2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

魔王

まおう

古代の神話や宗教に登場する存在、及びそれを元にしたエンターテインメント作品のキャラクターやその役職。
目次[非表示]

もしかして・・・まおゆうの魔王 →魔王(まおゆう)
もしかして・・・ジョーカー・ゲームの登場人物→結城中佐
もしかしなくても・・・空の魔王ハンス・ウルリッヒ・ルーデル

神話・宗教等の『魔王』

悪魔天魔の王。

元は仏教用語で、仏道修行や善事をしようとする心を妨げる他化自在天の眷族を統べるのこと。後述のマーラを指す言葉である。転じて、その他の宗教において仏教の魔王と類似した位置付けの存在に対して魔王という訳語が用いられるようになった。詳細は以下の通り。

主な魔王の一覧

ユダヤ教

※キリスト教やイスラム教へも影響しているものを含む。

キリスト教

イスラム教

ゾロアスター教

バビロニア神話

仏教

インド神話


創作作品における『魔王』

上記のように宗教・神話関係の訳語として頻繁に用いられることから、創作作品でも「魔王」の語は多く用いられるようになった。悪魔という悪の具現化を束ねる存在のため、主にファンタジーRPG作品等でラスボスや中ボスを務めることが多い(作品によっては「悪の天才科学者」がこのポジションで、魔法と科学は決して相容れない関係ではないのが分かる)。近年はRPG以外でもこの言葉を目にする機会が増えている。同一作品に「大魔王」も存在する場合、その部下という場合も多い。「大魔王」の項目も参照のこと。

主な魔王の登場作品、及び『魔王』と称されるキャラ

漫画、アニメ

  • みどりの魔王(漫画1965年~):横山光輝のロボット漫画。主役ロボが「魔王」と呼ばれ、主人公のワタル少年が、頭に着けた「金の環」で魔王をコントロールする。
  • 魔王ダンテ(漫画1971年~):永井豪の作による漫画。
  • チャージマン研!(アニメ1974年):地球を侵略してきた宇宙人であるジュラル星人を統率している長。ジュラル星人の一人ではあるが他のジュラル星人とは容姿が明らかに違う。『ジュラルの魔王』や『魔王様』ともよばれる。
  • 太陽の使者鉄人28号:『鉄人28号』のリメイク作品。数多くの惑星を支配する宇宙魔王が登場。
  • ダイの大冒険:かつて地上世界を征服しようとした魔王ハドラー、および彼を甦らせた大魔王バーンが登場。
  • 仮面ライダーBlack(漫画):特撮番組『仮面ライダーBLACK』と並行して週刊少年サンデーに掲載。30年後の未来である2018年の世界はゴルゴムの首領であるバッタの怪人「魔王」に支配されている。
  • 魔狩人-DEMONHUNTER-(漫画1986年~、OVA 1989年)の魔王:殺戮対象が魔界を抜けた魔物であり、且つ攻撃魔法をほとんど持たない5人の魔王。そのかわり一対の刃物を武器とする。形態はRAVEのそれに近いが、本作の魔界には政治行為自体が感じられない。「その時代、その地域、最強の悪魔」が魔王ということらしく、魔王を敬愛する者はいない。作中で登場した魔王は六道夜摩那落迦ヤミーガープカオス
  • ドロンコ魔王:アニメ『アンパンマン』の劇場版『キラキラ星の涙』(1989年)に登場。性格は正統派魔王といえる。
  • 地獄戦士魔王:地獄から召喚された田中魔王(「田中」は彼を呼び出した召喚士の姓)を主人公としたギャグ漫画。魔王は500年後に地球を征服するため社会貢献に勤しむ。
  • RAVE(漫画1999年~):魔界の王。魔界には複数の国家が存在し、RAVEでの魔王は魔界全体を統治する者ではなく、各国の君主の事を指す。魔王の中でも特に強力な4人は『四天魔王』と呼ばれている。実は『大魔王』の地位も存在しているが、長年空白となっている……。
  • 魔王(プリキュア):『映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』(アニメ2012年)の魔王。
  • 魔王:『恋愛暴君』(漫画2012年~2018年)に登場。名前は設定されていない。地獄の魔王だが真面目で誠実な人柄で人望が厚いが、一部の下級悪魔は管理統制された地獄に不満を抱いている。グリの父である神とは嘗て同じ相手(悪魔)を好きになった恋敵であり、自身が知らぬ間に婚約していた神が数年後に浮気が原因で離婚して以降は頻繁に天国を訪れてはちょっかいを掛けにくる悪友となる。なお、口論中に殴り合いを誘発する言葉を発することもあるが、実際に殴り合いをしたのは神の離婚を知った直後だけと思われる。このようないきさつにより、グリを彼女の母と重ねるようになり、堕天させて自分の後継者にしようとしていた。その後悪魔になることを自ら望む白峰樒の協力により目論見通りグリを悪魔化することに成功したが、自分の後継者にすることをグリに伝えた際、「私は魔王になるつもりはありません。」「私を母と重ねないでください。」と拒否され、その後は魔王の間で失意に沈み、以降グリ達に手出しすることは無くなった。
  • 魔王タソガレ:『魔王城でおやすみ』(漫画2016年~)に登場。自らの威厳を示すため就寝中のカイミーン国の姫を魔界へ攫ったが相手が悪く、自らの安眠の為に城内の魔族達に鬼畜な所業を繰り返し、女性幹部から人間であること自体を疑われる、城内探索中にうっかりで何度も死んで蘇らせてもらう、幹部会議に何食わぬ顔で参加する、通販番組で見た商品欲しさに人間界に戻ろうとする等究極のマイペースな姫に振り回され続けている苦労人。なお、人間の前では魔王らしく振舞っているが、魔界では純粋なお人好しである。
  • 魔王様:『ジャヒー様はくじけない!』(漫画2017年~)に登場。無表情且つ無口で、胃袋ブラックホールな大食い。魔石と魔力が実体化した姿であり、魔法少女に魔石を砕かれ姿を保てなくなっていたが、最も多くの魔石を集めたきょうこの家で復活し、居候するようになる。なお、魔界にいた頃から食っちゃ寝の自堕落な生活を続けている。現在は少女の姿をしているが本来は某特撮シリーズの怪物並みの巨大さで、と巨大戦を繰り広げた際は空中での殴り合い、口からビームの撃ち合い等完全にバトルアニメになっていた。
  • ディアリア・メル・マルソン:『ドラゴン、家を買う。』に登場。青年時代のある日、とある街の福引に参加賞のティッシュ目的で挑戦したところ、1等の魔王襲名権を出してしまい、自身は何度も固辞したものの魔族達に強引に魔王城に連れて行かれたが、襲名式直前に逃亡し、探索中に無自覚に城中のトラップの数々を発動させ、瀕死の状態で追いかけてきた魔族達に最低限の書類を書くだけでもいいからと懇願され、仕方なくある程度の期間魔王を務めていた。このような経緯もあり、破壊及び侵略行為は一切行っていない。なお、この事は彼にとって黒歴史となっており、魔王と呼ばれるのを嫌っている。
  • マオ:アニメ『えんどろ〜!』(2019年)に登場。戦闘時は正統派魔王の姿(CV:玄田哲章)に変身するが、真の姿は幼女(CV:久野美咲)で、ユーシャ達が通う冒険者学校の教師を務めている。ちなみに、第2話中盤まではユーシャ達を退学させる為に策を弄していたが、彼女達の幸運と自由奔放さを痛感し、「我はまたあやつらに振り回さるのか?!そうなるぐらいなら…うん!我もう魔王辞ーめた♪」と満面の笑みであっさり魔王引退宣言をし、以降は良識的で面倒見がいい教師になる。
  • レベルEバカ王子が作ったRPGのラスボスであるロボット。高度な人工知能による学習能力を持ち、ボディは魔王自身でカスタマイズ可能。しかし王子が魔王としての役割を入力し忘れたため常識的かつ良識的な人物に成長した。生みの親のようにならぬための戒めとして敢えてバカ王子を模した子供の姿を自らの外見としている。


小説、文学作品

  • 西遊記孫悟空が留守の間に花果山を乗っ取った妖怪混世魔王が登場。他にも悟空の義兄弟「七大聖」の中にも牛魔王鵬魔王蛟魔王と「魔王」の名が付く者がいる。
  • 水滸伝:地煞星七十二星の一人で妖術使いの道士である地然星樊瑞が混世魔王を名乗る。
  • 指輪物語(小説1954年、翻訳版1972年):「Witch-king」が「魔王」と翻訳されている。どちらかと言うと、同作に登場する「冥王(Dark Lord)サウロン」の方が現在の魔王のイメージに近い。
  • ソーサリー(ゲームブック1983年/1985年~):マンパン砦に潜む。諸王の冠を強奪した。
  • スレイヤーズ(小説1990年~):この作品世界では魔族と神族が世界の覇権を掛けて争っており、魔族の王を魔王、すなわち固有名詞では『赤眼の魔王(ルビーアイ)』シャブラニグドゥと呼ぶ。さらにスレイヤーズの舞台になる世界以外にもいくつかの世界があり、それぞれに魔族とその王である魔王が存在する。それらの名は『闇を撒く者(ダークスター)』デュグラディグドゥ。『蒼穹の王(カオティックブルー)』、『白霧(デスフォッグ)』が確認されている。
  • 魔術士オーフェン(小説1994年~):2部時代終了後のオーフェンがこう呼ばれるようになる。単純な魔術士としての技量の高さもあるが、キエサルヒマ大陸全土を巻き込む悲惨な内戦の扇動者とみなされていることや、原大陸において最高権力者として開拓民から暴虐と圧政の象徴と見られていることからこう呼ばれる。もっと前の「無謀編」時代にも、邪教崇拝部(学校のクラブ活動)から魔王扱いされかけている。
  • 空目恭一:ライトノベル『Missing』(小説2001-2005年)の登場人物。魔王陛下と称されている。
  • ナイトウィザード(TRPG 2002年~):侵魔の王。やたらいっぱいいる。萌えキャラっぽいのもいる。
  • 魔王(小説)(小説2005年):伊坂幸太郎の小説。大須賀めぐみによるコミカライズ魔王 JUVENILE REMIX(2007-2009年)が描かれる。
  • まおゆう魔王勇者(小説2009年~):豊富な知識を持った女魔王。長く続く人間と魔族の戦いの根本的原因に気づいており、その改善のために勇者に協力を求め、二人で新たな世界と時代に向け歩み出す。→魔王(まおゆう)
  • 日本国召喚 番外編『辺境の魔王』にて魔王ノスグーラが登場、自衛隊&トーパ王国軍と交戦する
  • 真奥貞夫:ライトノベル『はたらく魔王さま!』(小説2011年~)の主人公。別世界で世界征服を志していたが、勇者に追われて現代日本に流れ着き、もう完全に庶民に染まってしまっている。
  • 魔王(転スラ):『転生したらスライムだった件』(小説2013年~)に登場するキャラクター達。8人おり、(元は10人)新星リムル=テンペスト。迷宮妖精ラミリス。破壊の暴君ミリム・ナーヴァ。暗黒皇帝ギィ・クリムゾン。夜魔の女王ルミナス・バレンタイン。白金の剣王・白金の悪魔レオン・クロムウェル。眠る支配者ディーノ。大地の怒りダグリュール。というメンバーになっている。
  • シン=ウォルフォード:『賢者の孫』(小説2015年~)に登場するキャラクター。規格外の実力と実績から「魔法使いの王」→「魔王」の二つ名がついた。
  • プロヴァト・ペコラ・アリエース:『スライム倒して300年』(小説2016年~)に登場するキャラクター。見た目と声は完全に幼女で、気さくでいたずら好きな性格、自分より強い相手をお姉様と呼び過剰なスキンシップを取る等魔王としての威厳を全く感じさせない。
  • ガロウ・エジル:『チート薬師のスローライフ』(小説2016年~2021年)に登場するキャラクター。自らに全能にして孤高なる魔界の覇者という異名を付けて威張りちらし、魔界ではそれなりに恐れられているが、異世界ではショタな外見、レイジに説教されて反省する素直さ、若干中二病が入っているアホの子感満載の言動、一目惚れしたノエラに数々の変態行為を働き、尻尾で制裁される等邪険に扱われてもそれらをツンデレ行為と思って笑顔で失神する等の残念な一面故誰からも恐れられていない。しかも、ポーションを作れるようになってノエラのハートを掴む為レイジに弟子入りを志願し、あくまでアルバイト扱いと言われても喜んで受け入れ、以後はレイジを先生と呼び敬語で接している。
  • 南雲ハジメ:『ありふれた職業で世界最強』(小説2013年~)に登場するキャラクター。厨二全開な見た目や圧倒的な強さ、そして冷酷非情且つ傍若無人な振る舞いから「魔王」の二つ名がついた。
  • アノス・ヴォルディゴード:『魔王学院の不適合者』 (小説2017年~)に登場するキャラクター。人間からは暴虐の魔王と呼ばれ恐れられていたが、本人は平和主義者で、二千年前の大戦で勇者カノンにわざと敗北して消滅する代わりに混沌としていた世界を種族ごとに分断することで平和をもたらし、記憶・能力はそのままに現代に転生後わずか1ヶ月で二千年前の容姿に成長し魔王学院へ入学するが、魔力が大きすぎて測定できなかったこと、何者かの手によって歴史が改変され、自身の存在が無かったことにされていたこと等により、不適合者の烙印を押された。だが、その後の様々な活躍により二千年前同様多くの人々の心を惹きつけている。
  • 魔王エキドナ:『勇者、辞めます』(小説2017年)に登場するキャラクター。数年前魔族達を率いて人間界に侵攻したが、真の目的は魔界を大自然と光に満ちた世界にするために必要な賢者の石を見つける事であり、無益な殺生や侵略行為を禁じているという魔王らしからぬ紳士的な性格である。また、人間を含む異種族にも友好的で、四天王の内魔族のシュティーナを除く3名は人間界で仲間にした。更に、街を制圧した際、人間達に侵略や無益な殺生をしないことを伝えて安心させ、夜に配下達の英気を養うことと人間との交流を目的とした酒席を設ける等気配り上手な理想の上司でもある。


ゲーム


実写、特撮作品


その他

  • 神羅万象:第八章『大魔王と八つの柱駒』にて8つの魔族を統治する大魔王アーク七魔王が登場。
  • ホットバージョン:講談社から発売されているビデオマガジン。同誌の企画「峠最強伝説」で頂点に立ったチューニングショップのデモカーが魔王(魔王号とも)と呼ばれている。魔王号と呼ばれている車はGT-Rを専門とするチューニングショップ「MCR」が手掛けたR34スカイラインGT-Rマツダ車専門のチューニングショップ「藤田エンジニアリング」が手掛けたFD3SRX-7ホンダ車専門のチューニングショップ「J'sレーシング」が手掛けたS2000の3台(なお、FD3SとS2000はMC陣からこれ以上は舞台となっている群馬サイクルスポーツセンター(通称:群サイ)では危険とのことで殿堂入りになっている)。
  • 勇者と魔王:pixivのオリジナルイラスト群、及び関連するイラストに付けられるタグ。



魔王の歴史的変遷

最初にある魔王は「宗教的敵対者としての魔王」である。これはキリスト教における「悪魔」の一種が代表であるが、災害や堕落の象徴とされる。この時点では「神の敵対者である悪魔の中でも力を持っている者」程度の定義しかなく、ある種「概念的」である。
次いでフィクションの中に現れるのは「物質的実体を持った魔王」である。ドラゴンクエストのりゅうおうを思い浮かべてもらえばわかりやすい。勧善懲悪のシナリオにおける「敵」であり、「悪」として魔物の軍勢という現実的脅威を率いて人間を侵略する立ち位置にある魔王である。
そして、近年のフィクションで頻繁に見られるのが「政治家としての魔王」である。これは前述の「軍勢を率いて人間を侵略する魔王」からの発展形であり、「軍隊があるなら国家もあるのでは?」「国家があるなら経済もあるのでは?」「経済があるなら教育、ひいては何かしらの思想があるのでは?」という考え方から生まれた比較的新しい魔王像である。このような世界観の下では、「魔物(or魔族)」は「人間とは異なる姿・思想を持つ異民族」とされることが多く、魔王も「魔物を取りまとめる統治者」としての側面が強調されやすい。「絶対正義の人間vs絶対悪の魔王」の構図を打ち崩し、「異なる正義vs異なる正義」という物語構造を作りやすい。
このように一口に「魔王」と言っても、意外とその姿に対するイメージは歴史と共に移り変わっている。このように様々な側面を見せることができるキャラクターとしての魅力も、魔王を冠したキャラクターが多数創造され続ける理由の一つだろうか。

関連イラスト

ゾーマ
alphes塗りでベル様




その他

この他にもさまざまな『魔王』が作られている。

伝統的な作品における『魔王』

ゲーテ原作の歌曲における『魔王

そのまま『魔王』(原題『Erlkönig』)と題した詩を書いている。後にシューベルトが曲をつけた。
『風の様に馬を駆り、翔りゆく者』と称され、文中に登場する親子を付け狙う。
ネット上ではこの詩(の日本語訳)を改変したジョークをしばしば目にすることができる。

トールキンの作品における『魔王』

指輪物語』に登場する「アングマールの魔王」。冥王サウロンの配下であり、ラスボスではない。「魔王」は「Witch-king」の訳であり、字義的には”魔術の王”または”魔法の王”である。正確に言えば「黒魔術で堕落した邪悪な王」であり、上記に多い「魔界の支配者」としての魔王とは少し異なる。

実在の人物における『魔王』

武将織田信長の肩書「第六天魔王」が有名。戦前の思想家北一輝が「片目の魔王」と呼ばれていた。『平治物語』で讃岐に流罪された崇徳上皇は、自ら「大魔縁」になってこの国を呪うと宣言。

その他

声優の青木志貴格闘ゲーム界から「魔王」と称している。

海外での扱い

魔王は元が仏教用語であり、英語などには該当する用語が無いので、海外では様々な単語に対応する。

  • Archenemy(大敵)
  • Dark Load(暗黒卿、悪神)
  • Demon King(最もメジャーな訳)
  • Devil King
  • Four Demon Gods(四天魔王:RAVE)
  • King of Demons
  • Load Dark
  • Magus(魔術師:クロノ・トリガー)
  • The Devil
  • Witch-king(魔法使いである王:指輪物語)
  • Demon sultan(アザトースの肩書のひとつ)


関連タグ

悪魔 天魔 大魔王 魔王軍 魔王様
魔族 魔人 魔神 魔法少年 使い魔 魔法生物
魔界/パンデモニウム 魔物/モンスター マーラ
勇者 勇者と魔王 剣と魔法の世界
魔王再臨
冥王 邪神

他の記事言語

Demon King Archenemy

関連記事

親記事

悪魔 あくま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41169527

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました