ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

新約聖書

しんやくせいしょ

キリスト教の聖典。 ユダヤ教徒には理解されていない書 『ヨセフ・マリアの子で神の子イエスの説教やイエスの周りに起こした奇跡、その後ユダヤ教によるイエスへの裏切り、ローマ帝国による磔に処され、蘇った、瞬間移動して弟子たちにあった後、聖霊をよびだし万国の言語で『最期の審判』を伝え神の御身元へ帰る』
目次 [非表示]

概要

キリスト教において、布教者イエス・キリストの誕生以降を綴った聖書による世界創生や、信者であるイスラエル人の試練を伝える旧約聖書と同じく、キリスト教の正典である。


紀元1世紀から2世紀にかけてキリスト教徒たちによって書かれた。


イエスの事績と教えを記した福音書であり、伝道の記録である使徒行伝、信仰上の指導やメッセージを記した書簡、そしてヨハネの黙示録にて締めくくられる。


聖書全体を何巻とするかには教派によって違いはあるが、新約聖書の場合、現在では全教派共通で27の文書を正典としているようだ。


内容

『ヨセフ・マリアの子で神の子イエスの説教やイエスの周りに起こした奇跡、その後ユダヤ教によるイエスへの裏切り、ローマ帝国による磔に処される。そのあと『誰かが(マグダラのマリアなど複数説あり)』3日後にイエスがよみがえると予言し広まった。


確かに墓場から蘇った 第一発見者はマグダラのマリア


ただその時のイエスは『メシア=救世主』となっていたので誰にも解からなかった。その後イエスは『瞬間移動(そういう表現になる)』をして、弟子たちに合いに行く(十二使徒でさえもイエスと気がつかないのである、イエス自身は『気づかない』ことに呆れていた。)


時が来てイエスは聖霊をよびだし万国の言語で『最期の審判』を伝え神の御身元へ帰る。


関連イラスト

降誕【新約聖書】イエスの十二使徒


関連タグ

関連記事

親記事

聖書 せいしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23711

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました