ピクシブ百科事典

バエル

ばえる

バエル(Bael)は地獄の序列一番の悪魔。ルーツであるバアル(Ba‘al)はセム語で“主”を意味し、メソポタミア神話の主神に冠されるベル(Bel)と同根の語で、ベルゼブブ、ベルフェゴールの「ベル」も同義とされる
目次[非表示]

バエルとは、

  1. 旧約聖書に登場する異教の神(=悪魔)。後に悪魔学で重要視され、ソロモン72柱の序列一番として数えられた。19世紀に出版されたオカルト本『地獄の辞典』の挿絵である「ネコ、王冠を被った人間、カエルの頭をもった蜘蛛」の姿が一般によく知られる。バアルバールじゃないよ)。
  2. だんごむしさん作のオリジナルキャラクター悪魔娘
  3. 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』に登場するガンダム・フレーム採用型モビルスーツ。→ガンダムバエル

バエル(悪魔)

バエル(Bael)は悪魔学で言及される悪魔で、旧約聖書に記される異教の神バアルをルーツに持つ。
「ゾハール」ではラファエルと同一視され、「大奥義書」ではルキフゲ・ロフォカレ(ルキフグス)の配下の精霊として名を挙げられ、ヨハン・ヴァイヤーの「悪魔の偽王国」では地獄の第一の王と呼ばれている。
そして「ゴエティア」では東方に領土を持つ66の軍団の長たる大悪魔として記され、彼に祈るものは奸計の才を手に入れ、必要に応じて変身・透明になる能力を授けられる。また、戦闘にも長け、法律関係の知識にも精通している。

女神転生シリーズのバエル

初出作品はFC「女神転生2」。YHVHに打倒され貶められた古代の神というスタンスであるため、以後もカナンの主神バアルとはまた別の存在として各シリーズ作品に登場している。

女神転生2
夢の島の南にバエル城を構えて東京を支配する魔王。
その正体は古き神バアルの引き裂かれた半身であり、ベルゼブブと合体することでかつての神としての姿を取り戻し、主人公を真の敵との決戦に導く。
姿は双頭の骸骨に乗る両目から触手が生えた怪人という異形である。

真・女神転生
“魔王”種族の悪魔。今作で“バエルの呪い”というスキルが初めて実装され、以後ベルゼブブやバアル・アバターにも引き継がれていく。
シリーズで唯一、人、猫、蛙の頭と蜘蛛の胴体を持った正統派なデザインで登場する。

真・女神転生Ⅱ
“魔王”種族の悪魔。物語に絡むことはないが、“バエルの呪い”がバエル・ベルゼブブの両悪魔に実装されている。
蛙に跨る黒猫を肩に乗せた人という、バエル本来の姿をアレンジしたデザインである。なお、ドット絵では分かりにくいが、腕輪に蜘蛛の意匠が施されている。

偽典・女神転生
大破壊後の東京を席巻する数多の悪魔を率いる魔王。
かつて神と交戦し敗れて地獄に落とされたが、自身の身体から分かれた魂を喰らって地上に復活した存在で、妻イシュタルの力を支配し分霊を始末して“聖王”の位階に返り咲こうと画策する。
今作のバエルは、蜘蛛の下半身、猫の舌を持つ蛙の上半身がついた胴体を備えたデザインである。
また、ラスボスとして魔王バールの姿もとる。

女神異聞録デビルサバイバー
直接登場はしないが、ベル・ベリトに吸収されたベル神として登場。
他の吸収されたベル神に比べて、ベル・ベリトの顔の近くに猫と蛙の頭部が配され、胴体を蜘蛛の足が支えているなど、そのデザインに最も影響を与えている。

なお、西谷史の「新デジタル・デビル・ストーリー」では巨大な亀の姿をした悪神バールとしても登場している。


パズドラ&ドラゴンズ
真っ赤な髪のイケメン。仮面を着用。

関連イラスト

01.BAEL
ばえるちゃん



関連タグ

ソロモン72柱 悪魔

Fate/GrandOrder
魔神柱の一柱として出演。本格的に活躍するのは1.5部。
彼以降の残存魔神柱が直近のイベントで登場したアンドラスを除いて悉く残念な結末となっているために相対的に彼の株が上がり続けている。

pixivに投稿された作品 pixivで「バエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1045928

コメント