破ったバールが彼に復讐するために魔王城を襲撃するのだが、ラハールから説明されるまでバールはクリチェフスコイが死んだことを知らなかったため、少なくとも戦いが終わるまでは生きていたようだ。
別のシーンでは本人が喉に饅頭を詰まらせたことを「一生の不覚」と語っている。
(ただ他人事のように言っており、どことなく本当かどうか怪しい)

魔界戦記ディスガイアPORTABLE

エトナ編における回想シーンにて登場。可愛がっていたペットを殺され失意の中にいたエトナの前に現れ、ペットのためにお墓を作ってあげることを提案。共にペットを埋葬し、エトナが気持ちの整理を付けられるよう手助けした。このことがきっかけでエトナはクリチェフスコイのことを強く慕うようになった。

その後、別の回想シーンでもう一度登場。前述のシーンから長い年月が経ったある日、エトナを呼び出し、もし自分に何かあった時には代わりにラハールを守ってくれないかと頼んだ。

階級や種族による差別を善しとせず、身分や善悪による区別なく等しく存在し得る世界こそ理想郷ではないかと、当時のエトナに語っており、エトナからは変わっていると言われていた。

ディスガイアD2

娘であるシシリーが登場する。

クリチェフスコイがあまりにも偉大だった為、ラハール政権を認めないクリチェフスコイ派という彼を尊敬する派閥がグロッソレーニアガルングンを中心に新魔王としてバルバラを擁立して台頭している。

魔界戦記ディスガイア4

12月15日に配信された「魔界オールスターバトル」で登場。
全盛期の力を取り戻した彼と戦うことができ、戦った後仲間にすることが可能。

全魔界の頂点に立ち悪魔達を指導できる人材を探すために、「魔界を統べる権利」を賞品として魔界一武闘会を開催した。そして最終戦まで勝ち上がって来たヴァルバトーゼ達の前に、最後の相手として現れる。彼らの力を認めると、事情を明かし権利を譲ろうとした。
そのまま立ち去るつもりであったが、ヴァルバトーゼから魔界の未来を危惧するのであれば、立ち去るのではなく共に来るべきだと言われたことで、考えを改め、ヴァルバトーゼの仲間として共に行くことを決める。

なお本人としては高望みとは知りつつも、息子ラハールに託したかった様子。

その姿は肖像画に描かれたものとは違い、とても若々しい。専用技では威厳ある堂々とした立ち居振る舞いを見せてくれる。そして自分の技に自分の分身を巻き込むというお茶目さも見せてくれる。

ディスガイア4のHPでは、シリーズ屈指の個性的な死に方をしているキャラクターと紹介される。

関連タグ

魔界戦記ディスガイア 魔界戦記ディスガイア4
魔王 悪魔 父親
ラハール シシリー 中ボス バイアス ラミントン

関連記事

親記事

魔界戦記ディスガイア まかいせんきでぃすがいあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クリチェフスコイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クリチェフスコイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12142

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました